カテゴリー「UCSD Business Management」の記事

2014年8月27日 (水)

サクラ咲く。

今日うちの会社に入社しているビジマネ卒業生が無事就労ビザ取得できました!

このところビザがキャンセルされる事件なども相次いでいたので会社中の人が心配していましたが、無事取得できたとのことで本当に良かったです。

この与えられたチャンスを大切に、頑張っていってほしいと思います。

わたしのビザ取得からは既に3年以上が経過。時が経つのは早いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

ブラジル人クラスメイトと再会!

去年9月にバケーションで戻ってきたブラジル人クラスメイトが今年も戻ってきました!

わたしがUCSDでビジネスマネジメントを学んでいたのは2009年6月から2010年3月まで。当時クラスメイトは男子8名、女子8名の計16人。一緒に勉強した仲間です。わたしたちの代は優秀(?)で、女子8人のうち6人、そして男子2人が今もカリフォルニアに残って仕事をしながら生活しています。

一方、ブラジル人クラスメイトのロドリゴは従業員7,000人を抱える会社のオーナー息子さん。留学中はワイフのカレンと子供さんたちとサンディエゴで生活していましたが、卒業後に帰国。ブラジルでお仕事しながらもサンディエゴが気に入って、ちょくちょくバケーションがてらサンディエゴに帰ってきています。サンディエゴは一度来た人をひきつける魅力ある街だとつくづく思います。

ちなみに今回は子どもたちをこちらの学校に通わせているのだとか。La Jollaのいい学校のようです。さすがです。

Img_1701

左奥がロドリゴ・カレン夫妻。今回は彼らの友だちでUCSDで教えているキャレンとわたしの友人も交えたディナーになりました。去年ディナーをした際に、ブラジルではタイ料理などはすごく高いと聞いていたので、大好きなタイ料理やさんで食事をすることに。人数が多いと色々注文できていいですね。みんなにとても喜んでもらえて、食いしん坊冥利につきます♪美味しかった~

Supannee House of Thai
2907 Shelter Island Dr., Ste 110
San Diego, CA 92106
(619) 795-8424
sdthai.com

ブラジルのこともいろいろ聞いて勉強になります。ブラジルは国際経済としては閉ざされていて、自由貿易をしていない国です。なのでiPhoneは2000ドル(日本円で20万円)くらいするのだそう。お高いですね。利権を持っている人が自由貿易をさせないようにして利益を得る仕組みなのでしょう。

ロドリゴの会社はいろんなものを扱っていますが、ロドリゴは不動産の部署を担当しているそう。かっこいいビルを建てていい利益を出しているようです。カレンが I am proud of him!と言っていました。

今年2014年はワールドカップ、2016年はオリンピックがブラジルで開催されます。工事が遅れているとかで無事開催できますように!

次会えるときまでお元気で!再会を楽しみにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

UCSDビジマネ交流会 2014年1月

3ヶ月に1度、ビジマネ交流会を開催しています。UCSDのビジネスマネジメント・ビジネスエッセンシャルの現役生と卒業生の交流会です。ネットワークを広げたり、情報交換したり、サンディエゴで頑張る日本人メンバーの交流の場となっています。

今回は1月開催ということで新年会と題して開催しました。

Img_1699
ビジマネ交流会

今回、新規メンバーの呼びかけをしたところ、新たなメンバーが集まり、いつもに増して盛り上がりました!経歴も年齢も異なる人たちが集まる会、いつもいい刺激をいただいています。

今回は12名が参加。うち4人が卒業して現地で働いている人、6人が現役ビジマネ生、1人がエッセンシャル生、そしてもう一人日本で社会人をしていてビジネスコースを目指している方を特別ゲストとしてご招待しました。

「ビジ"マネ"の会」と呼んでいますが、敢えてエッセンシャルの人も誘って参加してもらっています。ビジネスマネジメントは社会人向けコース。一方、エッセンシャルを受講している人の多くは、社会人経験のない学生さんたち。この機会に社会人留学をしている人や海外で働いている人との交流を深めてほしいという思いからです。

今回はココリコ田中似のTeddyさんが参加してくれました。留学後、日本に戻ったら就活するそうです。こういう会に積極的に参加してくる学生さん、ぜひ頑張ってほしいです。

会の終盤、ルームメイトとのトラブルに巻き込まれたAちゃんの話を聞きました。世の中、いろんな人がいます。変な人もいます。だからこそ、当たり前と思えるような普通の環境に感謝したい気持ちになります。アメリカで家を探すとき、知らない人と住むことになるときは十分注意したいものです。

次回は4月頃を予定しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 1日 (金)

新人さん入社

うちの会社に新人さんが入りました。新人さんといっても日本でいう中途採用というのでしょうか。わがUCSDのビジネスマネジメントの後輩Yさんです。

アメリカで、しかもできればサンディエゴで就職したいのだけど、と相談されていました。シカゴやロサンゼルスでも内定をもらっているけれど・・・という少々ゼイタクな悩みだとは思いながらもお話を聞いて、思いつく知り合いに電話して求人がないか聞いたり、思いつく会社にあたってみたりするようにアドバイスしていました。

内の会社も当時は採用のない時期だったので、もう少し早く言ってくれたらよかったのに・・・という状況。ご本人は日本での勤務経験はあるものの、職務にぴったりの経験は残念ながらないという状況でした。そんな中、我ながらあっぱれ!タイミングも合い重なり、社内でうまく話をもっていくことに成功。入り口を作ってあげて押し込んで(笑)、あとは本人のやる気とポテンシャルが買われ、求人募集されていない状況で採用され入社が決まりました。

入社して数週間、以前のお仕事とは違う面も多いと思われる中、新たなチャレンジを重ねています。バイヤーのお仕事はかねてからやってみたいと思っていた仕事だったそうです。職場でもメキシコ人に積極的に話しかけたりして異文化を楽しんでいる様子。ぜひ多くを吸収して頑張ってほしいです。

わたしもこれまで先輩たちから数え切れないほど上に引っ張ってもらって今があると思っています。その気持ちに答えるためにも、後輩や同僚を上に引っ張ってあげられるような存在でいたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

Karl Strauss Brewery

Image_6
Carl Strauss Downtown外観。午後6時半。日が暮れるのが早くなってきました。


リトルイタリー寄りのダウンタウン、Columbia St.にCarl Strauss Downtownはあります。ミラメサの日本庭園付きのレストランに引き続き2店舗目の訪問であります。

カールストラウスは現存のマイクロブルワリーでは一番古い1989年創業。2012年時点でサンディエゴで2番目、全米39位のクラフトビールメーカーです。(Wiki情報) クラフトビール好きの人だったら日本でも知られていますよ。

このお店に行かなくともビールを出すお店であればタップ(生)でカールストラウスのビールを出してくれるお店はたくさんありますが、今回はサンディエゴを代表するビールメーカーの本拠地にお邪魔することにしました。

Image
なつかしいHさんと。

今回ご一緒したのはサンディエゴの大学の大先輩でもあり、今回コンサルティングファームでグローバル経営戦略のポジションに転職が決まったHさん。サンディエゴに本社を構える某社で社長の右腕として活躍、イギリス、ドイツ、日本駐在を経て、今回引き継ぎ&片付けのために来米されていました。実に3年ぶりの再会であります。

Hさんがサンディエゴにいたころも、時々仕事帰りにブルワリーでご飯食べながら飲んでいたのでした。というわけで、ビールに詳しい方とビールをいただくというありがたい機会を逃すわけにはいかないとこの店に行くことにしたのでした。

ところで。ブルワリーにあるビールのメニューにはビールの名前のとなりにいろんな情報があります。例えばアルコール度(3.5%くらいから10%超えるものまで)、苦み度(15IBUとか100IBUとか)などあるので、自分の好みのビールを選ぶことができます。

Image_3

最初にわたしが注文したのはフルーティなEndless Summer Light、正直これまであまりビールには関心がなかったわたしですが、これを飲んだ時は「おいしい!」。ビールの世界に魅了される人々の気持ちがよくわかりました。このもりもりの泡がまたよろしい。

Image_4

今回ご一緒したHさんご注文のTower 20 IPA。こちらはタップではなくてグラス1杯半分くらいの瓶入りです。2012 CA State Fair Commercial Beer Competitionで銀賞受賞だそうです。

Image_2


アメリカのビールのおともはBuffaro Wingsでしょうか。

Image_1


どーん!とアメリカンサイズで出てきたナチョス。ワカモレとチキンのトッピングを追加。

Image_5


この店のよいところは金曜日の夜のダウンタウンなのに駐車場に困らなかったこと。意外と見つかります。そしてお店の人もお客さんもハッピー。Hさんいわく、この雰囲気はヨーロッパや東海岸にもないそうです。

友だち多いHさんなのに、短い滞在で声かけていただき光栄でした。懐かしい話、これからの話で華が咲きました。留学前はシステムエンジニアだったHさん、転職後は東京丸の内での勤務だそうです。ご活躍をこころから応援しています。そしてビールや海が恋しくなったらまたサンディエゴにぜひ戻ってきてください!

最近日本でもオクトーバーフェストが盛んに開催されていますが、Hさんにはサンディエゴのビールをはじめとするポジティブ文化を日本で広めてほしいと思います。成功する留学をしたHさん。これからのますますのご活躍に乾杯!

Karl Strauss Brewing Company
1157 Columbia St
(between C St & B St)
San Diego, CA 92101
(619) 234-2739
karlstrauss.com


あとがき))

日本からのお土産といって海老のおせんべいをいただいてしまいました!これ、日本で食べてもテンションあがる一品。アメリカでいただく喜びといったら!

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

偽りのUCSD日本事務所

【ご注意ください】

UCSDのマネージャーGからメールが届きました。

「日本でUCSDエクステンションの日本事務所を名乗っている団体がいるが、かれらは代理店のうちの一つであるにすぎず、ウェブサイトは(あたかもUCSD日本事務所のようで)非常に誤解を招きやすい。彼らに一度注意をしたことがあるが、再度注意をするようにします。」

"This is just one of the agencies that we work with, and their website is very misleading. I’ve spoken with them about this in the past, and I will speak with them, again."

留学を考えていた女性が、この団体から間違った入学条件の情報提供を受けあやうくプログラムに入り損ねていたことが分かりました。このブログを通じてご連絡いただき分かったことです。

この方はこの団体のことをUCSDの日本事務所だと思っていたそうです。実際ウェブサイトは公式サイトと非常に似通っており、マネージャーGのいうとおり、誤解を招きやすくなっています。

ウェブサイト上にはUCSDの許可を得てとありますが、実際にはそのような許可が出ておらず、自ら日本事務所と名乗り、無断でUCSDのウェブデザインをコピーしていることが分かりました。

UCSDエクステンションの公式ウェブサイトはこちら(英語)で日本語サイトはありません。情報収集の際にはご注意を・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーケティングのクラスメイトと

1003135_10200224235864956_1241118_2
お水でかんぱーい!

マーケティング・リサーチのクラスで一緒だったインド人PoonamとAmolの3人でディナーしてきました。このところ、お友だちは家族や恋人と過ごしていることが多くて、なかなかディナーに行ける友達がいなかったのでとってもウキウキでした。

場所は前回別のメンバーで集まったときに利用した地中海・レバノン料理のAmardeen。ここはベジタリアンのメニューもあるし、味もなかなか。妊娠中のPoonamの家から歩いてすぐなのでここに集合!

Img_0939
お腹が大きくなったPoonam。
腕は細いしかわいい!


Poonamは同じプログラムで同じマーケティング専攻だったので当時もよく会っていたし、今でも同じプログラムだった女子メンバーで3ヶ月に1回のペースで集まっている仲間。

一方Amolは在米12年でローカルとしてプログラムに参加していた人。携帯電話のテストをする会社に勤めるエンジニア。Amolとはうちで開いたインドパーティ以来で、なんと2年ぶり!

お互いの近況や仕事の話、最近興味のあるハイキングや美味しいレストランなどなど話してとっても楽しかったです。また近々集合することを約束して。。。

Img_0935
Poonamが注文したChicken Shawarma
ごはんとフムス、ガーリックディップ、サラダまでついてきた。


Img_0936
ベジタリアンAmolが注文したのはレバノン料理のmoussaka。
茄子などの煮込み料理でおいしそうだ。



Img_0934
わたしが注文したインド・中東に共通するご飯料理Biryani。

ちなみにAmardeenのBiryaniはナッツが入っていておいしいです。


Amardeen
http://www.amardeencafe.com
8915 Towne Centre Dr
San Diego, CA 92122

----------

そして翌日・・・。
二人の影響でインド料理が食べたくなり、Amolおすすめのインド料理やさんPunjabi Tandoorへ。Yelpで星4.5という高得点。ずっと前から話には聞いていたんだけど、分かりにくい場所にあるのでこれまで行きそびれていました。

場所はインド街Black Mountainの裏、オフィス用の建物が隣接する中にあります。


31550_10200227292381367_113065190_2

わたしが注文したのはチキンカレーと野菜のカレー。チキンカレーが赤いのと黄色いの2種類あって迷っていたら、親切な店員さんが赤いカレーを少し加えてくれました!大きな焼きたてナンと、ライスプディング?(Arroz con leche?)がついてきます。

さすがインド人がおいしいというだけあります。Poonamいわく、アメリカのインドカレーはクリームを使いすぎているのだとか。本当のカレーはそんなことはない、と。確かに納得、ここのカレーは食材そのものの味で勝負していて、とても気に入りました。ナンも手作りでおいしかったです。

この量で8ドルくらい。お腹いっぱいです。

1003466_10200227291901355_135874703

連れが注文したのはマッシュルームのカレーとほうれん草のカレー。マッシュルームも風味がしっかりでていて美味。夢中になって食べました。


数日後にまた食べたいと思ってしまうカレーでした。この日、日曜日だったのでケータリングビジネスのほうも忙しかったようで、外の敷地でサリーを着た女性たちがサモサを揚げていました。ケータリングの車も2台あって、本当に人気のお店なのだと確信しました。

サンディエゴの他にも、アナハイムとコロナにもお店があるみたいです。

Img_0940_3

Punjabi Tandoor
http://www.punjabitandoor.com/
9235 Activity Rd, Ste 111
San Diego, CA 92126

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

アメリカでの就労経験が帰国後の就職につながりました

Business_meeting_2
写真はイメージです★

留学の実際が知りたいという声に答える第2弾です。
ビジネスエッセンシャルは社会人経験のない方や、社会人経験の浅い方向け、ビジネスの基礎を学ぶコースです。


第2回 【ビジネスエッセンシャル】

「卒業後に留学。アメリカの日系企業での就労経験が帰国後の就職につながりました。」
UCSDビジネスエッセンシャル 

C.Iさん (女性)
ITシステム系企業・海外進出業務担当・20代

 

以前から海外に行きたいと思っていました。大学時代も海外とつながりのある仕事がしたいと考え、商社などを中心に就職活動していました。そのうちに「仕事をしたい」よりも「とにかく海外に行ってみたい」という気持ちのほうが強いことに気づき、大学卒業後に就職せず、留学することにしました。

 

留学にあたっては英語圏と決めていましたが、語学だけではなく就職を見据えてビジネスの勉強ができたらと思っていました。とはいえ、MBAを取るほどではなく、1年程度のコースがいいと考えていました。あとは寒いのが苦手なので暖かいところ、ある程度のレベルがある学校で探した結果、UCSDのプログラムに行き着きました。

 

エージェントは大手のJ社にお願いしました。わたしの条件にあう候補校をピックアップしてくれたところはよかったです。一方、手数料がとても高かったことと、留学準備では現地の生活情報が見つけづらかったのが難点でした。ネットなどでは旅行者や駐在員向けの情報は集めやすい一方、交通事情や家事情など、留学生の立場や経済事情からするとどんな感じなのか、もっと現地に詳しい方からのアドバイスがあれば良かったなと思います。

 

サンディエゴに来て、まず英語コースを10週間受講してから、ビジネスエッセンシャルを9ヶ月受講しました。ビジネスエッセンシャルでは、ビジネスについて幅広く学びましたが、中でもリーダーシップやビジネス法のクラスが面白かったです。Entrepreneurship     (起業論)や法律など、「アメリカらしい」側面が見れました。また、ビジネスエッセンシャルはいろんな国の意識の高い学生が受講しているので、各国の人の意見が聞けた事がよかったです。「世界のビジネス事情」を知ることができました。

 

週末はビーチで本を読んだり、写真を撮ったり、美味しいレストランにいったりして過ごしていました。

 

ビジネスエッセンシャルを学んだ後、ロサンゼルスの空港でANAのカスタマーサポートのお仕事を経験しました。アメリカにある日系企業で働いた経験、つまり日本のビジネスの基本やアメリカでのビジネスのやり方の両方を体感できたことが、帰国後の就職に活かせたと思います。

 

帰国後、日本のERP(給与・人事システム)企業に就職しました。現在は海外進出チームに所属し、日本のお客様が海外支社で使えるシステムを提案・販売するプロジェクトに関わっています。当初から希望していた海外関係のお仕事ができてとても満足しています。現在業界で伸びている会社なので、仕事は忙しく、まだまだ学ぶことが多いですが、すべて吸収するつもりで頑張っています。

 

最近社内では、アメリカ支社での従業員の採用や社員教育などのやり方が日本と違うため、どう対応していくかが話題になっています。UCSDで学んだこと、アメリカでの職務経験が活きています。

     

客観的な視点を持てるようになったことが、留学してよかったと思う点です。日本国内からだけでなく、外からの視点も持てるようになったことで、よりバランスの取れた考え方ができるようになりました。また何が良いのか自分で考えて選択するようになったこともアメリカで学んだことだと思います。ただ、あくまでまだ「日本」と「米国(しかも西海岸のほんの一部!)」の視点しか経験していないので、将来はアジア・欧州・イスラム圏などで過ごして、彼らの考えにも触れてみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

就職に関しては留学で下駄を履かせてもらえた気がしています

留学の実際が知りたいという声がありましたので
同級生やこれまで出会った方たちにインタビューして
記事にしていきたいと思います。

Water

サーフィンの海

第1回 【ビジネスマネジメント】

「就職に関しては留学で下駄を履かせてもらえた気がしています」

UCSDビジネスマネジメント 
Pre-MBA専攻(現グローバルコマース)
H.Tさん (男性)

大手外資系製薬会社・マネージャー職・30代

東京の米系製薬会社でマーケティングの仕事に携わっていましたが、アメリカから出張者がくると自分の英語力の不足さを感じて、今後のキャリアを考えたときに何とかしたいとは思っていました。

留学先をサンディエゴに決めたのは、安全で気候が優れていたことです。サーフィンが好きなので世界的にも有名なサーフィンビーチが近いというのもサンディエゴを選んだ理由です。留学の申込みをする際に、まずは大手の2社に連絡をしました。1社は手数料無料でもう1社は有料でした。どちらも対応は丁寧でしたが、社会人の自分から見ると少し情報量不足(特に学校のカリキュラム)を感じたのは今でも覚えています。

留学する際に注意したのは、学校の評判や、カリキュラムが学生向けすぎないかということでしたが、実際始まってみると、Pre-MBA(注:現グローバルコマース)を専攻するとビジネスプランニング、ファイナンス、マーケティングなどバランスよく広範囲で学べたのがよかったです。インターン先は違う分野を見てみたいと思い、またファイナンスにも興味があったので、学校のリストからメリルリンチ(銀行)を選びました。

ビジネスマネジメントの前には10週間のビジネスインテンシブ(英語コース)を取りました。この時期はアメリカの生活や英語のスピードに自分を慣らしたり、ビジネスマネジメントの前にビジネス英語を集中して勉強するために使いました。

家は当初はUCSDの紹介するアパートに住んでいましたが、その後同世代のサーフィン仲間のアメリカ人とハウスシェアをしました。週末にはお互いの友人を招待してバルコニーでビールを飲みながらBBQをしたのが今ではなつかしいです。

自分は卒業後、総合的に考えた結果、東京に戻ることにしました。就職に関してはある程度の下駄をはかせてもらえた気がしていますが、何より目的を持って自己投資し、行動に移した事に自信がもてるようになったのが留学の大きな収穫です。経験に勝るものはなし、と感じています。外国人の友人ができたのも留学してよかったことです。

Mayのコメント:

社会人で留学を考えている方は、渡航先の治安や過ごしやすさに加えて、留学先の学校の授業の質や卒業後の就職事情、ビジネスのopportunityなども視野に入れておきたいポイントです。 ご質問ありましたらメールにてどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 1日 (金)

夢のつづきを語る

今日のサンディエゴは26度!
週末もこのくらい暖かいらしいです。

サンディエゴにも春到来の兆しです。
一気に夏のようでもありますが。

今週末はUCSDビジネスの会があります。
UCSDでビジネスを学んでいる現役生・卒業生が集まります。

当初、わたしが幹事などすべて引き受けていたのですが
最近はマーケティング専攻が幹事、会計はファイナンス専攻の人と
皆さんが仕事分担してくれるようになり大変助かっています。

HR(人事)専攻の人には新会員募集や次回幹事の指名を
やってもらわないとかな?笑

グローバルコマースの人は・・・?笑

UCSDも日本人の学生が少ないようで
同校マネージャーから「日本人誘致に協力してほしい」と言われました。

思えば長いことサンディエゴファンを続けているわたし。
サンディエゴに渡ってきたのもサンディエゴのPRがしたかったから。
だってサンディエゴは本当にいいところなんだから。

サンディエゴ観光局に勤めているころ知った
サンディエゴスペシャリスト制度。サンディエゴに詳しい人を認定してくれます。

留学する日本人は世界的に減少傾向だそうです。
これから日本は、日本の外を知らずに、世界の人々を知らずに
どうやって外交を進めていくのでしょう?

世界の人々が好むものを知らずに
どうやって外貨を稼いでいくのでしょう?

日本国内でさえニーズが多様化しているのに
どうして世界で高品質というだけで売れるという保障があるんでしょうか。


ずっとやりたかったことを、今こそ形にしようと決めました。
サンディエゴと日本に特化した活動を始めます。

やりたいと思うことはいろいろあります。
日本の美をサンディエゴに伝えてもいいし
サンディエゴの特産品を日本で紹介してもいい。

サンディエゴのイベントを日本で立ち上げてもいい。
日本に興味のあるサンディエゴの人たちを大切にしたいとも思ってる。

ひとまず、母校UCSDからいただいたご縁を大切に
①手数料無料で、②サンディエゴに特化した
留学プロモーションをすることにしました。

留学する人にはお金を有効に使ってほしいので手数料無料
わたしはサンディエゴには詳しいのでサンディエゴに特化。


これをブログに書くか長いこと迷ったのですが

去年の今ごろ、AERAと日本の母校のタイアップ雑誌のインタビューで
こういう風に答えていたのを思い出したんです。

「サンディエゴ留学を推進するエージェントをやってみたい」
AERA x Seinan記事

わたしのこれまでの観光局での経験、留学経験
海外就職経験などすべてを使えて、考えるだけでわくわくする。

サンディエゴのこと、留学・語学のこと、海外就職のことなら
自信をもって話せるのでこれをやるべきなんだろうなと思ってます。

少しでも多くの方が
安全で有意義なサンディエゴ体験ができるよう
これからもあの手この手でアドバイスしていけたらと思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)