カテゴリー「アメリカ」の記事

2013年7月23日 (火)

週末シアトル(3) Underground Tour

週末シアトル。
廃墟となった地下街とめぐるUnderground Tourに参加してきました。このツアーはBill Speidelという地元の歴史家が、地域の歴史建造物を現代に残し、語り継ぐべきという意志に基づいて運営されています。

Dsc01003
Underground Tourのオフィス

Pioneer Squareの目の前にあるオフィスでチケットを買います。


Dsc00977

時間10分前にオフィスに戻ると、隣接する昔ながらのバーへ。ベンチに腰掛けて待ちます。冗談の上手なツアーガイドさんからツアーの歴史や注意事項などを聞いてから、ツアースタート!

Dsc00979

パイオニアスクエア周辺に点在する地下への階段を下ります。

Dsc00989

シアトルの町は当初、現在地下になっているレベルが地表だったそう。街で火災が起きた際に、復興に時間がかかることや津波を避けることを目的に、地表レベルを上げることになったらしい。

Dsc00990

現代の地表からみるとこんな感じ。

Dsc00981


Dsc00997

「当時の建物の2Fの窓から入り地下にもぐったんですよ。地下に見えているのは当時1Fにあった窓やドアです。」などと言われると本当に変な感じです。

Dsc01000

シアトルの街の名前は、インディアンChief Seattleに由来する。酋長みたいな人だったんでしょうね。シアトルの歴史が分かったし、なかなか興味深いツアーでした。



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

週末シアトル(2) Dahlia Lounge

週末シアトル旅行に行ってきました!

シアトルの食は洗練されているらしく、シアトル在住のグルメブロガーAlexさんのアドバイスを頼りに、シアトルダウンタウンにあるレストランDahlia Loungeでディナーしてきました。

Img_0960
とってもかわいい外観

なんでもTom Douglasという有名なシェフのお店だそう。この人、シェフでレストランオーナーでラジオ番組も受け持っているという多彩な人。このレストラン、5人以下の予約は受け付けないそうなので、ウォークインしました。

Dsc01005
店内にはアジアを思わせる上品なランタンが。

土曜日の午後6時ごろだったのですが幸いお客さんはまだらですぐにテーブルに案内してもらえました。店内は一部アジアンテーストでとても落ち着いた雰囲気。

お店の人もとっても感じがよかったですよ。「昨日はポールマッカートニーのコンサートがあったからとても混んでいたんですけど、今日はスローですね」とのこと。思わずLucky us!!!と思ってしまいました。

Dsc01010
アミューズ


まずはアミューズブッシュが運ばれてきました。
コーンとブルーベリー、エストラゴンの風味がついています。
コーンが甘い!夏の食事が今から始まりますと伝えているよう。


3人で3つのお皿をシェアしました。

Img_0963
Summer veggie primavera zuchini ribbons, cured tomato, squash blossom, "almond parmesan"  22

これ、プリマベーラ。とはいってもパスタは一切なし。パスタの代わりにズッキーニが使われているベジタリアン向けのメニュー。野菜食べたい人にはちょうどよい。お味は本当にプリマベーラでしたよ、不思議ですね。とっても美味しかったです。グリーンピース1つおいしい食材へのこだわりが感じられます。また食べたい。

Img_0965
Yaktat Sockeye salmon creamed walla walla onion, green beans, washington cherries, dill 37

せっかくシアトルに来ているのでサーモンを。このレストランの料理、どれも過剰な味付けなどなくて、素材の味を楽しませてくれる。このサーモンも皮をしっかり焼いているというシンプルな調理法ではあるものの、素材がいいからでしょう、このサーモンはおいしいな、と感じられる一品でした。つけあわせも文句なし。


Img_0967
Lamb 3 ways loin, tongue and neck, quinoa tabbouleh, grilled apricot, rhubarb chutney, mint*  28.*

これ、羊肉、羊肉のコロッケ、羊肉のソーセージのプレート。まず羊肉の塊は、これ羊じゃないのでは?と思うほどに羊肉独特の味は全くせず。ラムが好きじゃない人には喜ばれると思いますが、羊肉大好きなわたしとしては少し拍子抜けしてしまいました。

羊肉のコロッケ、と書きましたが、裂いてある羊肉ボールがコロッケ状の皮に包まれている感じです。こちらは羊肉の風味が感じられて、コロッケ状の皮の調度よい硬さとよくマッチしていたと思います。

ラムのソーセージはお店で作られたものだそうで、こういうめずらしい料理が食べれる幸せを感じました。付け合せのキノアもおいしかったです。

真ん中の黄色いのは、黄桃かとおもったらアプリコット(あんず)を焼いてあるものだったんですね。桃と疑わないほどに、とても甘くて美味しかったです。

Img_0970
こんなかわいいお店がサンディエゴにも増えますように!!!


Img_0968

Dahlia Lounge
2001 4th Ave
Seattle, WA 98121
(4thとVirginiaの角にありました)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

週末シアトル(1) Snoqualmie Falls

週末シアトル旅行に行ってきました!

本来ならシアトル市内を最初に報告すべきところですが、ここは敢えて珍しいところから。

Dsc01016
滝の近くにある橋

シアトルから車で40分のスノクォールミー(Snoqualmie)という小さな町に行きました。ここはシアトルを訪れる人にぜひおすすめしたい場所です。おすすめしてくれたT、ありがとう!

Dsc01017
水力発電にも貢献しているSnoqualmie Falls

この町のメインはSnoqualmie fallsという滝です。カナダに近くて緑と水が豊富なワシントン州らしい場所で、シアトルに行ったら必ず訪れてほしい場所です。

Img_0976
Snoqualmie Falls

滝の高さも水の音も緑の香りもすべてが美しい場所。整備されたきれいな駐車場からこんなすばらしい景色が見れるなんて、すばらしいです。サンディエゴに住んでいると、この水とか緑とかがとてもありがたく感じられます。緑は目に優しいですね。

Dsc01019
立派な木々。

Dsc01018
すでに紅葉が始まっている?

近くのお土産やさんに立ち寄って物色してから、Snoqualmieのダウンタウン方面へ。

滝からRailroadという名のついた道をまっすぐ戻ってくると、駅舎近くにひっそりと並んでいる古い機関車たちを発見。これが他では見たことのない感動のクオリティ。

Img_1004
さび具合がまた美しい

Img_1006
機関車

Img_1008
クレーンタイプ

Img_1012
Box carと呼ばれるタイプで新聞紙やパルプを運ぶのに使われた

Img_1011
Box car当時の写真。



他にもたくさんあったけど、全部載せきれません!

用途の異なる機関車が当時のエンジニアの手で発明・製造されてアメリカを東西に走り、物資を動かしていたこと。いかに当時の発展に貢献していたかに思いをはせました。

これだけの多種多様な古い機関車が現代に残っていることにも感動しました。日本のように戦時中に鉄がなかった状況ではおそらく残っていなかったでしょう。小さな町に残る機関車たちが今に伝えるアメリカの歴史です。


で、歩いて古い駅舎のあるほうへ向かっていると後ろから列車がやってきました。ってアレ!!!トーマスじゃない!?!?!

Img_1016
列車が来た



Img_1017
あまりにビックリだったので「トーマスだ!!!」って大声で叫びました。

Img_1018

動いてる機関車トーマスに遭遇!!!まったくの想定外にビックリ・・・・!!


Img_1025
Day Out with Thomas

Img_1023
トーマスの車体はこんな感じ。車掌さん?もステキな衣装。


トーマスのあたま付きの列車で滝までを往復するイベントに遭遇したのでした。大人も子どもも大喜びで、長蛇の列を作っていました。あのトーマスのシュールな姿が好きだったのでかなりテンション上がりました。語弊があるけれど、「かわいかった」です!

で、お昼になったので駅舎近くのBBQのお店へ。

Img_1030
BrisketのBBQ

Img_1031_2
Pork RibのBBQ 2人前


Pork Ribのが美味しかったのでおすすめです。Brisketもおいしかったのですが、リブに比べるとどうしてもパサパサしてしまう印象です。BBQソースと食べるのでそこまで気にならなかったですが・・・。

MO Barbecue
http://www.mobarbecue.com/
8030 Railroad Ave SE
Snoqualmie, WA 98065
(425) 292-8040


そして最後に立ち寄ったのが国道90号線近くの見晴らしのよいスポット。ここも必ず立ち寄りたいおすすめでしたよ。

Img_1036
遠くに見えるはMt. Si

Img_1033



滝にいた観光案内のお姉さんの親切な説明とおすすめスポット紹介のおかげで楽しい旅になりました。お姉さんに感謝!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

サンフランシスコでカニの巻

Img_0476_2
ケーブルカーからの眺め

日本にいる後輩から
サンフランシスコに行くなら、ぜひ行くべきと
勧められたのがこのお店。

Crustacean ベトナム・フュージョン料理

ノブヒル(Nob Hill)といういいかんじのエリアにある
少し寂しい雑居ビルの3Fです。
移動はケーブルカーのカリフォルニア通りルートがいいかと。

Img_0477
ガーリックヌードルと蟹です


Img_0478_5
これが噂のガーリックヌードル。

ほのかな甘みもあって、おいしかったです。

ヌードルと生春巻きは蟹アレルギーの彼に譲って
わたしは蟹を食べることに・・・!

蟹はRoasted Crabが有名なようですが
少々脂っこいとの話もあり、Drunken Crab
ドランクン・クラブ(3種類の白ワインで蒸してある)にしました。

こちらもおいしかったです。が
サンディエゴのカジノ「Harrah's」のビュッフェで食べる蟹もおいしいので
どうかな。確かに実がしっかり詰まっていておいしかったです。

Thanh Longというベトナム料理やさんの姉妹店だそうです。
いずれもガーリックヌードルの秘伝レシピがあるとかで
ウェイターさえも厨房立ち入り禁止だとか。

ヌードルが9ドルで、蟹が42ドル(メニューには時価とあります)。
贅沢なランチとなりました。

蟹好きな方、最近蟹食べてないな、という方におすすめです。


Img_0479_2
エビの生春巻き

Crustacean
http://www.houseofan.com
http://www.yelp.com/biz/crustacean-restaurant-san-francisco

ちなみに、Yelpのうわさによると
同レストランでクレジットカードの情報漏えいがあったとのこと。
念のためお支払いは現金がいいかと思います~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月19日 (火)

サンフランシスコで飲茶の巻

Img_0498_6
レストラン入口の書。美しい。

サンフランシスコに行ってきました!
WBC観戦がメインでしたが、おいしいものももちろんチェック。

サンフランシスコの食に関する印象は
「お金を払えばおいしいものが食べれるよ」でしょうか。

サンディエゴに慣れているわたしから見ると
食に限らず、パーキングや交通費も含めて
物価がすごく高いという印象でした。

でも日本から行けばそんなことはないかもしれません(?)

SF在住の知人いわく
「ここの人たちは指先で(IT)お金稼いでるよー」

食べた飲茶、おいしかったので
記録しておきたいと思います!

飲茶「YANK SING」 

サンフランシスコといえば飲茶。
以前は美味しい飲茶が多いことで知られていましたが
鉄人シェフたちは、みな去ってしまったとか。

とはいえ、このお店の飲茶は文句なしにおいしかったです。
中華街ではなくて、Financial Districtにありますのでお間違いなく~

Img_0501_4
見た目もキレイで、味も抜群の飲茶

Img_0502_3
小龍包(ショウロンポウ)は皮がとっても薄くて
肉汁たっぷり。もしかすると、鼎泰豊よりおいしい!?


このお店はどれも本当においしかったのですが
特におすすめしたい、絶対食べるべきアイテムは
この小龍包と糯米雞(もち米ちまき)あたりでしょうか。

Img_0503_3
北京ダックも回ってきます★

メニューをみてオーダーするタイプではなくて
カートが回ってくるタイプです。

中にはアメリカ的なメニューも回ってくるとは思いますが
どれもおいしいはずなので、食べたいものを食べてみるべし★

北京ダックが回ってきたのには驚きました。
1個ずつ注文できるのがうれしいですね。
こちらも美味しくいただきました。


3人であれこれ頼んで90ドルくらい。
たくさん食べたわけではないのですが・・・。

You get what you pay for... ですかね?
Lさん、ご馳走様でした♪

Img_0500_2

Yank Sing (Rincon Center内)
http://www.yanksing.com/
http://www.yelp.com/biz/yank-sing-san-francisco-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

夏のユタへ避暑

3連休を利用して、週末小旅行に出かけてきました。

題して、「夏のユタ州南部、国立公園めぐり」

ザイオン(Zion)もブライスキャニオン(Bryce Canyon)も
過去訪れたのはいずれも冬でした。

特にブライスは前回、一部閉鎖されていたので
今回はもっと広い範囲を見て回りたいと思い、急遽旅立つことに!

Zion_bryce_map

ラスベガスまで飛行機で移動。
LV - Bryce Canyon - Dixie National Forest - Bryce Canyon - Zion - LV

決して効率よくない回り方ですが、あまりガチガチに計画立てずに
あちこち自由に観てまわりました。


朝9時過ぎにラスベガス到着、軽く腹ごしらえをして運転開始。

今回のレンタカーは、Jeep Patriot。これは、いまいちだった。
ノイズがすごいけど、あまり馬力はないかな、という印象。
それでも前に進むしかない!


Bryce Canyonは冬は豪雪地帯。
9月半ばのこの週末はサンディエゴも猛暑で
どういうわけか35度近くまで上がっていましたが
Bryce Canyonは余裕の72度。ちょうど避暑になりました。

Img_4888
ブライスキャニオン。奇岩怪石。
学校の地理の授業で、メサとかビュートって習ったの覚えてますか?
これ、まさにビュートです!!

Img_4894
こういう風景は絵葉書を買うに限りますね。
小さなカメラできれいな写真を撮れるようになりたいな。

前回来た時は大雪がかぶっていて、白と褐色の対比が
とてもきれいだったのを思い出しました。

Img_4942
自然だけど、まるで誰かがデザインしたかのよう・・・。

Img_4914
見えますか?ハイキング中に見つけた
つちのこみたいな形の生き物・・・。

Img_4915
かえるのようだったけど、かえるじゃない。
やもりのようだったけど、やもりじゃない。


Dixie National Forestは意外な発見でした。

Img_4903

紅葉が始まっていて、とってもきれいでしたよ。

Img_4905
この辺りは国立公園が林立しているから
こういう景色は素通りされがちだけど、きれいだなぁって。
車を停めて、空を見上げました。


宿泊したBrian Headは、いわゆるスキーの名所。
泊まったのは豪華リゾート。
お部屋はリビング、キッチン付のゆったりしたお部屋。

施設はプール、サウナ、ジャクジー付。
もちろん水着持参だったので満喫できました!

Img_4980
そして、ザイオン国立公園。

ここは何度も来てるけど、何度行ってもいいですね。

人の心を癒す力がある場所だと思います。
わたしの心もいつの間にか、キレイに洗い流されていました。

Img_4984
一番好きな場所: Weeping Rockから撮影。

Img_4988
Temple of Shinawavaも夏景色。

ZionはBryce Canyonほど緯度が高くないので
けっこう気温は高かったです。


お仕事をしていると、長い休みは限られているけれど
気持ちが向いたときに行っちゃうのが吉!

次はどこに行こうかな・・・


(余談)

LV入りした前日の夜
Mark AnthonyがChayanneと一緒にMandalay Bayでコンサートやってました。
前日入りして観たかったけど、この楽しみは次にとっておきます。
またコンサート、ぜひやってほしい。今度は近場で・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

小銭の稼ぎ方

サンタバーバラの桟橋で見つけたこれ。

Img_4709
Looking for Love- 愛を見つけて

コインを投げればどんなタイプの人が現れるかわかる、というもの。

- RICH
- FUNNY
- TALL
- SMART
- HONEST
- FAMOUS
- GOOD LOOKING
- MODEL
- DOCTOR

というカテゴリが・・・笑


Img_4710_2
政治バージョン
Obama Yes
RomneyYes


Img_4711
質問して答えをゲット

Yes/ No/ Maybe/ Very Soon/ Are you kidding? / Get a Kiss

Img_4713
中央の箱に入れられるかな?
You can do it!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

Solvang カリフォルニアのデンマーク

Solvangはサンタバーバラの外れにあるデンマーク街です。

Img_4748

率直な印象は、カリフォルニア版ハウステンボス。

ただしハウステンボスとの大きな違いは
この街は中西部から暖を求めて移り住んだ
デンマーク系移民たちが築いた、「本物の」街だということ。

とはいえ、かなり観光地化しているのも事実で・・・。

Img_4752
ひとまず朝ごはんは、ベーカリーで。
デニッシュ(Dannish)ももちろん売ってたけど、食べなかった。


Img_4757
ホテルの建物もこんな感じ。


ハウステンボスって、チーズがたくさん売られてるイメージだったけど
普通のスーパーであふれるほど世界のチーズが売られてるアメリカなので
Solvangではチーズは見かけませんでした。以上!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

サンタバーバラ

サンタバーバラのダウンタウン”Old Town”は
スペインの名残が強く残っていて、すごく気に入りました。

Img_4732
ヨーロッパのような雰囲気。
コロニアル調の建物とそのまま使っている。
モールより、こんな感じがすき。

Img_4739
アップルストアもこの通り。

Img_4737
緑も多くって、気持ちいいところ。


Img_4740
これMacy's(百貨店)


Img_4716

海辺はサンディエゴのほうが断然好きだったかな。
小じんまりしたところで、海沿いは小さなInnがたくさん。

「夏の週末はどこも予約でいっぱいだよ」と
コンビニのお兄さんが教えてくれました。


Img_4812
ミッション・サンタバーバラ。

Secred Garden. メキシコ・グアダラハラを思い出す雰囲気。


Img_4818
Cemetery

どの国に行っても、宗教を問わず、いいオーラがあふれる場所はあります。
教会で座っていたら、どういうわけか涙があふれていました。


Img_4840
Courthouseからの眺め

Img_4829
裁判所の建物も歴史があります。
日曜日なのに、内部を見学できました。(無料)

Img_4834
壁画がすごい。圧巻です。
歴史ある裁判所で結婚式を挙げている人たち。

Img_4839
お庭もグリーンたっぷりなのでお見逃しなく!


Img_4725


サンタバーバラはざっとこんな感じ。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

週末ドライブ~サンタバーバラとソルベン

突然ですが、車を買いました!
黒のホンダアコード、LX-Pモデルです。

Photo


黒い猫みたいだし、美形なのでBKと呼んでます。
溺愛?キャンペーン実施中です。


車購入を記念して、大好きなBKとともに
週末ドライブに行ってきましたよ!

Sb_map

今回のルートは

1日目 F:サンディエゴ→B:LAタイタウンのタイ料理ランチ→C:サンタバーバラ(SB)
2日目 C:SB→Solvang(デンマークの街)→鼎泰豊で小龍包ディナー→帰宅

という少々忙しい日程でしたが、仕事をする身なので
時間と体力があるときに出かけるのが吉!!


Img_4705
101沿いにて。Love my car!!

Img_4794_4
Cachuma Lakeにて。


旅のハイライトは今度書きます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)