« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

日本の作文教育

先日紹介した米原万里さんの「言葉を育てる」という本の後半を読んでいます。

51hfmqukesl_sl500_aa300_
この本は米原さんがいろんな方と話した対談集で、他の本で読んだ似たような内容が書いてあるんですが、それでも内容が濃いし、リアルだからとっても好きです。
で、糸井重里さんとの対談のなかで「日本の作文教育」について語るところがあるんですが(P307)、日本の作文教育には評価基準がない、「よくできました」「大変よくできました」何がどういいのかというのはぜんぜんわからないから、買いても書きっぱなし。だから、その後にさらにうまくなる可能性はも、ぜんぜんないって確かにそうだなぁって。
万里さんがソ連学校で受けた作文の授業というのが面白いです。以下引用。
例えば、「じゃあ、友達について書きましょう」ということになると、名作の人物描写の部分をぜんぶ抜粋してきて読ませるんですよ。例えば「戦争と平和」のナターシャ・ロストワという女主人公にピエールという語り手が出会う場面の前に、彼女に関するウワサがあって、出会って、そのときの第一印象があって、顔とか口とか目の描写があって、その後、直接主人公との交流があって、ある事件があって主人公のナターシャの成長があってと、とにかくそういう風に抜粋を読ませて、その内容の要旨っていうのか、どんな構造になっているのか、というのを書かせるわけです。ツルゲーネフの「初恋」でも何でも、とにかく幾つかの名作を読ませて、それがどういう構造になっているかというのを分析させてじゃあ、あなたんがおかさんについてだとか友達についてだとかいうことを書くなら、それをどういう構造で書くかと。まず彼女の評判から書く?あるいは彼女の目の描写から書く?そういったことを、とにかく「構造」をまず書かせるわけ。構造を書かせた上で、構造に基づいて、まず作文させる。当初の構造どおり書けたか書けなかったか、というのを確認しながら、じゃあ、構造を変えていくとかいうふうにしてね。
こんな指導があったら書き方もわかるし、具体的に何が評価されているのかがわかる。
わたしも子どもの頃から本読むの好きだったし、いわゆる「創作」ということに興味があったからストーリーを作ってマンガを描いたりしてたし、授業中に原稿用紙1枚分書きなさいと言われたら苦労なく埋めることができたけど、読書感想文で選ばれたりしたことはなくて、どうすれば選ばれるようないい作文が書けるようになるんだろうと漠然と思っていたような気がします。とはいえ当時は小学生だったし先生の言われるままに書くことばかり考えていたんだけど。
で、糸井さんのほうは日本の作文がインパクト主義になっていることを指摘。
「泣かせるのがいちばんいい」ということになっちゃうんですよ。要するに感情を揺すぶるといのは、身を切って揺すぶれば一番いいわけで、極端にいうと、クラスで一番不幸な子がありのままを書けば先生に褒められますよね。でもぼくは、あの構造を小学校のときから怪しいと思ってたんですよ。おかしいなあと思ったんです。だけどそれは(中略)ウソを書くときだけ、作文の点がよかったんです。たとえば擬人法を学ぶからといって、何かモノを主人公にして書きなさい、というときは点がいいんですよ。だけど、遠足に行ったこととか
父のことを書けとか、全部嫌だった。
これに対して万里さんは日本の私小説がまさにそれで、つまらなくて、苦痛のような、画面試しのような感じと発言。ソ連学校では自分のことについて書きなさいというのはなくて、冬について書けとかサーカスについて書けというのが多かったらしい。対談の中でふたりは自分と向き合うというのはとても大切なことと断りながらも、本当に言いたいことは、人に言う時期が来るまで言わないというのが人間だけど、それを出した子を先生が褒めていて、若い女の子をだましてやらしちゃうポルノ映画のようだと。。。
糸井さんがよく課題に出すのは、「自分の好きな食いものを人に勧める文章を書け」というものらしい。なるほど、わたしもグルメブログ、もっとしっかり書こうっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

お手伝いさんはスーパースパイ!

読書の秋は続きます。今年買った60冊ほどの本をひとつずつ読んでます。

51a5zlxqel_sl500_aa300_
ゆるーいので気楽に読めます。南条姉妹シリーズの6作目なのだそう。だけど前の5作を読んでいなくても問題なく楽しめるつくりになっていました。ゆるーいんだけど、いろいろ考えて作られているんだろうと想像します。
ソフトバンクが3年ぶりの日本一!嬉しいニュースです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最期に書いた息子への手紙

宋文洲さんのメルマガ読書広場で紹介されていた「最後に書いた息子への手紙」。わたしの夫の考えにもつながる考え方でした。以下こんな感じで始まります。

息子へ

おまえにこの手紙を書いたのには3つの理由がある。
1. 人生は幸福も災難も無常だ。いつ死ぬかは分からないので早めに言っておきたい。
2. 私はおまえの父だ。私が言わなければ、誰も言ってくれない。
3. この手紙は私の悲惨な失敗体験から得たものばかりで、おまえの人生に役立つだろう。

今後の人生において、以下のことをよく覚えてほしい。
続きは本文へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月28日 (火)

ドサ会!San Diego Poison Checkers Event

ドサって知ってますか?南インドのクレープのような、薄い皮の食べ物です。豆の粉や米粉でできているとか。

以前友だちが立ち上げたSan Diego Poison Checkersという食べ歩きグループ。楽しかったのだけどその友だちが引っ越してしまったので、わたしが引き継ぐことに!
結果16人もの友人が集まってくれて愉快な集まりとなりました。
10734224_10203071550726048_40737697
で、これがドサ。いろーんな種類のドサがあるなか、古典的なマサラ・ドサにしました。チーズのようなほのかな塩味がおいしい!バクバク完食しました!
この巨大なクレープの中にポテトサラダのようなものが少しあります。けっこう辛いカレー(chicken chettinaduという21種類のスパイスで作ったカレー)を注文したのでこのドサ&ポテトサラダがあって助かりました。カレーはご飯と一緒にやってきます。
場所はサンディエゴのインド街 Black Mountain Rd.のインドマーケットのお隣にあります。
Bawarchi Dosa
9520 Black Mountain Rd
San Diego, CA
858-578-3672

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月27日 (月)

大人の誕生日祝い

週末お友だちが遊びに来てくれました。

30歳のバースディを迎えたということで会席&お寿司ディナーに行ってきました。
ものすごくお腹が空いているわけではなかったこともあり、一番お手ごろなおまかせコースにしました。いちばんいいおまかせコースに比べるとネタのグレードが落ちるのですが、十分なコストパフォーマンスでした。
63948_10203059652028588_83923448989

まず最初に出てきたのが白和え。白和えって簡単そうだけど実は難しいと思う。豆腐やだしのよさが感じられる一品でした。そして季節のぎんなんが2つも!
10440980_10203059652388597_43068621
さば!これ、ホントおいしかったんです。写真ブレててごめんなさいっ!
1779928_10203059652708605_651726184
お刺身の盛り合わせ。もうひとつ上のコースだとマグロがとろける中トロになります。でもこれも十分美味しかったです!
10557467_10203059653028613_60258543

そして!マツタケのはもしんじょう。香りが高くて、サンディエゴにいながら秋を感じました。
10710943_10203059653268619_24650083
これがかなーり美味しかった!!油の乗った秋鮭がやわらかーい昆布に巻いてあります。
10734025_10203059653628628_69971340

にぎり。アナゴが絶品。
最後にイタリア人ジェラート職人とコラボして作ったアイスクリーム。(写真なし)
前回抹茶にしたので、今回はラムレーズンにしました♪
ぜひ行ってみてください♪いちばんいいおまかせコースは3日前に予約が必要です!
Kokoro
3298 Greyling Dr,
San Diego, CA 92123

(858) 565-4113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月24日 (金)

日本人が知らない新・ニッポンツーリズム

2020東京オリンピックが決定してから1年が経つそうです。

訪日観光についての連載、著者は観光マーケティングというよりコンサルティングの方のようですが、視点はなかなか面白いです。
日経ビジネスオンライン
どういう形かわからないけれど、わたしも日本の外国人観光客誘致に貢献できたらいいなと思っています。これ、書きながら考えてる内容だけど。
観光マーケティングの仕事は韓国絡みで7年ほどやっていたし、英語や韓国語などの言語面でも、主要観光客である韓国人・中国人・台湾人・アメリカ人についても経験から分かっている。問題はアメリカにいながらどうやって活動するか、ですね。
日本のどこかの自治体、団体、あるいは観光地と提携して、サンディエゴにいながら「代理店」のような役割ができないかな。日本で言うところのマーケティング・ガーデン社みたいに。
アメリカ人観光客誘致を考える場合、まず日本のクライアントにはアメリカの広さゆえに1社でアメリカ全土を管轄するのは難しいことを理解してもらう必要がある。現にアメリカでビジネスをしている企業も、代理店は地域に1つ置くのが常識。日本の25倍の国土を持ち、時差も大陸で3時間、日帰り出張ができる日本とはまったく様子が違う。日系企業もこれを行っている。
実際問題、各地域に代理店をもつ必要はなく、アジア(日本はアジアの一部)に目が向いているのは西海岸。カリフォルニアに拠点がひとつあればひとまずそれでよい、ということになる。
独自の観光局のオフィスを構える経済力のある自治体や団体なら問題ないが、そうでない団体の代わりとなって活動ができないかと思ったり。
アメリカに出先を持つ自治体は多いが観光に特化した事務所を構えているところは少なく、さまざまな業務を兼務している。経験をもとに断言すると、観光誘致業は片手間でこなすには膨大な仕事量であり、センスが問われる業務だと感じる。観光マーケティングをなめるなよ、と思う。
もしわたしがアジアの、例えば台湾に引っ越すことになった場合はおそらくこの仕事をすることを考えると思う。ま、わたしの夢はあくまでサンディエゴと福岡に住むことだけどね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

言葉を育てる

今日は民族間の差別について。

51hfmqukesl_sl500_aa300_
先に読むべき本がありつつも、つい手が伸びるのが米原万里さんの本。神津十月(こうづ・かんな)さんとの対談のなかで「百を超える民族を束ねていた側である大帝国の民族に差別意識は低く、少数民族同士のいがみ合いのほうが強い」。
例えばアメリカには白人系、黒人系、ラテン系、アジア系といろんな種類のアメリカ人が住んでいて、中西部では民族間の対立のようなものを感じるのだとか。なかでもマジョリティの白人系による対立はなく、白人の次の座を狙う黒人系、ラテン系、アジア系の間での抗争が激しいのだとか。
マジョリティであることは立場の安定を保証されているからか、他のマイノリティにも差別意識が低いのかもしれない。
アメリカで星条旗を飾ったり、アメリカ人であることを全面的に押し出す人は国内では裕福でもなく、どちらかというと底辺を這っている人に多い気がする。アメリカで力のない人ほど、アメリカという虎の威を借りたいと思うものなのかもしれない。
たとえば日本人でアジア諸国出身者を見下すような発言をする人がいるけれど、そういう人たちも実は底辺に近いところを行っている人に多いのかもしれない。うちの祖先にはそういった差別発言をする人はいなかったけど、やっぱり海軍中尉の家庭という当時揺るがない地位があったから差別意識は薄かったのかもしれない。
それにしても米原万里さんの本はおもしろい。中には他の著書に書かれた内容が出てくるんだけどでもやっぱり面白いなぁと思って読んでました。共産党員の娘として育った姉妹の話とか笑えます。運動会で赤組じゃないとヤダと言ったとか、教室の座席は左側がいいと言ったとか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

羊の肉が好き

羊の肉が好きです。日本にいるとき、ジンギスカンブームみたいなのがあって、一緒に喜んで行ってくれる友だち探すの苦労してました。

で、アメリカ!ジンギスカンないのは残念だけど、ラム肉は売ってます!
1601459_10203009966546482_899009354
コストコで買ってきたラムチョップに塩コショウと庭のローズマリーまぶして焼きました。
つけ合わせはズッキーニ。こちらも塩コショウとオリーブオイル。
1016814_10203009967306501_511312206
両面を10分ほど焼いたらこんな感じ。美味でしたよ!!
ジンギスカンって家で作れるんだろうか・・・と疑問がわいてきた。調べてみます!もし作ったらまた報告します!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやくコストコ会員に

ついに、コストコ会員になりました!理由は、質がよい写真の現像を安くしたかったから。

1391606_10202983430323093_323850149
キャンペーン中だったからエグゼクティブメンバーになりました。こちらのほうがお得だったの。 あまり行かない場所だけど、今後はもう少し通うようになるかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝ジュース、続けてます

朝ジュース、続けてます。
もちろん飲む時間がない朝とか、飲みたくない朝は飲みません。飲みたいときに飲む。
最近のお気に入りは生姜入りはちみつレモンです。
もちろん手作りです。これ、すごくおすすめ!朝・晩問わず飲んでます。
作り方ってほどでもないくらい超簡単。
小鍋に水と生姜を3~4枚スライスしたものを入れて
沸騰させて軽く煮出す。
カップにレモン汁(アメリカはライムが安いのでわたしはライム使ってます)と
はちみつ(わたしは父が趣味で養蜂をしてるので、日本はちみつ)を入れて
そこに煮出した生姜湯を入れて混ぜるだけ。
お腹の調子が悪いときって、内臓や体が冷えているのが原因ということも多いみたい。だからこれを飲むだけで体調整えることができます。
わたしは冷え性みたいで、季節問わず手足やお尻が簡単に冷たくなってしまうので、生姜とかにんにくとかが合うみたいです。
酸っぱいものも体にいいんですよね。そしてはちみつもすごく栄養があるそうです。
もうひとつ気に入ってる朝ジュースは、りんごソイ。
りんごと豆乳をブレンダーにかけます。アメリカの豆乳はほのかに甘いのでこの2つだけでものすごくおいしい飲み物ができます。あまりに美味しくていつも一気飲み!
日本の豆乳を使う場合ははちみつを入れてあげるといいと思います!
これから寒くなってくるのでいろんな飲み物が楽しめていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

銀座24の物語

読書の秋ですね。

10471421_10203014650543579_72125390
銀座をモチーフに24人の作家が描く短編小説です。
サンディエゴという、銀座の正反対のようなところで読んでいたんですが、徐々にそれぞれのストーリーに引き込まれていきました。中にはとっても不思議な話とか、なつかしい日本の香り漂うものもあり、なかなか面白いコンセプトの本だなぁと思いました。
今これを読んでくださっている方は銀座に思い出話などあるでしょうか。福岡生まれ福岡育ちのわたしにも、銀座の思い出がありますので今日はちょっと書いてみようと思います。
中学3年のとき、家にあるプリントごっこを使って年賀状を作りました。干支とはまったく関係なくクジラの絵。クジラの部分は真っ白で、周りをカラフルに仕上げた作品でした。
小2から小5まで埼玉県に住んでいたものの、当時は福岡に戻っていて、銀座のことはあまりよく知らないころです。
今ではもう覚えていませんがどうやら理想科学(プリントごっこの会社)のコンクールに応募していたみたいです。
ある日曜日だったと思います。夜家族で外食に出て戻ってきたらわたし宛に電話がかかってきました。理想科学からで、わたしの作品が受賞したという連絡でした。
どうしてクジラにしたのかと聞かれて、何となく、と答えました。(が本当はクジラにはわたしなりの意味があるのですがその話は今関係ないのでまた今度。)それからそのクジラは潮を吹いていたんですが、これは何ですか?って聞かれたので、潮です。クジラって潮を吹きますよね?って、どうしてこの大人のおじさんはこんなに細かいことを聞いてくるんだろうと思いました。お母さんは本人が作ったか確認するためじゃない?と言っていました。
東京で開催される授賞式に保護者とペアで招待されました。確か飛行機代を理想科学が負担してくれました。おかあさんは久々の東京でうきうきしていました。そんなお母さんと一緒に受賞したわたしもうきうきしていました。
東京には前日に入って、ビジネスホテルのようなところにお母さんと泊まりました。夜その狭いホテルの部屋でテレビを見ていたらもんじゃ焼きをやっていました。お母さんと一緒に食べてみたいねって言って、じゃあ明日食べに行こうか!って話しました。
翌日、もんじゃ焼きをお昼に食べることになり、銀座駅を出て警察の派出所にもんじゃ屋さんの場所を聞きました。警察の方は親切にもんじゃ屋さんを地図で探して教えてくれました。
警察の方に教えてもらったとおりにもんじゃ屋さんを探しあてて、初めてのもんじゃ焼きを食べました。確か、ビルの2階かどこかに入っている、少し暗い感じの高級感のあるお店でした。今思えば高級なもんじゃ焼き屋さんだったと思います。母もわたしもとっても幸せでした。
食べ終わった頃に、「あ、そういえば授賞式に来てるんだった!」となり、あわててお勘定を終えて、受賞式の会場に向かいました。
授賞式には無事間に合い、受賞。小さい子どもから大人まで受賞者が集まっていて、最後にみんなで記念撮影をしたのを覚えています。とても楽しい経験をすることができました。
子どもだったのであまり詳しいことはおぼえてないですが、わたしの銀座の思い出です。今度母に詳しく聞いてみようと思います。母もあまり詳しく覚えてないかもしれないけど。
銀座の思い出、ありますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

婚活時代に感じること

自分の年齢のせいもあると思いますが自然と周囲には結婚適齢期の独身男性・女性がいます。なかには結婚願望がありつつも未婚の男性や女性も。

白河桃子さんの「婚活時代」という本を読むと、いちばん手っ取り早いのですが、問題はけっこう深刻だなって思います。というのも、わたしが子どものころって誰でも結婚できるものだと思ってました。だって知り合いのオジサンはかっこよくもないのに奥さんや子どもがいたりしたから笑
でも今の時代は結婚したければできるということではないみたいです。「婚活時代」の本によると、大多数の男性が一握りの女性へ、大多数の女性が一握りの男性へ集中する傾向があるとのこと。
例えば女性の場合。「年収600万」以上の男性を希望する人がかなり多いそうなのですが、結婚適齢期の独身男性でこの条件を満たす人って全体の3%なんだそうです。
今は一昔のように景気もよくないし、男性だからたくさん稼げるという時代ではないのだから無理のない話かも。これが現実の数字。
プラス、「結婚したら仕事を辞めて専業主婦になりたい」と願う女性なんかは特に、この「年収600万」にこだわってくるだろうからメンドクサイことになる。
先日ご一緒した37歳の独身男性。何やら専門的なお仕事をしているようで稼ぐ能力はありそうな男性。今どき珍しい肉食系?で、話もできるし、ガンガン動くタイプの男性だったけど、希望の女性について聞いてみたら「将来結婚するなら妻には結婚後も働いていてほしい」とのこと。
この年になるといろんな夫婦の話を聞く。中にはひどい離婚話とか、離婚したくても出来ない話とかも。でもやっぱり結論としては、仕事から離れてしまった女性は離婚したくても経済的な理由からできない現実に直面するし、急に離婚を言い渡された女性は子どもを抱えて路頭に迷うことになる。
そうでなくとも急に夫に先立たれたり、夫が病気やケガをしてしまったり、あるいは夫が一時期学校に戻って勉強したいとなったとき、妻が働いていればどうにかやっていけると思う。男性としても働き馬のような扱いは受けたいはずもなく・・・。
一方男性のほうも、お母さんを求めている人は独身の人が多い。自分で面白い生活を工夫できない人はお荷物になるので女性は困る。自分で身の回りのことができない人、人にやってもらうのが楽だからいいと思っている人は売れ残るタイプ。
日本は男女の役割とかっていって、要は男も女もアマい、と思われても仕方ないと思う。
厳しいかもしれないけど、男性も女性も「結婚したい」と言いつつ、目の前にいる異性には無関心で日頃通していたり、相手が何かをしてくれるのを期待している受身の人が多いこと、多いこと。これじゃあ発展しないわ・・・と。
あとは、男性も女性も結婚に現実以上の夢を持ちすぎている人がいるのも気になる。結婚はゴールではなくて、自立と創意工夫が求められる共同生活(←バラ色とは異なる)の始まりなのに・・・。
今日聞いた名言:男性も女性も「カラーのある人」じゃないと、面白みがなくて相手の印象に残らず発展なし。お見事!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 9日 (木)

立ちのぼる香りと光るキャンディ

日々の生活にはちょっとしたできごとをきっかけに立ちのぼる気もちや気づきがあります。そういうかすかな、立ちのぼる香りのようなものとか、きらきら光るキャンディのようなものが生活やこころを豊かにしてくれる。

一度に複数のことをしたり考えたりするマルチタスクはやめて、ひとつずつこなしていくことで脳にも心にも余裕がでてくる。そして自分は何が好きなのか、何を心地よいと感じるのかを見極める。心に浮かんだ疑問とか興味とか、いわゆる好奇心に身をまかせて知識や行動を求めていく。
同様に自分にストレスを与えているもの、不快にさせているものがないかもチェック。そういったものに縛られていないこと、相手にしていないことをチェックする。
日々役立つことをまとめてみる。
・深く息を吸う、呼吸の仕方を確認する
・体の力を抜く
・特に朝の時間は一度にひとつのこと、一度にひとつの思考
・自分の幸せな気持ちを確認する
・自分の体調を確認して1週間のスケジュールを組み立てる
・ふと浮かんだ小さな疑問やわくわくを大切に、それを追求する
・自分と波長が合う人に連絡を自分から取ること
・波長が合う人とのやりとりを楽しむこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

元サンディエゴ観光局のディレクターからのメール

リンクトイン(キャリア用のフェイスブックのようなもの)を使っています。頻繁にチェックしていないのですが、仕事関係の人とゆるく長く繋がるのに便利なサイトです。

最近アメリカではリンクトインだけで求人を出す会社もあるそうで、最近仕事を見つけたMさんもリンクトインで求人を見つけたそうです。

で、今日リンクトインにサインインしてみたら、元サンディエゴ観光局のディレクターBからメッセージが届いていました。

注)わたしのサンディエゴ観光局にインターンするチャンスを得て実際に働くまでの奮闘記は2009~2010年あたりに書いてあります。。

このディレクターはわたしがインターンをしたときにサンディエゴ観光局にいて、去年フィラデルフィアの観光局に転職していった人です。
で、メッセージの内容はこんな感じでした。(以下訳)

タイトルは"フィラデルフィアからこんにちは"
Hi May、元気にしてますか?お久しぶり。今日メッセージを送ったのは、今アジアマーケットのセールスマネージャーを探しているからです。フィラデルフィアでの勤務です。
興味ありますか?あるいは経験者で興味ある人を知りませんか?
今月末に南カリフォルニアに行く予定だけど、何か質問があったら連絡ください。
Bより

いろんな思い出がよみがえってきます。まだサンディエゴに来る前、日本での観光局での経験を活かして海外の観光局で働きたいと思っていて、ネットで海外の観光局の求人を片っ端からチェックしてたこと、サンディエゴ観光局とも日本から電話面接(情報)をしたこと。

サンディエゴに来てから偶然が重なって観光局の秘書さんとルームメイトになれたこと、UCSDの先生からの情報で観光局のセミナー情報を得て参加したこと、ルームメイトがディレクターのBを家に招待してくれてカレーをふるまったこと、観光局でインターンしてアメリカの会社の様子を目の当たりにしたこと、副社長にプレゼンする機会を貰って直談判したこと、などなど。

そして、今の自分がいる。当時は観光局に雇われるという形での観光マーケティングにとらわれていたけど、今思えば、アメリカの会社でリストラをおびえながら、アメリカ式に上司へのアピールを続けながら本来の仕事を頑張るのってけっこうきつかっただろうなと想像したりする。
今は自分のマーケティングエージェンシーを作って、自分のやりたいようにUCSDなどの地元の団体と仕事をする立場にいる。我ながらすごくいい感じで成長できていると思う。

自分が経験せずにあれこれ言うのはとても簡単なことだけれど、こういう道を通ってきたからこそ、自信を持って自分の言葉でいろいろ言えると感じる今日この頃。
それにしても元ディレクターから求人がらみの連絡が来るのは嬉しいことです。インターンの時は今みたいに仕事場での英語もできていなかったし、自分の意見を言ったりアピールしたりも出来てなかった、という思いが心の中にあるからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本で習わない英語っていっぱいあるよね~っていう話

アメリカで英語を使って生活していると、最近はこれからアメリカに留学してくる人のことを考えているせいか、日本ではこういう表現は習わないからきっとアメリカに来てすぐ新鮮に感じられるだろうなぁとか想像することがあります。

先日、アメリカに来て間もない人が面白いこと言ってました。相手が自分の話してる英語を理解しているのか確認したくて"Do you understand?"って言ったら、それは失礼な表現だから"Does it make sense?"と言った方がいいよ、と言われたそうです。なるほど。
このmake sense(道理にかなってる)はけっこう使いますね。相手が言ったことに対して、「確かにね」って返事したいときに"That makes sense"って言いますね。逆に「(人の言ってることや出来事が)おかしいよね、理にかなわないよね」って時は"It doesn't make sense"って言いますね。
「自分の言わんとすること分かるでしょう?」って言うときは"You know what I mean?"ですね。特にYesとかNoとかの答えを求めずにいいますね。
でもでも、You know(あのねぇ、分かるでしょう?)を連発するのは教養がない、軽い感じでダメですね。ついネイティブが話しているのを聞くと簡単だし真似しちゃいたくなる人続出みたいですが。プレゼンの授業でも「えっと」とかYou knowは言わないようにしましょうって習います。もちろん、相手に大事なことを言う前に聞いてほしくて"You know,..."って使わなくはないですけどね。
それから「お葬式」って日本でfuneralって習ったと思うけど、実際に使ってる人は聞いたことなくて、みなさんservice(サービス)って言ってますね。Memorial serviceとかの略だと思う。
あとは、これずっと伝えたいって思ってたことだけど(This is something I wanted to share with you)、英語でどう話を切り出したら言いか、始めたらいいかに困っている人へ。日本語でもやるけど、「昨日すごく面白いことがあったんだけど」って、これから言わんとすることを前置きする。こうすることで注意が引けるし、相手も準備ができる。"A funny thing happened yesterday"って最初に言うってことですね。
同様にヘンなことが起こった"A weird thing happened"とか応用してもいいですね。このweirdっていうのも日本ではあまり聞かなかったけど、頻出単語ですね。あとBazarreとかも。
あと自分が話したいことがあるけど急に話し出すのがちょっと・・というときには、相手にその話題に関連する質問を投げかけてから話す。これは日本語でもできるテクニックですね。例えばでいうと、自分の故郷のラーメンを自慢したいとき。まず、ラーメンって知ってる?とか、日本食は何が好き?とかヌードルは好き?とかって聞いておいて、そこから「自分の故郷にすごく美味しいヌードルがあるんだけど~~~」と会話をしていけばいい、ということです。
参考になりますか??なったらコメントください!笑

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年10月 2日 (木)

常にしあわせでいるために

オプラ・ウィンフリーのウェブサイトの「常に悲しみが心にある事実(The Truth About Why We Stay Sad (Even If We Hide It))」を読みました。以下、引用します。

1) Pleasure isn't the same as happiness, and getting more pleasure isn't what will make you happy.
快楽と幸せは同じではない。多くの快楽を得ることが幸せになることではない。

2) Unhappiness is rooted in not knowing who you really are.
不幸というのは、本当の自分を知らないことに原因がある。

3) Relying on another person's love to make you happy means that they also have the power to take your happiness away. Even the prospect of this is enough to make happiness feel insecure.

他人の愛情に自分の幸せを頼っているということは、他人に自分の幸せを奪う力を与えていること。このことだけでも幸せを揺るがすのに十分だ。
4) Eternal happiness isn't a matter of finding your way to paradise, but of contacting the bliss that's a fundamental aspect of pure consciousness. To capture such bliss personally requires some lifestyle adaptations.

永遠の幸せというのはパラダイスへの道を探すということではなく、ピュアな意識の基本的な側面としての至福に触れることである。そのような至福を手に入れるにはライフスタイルの適応を必要とする。

Let's expand on the last point, since the promise of happiness as an inner state—one that nobody can take away from you—depends on what you're willing to do to realize it.
4)の点を広げてみると、幸せは心の状態にある。心の状態というのは他人が取り上げることができない、自分がどう実現したいか次第である。

1) Live close to nature's rhythms and cycles, especially with regard to getting good sleep and going out into natural beauty on a regular basis.

自然のリズムとサイクルに近づけて生活する。特によい睡眠をとり、定期的に自然美のなかに身をおくこと。

2) Reduce external stressors, making a serious effort to live and work in a positive environment.

外的ストレスを減らすこと。生活環境と仕事環境をポジティブなものにするよう真剣に取り組むこと。
3) Make time every day to relax. Make time every day to play.

毎日リラックスする時間をもつこと。毎日遊ぶ時間をもつこと。

4) Let your brain experience the quiet inner state that is the gateway to higher consciousness. Meditation takes you on the inward path, but there are similar traditions and techniques of prayer, contemplation, self-reflection and Hatha Yoga.

脳に静かな状態を与えて深い意識へ導くこと。瞑想(メディテーション)は意識を内側に向けてくれるが、祈りや深く考えること、自己回想やハサ・ヨガなども同様の効果がある。

5) Limit the toxicity of alcohol, tobacco and adulterated food. Favor a natural, organic diet whenever possible. Drink pure water; breathe pure air.

アルコール、タバコや混ぜ物のある食品等の毒を制限すること。できるときはいつでもナチュラルなオーガニック食品を好んで求めること。きれいな水をのみ、澄んだ空気を吸うこと。

6) Dedicate your primary relationship to mutual happiness. Work together so that your partner's happiness feels as fulfilling as your own.

家族や親しい友人との関係を相互の幸福に捧げること。相互に幸福を与える努力をすることで周囲の幸せが自分自身のものとして満たされるようになる。

7) Avoid the daily temptations of negativity, such as gossip, dwelling on bad news, venting our anger and impatience and blaming others.

日々のネガティブの誘惑を避けること。たとえばゴシップや悪いニュース、憂さ晴らしや短気、他人を責めることなど。

8) Take responsibility for your own happiness.

自分自身の幸せに責任をもつこと。

9) Aim at the highest kind of happiness, which is spiritual and devoid of ego.

最高の幸せを求めること、エゴではないスピリチュアルな幸せを。

10) Enjoy the lifelong project of building a self, because it is the prospect of a fulfilled self that brings satisfaction even in the face of resistance, obstacles and setbacks.

自己を建設するという生涯プロジェクトを楽しむこと。満たされた自己は、抵抗、障害物や挫折に直面しても満足感をもたらすから。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »