« ヒトのオスは飼わないの? | トップページ | 越境者通信 »

2014年9月10日 (水)

歪笑小説

日系書店の閉店に伴い大人買いした本のうちの一つ。読了です。

Download_1_2
タイトルだけ見ていたら買っていなかったかもしれない、と思う本。これまで東野圭吾氏の本は読んだことがなく、一冊目となりました。世間に受けている作家さんだということは知っていたけど、いや、知っていたからこそ敢えて手に取ろうと思わなかったのかも。
でも帯が目を引いたので買ってみることにしました。「だから作家なんて、なるもんじゃない!東野圭吾、これが裏のライフワーク 出版業界の内幕を暴露する連続ドラマ」
実際、出版業界で起こっていそうなあれこれが短編小説になっていて、面白かったです。売れる作家、売れない作家、出版社の担当者たち、新人賞に週刊文集。作家の家族に、担当者の家族・・・。
東野圭吾氏ってジョークの分かる作家さんなんだなぁと妙に感心しました。読んでいてクスリとなる部分がけっこうあったり、話の流れやオチも悪くない。最後のページもおぉ!楽しい。読み終えて表紙の絵をみるとさらにおぉ!となりました。
ちょっと大げさな気もするけど、でも本当に実在しそうっていうキャラクターの絶妙なバランスもいいと思いました。
それにしても読んだ本の感想を書くのって子どものころから苦手です。読書感想文にはあらすじを最初から書いてしまう、ダメな子だったんです・・・。でもブログには読んだ本は上げていくけどね。

|

« ヒトのオスは飼わないの? | トップページ | 越境者通信 »

本・audio books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/57336602

この記事へのトラックバック一覧です: 歪笑小説:

« ヒトのオスは飼わないの? | トップページ | 越境者通信 »