« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月18日 (木)

インドからスリランカに発展

12077417_2
福岡でよく食べていたスリランカ・ヌードルカリー。
恋しい味のひとつ。

2014年の目標、覚えてますか?わたしはいたってシンプルなのですが、①結婚がらみのイベントや手続きを無事終えることと、②インド料理を学ぶことです。

インド料理のほうは、先日はインドパーティを開催できたし、インド人の友だちからいろいろ習ったり、非インド人の友だちをインドマーケットに連れて行ったりしています。これがものすごく楽しい!けっこうハマってます。
わたしはお母さんが作る日本のカレーも好きだし、タイカレーやインドカレーも好き。で、福岡にはスリランカカレーの美味しいお店もあって、よく行ってたんですよねぇ。カレー全般大好きです。カレー好きな人ってけっこういるんだなぁと思いました。
インドカレーから発展してスリランカカレーのことを思い出しました。インドカレーとスリランカカレーは全然違います。インドカレーとタイカレーくらいの違いがあるかも。。スリランカカレーはインドカレーよりもスープのようにさらさらしていて、油分も少ない印象。そして病み付きになる美味しさがあります。
手軽に食べれるところはないかと、サンディエゴでスリランカカレーの店を探してみたもののなさそう。ロサンゼルスにはあるみたいです。
インドカレーとスリランカカレーを自分でおいしく作れるようになりたいと思っています。その過程でスパイスのこととかも勉強できたら面白い。ひとまず福岡のスリランカ料理屋さんのウェブサイトで紹介されているレシピを参考にして挑戦していきたいと思います。
640x640_rect_26488016
福岡のスリランカ料理店のチキンカレー

ちなみに福岡のスリランカ料理屋さんは1軒目がツナパハ(Thuna Paha)という名前で、シンハリ語で「3-5」、スパイスを3種類から5種類混ぜたスパイスのことのようです。おいしそうな名前です。
もう一軒、わたしがよく行っていたほうのヌワラエリヤ(Nuwara Eliya)はスリランカ中部の高原にある地名で、お茶で有名なところのようです。スリランカといえばセイロンティーですよね。
インド料理のこともまだちゃんと書いていないので、いずれ書いていきたいんですが、「スリランカカレー食べたい病」なので、スリランカのチキンカレーから作ってみようと思ってます。
玉ねぎやトマトなどの一般的な材料以外の、スパイス類をチェックしてみると、ターメリック、チリパウダー、シナモン、カルダモン、クローブとこのあたりはインドカレーにはまる過程で手に入れたのでスパイスボックスに入ってます。ターメリックは入れすぎると苦くなってしまうらしい。
以下が新たなスパイス:ランペ、カリーリーブス、レモングラス、フェヌグリーク。今日早速インドマーケットに買いに行こうかな。
ランペというのは聞いたことがなかったのだけど、菖蒲の葉っぱのようなものらしい。インドマーケットにあるかどうか不明だけど、きっとあるだろうと想像してる。お腹のガス抜きにもいいとかで、インドのアーユルヴェーダの道へ話は繋がっていく・・・。
カリーリーブスはマーケットで見たことある。カレーって料理の名前じゃなくてスパイスの名前なのか、と軽く衝撃を受けたのを覚えているので・・・。
レモングラスはお茶にもできそうだから使い勝手がよさそうだから、こちらも買っちゃおうかな。
フェヌグリークはなんと、偶然にギフトとしてもらったものがあるので、早速使い道があるので嬉しい。
10431439_10202801889304681_53668656
インドスパイスたち。インドパーティするときに、台湾の友だちが気を遣っていろいろ買ってきてくれたんだけど、使い道がわからないものばかり。幸い、フェヌグリークを発見したので、これはスリランカカレーで使えそう!
フェヌグリークは種の部分を使うのだけど、見た目もちょっと変わっていて、粉末になっていないせいかあまりおいしそうに見えないし、自分ではまず買わなかっただろうアイテム。だけどウェブサイトでいろいろ調べるとどうやら甘みを出すものなのだとか。
さらに英語でも調べていくと、日本のカレーにはこのフェヌグリークがかなり使われているとのこと。ほのかな甘みを好む日本人らしい味が出るのかも、これは意外といいスパイスなのかもしれない。
学ぶことがたくさんあっておもしろいです。要するにいろんなスパイスを少量ずついろいろ入れたら美味しくなるんだろうか。ポイントはなんなんだろう・・・と試行錯誤。
レシピにはカレークリームなる材料があるものの、これがよく分からない。福岡のスリランカ料理店のオンラインストアで売られているけれど、英語では何と言うのだろう。アメリカの南アジアマーケットでも一般的に手に入るものなのか。ひとまずなくても大丈夫という判断をしております。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

Bellamy's フレンチ♪

先日スペイン料理を食べにいったときのこと。ウェイターがフランス人ですごくフレンドリーな人だったので、お勧めのフランス料理を聞たところ教えてくれたのがBellamy'sでした。

「友だちがシェフしてるから、ぜひ行ってみて」と紙にレストランの名前とシェフの名前を書いて渡してくれました。
フランス人お勧めのフランス料理。これは必ず行かないと・・・!
というわけで行ってきましたよ。エスコンディードまで!
概観はゴージャス感などなく、いたってフツーな感じ。中もぱっと見狭い感じなんだけど、実は3つのスペースに分かれているから、実際はけっこうな大きさだと思う。
10364039_10202796771176731_11884367
金曜日のお祝いにカリフォルニアの白ワインで乾杯!
フレンチなんだけど、みんな好き好きに頼んでいて、コースメニューを頼んでいる人はあまりいない様子でした。自分が食べたいものを注文してコースを作っちゃえばいいのです。
わたしたちはウェイターさんと話しながら決めました。ウェイターさんが「一風変わったものが好きですか?それとも一般的なものが好みですか?」と聞いてきたので、「変わったものが好み」と声を合わせて回答する我々。
10444008_10202796771376736_78082923
わたしは野菜から始めたかったので、最初はトマトのサラダにしました。
カプレーゼはハーブなどがミックスされていているもの。ドレッシングの代わりにジュレが載っていていて、嗚呼フランス料理万歳!
10427349_10202796771736745_51966990
タイガーさんは前菜メニューからスペインいかのステーキ(Spanish Squid Steak)という料理をチョイス。要するにイカ墨のリゾットに焼いたイカが乗っているんだけど、これかなり美味。ぜひ食べていただきたい。上に載っているイカもおいしいです。
「パン、今焼いていますので少々お待ちください」 ・・待った末に出てきたパンは焼きたてのアツアツで、最近食べたパンのなかで断然一番美味しかった。フランスのパンはおいしい。
10649730_10202796772296759_19777377
そしてこれが、わたしのメインディッシュ。大当たり。
10354745_10202796772856773_53871057
鴨肉です。ハドソン峡谷の鴨の胸肉 (Hudson Valley's Duck Breast)です。お皿の底にはポレンタのピューレが敷いてあって、鴨肉の上にはバルサミコ風のソース。抜群に美味しかったです。
10686948_10202796773056778_26107485
タイガーさんはラムチョップを。こちらも美味しかったです。付け合わせのあれこれも手が込んでいて見た目もきれいで味もおいしい。
お気に入りのお店になりました。ちょっと遠いですが、またぜひ行きたいです。
次はお魚料理を試してみようかな。
417 W. Grand Avenue
Escondido, CA 92025
760-747-5000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ引っ越すかどうか・・・

実はもう長いことこのことで悩んでます。

ココログ、正直世の中の流れに追いつけていないと感じています。

たとえば、他のソーシャルメディアへのシェアボタンがないところとか。
最近グーグルクロームに変えたら、改行もうまくできなくなっていたし。

ただ引っ越すにしても、これまで書き溜めた内容も引っ越すのは簡単ではないみたいで。
引っ越すとしたらグーグルのブロガーかなって思ってるんだけど・・・。

勝間和代さんも昔ココログ使ってて、今は業者にお金払って
ブログの内容が自分のウェブサイトに反映されるようにしているんですね。

で、今調べたら勝間さん、ブログをココログに戻してた。
これってやっぱりこれまで積み立てた分が検索結果に反映されているからだろうなぁ・・。

これから先どうすればいいのだろう。
ココログが万が一ブログサービス辞めたらどうしたらいいんだろう・・・。

うーむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

グローバルリーダー目指し、一歩前へ

先日書いた秋山ゆかりのキャリアアップ論について書きました。

同様に面白い読み物が石倉洋子さんの「グローバルリーダー目指し、一歩前へ」。これ、留学中の人とかも読んだらいいかなと思います。
石倉洋子さんは「こんな日本人女性いるんだー」っていう国際的に輝いた経歴の持ち主で、だからこそこの人の連載は面白いんです。アメリカで働いているわたしは、うんうんとうなずきながら読む内容が多い。リアルな「海外で働く」が書いてあります。
言葉ではなかなか伝わりづらいことだけど、気軽に声をかけあうこと、とか、自由に会話を楽しむ、とか、日本人が海外で人と関わるときにぜひ実行したい、すべきなことが平たく書いてある。
ヘンに上手な英語とか、コツとか要らないんですよね。代わりに必要なのは、相手の見た目やバックグラウンド(生まれ育ち)が自分とどう違っていようと、単純に疑問に思ったことを質問したり、思った感想を言えばいいよってことなんですよね。
これ、わたしも留学ブログの「英語が話せるようになりません」のところでも書いたんです。これからも声をもっと大にして広めていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回 インドパーティ 

10689625_10202819135055814_339365_2
これまでにない猛暑のサンディエゴ。
窓を開けたまま寝ていたら、朝方きれいな空が見えました。

カレー好き、インド料理好き。ということで、2011年のインディアンパーティに引き続き、2回目のインドパーティを開催いたしました!

10606345_10202801887704641_69190190
今回シェフを買って出てくれたのは、マーケティングのクラスで一緒だったアモール(写真手前)。
まずは買出しにインドマーケットへ。インド人とインドマーケットに行く機会を逃すまいと早めに行って待ち伏せ(?) 
インド人おすすめのスパイスの話は別途するとして、インドマーケットでの初体験はこちら↓
10628036_10202801867264130_60947278
さとうきびのジュース!
生姜とライムのスライスも一緒に搾るんです。絶妙!
10408575_10202801867504136_78792732
サトウキビのジュース。
で、本題。今回最大の学びは、インド人はナンを家で食べないってこと。理由はインド人の家にはナンを焼くあの窯がないから。代わりによく食べられるのが
10687052_10202801887304631_23014091
ロティ!フライパンに乗せて、キッチンペーパーを丸めたもので押さえるようにして焼きます。そうすることでプク~っと膨らんできます。
10636217_10202801889704691_26505686
こちらが生のロティ。
10614301_10202801888984673_44880421
今回の収穫その2。このエベレストブランドのマサラ(スパイスミックス)がおすすめらしいです。今回作ってもらった野菜とインドチーズ(パニール)のカレーには左の2つのスパイスミックスを入れていました。
10645328_10202801886904621_34147269
これがアモール作のカレー。お肉が入っていないのにかなりの満足感。これぞスパイスの力。
10354076_10202801888744667_86372551
食後にわたしたちのリクエストでチャイを。インド人自体は各自の好みで普通の紅茶を飲む人がいたり、コーヒーが好きな人がいたりするみたいです。今回は牛乳とスパイスを入れたいわゆるチャイを作って飲みました。もちろん、お砂糖入れたほうがおいしいです。
インドカレーにますます魅了され、同じ日の夜、全く同じように作ってみたものの、全く違う味のものが出来上がってしまい、とっても残念です。インド料理の道は遥かなるものでした・・・。
それにしても、持つべきものはインドの友!サンディエゴのおいしいインド料理のお店をいくつか教えてもらいました。
まず一つ目はわたしも何度も通っているPunjabi Tandoor。オフィス街(倉庫街?)にたたずむ不思議な店。
あと2件はインド人IT系エンジニアが多く勤めるQualcommの近くにあるSitar 、それから8Elements。近々行きます、今年が終わるまでに行きます。今年の目標はインド料理頑張るんだった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

笑えないけど笑っちゃう話

今日は久々にメキシコに行きました。といっても海のキレイなところにバカンスに行ったわけではなくて、仕事で国境を渡っただけです。

で、今日は笑えないけど笑っちゃう話。同僚からランチタイムに聞いたボスEの話。

ボスEがクモにかまれたらしい。
鎖骨の下あたり、腕の付け根近くの胸をかまれたらしく、周辺が日に日に腫れてきたらしいです。こわい・・・。
で、病院に行ったらお医者さんは、腫れた箇所を取り囲むように黒いサインペンでマル印を描いて、「この大きさまで腫れてきたら、また診察に来てください」と言ったらしい…。笑
注)余談ですがサインペン(マーカー)のことを英語ではシャーピー(Sharpie)といいます。商品名にちなんで。
ちゃんと抗生物質も処方されたので腫れがひけばいいのですが・・・。いったいどこでかまれたのでしょう。怖いです。
クモといえば、カリフォルニアには黒と赤のクモがいるらしくて、そのクモは猛毒?があるから気をつけるべきとか。ネットで調べてみると、黒と赤のクモってけっこういるみたいだけど、どうやらRedback Jumping Spiderのことを言っているのかな。
とはいえ、家にいるような小さなクモは無害ですよね。ハエトリグモとか。
気をつけましょう~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

越境者通信

ブログにコメントをくださる方からご紹介いただいた戸井十月(とい・じゅうがつ)さん。

Untitled
手始めに公式ウェブサイト「越境者通信」に掲載されている短編集「100枚の絵ハガキ」を読み進めていくと、おもしろい!こういうのをハートボイルド系って言うのかしら・・・と思うタッチ。
一気に現実から離れた世界へワープさせてくれる。自分がこれまで見てきた旅先の景色が目の前に蘇ってくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歪笑小説

日系書店の閉店に伴い大人買いした本のうちの一つ。読了です。

Download_1_2
タイトルだけ見ていたら買っていなかったかもしれない、と思う本。これまで東野圭吾氏の本は読んだことがなく、一冊目となりました。世間に受けている作家さんだということは知っていたけど、いや、知っていたからこそ敢えて手に取ろうと思わなかったのかも。
でも帯が目を引いたので買ってみることにしました。「だから作家なんて、なるもんじゃない!東野圭吾、これが裏のライフワーク 出版業界の内幕を暴露する連続ドラマ」
実際、出版業界で起こっていそうなあれこれが短編小説になっていて、面白かったです。売れる作家、売れない作家、出版社の担当者たち、新人賞に週刊文集。作家の家族に、担当者の家族・・・。
東野圭吾氏ってジョークの分かる作家さんなんだなぁと妙に感心しました。読んでいてクスリとなる部分がけっこうあったり、話の流れやオチも悪くない。最後のページもおぉ!楽しい。読み終えて表紙の絵をみるとさらにおぉ!となりました。
ちょっと大げさな気もするけど、でも本当に実在しそうっていうキャラクターの絶妙なバランスもいいと思いました。
それにしても読んだ本の感想を書くのって子どものころから苦手です。読書感想文にはあらすじを最初から書いてしまう、ダメな子だったんです・・・。でもブログには読んだ本は上げていくけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

ヒトのオスは飼わないの?

Download

この表紙を見るたびに、「あ、飼う予定はなかったんですけど、なんか飼っちゃいました汗」ってこころの中で答えてます笑
この本、ヒトのオスの話ではなく、米原万里さんが飼ったり出会ったりした犬や猫の話。犬や猫にも性格があって、いろんな不思議があるんだなぁと思います。
それにしても米原万里さんの文章は本当にすばらしい。読んでいて全く飽きがこない。そしてイタリア語通訳田丸さんの解説文も負けずにすごい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

マークアンソニー日本語ファンページ

勢いあまってマークアンソニーの日本語ファンページを作りました!

ラテン音楽全般に言えることですが、日本語での情報がものすごく少ないって感じます。
わたしはスペイン語はまだまだだけど、英語はある程度分かるので、情報をおすそ分けできたらなと思い、立ち上げた次第。

Marc Anthony Japan

けっこう「え?そうだったの?」と言ってもらえる情報載せてるので見てください!

これから思う存分マニアックなマークネタを書いていきたいと思います。楽しい~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

マークアンソニーコンサート2014

2014年8月29日(金)の朝 フェイスブックにて

10383008_843608932327779_7384680046

San Diego, son mi primera parada en US #cambiodepiel tour, prepárense!

San Diego, you are my first stop in the US  #cambiodepiel tour, get ready!

「サンディエゴのみんな、最初に立ち寄るよ。準備しててね!」

はい!準備オーライです~

16059_10202660375006912_501573733_2


というわけで、無事この日を迎えることができました。

初めてコンサートに行ってから11ヶ月、またマークに会える喜び。

と同時にコンサートの終わりに既に近づいている淋しさ・・・を
コンサートが始まる前から嘆いていました。

10407998_763860370337492_6782584573

失くすのではないかとドキドキしながら保管していたチケット。
前から8列目はマークを肉眼で見れるし、近くに来てくれるし、とってもいい席でした。

10615464_10202660373606877_35131288

前方席にて巨大な旗を翻すわたしたち、目立つ目立つ!!
周りの観客(主にメキシカン)も興味津々、ぞくぞく話しかけてくる!

「China(中国?)」なんて言われるから
ちゃんと「Japon!!(日本ですっ!)」と訂正入れておきました。。

Dsc01233

メキシコの旗と写真撮りたがる者まで現れた!
しかも1度では済まず、何度も撮りたがる後ろの席の女性笑

10609579_10202660378967011_10162211

わたしとM嬢の予想ではコンサート開始は10時、と思っていたけれど
9時10分頃、マークの頭文字のMAサインが現れ、イントロ演奏が始まり・・・
予想外の早い始まり。

注)チケットには8時と書いてある。。

1曲目は前回同様、I need to knowでした!
もしや、前回と同じ曲を歌うんだろうか・・?それでもいいけど・・・

デカい旗を振りまわす前方席のわたしたち、マークが見ないわけはない。

コンサート始まってすぐ、マークが観客席を見回しながら
「旗もあるね~」ってコメントしてくれたんです。
これは嬉しかった!旗持っていってよかった~~

M嬢、嬉しすぎるのか、メキシコの旗はそっちのけで
プエルトリコの旗を振ってた笑

10606374_10202660376526950_56127482

コンサートの友メキシカンビューティのM嬢とわたし。
メキシコと日本の旗をまとってます。

1966884_1518842354995179_4416698688


Dsc01227


Dsc01230

お茶目さも、情熱も、全て見られるコンサート♪


10606145_10202660376126940_86910536

よく歌い、よく踊りました!!

10612657_10202660375686929_48355727

日本から参戦のお二人もこの笑顔です!よかった~~


Dsc01228

野外だろうとどこだろうと、安定感のある歌唱力。
そして、言うまでもなく、絶妙な声質。嗚呼!

Dsc01209


Dsc01217


Dsc01230_2


10624952_763860560337473_2258480944
Flaquito de Oro、ゴールデン・スキニー
それがマークのニックネーム。

10556339_10202660377806982_54954650
興奮状態のわたし★ わたし、生きてるわ!


Dsc01211

野外でのコンサート、本人もとっても楽しそうにしていて
いつもより余計に回っております!!

10565098_763860843670778_9042896285

スクリーンにプエルトリコの国旗♪


10568990_10202660374286894_48720073

われわれ観客席、気づかぬうちに
日の丸が隣の席の方々たちまで渡り
振られているのでありました!これは圧巻!!!



Dsc01219

特に後半、自然体の表情が見られてとってもよかったです。

Dsc01231

ステージ下に潜っていっちゃうところ。
Oh Nooooo!!! 行かないで・・・!!涙

コンサートは10時45分ごろ、Vivir Mi Vidaで終了。
1時間半以上のショーでしたが、本当にあっという間。
家に帰りたくない病、もっと聞いていたい病にかかる。

Dsc01240

今回コンサートに駆けつけた日本人3名。
終了後に日の丸とともに写真撮影。

10592671_763860947004101_7337939886

メキシコの国旗も一緒に。


そうこうしていたら、チリのファンが寄ってきて
チリの国旗と一緒に写真を撮ろうということになった。


1505035_763860933670769_29475648720

手前からチリ、日本とメキシコ、そしてプエルトリコ。
4カ国の国旗とともに写真撮影。

世界中にいるマークのファンたちと繋がれた一日でした。

この写真、プレスの人にも撮ってもらいました。
万が一雑誌などで見かけたらご一報ください!!

コンサートの終わりとともに、わたしの夏も終わった気分。
既に次のコンサートが待ち遠しい、そんな脱力感があります。

マークアンソニーの日本語情報が極端に限られているので
どこかに英語やスペイン語訳の情報をストックできたらなと思っています。
これまた新しいプロジェクト。

Marc Anthony Japanもぜひご覧ください★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »