« 葉 | トップページ | ヨガの英語 »

2014年8月27日 (水)

高齢者ミーティング?

ところで以前も書いたかもしれないけれど、わたしのボスEはユダヤ系アメリカ人で、四捨五入したら古希をお祝いをするほどの年。気持ちは若くてアップルのノートパソコンやらiPadを操って、レーサーで、車の写真を撮ったりもしてる活力的シニア。

昨日の夕方、Eと一緒に取引見込みの会社さんとのミーティング。ミーティングにやってきたのは、かつてサンディエゴ最大の電子部品の代理店の経営者だったM氏。現在70代で、時代が変わった今でも同じ会社名を使って、他の商社の下で電子部品を売り歩いている。

仕事の話がある程度終わったころ、M氏がリタイアしたらマウイ島(ハワイの)に住みたいと言い出した。Eはダウンタウンのコンドはお気に入りだけど、家に引っ越したいと応答。Mがお墓は高いから火葬(cremation)に興味があると話すと、EはTrident Societyという火葬式の葬儀屋さんの話をはじめた。

Eのお母さんは今年亡くなって、わたしもお葬式に行ってきた(その時の話はここ)けれど、お墓が高いというのは深刻な問題のよう。幸いEのお母さんのお墓はだいぶ前に買ってあったから今の値段よりはだいぶ安く手に入っていたらしいけれど。

そんなわけで、Eも自分が死ぬときのことを考えているのか、Trident Societyは今支払えば2000ドルで済むサービスをやっている。どこで亡くなっても、家族が希望するところまで遺体を運んでくれて火葬してくれる、と。

普段まず話題に上らない話だったけど、シニアな話題満載のミーティングになりました。M氏はおそらく高級住宅地ラホヤに住むお金持ちで、仕事が好きだから今も働いているのだと思う。何歳になっても元気で働いているアメリカのシニアたち。日本人にも見てほしい、と思う風景の一つかもしれない。

|

« 葉 | トップページ | ヨガの英語 »

May日々の記録」カテゴリの記事

国際的な仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/57207516

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者ミーティング?:

« 葉 | トップページ | ヨガの英語 »