« 交渉術 | トップページ | Yoshiki Classics »

2014年4月25日 (金)

結婚式の準備をしています

来月に日本での結婚式を控えているMayです。

お祝いの結婚式なのに、準備のことでここ2週間は精神的にもバタバタでした。仕事のほうも神経を要する案件が複数同時にあったというのもありますし、確かに遠隔準備は大変ですが、本当にきつかったのは、それ以外のことでした。

当初、結婚式の準備って、セミナーの準備みたいなものだろうから慣れてるし、大丈夫だろうと高をくくっていたのですが。まず、アメリカにいながらの遠隔準備、ホテルとのやり取りはメールだけ。ホテル側からはこれを決めてください、あれを決めてくださいという連絡が来て、これまで結婚式について理想もなく、しっかり考えたことのなかったわたしは、具体的なことが全くわからなくて、身近に聞ける人もいなくって、途方にくれてました。

ホテルの人とのやり取りも大変です。ホテルの人は平日休みだし、メールでのやりとりにも慣れていないのでしょう、回答を数日待つことも普通で、なかなか前に進まず。

それからホテルの都合でいろいろな制約があるのもアメリカのフレキシブルなやり方に慣れてしまったわたしには、ホテル側の利益のための決まりにしか見えなくて、納得いかないことも。例えば、引出物や引菓子をホテル外から持ちこむときは、ペナルティがかかります。

タイガーさんもちゃんとした式にしようとしてくれて、食事の予算も一気に倍増。新郎側の家族も、わざわざ海外から17名も駆けつけてくれる予定に。ここまでお金をかけることになると、みんなが喜んでくれる式、自分が納得のいく式にしなくてはと、自然とこだわりが生まれてきたりして。

衣裳も当日の数日に帰国してから選ぶ予定。それなのに、ブーケは2週間前までに予約しなくてはいけないとか。あらかじめ自分がなりたいイメージがあれば、すんなり決まるのでしょうけど。これから勉強しようと思っています。振袖を着るのは最後になるだろうからぜひ着る予定。そしてドレスは白にするのかカラーにするのか。。。そんなこと、どうやったら分かるんだろう?

そんな「いろいろ」があるけれど、実はいちばんつらかったのは、日本を離れて5年、どれだけの人が本当にわたしがアメリカにいることを応援してくれて、わたしの結婚を祝福してくれるのだろうと、考えてしまうことだと気づきました。お誘いしていいものだろうか、とか。

日本に帰国しても、滞在できるのは長くて1週間。家族との時間や運転免許の更新、市役所や銀行での手続きなども帰国したときに済ませる必要があり、本当に時間が限られていて、会って近況報告したいのに会えない人もたくさん。次第に疎遠になっていくのは当たり前のこと。帰国するたびに胸をいためていました。どうして帰国するたびにパーティを開いて、会いたい人が来れるようにしなかったんだろう。そんないいアイディアも浮かばず5年を過ごしてしまいました。

そんななか、二次会の幹事をかってでてくれる友だちがいることが分かり、ほっとしました。自分で二次会まで運営するなんて、あまりに寂しいですからね。

日本を去って5年。今回の結婚式は、アメリカにいるわたしを応援してくれる人を確認する会になるのは避けられないかもしれません。でもそんな人たちこそ、仕事の利益などを抜きにした、本当のわたしの友達なんだろうと思います。

今回の結婚式のテーマは、「サンディエゴ観光セミナー」。参加してくれた人が、あたかもサンディエゴに行ってきたような、あるいはサンディエゴに行ってみたいなと思ってもらえるような披露宴にしたいと思っています。

それではどうぞよろしく!

|

« 交渉術 | トップページ | Yoshiki Classics »

May日々の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/55938253

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚式の準備をしています:

« 交渉術 | トップページ | Yoshiki Classics »