« オフィスのプチ祝い | トップページ | Sonora Carruselesライブ »

2014年3月21日 (金)

非営利団体のマーケティング 実例

以前から寄付をしている団体があります。

LLS (Leukemia and Lymphoma Society)という、白血病・リンパ腫・骨髄腫の研究や教育を支える非営利団体です。この団体は、非営利にも関わらず、本当にマーケティングが上手なので、日本の非営利団体のみなさんにも参考になるかと思い、ぜひ紹介したいと思います。わたしがこの団体を知るようになったきっかけから、今に至るまでを紹介します。

まず、わたしが寄付をするきっかけになったのが、友人がトライアスロンに挑戦するときに、トレーニングプログラムを受けたことでした。同団体が、Team in Trainingという、世界的に有名なマラソン、ハーフマラソン、トライアスロンなどのレース参加者に、専門トレーナーをつけてトレーニングを受けるサービスを提供する代わりに、レース参加者やその家族や友人たちから寄付を募る、というもの。とても本格的なトレーニングだそうで、その友人アスリートもトレーニングのための合計3000ドルの寄付を募っていました。

その時わたしは留学だったので自由に使えるお金は今ほどなかったのですが、トレーニングを受けている友人のためにもなるし、白血病やリンパ腫で苦しんでいる人や家族のために使われるのではあれば、と思い、たしか20ドルくらい寄付したと思います。たくさんの方から寄付は集まり、友人は本格的なトレーニングを受けた後、レースに出場して満足のいく結果が出た、ということで、彼にとってもわたしにとっても、とても印象に残る経験でした。

その後、LLSからお手紙が届くようになります。これがまた、非営利団体らしからぬ、垢抜けたマーケティングの魅力たっぷりなお手紙なんです。

お手紙が届くのは、年5~6回くらいでしょうか。まず目に付くのが、封筒の小さな丸い窓から見える、ピカピカに光った5セント。その後一度も寄付していなくても、いつも小さなプレゼントとして5セントがくっついてきていました。

さらには、わたしの名前と住所のシールの束がたくさん同封されていました。季節ごとに絵柄が変わるシールは、お手紙書くのが好きなわたしにとってちょっと嬉しいプレゼントでした。

ただ「寄付してください」というお手紙ではなくて、LLSの寄付のおかげで白血病が治った男の子の「ありがとう」のメッセージが同封されていたりします。(もちろん、印刷したものですが。)

そうやって、もらってばかりではなくて、たっぷりあげることも忘れないし、向こうにも人がいることを感じさせる仕組みになっていました。

日頃から寄付はしたほうがいいという考えのわたしなので、そのメッセージに返信する形で寄付をしていました。寄付の申込用紙も、あらかじめ準備された選択肢(10ドル、15ドル、20ドルだったと思います)をチェックして、クレジットカードの情報を記入するか、チェック(小切手)を同封すればよいという仕組みになっていました。もちろん、別の額を寄付したい場合は別欄に記入できるようになっていました。

ずっと寄付しなかったら、いつか届かなくなるかなと思っていたお手紙は、その後ずっと届いていました。一方こちらのほうでは彼氏(現夫)のハウスメイトで同僚のFさんがリンパ腫を煩い、お国で治療を受けることになるなど、ますます身近に感じるようになり、他にこんなに熱心に活動している団体も知らないので、ときどーき、寄付するようにしていました。

そして今年。家を引っ越したので、今後は新しい住所のシールがほしいな、と密かに思って、また寄付しました。25ドルです。そしたら何が起こったと思います??

なんと、先ほど携帯にお礼の電話が入りました!!「わたくし、Leukemia Lymphoma Societyのものです。このお電話はセールスを目的したものではありません。先日は25ドルの寄付をありがとうございました!本当に感謝しています。ただお礼が言いたくてお電話しています。それではよい週末をお過ごしくださいね。」

思わず、It is very nice of you!って伝えました。仕事中に電話がかかってきてしまったので、あまりベラベラと(アメリカ人のように)世話話はできませんでしたが、寄付してもらって(お金をもらって)お礼の電話を入れてくるというのは、本当に全うな団体だな、と感心しました。これまでいくつかの団体に寄付したことがありますが、いずれもこんなにしっかりありがとうを伝えてくれる団体ってなかったと思います。インターネットで寄付したら、「ありがとうございました」という文字。それってちょっと寂しい。寄付する側にいい気持ちで寄付してもらうというのは、大事なことだと思います。

他にもこういったいい団体をご存知でしたらぜひお知らせください。大変興味があります。

|

« オフィスのプチ祝い | トップページ | Sonora Carruselesライブ »

ツーリズム・マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/55470270

この記事へのトラックバック一覧です: 非営利団体のマーケティング 実例:

« オフィスのプチ祝い | トップページ | Sonora Carruselesライブ »