« サンディエゴでパスポート更新 | トップページ | 美容室にて »

2014年1月29日 (水)

メキシコの地熱発電所

Untitled_2
グーグルで見つけたCerro Prieto地熱発電所の写真。
これがわたしが見たものに一番近い気がします。

2009年のメヒカリ地熱発電所の記事を見てご連絡をいただきました。

やまとさん。この地熱発電所とご縁のある方でした。1958年に実家の大阪を出て、電機メーカーT社の火力部門に入社、メキシコシティオリンピック直前の1968年、電気エンジニアとして地熱発電所建設予定地の現地調査、次いでメキシコシティの電力庁(CFE)に赴き、技術折衝をされたそうです。

重量のある機器は日本で製造され、サンディエゴから山を越えて、エルセントロの現地に運び、発電所が建設されたそうです。その後、増設も受注して納入したのだそう。

やまとさんのウェブサイト「オリンピックのメキシコへ」で詳細が読めます。やまとさんがメキシコ出張をした当時は1ドル360円の時代。海外旅行が一般的になった現代とは違い、感慨深かったことと想像します。それにしてもあの偶然遠くから眺めた地熱発電所に、隣国アメリカではなく日本製の機器が使われていたとはすばらしいことだと思います。

やまとさんの時代の日本は経済高度成長期に入り、軽電部門が家庭電器(TV,洗濯器、冷蔵庫、照明器具・・)をジャンジャン作り、電気が足りなくなるので、やまとさん所属の重電部門が新鋭火力発電所を ジャンジャン作るという時代を過ごされたそうです。

メヒカリ出身の同僚ともこの地熱発電所の話をしてみました。メヒカリにある火山の名前はCerro Prieto(プリエトの丘)がすぐに出てきました。米国カリフォルニア、墨国バハ・カリフォルニアが環太平洋造山帯の一部、つまり地震の起こる地域である証拠です。(と、地理マニア風解説)

自称、左脳人間のやまとさんはリタイア後、水彩画を描く右脳人間に変身したそうです。絵を描くグループだけの合評会ではつまらなく感じ、インターネットが世の中に繻子原紙テ5年目の1998年、独学でホームページを勉強してウェブサイトを立ち上げたそうです。

これがポータルサイト ♪多趣味人間やまとの世界♪

水彩画作品なども紹介されていますが、わたしが特に興味を持ったのは、地熱発電の仕組みについてです。

天然資源に乏しい日本は基幹電源を原子力発電に頼っていましたが、2011年3月11日に地震・津波により東京電力・第一福島原発で大事故が発生してからは、原発は放射能問題で期間電源から外され、その代替エネルギーが模索されています。代替エネルギーの候補には、地熱発電・風力発電・太陽光発電などいろいろありますが、発電容量、費用、立地条件などが絡み合って一筋縄では解決しない複雑な問題があるとのこと。

日本は火山国なので地熱発電は大いに利用できそうですが、具体的に何が問題なのかを尋ねてみましたところ、アメリカ大陸のように大きくて砂漠もある敷地に比べると日本は火山国といってもすぐ山があるため、継続して安定した蒸気が出る目途がつくまでボーリング調査が大変であること、そして古くから温泉郷が観光地として栄えた文化があり、景観を壊さないなどの難題を解決するのが難しく、なかなか普及しないのだそうです。

戦後の高度成長期に海外で活躍した人といえば、先日もご紹介したわたしの大叔父様。最近またメールのやりとりをするようになったところ、デパートに勤めていた頃にアメリカ出張で訪れた高級百貨店Nieman-MarcusやBloomingdalesの担当者の名刺を見せてくださいました。

Untitled_3
Nieman-Marcus担当者の名刺。上級副社長の名詞も。

Untitled_4
Bloomingdalesの担当者の名刺。

以下、大叔父からのメールより(原文ママ)

福岡も人口が150万を超え、神戸を上回りました。空港も発着回数が羽田、成田に次いで3位、国際会議の開催も東京に次いで2位、クルージングの入港も日本一になっています。成長が楽しみです。

サンディエゴも130万位で、きれいな街のようですね。インターネットによると、もあるようですね。わたしが一番好きな店の一つです。好きな店のもうひとつは、ダラスに本店があるNeiman-Marcusです。

Neiman-Marcusはトビきり高級店で、Pristage Storeで、随分勉強させて頂きました。そこの創業者の社長にも高島屋からアポイントを取って貰って、田中丸社長に同行して二人でお会いしたことがあります。昭和46年(注訳:1971年)でした。ダラスの本店は、立派なエレガントな店ですが、日本製品としては、森はなえデザインのものと、ソニー製品の2点だけに絞っていました。そこの店内装飾の白一点の豆電球での装飾が凄く見事なものだったので、その見本を送って貰って、日本で作りました。玉屋で実際に店内装飾で使って、大きな評判となりました。

Bloomingdale'sはN.Y本店が主ですが、郊外店も数ヵ所視察に行きました。Bloomingdale's本店の広告担当部長とも]お会いしたこともあります。本店のMr. Russel Websterさんには特にお世話になり、ニューヨークに行く度にお会いしていました。随分長い間、文通やカードの交換を続けていました。

Mr.Websterさんには最初アポイントなしで、一人で、店のインフォメーションの女性に、店長にお会いしたいと申し出てお会いした方です。若いときは怖いもの知らずですね。素晴らしい、いい方で、お会い出来て本当に幸運でした。

百貨店の話だと、キリがありませんので、またお会いしたときにお話ししましょう。

------------------------------

大叔父がくれたアドバイス。

そちらでの生活の記録、写真などを意識して記録されることをお勧めします。

ブログも書いて、写真も撮って、これからも記録を続けたいと思います!

|

« サンディエゴでパスポート更新 | トップページ | 美容室にて »

メキシコ」カテゴリの記事

嬉しいこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/54771805

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコの地熱発電所:

« サンディエゴでパスポート更新 | トップページ | 美容室にて »