« サルサ体験 「サルサナイト★」第1回 | トップページ | Charanga Hanabena »

2013年10月15日 (火)

お葬式に参列

 今日はちょっと悲しいお話になってしまいます。ごめんなさい。

 直属のボスのお母様が亡くなったのでお葬式(Service)に行ってきました。ボスには日頃から仲良くしてもらっていますし、お母様には直接お会いしたことはなかったのですが、ボスの娘さんやお孫さんにも会ったことがありましたし、お母様のお話も時々聞いていたので親しみを感じていました。同じくボスと親しくしている同僚2人と一緒にお別れを言いに行きました。

ボスのお母様は93歳でした。今年の春先まではとても元気だったみたいです。それが、夏ごろに体調を崩して入院したところ、腫瘍が体中に広がっていることが分かって…。最後の一週間はご飯も食べてくれなかったそうで衰えていく様子を目にしたこと、痛み止めも頑なに拒否していて受け付けてくれなかったことがとても辛かったとボスが話していました。お母様は病院で生活しているのかと思っていましたが、終末療養というのでしょうか、自宅にいるとのことでした。人生の最後は家で過ごしたいという気持ちを尊重するあたりがアメリカらしいのかもしれません。

墓地はサンディエゴの北のほう、Mira Mesaにありました。大学時代に通っていたあたりです。基本的にはアメリカ映画で見るようなシーンでした。緑の芝生に並ぶ石碑。お母様のお隣にはお父様が眠っていました。お昼12時からのサービスに到着すると、身内の方が来てくれてありがとうと言ってくれました。ボスも来てくれて感謝してる、と言ってくれました。葬式で歌う曲やサービス後の食事会場が記されたしおりと、生前のお母様のことがユーモア交じりに説明された写真つきの紙1枚(ボスが書いたと思われる)が配られました。

軍服を着た神父さんのような方、たぶんご家族の親しい友人なのでしょうか、が進行役を務めていました。ボスの弟さん、息子さん、お孫さんがそれぞれスピーチしました。身内でもないのに、一般的にお別れというのが辛くて、思わず涙がたくさん出てしまいました。93歳といえば長寿ですが、それでもやっぱりお別れは悲しい。特にボスのお母様はすごく元気でいつも皆に愛情を注ぎ、また愛されている存在だったのが伝わってきました。

ボスの家族はユダヤ系なので、神父さんを含む男性はキッパー(ユダヤ人が被る小さな帽子)を被っていました。このキッパーは英語でいうところのドーム(Dome)で、神に対して頭を隠すことて、神に対しての謙遜の意思を表す意味があるみたいです。わたしは悩んだ末にお花の配達をお願いすることにしたのですが、伝統的にはユダヤ教のお葬式ではお花は贈らないみたいです。代わりに墓地を訪れたときには石を石碑に載せる習慣があるそうです。

ービスの後は、Rancho Bernardoにあるボスのお母様のお宅でランチをいただきました。サービスやランチの際には、ボスのお兄さん、弟さん、娘さん、お孫さん、元奥様、彼女にもお会いして、お話しました。ボスの家族はニューヨークのロシア系で、ランチにはベーグルのほかにスモークサーモンやペストラミ、レバーペーストなどロシア系ニューヨーカーらしいお食事が振舞われました。お母様が生前、誰かの誕生日になると作っていたというチョコレートロールケーキも振舞われました。ご家族が午前3時頃焼いたものだそうです。家族の思い出の味。生地も絞りたてのホイップクリームも甘くなくて、日本のケーキのようでした。

お母様のお宅は今でもお母様が住んでいるかのようで、広々としていて日当たりがよくて心地よい空間でした。ふくろうの置物をコレクションされていたようで、棚に所狭しと並べられていました。ボスは「これからたくさんある母のある遺品を片付けるのが辛いだろう。でもやらないといけない」と語っていました。

ボスやボスの家族はわたしたちが参席したことをとてもウェルカムしてくれて、家族の話、日本の話、仕事の話などいろいろシェアしてくださいました。特に70才になるボスのお兄さんも日本にゆかりのある方のようで、いろんな話をすることができました。「君が日本の総理大臣になって、(原発事故の)汚染を何とかしてくれ。あ、これ冗談だって分かってくれてるよね。面白がってくれてたらいいのだけど。。」なんて言っていました。わたしたち3人もボスとその家族が大変なときに微力ではありますが一緒にサポートできてよかったと思っています。

家族とのつながり、家族を失う悲しみ、そしてその体験から生きることへのありがたさや周りの人たちへの感謝を知ることは世界共通ですね。 

|

« サルサ体験 「サルサナイト★」第1回 | トップページ | Charanga Hanabena »

サンディエゴlife」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/53616867

この記事へのトラックバック一覧です: お葬式に参列:

« サルサ体験 「サルサナイト★」第1回 | トップページ | Charanga Hanabena »