« Lean In | トップページ | 二夜連続サルサ@La Jolla Marriott »

2013年9月25日 (水)

会社をチームと捉えて、みんなを持ち上げる

仕事の話。会社にはいろんな人がいる。職務経験や仕事のスタイル、性格など、ビックリするくらい違う人たち。「あの人はこの業界での経験がないから」とか「上司のクセに・・・」「部下のクセに・・・」などなど言っている人が多い。

でもそういう面が見つかったらチャンス。会社をチームと捉えて、みんながワンランクアップして自分の力を120%発揮できるようにできるようにすればいい。

上司でも部下でも同僚でも、女でも男でも、例えば、情報が足りていないと感じる人がチームにいるとしたら、報告書をさりげなく見れるチャンスを作ってあげたり、知っておくとよさそうな業界の情報をおさらいのようにさりげなく分かるようにしておくなど、自らその人に必要なものを埋めようとしてみる。

愛情が足りてないタイプの人には愛情を注ぐ。言葉でもいいし、何かモノをあげてもいい。家に緑茶のストックがたくさんあったので、一つあげたらとても喜ばれた。

どんなに自分はすごい思って個人プレイをしたところで何の利益も発生しない。みんなにとってのWIN-WINの状況を作ることがチームの一員としての不文律。

|

« Lean In | トップページ | 二夜連続サルサ@La Jolla Marriott »

仕事のコツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/53391118

この記事へのトラックバック一覧です: 会社をチームと捉えて、みんなを持ち上げる:

« Lean In | トップページ | 二夜連続サルサ@La Jolla Marriott »