« 21世紀の幸せの方程式 | トップページ | コロンビアのA嬢のその後 »

2013年9月 3日 (火)

燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや

えんじゃく いずくんぞ こうこくの こころざしを しらんや

と読むそうです。日経ビジネスで記事を読んでいて知りました。

意味は小人物には大人物の大きな志や考えがわからないというたとえ、だそうで。近々使ってみたいな。うまくタイミングが現れますように笑

類義語としては、「猫は虎の心を知らず」、「燕雀いずくんぞ大鵬の志を知らんや」、「燕雀いずくんぞ鵠志の志を知らんや」などあるそうです。

原文は、嗟呼燕雀安知鴻鵠之志哉(ああ、燕や雀のごとき小鳥にどうして鴻(ヒシクイ)や鵠(白鳥)といった大きな鳥の志がわかろうか)だそうです。

勉強になるなぁ。

|

« 21世紀の幸せの方程式 | トップページ | コロンビアのA嬢のその後 »

重要メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/53137879

この記事へのトラックバック一覧です: 燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや:

« 21世紀の幸せの方程式 | トップページ | コロンビアのA嬢のその後 »