« Inferno | トップページ | 会社をチームと捉えて、みんなを持ち上げる »

2013年9月23日 (月)

Lean In

Untitled_2


Lean In by Sheryl Sandberg

この本、いい!周りの人にお勧めしてまわっています。働く女性、お給料はもらっていないけど家庭で社会で頑張る女性、男性、みんなにお勧めの本です。学びが多いです。「そういうことなのか!」「そう考えればいいのか!」と思うエピソードたち。

話題の本なのでご存知だと思いますが、著者のシェリル・サンドバーグはフェイスブックのCOO(Chief Operating Officer)で、フォーチュン誌の世界で最もパワフルな女性50人の一人、タイム誌の世界で最も影響力を持つ人100人の一人に選ばれている人。こういう本のいいところは、彼女のような成功者の視点から語られた経験を疑似体験できること。

気づきはたくさんありました。例えば、「メンターという言葉よりも、人と人との関係が大事だ」、とかね。わたしもメンターがいればいいなぁ・・なんて思って、本の中に出てくる人みたいに「メンターになってください」ってお願いしてしまうミスを犯したことも過去にはあったけど、今この本を読んで、実は早い段階から既にたくさんのメンターに囲まれて育てていただいていたんだなぁって。感謝。

シェリルがこの本を書いた理由について語っています

メモしておきたい箇所はたくさんだったけど、あえていくつか挙げます。(以下、意訳と原文、順不同)

○わたしたちは皆、同じものをほしいと思っている。つまり、自分の選択に満足すること、そして周りの人からも認めてもらっていると感じること。だからお互いに認めあいましょう。(働く女性VS主婦の争いは辞めよう)

We all want the same thing: to feel comfortable with our choices and to feel validated by those around us. So let’s start by validating one another.  (p. 168)

○バカげているように聞こえるけど、いつでも女性は「わたし」よりも「わたしたち」をts買ったほうがいい。女性が要求をする必要がある場合は「わたしはすばらしい1年を過ごしてきた」というよりも「わたしたちはすばらしい1年を過ごしてきた」という具合に。(わたしを強調せずにわたしたち、チームワークを強調)

And as silly as it sounds, pronouns matter. Whenever possible, women should substitute “we” for “I.” A woman’s request will be better received if she asserts, “We had a great year,” as opposed to “I had a great year.” (p. 47).

○女性の場合は方法としては「マネージャーがお給料についてあなたと相談するように提案しました」とか「わたしの理解ではこのレベルのポジションではこのくらい支払われているようです」と、誰か上のレベルの人が助言したということにするのがよい。(女性の主張はわがままだと捉えられることに対しての対処法)

Women, however, have to justify their requests. One way of doing this is to suggest that someone more senior encouraged the negotiation (“ My manager suggested I talk with you about my compensation”) or to cite industry standards (“ My understanding is that jobs that involve this level of responsibility are compensated in this range”). (p. 47).

○「容赦なく、気持ちよく」。よく笑い、感謝や心配ごとを表現し、共通の興味やより大きな目標を強調し、批判ではなく問題解決として交渉ごとに当たる。交渉ごとの多くは長引くし、連続して行われる。だから女性は集中して、そして笑顔でいなければならない。(女性が交渉するときに)

“relentlessly pleasant.” 22 This method requires smiling frequently, expressing appreciation and concern, invoking common interests, emphasizing larger goals, and approaching the negotiation as solving a problem as opposed to taking a critical stance. 23 Most negotiations involve drawn-out, successive moves, so women need to stay focused … and smile. (p. 48).

○キャリアははしごでたとえられることが多いですが、多くの労働者にとってこのコンセプトは適用されません。2010の段階で、平均的なアメリカ人は18歳から46歳の間に11の仕事を経験します。これはつまり、組織や会社に所属してひとつのはしごを上っていく時代はだいぶ昔に終わってしまっているということです。(キャリアははしごではなくてジャングルジムだ)

The most common metaphor for careers is a ladder, but this concept no longer applies to most workers. As of 2010, the average American had eleven jobs from the ages of eighteen to forty-six alone. 1 This means that the days of joining an organization or corporation and staying there to climb that one ladder are long gone.

○ロケットの席を与えてもらえる申し出があったら、どんな席か聞かず、ただ乗ればいいんだ。(出来るか分からなくて不安でも、やってみること)

“If you’re offered a seat on a rocket ship, you don’t ask what seat. You just get on.” (p. 58).

○世の中の仕事にはより成長の可能性のあるものがあります。すでに成長を遂げている業界の会社内でも急激に成長している部署やチームを見つけることができます。教育や医療の業界では、スキルに対して高い需要があるポジションを探すのが鍵です。

there are jobs that have more potential for growth than others. Those in more established industries can look for the rocket ships within their companies —divisions or teams that are expanding. And in careers like teaching or medicine, the corollary is to seek out positions where there is high demand for those skills.

○「メンターを持てば活躍できる」と言うのはやめて、「頑張りなさい、そしたらメンターがついてくる」と伝えるべき。

We need to stop telling them, “Get a mentor and you will excel.” Instead, we need to tell them, “Excel and you will get a mentor.” (p. 68)

などなどなど・・・。

今回、米国で提供されているPC向けのキンドルアプリをインストールして読んでみました。大きな字で読めるのがいいです。もう一つ、キンドルアプリの面白いところは、たくさんの読者がハイライトしたところが点線で示されて、例えば"2028 highlighters"というように表示されていることです。

さらにはコピペした場合は、その箇所の下に本の作者、題名、ページ、出版社、キンドルエディションと表示されます。例えば以下、2028 highlightersと示された箇所をコピペしてみます。(以下、例えば)

First, women must come across as being nice, concerned about others, and “appropriately” female. When women take a more instrumental approach (“ This is what I want and deserve”), people react far more negatively. There is a saying, “Think globally, act locally.” When negotiating, “Think personally, act communally.”

Sandberg, Sheryl (2013-03-11). Lean In: Women, Work, and the Will to Lead (p. 47). Knopf Doubleday Publishing Group. Kindle Edition.

シェリルはこの本の売上のすべてをLeanIn.Orgに寄付、男女平等、女性の地位向上に役立てられるそうです。

最後にこの本の最後でお勧めされている本

Nice Girls Don’t Get the Corner Office by Lois P. Frankel; I Shouldn’t Be Telling You This by Kate White; Play Like a Man , Win Like a Woman by Gail Evans; How Remarkable Women Lead by Joanna Barsh; I’d Rather Be in Charge by Charlotte Beers.

|

« Inferno | トップページ | 会社をチームと捉えて、みんなを持ち上げる »

本・audio books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/53323155

この記事へのトラックバック一覧です: Lean In:

« Inferno | トップページ | 会社をチームと捉えて、みんなを持ち上げる »