« 燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや | トップページ | メキシコの教職員によりデモ »

2013年9月 3日 (火)

コロンビアのA嬢のその後

今日は南米コロンビアのA嬢と久々にスカイプ。嬉しかった~!

A嬢と最後に会ったのは、ボゴタを訪れた3年前のクリスマス。あの時はちょうど、A嬢が日本での国連の仕事を辞めてコロンビアに戻ってきてた頃。仕事にも恋愛にも疲れきっていたA嬢。のんびりしたいというリクエストで、ちょっと外出した以外はボゴタ滞在のほとんどを彼女の家で家族と一緒に過ごした。家の様子や家族一人ひとりの顔、クリスマスの楽しい様子はいまだに思い出す。

2010年年末のコロンビア旅行の記事はこちらからどうぞ。

あれからもう3年。A嬢はコロンビアのカケタ県(Caqueta)の地方政府に勤めているそう。去年の11月から県都のFlorencia(フロレンシア)に住んでいるって!カケタ県をグーグルマップで調べてみるとコロンビア南部の国立公園が林立する地域。ペルーの国境からもそう遠くないところ。首都生まれ首都育ちの女性が田舎の県庁で働いているイメージね。

きっと前職の経験を活かして環境関連の仕事をしているんだろう。てっきり家族と一緒にボゴタに住んでいるんだろうと思っていたから驚いたけど、A嬢の自分への挑戦はまだ終わってないんだと思うと、嬉しくなった。

相変わらず仕事熱心な様子で、この1年は仕事の毎日であっという間だったとか。彼女との付き合いもなんと10年近くなるけれど、人はどこにいても変わらないなと思う。

「才色兼備」という言葉がぴったりのA嬢、まだいい人には出会えてないみたいだけど、彼女みたいに心がキレイで、プラス自分の可能性に真剣に向き合っている人は常に魅力的。絶対いい人と出会ってほしいと思う。

|

« 燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや | トップページ | メキシコの教職員によりデモ »

May日々の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/53138672

この記事へのトラックバック一覧です: コロンビアのA嬢のその後:

« 燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんや | トップページ | メキシコの教職員によりデモ »