« ワイナリーでの週末 | トップページ | プリズンホテル »

2013年5月21日 (火)

カザフの餃子?

Photo
ロシアの餃子、サワークリーム添え。
水餃子が一気に洋食化。


こんにちは!

昨日はカザフスタン出身の友人が、故郷の味をみんなで食べたいというので
ロシア・グルジア料理店に行ってきました。

Image_1_2
これはラビオリっぽいですね。
ジューシーで美味だけど、餃子は大量に食べたい。


カザフの彼女、特に餃子(Dumpling)が食べたいと言っていました。
餃子(のような食べ物)って、中国からネパール、中央アジアまで広がってますよね。
行ったことのあるレストランでも
現地の人と行くと、自分じゃ絶対に頼まないものが食べれていいです。

ロシア料理っていうと、日本でおなじみのビーフストロガノフとか
ボルシチとか頼んじゃうじゃないですか?
でも自分じゃ食べないようなメニューに美味しいものがあったりして。。。

日本のロシア料理店には餃子のようなものはあるのでしょうか。



Image_3
ロシアのサラダ。


ところで、カザフスタンってロシアの南、中国の西にあるんですけど、
この友人に「自分はアジアンだと思うか、ヨーロピアンだと思うか?」
と尋ねたところ、大陸の名前がユーラシア(ユーロ+アジア)だから
「ユーラシアン」との名回答。

Map_kazakhstan
カザフスタンの位置をチェック。
英語のスペルはKazakhstanだ。



日本食ってわたしの住んでる街では普通に食べられる、食材もだいたい揃う。
しょうゆや豆腐なんかはアメリカのマーケットでも買える。
あえてないものを挙げると、ホタテの缶詰とか?

けど、コロンビアの子と話したときにコロンビア料理店は1軒もない、
「アヒ」(唐辛子の聞いたソース)も売っていない。。。と聞いて
がっかりしたのを思い出します。

日本料理と韓国料理が違うように、
メキシコ料理とコロンビア料理も違いますからね・・・。

・・・とそんなことをFacebookに書いていたところ
日本にいる友人が「日本は各国の料理が勢ぞろいだもんね~ 
あえて食べられない料理は…虫かな? 
あ、イナゴの佃煮はあるね!」とコメント。

アメリカに来るまでは、わたしも同じように思ってました。
日本って、本当にいろいろあるって。

でもやっぱりアメリカは多民族国家。
お料理も多民族。日本にない各国料理ってたくさんあると感じています。

例えば、ギリシャ料理のGyro(ギロ、またはイロ)って知ってますか?
初めて食べた場所は、大学のフードコートでした。
語学交換(Language Exchange)をしていた人が連れてってくれたのですが
名前の呼び方も分からないけど、おいしそうなので食べてみたら大当たり!

中東のKabab(ドネール ケバブ)とけっこう似てる感じでしょうか。
日本から遊びに来た友達に紹介すると、かなり喜ばれる食べものです。

そんなわけで、日本の食材が揃うことに感謝して、
週末の夕飯はかに玉あんかけ、きのこと梅の炊き込みご飯、
から揚げと野菜スープにしました。

美味しくいただきました~


最近ホームスティの問い合わせがちらほらと。
夏に近づきつつあるので、皆さん海外でお勉強なさるのでしょう。
びっくりしたのは、友人の紹介で・・・といって
中国人の方2名がメールくださったことです。

うち一人は女の子で、自分で料理するのを希望していました。
中国の人って、油を使う料理が多いので
そういう料理をしてもOKな家庭をご紹介してあげました♪

|

« ワイナリーでの週末 | トップページ | プリズンホテル »

May日々の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/51725382

この記事へのトラックバック一覧です: カザフの餃子?:

« ワイナリーでの週末 | トップページ | プリズンホテル »