« ビジネス中国語(メール編) | トップページ | Monello リトルイタリー »

2013年2月26日 (火)

アメリカンドリーム 美容師のCoolcutsさん

Img_5162 
お正月休みに日本でいただいたお抹茶。
今日はアメリカで頑張る美容師は、現代のサムライだった話。


こちらで3年以上お世話になっている
美容師Coolcutsさんがすごいです。

彼はアメリカンドリームを地で行っている人。

ゼロの状態で渡米してから5年
3月1日に自分のサロンを開店することになりました!

同僚のトップヘアカラリストの女性との共同経営だそうです。

詳しくは彼のブログでリアルな物語を読んでみてください。
2013年2月あたりから読んだら話が追えますよ。

なかなか聞くことの出来ない貴重な経験談。
感動しますし、学びどころ満載です。


Coolcutsさんは広島県出身。
高校生のころから漠然とアメリカに対する興味があったそう。

広島で美容師として働いていたころ
大学院に留学中のフィリピン系アメリカ人の女性
(これがまた頭が良くて、人間が出来ている素敵な方!!)と結婚。

しばらく日本に住んだのち
二人の間にできた娘さんと3人で、サンディエゴに渡ってこられました。


彼は日本での経験を活かして、アメリカの美容師免許を取得
その後、サンディエゴ・ダウンタウンの中心地にある
サスーン系の美容院に勤務。

美容院勤務時も、さまざまな困難と闘いながら今日まで来ています。

実はCoolcutsさん、同美容院の売上トップのヘアスタイリストさんだったそうです。

わたしが出会ったのはその頃。共通の友人からの紹介でした。
ありがたや~

美容院で切ってもらったこともありましたが
お店の方針(サスーン系だから)で髪をすいてもらえないので
お休み日曜日に自宅にわざわざ来て切っていただいていました!

そうやってこつこつ資金を貯めていたんですね。
涙ぐましいではないですか!


Coolcutsさんはハサミをもった現代のサムライのような方。
読書家で、茶道家で、武道家で、芸術家。

海外ではなかなか上手に髪を切ってくれる美容師さんっていないんです。
(気をつけないと、こけしのような髪型にされてしまいます!)

毛量の多いわたしの髪ですが、いつも満足に切ってもらえます。
アメリカで頑張る現代のサムライに会ってみてください。
わたしもこれからはお店にお邪魔して切ってもらうことになります。

彼の話を聞いて、ますます元気が出てきたわたしです。
今年はわたしも思っていたことを形にしますぞ!ご期待あれ。

BB Meme Salon
973 E St.
San Diego, CA 92101

|

« ビジネス中国語(メール編) | トップページ | Monello リトルイタリー »

国際的な仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/49688949

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカンドリーム 美容師のCoolcutsさん:

« ビジネス中国語(メール編) | トップページ | Monello リトルイタリー »