« 明けましておめでとうございます 2013 | トップページ | 1日海外旅行? お昼は韓国&インド »

2013年1月 6日 (日)

サンディエゴ‐東京 直行便レポート

日本航空が12月2日から運航している
サンディエゴ‐成田直行便に乗ったのでレポートします。

今回は日本航空 サンディエゴ支店さんのご厚意により
ビジネスクラス利用しました。クラスCですよ!
支店長のOさん、本当にありがとうございました。

一方、一緒に予約が入っていなかったために
ひとりエコノミー残留となった同行者のTigerさん、ごめんなさい(泣)

Image


まず、注目すべきポイントの一つが
新しい機材「ボーイング787」です。

機体には航空機初となる新素材が採用され軽量化
燃料が20%少なくて済む、ボーイング社で最も燃費のよい飛行機。

飛行機のサイズは中型。
ビジネスクラス42席、エコノミークラス144席。
これまで長距離を飛ぶには大型飛行機でなければならなかったのが
この中型飛行機だと東京‐NY間は問題なく飛べてしまうのだそう。

そんな経緯からJALはボストンとサンディエゴに
直行便を運航しています。

しかもCO2なども10%以上削減されていて
環境にも優しい飛行機。うれしいですね。


Image_1

機内も21世紀の機体という印象。
LED照明は目に優しく、空間が心地よい雰囲気に。
時間帯やシチュエーションによってブルーやグリーンなどの色も。

ビジネスクラスといえば大きめのシート。
長距離は横になって休めるのがいいですよね。

Image_2

新機体もさることながら、わたしが感動したのは
意外にもフライトアテンダントの心遣いでした。

マニュアル通りではない行き届いたサービス。
海外生活に慣れているせいか、感心しっぱなしでした。
さすがJAL、日本のフラッグキャリア。

機内では本を読んでいました。
知人にいただいた有川浩の「塩の街」を読んでいたところ
クルーが「わたし有川さんの本のファンなんですよ」と
話しかけてくれました。

その方も仕事で3‐4日飛ぶときも
本を必ず3‐4冊持っていくそうです。

有川さんの本でサービスについて書かれた本があり
心して読んだんですよ、というお話も。

「本って移動にはけっこう重いですよね。
でも寝る前に本を読むとすっきりして次の朝が迎えられますよね」
などとお話しました。本を読む楽しみを共有できてうれしかったです。

Image_3

そうこうしているうちにワインの時間に(笑)
フランスのワインを選んでみましたが、とってもおいしかったです。
オードブルも素晴らしい選択でした。

Image_4

お食事はステーキではなく和食を選択しました。
小さなお皿一つ一つが美味しくて、既に日本の料理屋さんで
食事を楽しんでいる気分でした。

Image_5

2回目のお食事も和食にしてみました。
ご飯の炊き加減、お味噌汁の味付け
全てがよく考えられていて、お食事にもサービスを感じました。

Image_6
デザートには
"Japan Airlines San Diego-Tokyo Inaugural Flight Dec 2 2012"の文字が・・・!


エンタテインメントも新作映画やテレビ番組があったりと
寝るのを忘れて楽しめます。

東京‐サンディエゴ間のフライトという「経験」を楽しめる
そんな時間と空間でした。

もちろん、ロサンゼルスを経由せずに東京-サンディエゴ間を
往復できるというのは言うまでもない利点です。

機会があれば、是非サンディエゴ直行便を利用してみてください。
お勧めです。

サンディエゴ直行便は現在週4便運航中。
3月1日よりデイリー運航です。

JAL x 787についてはJALのサイト参照


PS. 新鮮度が大事なネタはすぐにブログに上げるべき、と
背中を押してくれたMちゃん、ありがとう!

|

« 明けましておめでとうございます 2013 | トップページ | 1日海外旅行? お昼は韓国&インド »

サンディエゴlife」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/48637079

この記事へのトラックバック一覧です: サンディエゴ‐東京 直行便レポート:

« 明けましておめでとうございます 2013 | トップページ | 1日海外旅行? お昼は韓国&インド »