« マーラーカオ | トップページ | Hodad's »

2012年6月 5日 (火)

スペイン語の先生

Dsc00540

言葉は使ってこそ、自分のものになる。

メキシコに仕事で行くようになって
スペイン語能力がぐんと伸びたように感じます。

日本にいた頃のように
スペイン語教室に通うことはなくなったけど
メキシコにいる「先生たち」から学んでいます。

運転手のJose(ホセ)さんも、わたしの先生です。
Joseは英語でいうJohnです。本当によくある名前。

世間話からスケジュールの確認
銀行の用事など、基本的にすべてスペイン語で会話します。

Joseさんいわく、わたしのスペイン語は70%くらいだそう。
未だに難しいことを表現したり、理解したりは難しいけれど
基本的なコミュニケーションは取れます。

写真の右がJoseさん。左はElliot、わたしの上司(米人)。


他にも、カフェテリアで働くSandraも先生、かな。
次回(いつか)紹介します。


Dsc00539

ティファナの工業地帯。

|

« マーラーカオ | トップページ | Hodad's »

スペイン語」カテゴリの記事

メキシコ」カテゴリの記事

国際的な仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/45548100

この記事へのトラックバック一覧です: スペイン語の先生:

« マーラーカオ | トップページ | Hodad's »