« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月28日 (土)

前半最後の3連休

飛び石連休が、3連休に。ありがたい!

日頃6時過ぎには起きているので、いつもの習慣で早く起きてしまう。
2度寝に成功して、起きたのはお昼。外はものすごくいい天気。

音楽を聞きながら、衣替え。寒い冬は終わりました。
柚子茶を入れて、ほっと一息。

サンディエゴ在住、通算4年になりました。
スーツケース2個で来たはずなのに、部屋はモノであふれています。

少しずつ整理したり、処分したり。

20代の頃に買ったビジネス本も
いつかまた開くかも、と思って読まないものも多い。

「読まなければならないのに・・・」なんて
見るたびに思う本は精神的にもよくないと判断。
ペラペラとめくってから、まとめて売ることにします。

何度も読みたいような大好きな本を少しだけ
本棚に並べておきたいです。


話は変わり、今週末はLittle ItalyでArtwalkが開催されています。
本当は今日行くはずだったけど。。。

去年の今頃は、ビザ取得のためにティファナにいました。
あれから、1年です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

ヨガ1ヶ月通い放題

先日、ヨガ1週間無料に通ったと書きました

友だちも通っているのと、思いのほかキモチいいので
さらに通いたいと思うように・・・


1ヶ月通い放題コースが、初回だけ$99。

チケットを買うと、5回で$75くらいだと思うので
週1~2回行くならこちらがお得。


あちこちにスタジオがありますが、わたしのお気に入りはHillcrest.
モールの中にあります。

友だちはNorth Parkに行っているから、たまにはそちらにも。
ただ、こちらは駐車場がかなりタイト。

大人気のヨガスタジオ、生徒さんたくさんいます。
先生もたくさんいます。


ヨガって、すごい。サルサとの共通点もあると思う。

友だちSは、セールスマネージャーの仕事をしていて
日ごろものすごいストレスを感じているそう。

ストレスの原因がすごい・・・
彼の職場の人たち、幼稚園の子ども並みらしい。
急に立ち上がってモノを投げ出したり、大声で話し出したり・・・。

そんな中、社員を説得してモチベーションをあげようとしたり
創業以来の売り上げをはじき出して、成果を挙げていたり。

なのに社長からは、売り上げに関しては、ふーん、という感じらしい。
それよりも、野生的な社員を何とかしろ
社員をマネージするのも彼の仕事だと言われてるらしい。

話を聞くだけで、こちらがストレスを感じてしまう。。。
そんな彼は毎日ヨガに通っているから、すっきりした表情をしています。


ヨガって、呼吸を整えるというのが大きな意味を持っているのが魅力。

ヨガを始めたてのころは、呼吸も深くできていなかったり
息をゆっくり吸ったり吐いたりもできなかった。

ヨガの動きなんてたいしたことないはずなのに
息が苦しくて、激しく呼吸していた気がする。

今はスムースに呼吸できていることが
仕事をしてる合間にも気づけて、うれしい。


ヨガのもうひとつのいいところ。
レッスンの最初に、目を閉じて、心と体と向き合って、「今」に集中できる。
一日や一週間の出来事、レッスンの後のこと
すべてをリセットできる。心も整えてくれる。


このところ、おかげさまでお客様からの引き合いを多くもらって
仕事量が激増していました。

でもでも、譲れない部分は譲れない。
夕方には職場を出て、ヨガレッスンに行って気分転換、すべてリセット。

夜、アジアとの電話など、残りの仕事を自宅で片付けて。

メリハリ、大事ですね。


それから、日本との違い。ここにも。

ヨガもサルサも日本では女性が圧倒的多数。
だけど、アメリカは男性もけっこう多いです。先生が男性ってこともありますよ。


というわけで、ヨガのその後のご報告でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

Singing in the Rain

Sweety

What a beautiful song and dance.
I can tell how excited the actor is because I had the same feeling when you accept[ed] me.
Even now, I still get [the] same feeling.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左手一本のシュート

41mva0l1xcl__sl500_aa300_


左手一本のシュート 夢あればこそ

最近楽しんでいること。

仕事から部屋に戻って、一服したら
クローゼットの奥にある本棚に並んだ本をながめて
そのときの気分に合う本を、手にとって少し読んでいます。

今日手に取ったのは、きれいなブルーのこの本。

昨年、福岡にいる大切な友だちが送ってくれたもの。

海外にいるわたしに、日本からいい本を送ってくれる・・・
そんないい友だちに恵まれたわたしは幸せものです。


本のあらすじは省くとして
この本でわたしが受け取ったメッセージ。


「絶望的な境遇に置かれたとき、人は夢に支えられて生きる」

夢や希望を持っている、ということが大事なのであって
結果、夢がかなうかどうか、というのは問題ではない、と思う。


信じるものがある人は、しなやかで、強い。


もうひとつ。
この本に登場するいい先生たち。

教育とは本物を与えること。


特に印象に残っているのは、中学と高校の先生。

国語の先生は、本当に本が好きなんだと伝わってくる。

あの、本を読んだときに経験する感覚。
例えば、甘酸っぱかったり、頭を鈍器で殴られたような感覚
そして天に昇るような幸福感。

外国語を知る楽しさを教えてくれたのも
英語の先生ではなくて、国語の先生だったような気がする。


音楽の先生は、クラシックを聞かせながら
その古典の作曲家や演奏家がどんな人物だったかという話を
目を輝かせながら話していた。

時には映画やコマーシャルの音楽を聞かせてくれたりした。

音楽や絵画などの芸術を、どんなジャンルであっても
自分が好きだと思うものを、好きだと思っていいのだと分かった。



着想というのかな、こころの部分が豊かであることが
人生を幸せに生きられるヒントかもしれなくて
そんなヒントをあちこちで見せてもらったように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

「ひとりの時間」を楽しむ本

4177de92sel__sl500_aa300_


「ひとりの時間」を楽しむ本


日本にいた頃からのお気に入り。
時々お風呂に浸かりながら読むのが好き。

基本的に一人時間が大好きなわたしだけど
これを読むとさらに磨きがかかってくる。

一人時間って、結婚している・していない
彼氏がいる・いないに関係なく、必要な時間。

孤独とさみしさは別物。
孤独(ひとりであること)だからといって
さみしさを感じるわけではない。

ひとは孤独に生まれる。
家族や友だちがいても、自分の人生のすべてを背負うのは自分。

孤独でいるときに感じたさみしさを乗り越え
自立した自分を確立できた人が
本当の意味で、他者との時間を楽しめるのかもしれない。

一人のリラックス時間に、わくわくしながら読める一冊です。


もう一冊、似た本がありますよ。

41ptc8fb8fl__bo2204203200_pisitbsti

カッコイイ女は「おひとりさま」上手

こちらも結婚してようがしてまいが
「おひとりさま」上手でいることはいいことよ、とのメッセージ。


一人でレストランに行けますか?
一人でバーに行けますか?


一人でレストランに入るとものすごく元気が出るわたし。
週末は大好きなイタリアンのお店で、おひとりさまランチをしてきました。
しあわせ、いっぱい。


お気に入りの「おひとりさまスポット」を、もっと見つけたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

ダライラマがサンディエゴへ

"Today we understand thta the future of humanity
very much depends on our planet, and that the future of the planet
very much depends on humanity."

- His Holiness the 14th Dalai Lama


ダライラマがサンディエゴを訪れました。
サンディエゴのメジャーが3大学UCSD, SDSU, USDにて講演会。

うち、SDSUで開催されたものに参加しました。
テーマは、Upholding Universal Ethics and Compassion in Challenging Times


"Love and Compassion are necessities, not luxuries.
Without them, humanity cannot survive."

- His Holiness the 14th Dalai Lama

San_diego2012041900440
会場付近の学生寮の壁には・・・

Img2012041900438

Viejas Arena(元Cox Arena)は満席でした。

チケットは数か月前に一斉発売されて
TicketMasterサイトに接続が困難になるほどの人気ぶり。
幸運にもチケットを手にしました。

"World peace must develop from inner peace.
Peace is not just more absence of violence.
Peace is, I think, the manifestation of human compassion."

- His Holiness the 14th Dalai Lama

利益を上げることで忙しい企業
日々の忙しい生活に追われている人々・・・

そんな現代に、何が本当に大切なのかを
ユーモアで説いてくれるダライラマ。


講演会の後、参加していた友人とランチ。

彼は、「わたしと他人、わたしたちと他人」という見方ではなく
全てをわたしたちと捉えることが大切」というメッセージが
印象に残っていたそうです。

特にアジア人は自分のコミュニティ内の人には親切だけど
それ以外の人には無関心になりがちだ、と。確かにと同感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

Minh Ky(明記)

最近好きなお店リストに追加された店で
ダントツのお気に入りはこちら。

Dsc00202

普段は淡々と話すTさんが
この店の、太麺かた焼きそばを話していた時に
妙に情熱的だったのを見逃さず、ディナーに行きたいと提案。

結果、かなりハマる味です。

Dsc00203


ベトナム系中華料理といえばいいのかな。
ホーチミンの中華街で中華料理を食べたのを思い出しました。

Dsc00204

鴨肉も大人気メニュー。

鴨肉+ヌードル(正式名称分からず)というのもあって、そちらもおいしい。
スープのある黄色い細麺と、サイドで鴨肉がついてきます。

あと、チキン+ヌードルも、揚げたチキンの味付けがおいしいです。


City Heightsにある明記(ミンキー)は、かなーり目立たない
見た目薄汚い店構えですが、接客もちゃんとしているし
ほとんど何を食べてもおいしいです。

Img2012041300431

後日、他の客が食べているのを見つけた「油条(you tiao)」
中国の揚げドーナツ。

あと、ワンタンスープもおいしいという話です。

Minh Ky (明記麺家)
4644 El Cajon Blvd, Ste 101
(between 46th St & Menlo Ave)
San Diego, CA 92115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

ニューオーリンズに行ってきました

Dsc00250

アメリカのユニークな街、ルイジアナ州ニューオーリンズ。
ジャズの街、ミシシッピ川のデルタ、クレオール文化。

Dsc00285

ミネソタ州からメキシコ湾岸へ流れるミシシッピ川は濁っている。
全長3779km。長さはアメリカで一番だけど、思ったより小さい。

Dsc00277

旅の楽しみは食。
Cafe Palaceのガンボスープは、上品で美味。

Dsc00280


友人は昼からステーキを食べていた。こちらも美味。

Dsc00339


名店Cafe de Mondeのチコリー入りコーヒーと、ベニエ(フランス風ドーナツ)。

Dsc00356


揚げ物が多い。
アリゲーター、カエルの足、ざりがに、きのこボールなど。

Dsc00327


フレンチ・マーケットのオイスター屋台。
6ピースで$8。

Dsc00329


茹でたザリガニ(craw fish)も販売中。

Dsc00362


左から
レッドビーンズ、ジャンバラヤ、ざりがにのエトゥフェ(Ettouffe)のセット。

Dsc00266


古い街並みと、近代建物が乱立する。
経度は屋久島と同じ北緯30度。ヤシの木がゆらり。

Dsc00312


フレンチクォーター内のジャクソン広場。
まるで週末にフランスに遊びに来た気分。

Dsc00365


ニューオーリンズといえばフットボールチームのSaints。強いんです。

Dsc00390


沼地ツアーに参加(Swamp Tour) 
この古い橋の感じが、とてもいい。


Dsc00416

アリゲーターがお昼寝してました。

Dsc00430

アリゲーターのこどもを抱っこしました。
けっこう柔らかかったし、しかも可愛かった!!

Dsc00428

いわゆる沼地のイメージからは遠い
とっても心地よりボートツアー。ここで結婚式する人もいるとか。

Dsc00408

2005年8月のハリケーン・カトリーナの遺物。
150マイル先から流れてきたのだとか。

Dsc00298

街全体の雰囲気が、どことなくキューバを思い出させる。

Dsc00306

フレンチ・クォーター内

Dsc00463

有名なバーボンストリートは、ティファナのレボルシオン通りみたい。
ちょっと残念な感じ。

Dsc00482

マルディグラでもないのに、ビーズを投げまくる人々。

Dsc00486

ジャズ生演奏の公園に落ち着くことに。

Dsc00344


ストリートミュージシャンのレベルは抜群に高い。

Dsc00456

バイオリンとギターの二人もよかった。


Dsc00452


街はいい音楽であふれていました。

Dsc00348


レストランでも、生演奏と、ダンスと。

Dsc00445


フレンチ・クォーターのホテルのテラスで休憩。


Dsc00268

ストリートカーに乗って、郊外へ。

Dsc00496

ガーデン・ディストリクトのカフェでブランチ。

Dsc00510

イースター・パレードに遭遇。

Dsc00515

ここでもビーズを投げまくっていました。

初めてのRed Eye(深夜便利用)でした。
充実した旅でした。次はどこに行こうかな。


Dsc00541


おまけ。ニューオーリンズはブードゥー教の地でもある。
このブードゥーチップスが意外と美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »