« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

留学を考えている人へ

*留学を考えている人へのメッセージ*

留学について調べているうちに
このブログを見て連絡をくださる人が多いので、メッセージを書きました。


まず、留学斡旋会社は留学の手続きをしてくれますが
高い手数料を払うのは本当にもったいないです。

実際に今留学中の人で数十万払ってきた人がいると聞いて
非常にショックを受けました。

留学生活は学費や生活費、教科書代などにお金がかかりますので
そちらにセーブするようにしてください。


次に、留学先を選ぶときに圧倒的に不足していると言われる情報、
それは、学校の雰囲気やプログラムの実際です。

斡旋会社の中には、無料で斡旋してくれるところもあります。
そこでは学校のパンフレットなどを入手できると思いますが
実情が分からないことが多く、相談の際に十分な情報が得られなかった
という声をよく聞きます。


留学の目的は、人それぞれです。
住む街の環境、学校の雰囲気やプログラムの内容
学生の国籍、年齢層など、好みも人によって違います。

一生に一度(?)高い学費を払って留学するからには
自分の目的にあった地域・学校・プログラム選びをしてほしいと思います。

わたしはサンディエゴに通算4年住んでいます。
サンディエゴ内の大学のうち、SDSUとUCSDに通ったことがあり
この2つに関してはある程度詳しい話ができると思います。

その他のサンディエゴの学校にも足を運んだり
友人が通った経験があったりするので情報が揃いやすいです。

またUCSD Extensionに関しては
学校の職員や先生ともつながりがあるので
最新の情報を仕入れることも可能です。

留学中の住む場所も、留学の大事な要素のひとつです。
知り合いがいますので、親切で暖かいホームスティ先の紹介も可能です。
また家探しの方法なども相談に応じれると思います。


そして一番大事なのは、留学後の進路です。

私自身は卒業後サンディエゴで就職し暮らしています。
同じプログラムの同窓生とのネットワークもありますので
誰がどこで(アメリカ・日本)どの業界で活躍しているかも把握しています。

日本にいた5年前から、学生や20代の就職・転職について
大学などで講演をしたり、アドバイザーをしていますので
留学後の進路も視野に入れたお話も出来るかと思います。


もしサンディエゴ留学に興味がある場合は
わたしまでご連絡いただければご相談に応じます。

May Nakamura
myknkmr (at) gmail.com

わたしについてはこちらで紹介しています。


America's Finest Cityと言われるサンディエゴ、最高です。
みなさんの留学が成功しますよう、心よりお祈りしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

Nさんの転勤 送別会でした

「明日どうなるかは分からないんです」


今日は同僚のエンジニアNさんの送別会でした。

Nさんは仕事での関わりはほとんどなく
帰りのバンの中でベトナム料理や調味料の話をして
楽しい時間を過ごしていました。


日々当たり前のように会っていた人と
会わなくなるというのはさみしいものです。

こんな気持ちになるのはNさんの人柄に他なりません。


Nさんはベトナム北部の出身。
大学時代に日本国費留学生として来日
高専、大学、大学院を出て、日本企業に就職。

日本でシステム設計を担当した後、タイへ。
その後、駐在員としてサンディエゴ・メキシコ勤務。

普段穏やかなのだけれど、人懐っこいところもあるし
日本のやり方というのをよく分かっていて
いつも感心していました。

ベトナム語、日本語、英語、スペイン語が話せて
行きのバンの中でスペイン語のMP3を聴いて
スペイン語を熱心に勉強していた姿も印象的です。


そんなエリートNさんは会社が投資した
ユタ州にある別会社に転勤となってしまいました。

ユタ州は幸いにもベトナム人コミュニティが発達しているとのことですが
それでもサンディエゴに比べると・・・。

送別会で久々に顔を合わせたのですが
思いのほか辛そうでさみしそうで、わたしもさみしい気持ちです。
家族の方もサンディエゴを離れるのを残念に思ってらっしゃるはずです。

そんなことも知らずに同僚が
「ユタって何があるんですか?」と質問したところ、Nさんは
「わたしがこれから頑張る会社があります」と言ったのには
胸を打たれました。


本人も「ユタの人は暖かく人間味のある人たちだ」
「スキー場や国立公園がたくさんある」など
スキーなんてしないくせに言っていました。

接点のあまりなかったNさんは来週ユタに出発します。
これがお別れではなく、新たな人間関係の始まりであることを期待します。

今年はソルトレイクシティ経由イエローストーン旅行かな。
それにしても、あの関西なまりの日本語が聴けなくなるのは、さみしい。

Nさんのこの転勤が、Nさんにとって
最終的には良かったと思えるものになるよう願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

アメリカと日本の医療事情の違い

医療保険やら病院受診システムについて
考える機会があったので少し書きたいと思います。

わたしは物事を正確に理解するというよりは
感覚で理解するタイプなので事実と少し違っていたらごめんなさい。

まず医療保険のこと。
日本の場合、会社から支給される保険(名前何でしたっけ?)とか
国民健康保険があって、医療費の3割を個人が負担するという
非常に分かりやすいシステムですよね。

行きたい病院があれば行けばいい、という感覚。

アメリカの場合は、まず医療保険を持っていない人が25%もいます!
いわゆる日本の国民健康保険はないんですね。

そして、会社から支給される保険。
これには種類があります。

まず、どの保険会社の保険かで
医療機関のネットワークが変わってきます。

ネットワーク内(in-network)内の病院は
保険の効く割合が高いのでく受診できます。
ネットワーク外(out-of-network)の病院を受診すると高くなります。


ちなみに、サンディエゴ周辺で大きな病院というと
UCSD, Sharp, Kaiserなどがあります。

Kaiserの保険は、Kaiserだけがネットワークになっています。
私の持っているAetnaはSharpがネットワーク内の病院の一つです。


それから保険のタイプにはHMOとかPPOとかあります。
結論から言うと、PPOのほうが保険料が高い分、いいらしいです。

HMOは、まず自分のホームドクターを持っていなくてはいけなくて
そのドクターが紹介する医療機関にしか行けないらしいです。

そうすることで、保険会社の支出を抑えることができるからだそうです。


PPOはどのドクターにも見てもらうことができます。
だから患者があちこちの病院に行く可能性があるため
保険料は高くなるらしいです。


その他には、定期健診の違い。

日本の胃の検査とかはアメリカはないんです。
日本人ってストレスとかで胃潰瘍とか多いですもんね。

その代わり(?)こちらは性病検査などは当たり前にあります。
そういう点は日本は遅れているかも。

あと定期健診を会社が管理するということは
アメリカではありえないです。個人情報で仕事とは全く関係ない。

会社から与えられた保険を利用して
定期健診を個人の都合で受けに行く感じです。


あとは何だろう・・・救急車は有料だと聞いたことがあります。


最後に、破傷風の予防注射(tetanus shot)の話。

日本では子どもの時に混合接種でしますよね。この注射。
アメリカでは10年に1回受けるのが普通とされていて
例えば大学に通うときは必ず接種していることを証明しないといけないんです。

10年前、交換留学しているときに
注射しないと来学期の授業は履修できません!と言われて
訳も分からずしぶしぶ注射したのを覚えています。

ようやくその謎がわかったのですが
あれから10年経っている、ということで、今日も1発打ってもらいました。

ちなみに私の場合、これも保険でカバーされているらしく
診察料のCopay$10で済みました。


かなり大雑把に書きましたが
何か間違ってたり、質問ありましたら、コメント欄まで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

成田-サンディエゴ 直行便運航!

JALが今年12月から成田-サンディエゴ 直行便を運航します!
大ニュースです。楽しみです。

JALのプレスリリース

日本マキラドーラ協会も後押ししての実現だったとか。
12月から週4便運航で、来年3月からはデイリーになります。

この機会に、ぜひ、サンディエゴへ!

最近Facebookで情報発信するクセがついてしまい
なかなかブログを書かなくなりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

如月です

2月ですねー。(きさらぎって、いい響きですね)

いやはや1月は矢のごとく過ぎて行きました。
でもいい時間が過ごせたと思います。

旅&出張から戻って、ここのところ27℃くらい暖かいかと思えば
急に普通の冬の寒さになったりして体力ダウン。でしたがほぼ回復。

仕事は・・・けっこうクレイジーです。
抱えてる案件10件、取れて軌道に乗せるべき案件2件
今日はベンダーさんとの打ち合わせ2件、コンタクトしたベンダーさん無数。。。

急いでやってもやっても、次から次に来るタスク(+期限)
優先順位を明確にして、効率よく進めないといけませんね。

今日はさすがに手に負えなくて、上司にも手伝ってもらいました。
上司は暇そうで、話し掛けてきて邪魔?するのでいいんです。
仕事もらって嬉しそうだった。どっちが上司?(笑)


旅とか出張の時に注意すべきことは
出発前までの生活に定着していた、いい習慣を
旅から戻って落ち着いたら再開すること。

読書とか人から得た知識やコツだって
努力せずに当たり前の日常にする、つまり自分のもの、習慣になってこそ
本当の価値になるから。

最近の課題は、アフター6:30の過ごし方。
少しずつだけど日が暮れるのが遅くなってきたので
今日は近所を散歩に出かけました。

こういうことを少しずつ、また習慣にしていきたいです。

話は変わり、3月でサンディエゴに「戻って」、3年になります。
3年はいい区切りなので、盛大にお祝いしたいと思います。

10年前の今もわたしは交換留学生としてサンディエゴにいました。
この年、大学4年生として福岡に帰国して就職したのですが
サンディエゴでの留学生活で心残りをたくさん残して帰国しました。

当時は車も持っておらず、正直サンディエゴのどこに何があるのか
フリーウェイがどう走っているとか、把握していませんでした。

それから、忘れられないのが、交換留学のオリエンテーションでの
今は亡き恩師、今堀先生による激励の言葉。

「留学生は留学生どうしで固まる傾向がある。
アメリカという国に留学するからには
アメリカ人の友だちを作ってこそ、留学は成功したと言える。」

あれから10年たった今、当たり前のように車通勤をして
サンディエゴのあちこちを動き回っています。

アメリカ人の友人に恵まれ、リラックスして集まれる仲間がいます。
アメリカ人とも仕事をして、ネットワークを少しずつですが築けています。
(と、天国にいる先生に報告したい!)

今日は、リンクトイン(社会人用ソーシャルメディア)を通じて
マーケティングクラスで一緒だったNicoleがメッセージをくれていました。

内容は彼女の旦那さんの仕事がらみのことだったけど
そうやって頼って来てくれることも嬉しいことです。


20代のあの頃の心残りと、アラサーの今のわたしが成し遂げたこと。
比較してみることで、これからのわたしがどういう方向に進むのか
ヒントになる気がしています。


2月は短いですね。今年はうるう年で1日多めですが。
バレンタインデーもあったりして、またあっという間に過ぎそうです。

日本は極寒の様子ですね。みなさん、風邪など召されませんように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »