« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月25日 (水)

State of Union Address

今年初の出張、オハイオ州クリーブランドに来ています。

雪が降るという予想でしたが、雨も降らずに助かっています。
今はすべての日程を終え、取引先の会社の事務所にいます。

昨夜はホテルで珍しくTVをつけました。
State of Union Addressを観るためです。

これは毎年1回、大統領がアメリカの50州に向けて演説を行うものです。
今年は大統領選も控えていることから皆がその内容に注目していました。

State of Union Addressの後は、共和党の代表による演説。
現オバマ大統領が民主党であるため、反対党である共和党代表者が
大統領の演説を反映して行うものだそうです。

翌日の今日、会社の上司と取引先の人が昨夜の演説について
意見を交わしているのを聞いてなかなか興味深かったです。

日本ではアメリカの外交については聞き知る機会があっても
アメリカ国内で一般の人がどんな議論を交わしているのを聞くなんて
めったに出来ないことなので、よかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

ヨガ無料体験

セドナでヨガをする機会があって
心と体のバランスについて考えるようになって
2012年はヨガをします!と宣言したのでさっそく行ってきました。

今回トライしてみたのはうちの近くにあるCore Power Yoga。
各地に複数スタジオを持っている。
(こういうのをチェーンって言えるのかな?)

よかったです。激しく体を動かさないのに汗をかいて
体のコアを使った運動をしながら、心を整えることができる。

すでにヨガをしている人からも
「サルサ(動)とヨガ(静)で、バランスがとれていい」と言われて納得。
実際の生活は「ヨガ(動)、仕事(静)」だったりして!

しかしヨガは実際にやってみないと良さって分からないので
興味ある人は一度やってみることをおすすめします。

わたしも出張から戻ってきたらまた行くつもり。
違うところにもトライしてみたいなぁ。

ヨガに限らず、何事もやてみなくちゃ分からない!

最後にヨガで体を壊すこともあるという記事(英文)を読んだので
気をつけねばね。何事もやり過ぎはダメね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月12日 (木)

ふたたびゴ~ル!で見えた課題

ちょこっと仕事の話。
先月に引き続き今回、新規案件を獲得しました!

打ったシュートがネットの真ん中に突き刺さって、ゴ~ル!という感じです。
初年度売上$10Mサイズの米系顧客案件。

米国新規ビジネスが知りたいという思いで現職に就いたので
ゼロから案件受注、案件を軌道に乗せるまでを担当できること、嬉しいです。


不思議だったのは、客先の担当シニアマネージャーが
今週来社した途端に、「Mayはどこにいるの?」を連発していたと聞いたことです。

前回上司が訪問した際も「Mayにくれぐれもよろしく伝えて」と
言われていたそうで。メールで軽くやりとりした程度で
特に接点もなかったのだけれど。

業界での経験も知識も足りていない悲惨な状況なので、摩訶不思議。

「複雑な見積依頼に的確なオファーを出したからではないか」というのが社長談。

あんまり間違った期待をされても困るけどなぁ。
でもこれから案件を軌道に乗せるまで、何とかするしかない。

まだ知識は足りないなりに、何となく分かってきたようなこともあって。
と同時に課題もはっきり見えてきたリもしていて。

例えば、「アメリカのビジネスの場で、相手を説得する会話を組み立てる」こと。
論点をストーリーに組み立てて話せるか、そして
相手の注意をどれだけ引けるかがポイントとなるらしい。

これ、仲のいい友人とディナーしたときに
それとなく話題に上げたら教えてくれました。Kありがとう。


わたし、日常会話で苦労を感じることは最近はそうないけれど
ビジネスとなると話はちょっと変わってきちゃう。

くだんのシニアマネージャーとのミーティング中に
相手を説得したいことがあって発言したのだけれど
(そう、時々発言できるまでに仕事が分かるようになってきたの!)
口を動かしながらも、もっと上手なやり方があるに違いない!と強く感じてました。


でも確かにそう。
大学のコミュニケーションの授業でも習ったけれど
日本って単一民族文化だから、少し話せば皆理解してくれる。

だけど、アメリカは多文化だから1から10まで説明しないといけない。
分かってくれるだろうじゃ、分かってくれない。足りてない。

結果、アメリカ人が納得する話し方をすると
日本人が聞くとかなりくどい説明になる。でも言わないといけない。

プラス、さらにややこしいのが、英語を母語をしない者が発言する場合
短い文章で言いたいことをストレートに言ったり
自分の発音(アクセント)や文法などに気を配る傾向にある。

アメリカでもビジネスの場合、ストレートにものを言うのではなくて
話を組み立てて上手に相手に言わんとすることを伝えたりするので
そういう技術が必要になってくる、というわけ。

あと本題に入る前のスモールトークのようなもの。
これはどこでも共通だと思う。

ビジネスで必要不可欠なスキル、ですよね。


それにしてもこういう話ができるローカルの友だちがいるのがまたいい。
魂がワクワクする話ができる仲間と過ごす時間は最高です。
自分も面白い話題を提供できる人でありたいです。


かなり忙しくなりそうで少々ビビりつつも、2012年、いい年になる予感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

Dia de Reyes

今日はメキシコのDia de Reyesというお祝いの日です。

会社が休みになるというわけではないのですが
メキシコではリース型のパンRosca de Reyesを食べます。

Roscadereyes
ふわふわのほのかな甘みのたまご記事のパンにカラフルなトッピング。


昨日取引先のディアナが届けてくれたので
わたしも初めて食べる機会に恵まれました。とてもおいしかったです。

このパン、ただおいしいだけではなくて
実はパンの中に小さな人形が数体入っています!

ディアナからも「気をつけて食べてね」とのメッセージ。

これはBaby Jesus、つまり赤ちゃんであるキリストということになっています。
このベイビージーザスの入ったパンを食べた人は
2月6日にタマレス(コーンの粉とお肉、野菜をコーンの葉っぱでくるんで
蒸したメキシコ料理)をみんなに振舞うことになっているとか。

職場でこのベイビージーザス入りのパンを当てたのは
アカウンティングのクラウディアと、わがボスであるエリオットでした。


また以前同じ職場で働いていたルベンの話では
この日はメキシコの子供たちはプレゼントがもらえるのだとか。

国境沿いのティファナの子どもたちは両方お祝いするそうです。
ルベンは娘が一人だけなので、クリスマスにもこの日にも
プレゼントをあげるのだそうです。ラッキーですね。

メキシコの国境ティファナの子どもたちは、ほかにも
アメリカのお祝いであるハロウィンも祝います。(メキシコ内陸部はない)

また、家庭にもよるようですが、小さい頃からTVなどでも英語に親しんでいるので
バイリンガルの子どもも多いティファナです。

以下、この日のお祝いやパンについて同僚のセサルが
皆にメールした内容。FYI...

The Rosca de Reyes is a big oval wreath made out of egg bread (like an egg bagel, but huge) with dry fruit decorations and sprinkled sugar on top, but inside, there is a little ceramic doll which represents the Baby Jesus. The person who gets the piece of bread with the Baby, must be the Godparent of the Baby Jesus in the celebration of the Candelaria, on February 2nd..

"El dia de la Candelaria" is the day of the Candle or Light, known as the Day of Purification. That day, the Nativity scene is put away with a party given by the person who got the Baby Jesus in his/her piece of bread during the Rosca de Reyes celebration. He or she will be responsible for making a "Ropon" or christening gown for Baby Jesus. Generally, they have a Dinner with Tamales (Tamales are corn bread filled with meats in a sauce or raisins wrapped in corn husks).

話は変わりますが、今月もオハイオ出張です。
またアーミッシュタウンに行きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気仙沼に行きたくなる

糸井さんの「ほぼ日」サイトを開いて見つけたのが
「気仙沼のほぼ日」というコーナー。

新鮮なお魚のいろいろや、すばらしい景色、町の人の様子・・・
行ってみたい・・・その気にさせられる読み物です。

観光誘致、という観点でおもしろいと思いましたので
興味のある方はぜひ見てみてください。

アメリカにいるわたしとしては
新鮮な魚介や刺身の話にうっとりしてしまいました。

ちなみに被災した場所に観光!?なんて思う人もいるかもしれませんが
地元の人や復興の迷惑にならないようにすれば問題ないというのが私見です。

むしろ、地元の商店で地元のものを買うとか
見て感じたことを周囲に伝えるとか、できることもあろうだろうから。。。

最後に、宮城県気仙沼市老舗菓子屋五代目小山裕隆さんのブログ
おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

2011年末の旅 1日目 フェニックス

年末のサウスウェスト旅行の記録です。

Map_trip_2011_southwest_5



G→B サンディエゴ→フェニックス
B→C フェニックス→セドナ
C→D セドナ→ページ(アンテロープキャニオン、パウエル湖、馬蹄の川)
D→E ページ→スプリングデール(ザイオン国立公園)
E→F スプリングデール→ラスベガス
F→G ラスベガス→サンディエゴ

走行距離:約1300マイル


12/24 1日目 サンディエゴ→フェニックス

サンディエゴからアリゾナ州都フェニックスまでは車で6時間。
時差も1時間あるので、お昼頃出発すると到着するころには辺りは真っ暗です。


Img_3890
干し草の畑、かな。
アリゾナ南部の主要農作物はレタス、コットン、干し草。


Dsc01932
道中車窓から見えた砂漠

Dsc01933
山すそにAの文字。ArizonaのAか。



フェニックスは数年前にサンディエゴを抜いて
全米人口第7位の今成長中の新都市です。

なのでクリスマスイブのこの日は市内は空っぽ状態でした。

フェニックスは特に何があるというわけではないのですが
州都がどんな雰囲気か見るために訪れました。

しかも1日6時間以上の運転はつらいしね。

Dsc01942
フェニックスダウンタウンにある
ウェニックスサンズ(NBAバスケットボールチーム)の本拠地。



Dsc01954
夕食後、ホテルの人に勧められて
寒いけれど散歩がてら訪れた夜の動物園。


Dsc01958
Phoenix Zoo

Dsc01977
木の上にもいたり

Dsc01962
こんな立体のもいる。

Dsc01983
この向こうには本物のフラミンゴが。
日本だったら動物に配慮してまずあり得ない、ものすごい光と音楽でした!


Dsc01974
この時まだ、この旅で本物のシカに度々出会おうとは
全く予想せずにいたのでした。

2日目 セドナ(1)に続きます~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

2012年です

明けましておめでとうございます!Mayです。

このブログを読んでくださる皆さま、いつもありがとうございます。
2012年が皆さまにとって、健康で幸せに満ちた一年となりますよう
こころよりお祈りいたします。

さて、みなさんはクリスマスはいかがお過ごしでしたか?

わたしは米国サウスウェストの大自然で過ごしました。
ハイキング中に野生動物に遭遇したり、スピリチュアルな場所でヨガをしたり
ステキなリゾートホテルのレストランでクリスマスディナーをしたり。
旅の締めくくりはラスベガスのCaesar's Palaceに宿泊。

楽しい思い出を留めておきたいので、後日写真ともにアップしたいと思います。


大晦日は、Grinchのミュージカル最終公演観賞。
アメリカなら子どもの頃に誰もが親しむ心温まるストーリーです。

それから母が送ってくれたレシピをもとに年越しそばを食べました。
これで年が越せる、という気持ちになったところで
お世話になっている方宅のディナーへ。

カウントダウンは友人宅にていつもの仲間が集まって楽しく過ごしました。
サンディエゴで迎えた初めての年越しでした。

今日はお雑煮やお餅を食べてお正月らしく、ゆっくり過ごしました。
そして今、元日の夜を迎えています。

3年ぶりに日本らしいお正月を過ごしました。満足です。


ブログやフェイスブックなどのソーシャルメディアが発達した今
簡単に人と人とが繋がれる時代ですが、交流の深さという点では
もっとこれらのツールをうまく使えるのではないかと感じています。

オフラインの時も同じく、交流が浅くなりがちです。
今年は人と深いコミュニケーションがとれる1年になればと思います。


またわたしにとって今年は、サンディエゴに戻って丸3年を迎えます。
3年前に来たばかりの頃の自分にはなかった
いろいろな心の変化に気づき、おもしろいなと感じています
これからの方向性を深く考える一年になりそうです。


またどうやら厄年のようですので、体調管理に気をつけます。
旅行中に体験したヨガで心と体のバランスについて考えるようになり
今年はヨガを取り入れようと思っています。


それから昔から時を経て培われた西洋・東洋の思想に関する本が
何冊か読めたら幸せです。もしおすすめの本があればぜひ教えてください。


あとは常識や自分の想像力の範囲に縛られずに
自由な発想で挑戦することを継続したいです。


…とあれこれ思いを巡らせると
今年もイベントたっぷり、ネタたっぷりの1年となりそうです。
何よりも、皆が健康で平和に幸せに過ごせる毎日でありますように。

というわけで、本年もどうぞよろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »