« 元気の出る活字を読む | トップページ | 福岡はおしゃれな街って知ってた? »

2011年8月15日 (月)

リーダー最終日

日本から遊びに来ている友人、リーダーこと竹中氏の
2週間に渡るサンディエゴ滞在も今日が最終日。

彼との出会いは大学生だった11年前。
福岡県が主催する国際交流事業の一環である
「福岡県韓国教育交流」に参加したのがきっかけ。

県下の教員を目指す(?)大学生12名が団員に選ばれ
韓国教員大学校の学生と交流するプログラムだったのですが
団員はその後全国各地で活躍していて、今でも定期的に会う仲間です。

ちなみにこの事業、未だにあるのか不明ですが
福岡県国際交流センター報告書によると
少なくとも平成19年(2007年)までは続いていた事業のようです。

交流団で彼がリーダーだったため
今だにリーダーと呼ばせてもらっています。

竹中氏は日本では数学と情報処理(コンピュータ)の教師。
生徒とは家族ぐるみで一生の付き合いと思い接している、信頼の厚い先生。

と同時に、心理学や教師が職場で抱えるストレスにも興味を持ち
大学院に通い専門家と意見交換したり、よりよい教育環境づくりを目指していて・・。
いわゆる「普通の先生」とは明らかに違う!

とにかく人が好きで、どんどん人と繋がっていくリーダー。
リーダーが積極的に人と関わって楽しんでいる姿を目の当たりにして
わたしもその喜びや楽しみを知り、実践できるようになりました。

これはわたしの人生をより楽しく豊かにするのに
すごく助けになることだったので、とても感謝しています。

サンディエゴ滞在時も同様、日本での連絡先の書かれた
手作りの名刺を作成、こちらで出会った人に配っていました。
おすし屋さんで一人カウンターで飲んでいるお客さんにも声をかけて
一緒に飲んで、その後大将も一緒に2時までビリヤードしたり。

リーダーと出会った人たちも、彼の滞在中
いろんなことをしてあげようと計画を練って、熱心に誘ってくれていました。

リーダーは去年に引き続き2回目になるサンディエゴ訪問について
「去年見たり感じたりしたことが、夢じゃなかったことを確認しに来た」とのこと。

わたしが10年来片思いしてきた
ポジティブで明るいオーラに包まれたサンディエゴという場所
そしてそこで根を張って、自分の可能性を確かめようとしているわたしという存在。

去年、リーダーにはわたしのありのままの生活を見て体感してもらって
日本に戻ってぜひ知り合いに話して欲しいとお願いしていました。

今回も彼は言います。
「自分だけがこれを見るのがもったいない。みんなにも見てほしい。」

「ちゃんちゃん(友だち)だったらどう感じて、これをどう日本で活かすんだろう。」

「自分はケチな人間だけど、ここにはお金を払って来てでも見たいものがある。」

年齢や性別や住んでいる場所に関わらず
お互いを刺激し合える友だちがいること、本当に幸せです。


リーダーは明日の早朝、サンディエゴを発ちます。
今日が実質最終日。仕事の後に会って、気ままに時間を過ごそうと話しています。
残りの滞在が楽しいものになるよう、わたしもできること全部します。


そして来月はなんと、小学校時代の友だちMisuzuが遊びに来る予定。
彼女のサンディエゴ滞在も、楽しいものになりますように!

|

« 元気の出る活字を読む | トップページ | 福岡はおしゃれな街って知ってた? »

May日々の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/41225579

この記事へのトラックバック一覧です: リーダー最終日:

« 元気の出る活字を読む | トップページ | 福岡はおしゃれな街って知ってた? »