« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

機内での話

アメリカの飛行機のことをもう少し書きます。

アメリカはフライトによって国内線エコノミー席でも

機内でインターネットを使うことが出来ます。

US Airwaysで可能だったと思います。一回12ドル程度です。

日本は今どうなのでしょう。

今回はUnitedに乗ってしまったので

本を読んだり、思いついたことを書き留めたりして過ごしました。

今回のフライトでの出来事。

まずサンディエゴからシカゴまでのフライトでは

隣の席の人が話しかけてきました。

彼はオハイオに住んでいるSan Clemente, CA出身の30代くらいの白人男性。

ちなみにオハイオはシカゴの南東、インディアナの東です。

とってもフレンドリーな人でオハイオに移り住んだ経緯を聞いたり

サンディエゴやUSのお勧めスポットを聞いたり

わたしの出張の話を少しだけしたり。

彼は以前サンディエゴに住んでいて、恋人がオハイオに移り住んだので

恋しくなって自分も引っ越したのだとか。

今でもサンディエゴが大好きな様子で、今回も2週間友達を訪ねていたらしい。

興味深い話では、オハイオとサンディエゴでは

人との距離が違うと言っていました。

例えばサンディエゴで友達と遊ぶとなると、ご飯を食べてそれから映画を見に行く。

オハイオだと家に招待されてゆっくり食事をする。

オハイオのほうがその人のことをよく知るようになる、と言っていました。

とはいってもこれはあくまで彼の主観だとは思いますが

南カリフォルニアは一般的に人々はフレンドリーだけど

同時に友達が出来にくいとも言われています。

ま、都会と田舎の違い、かな?

ちなみに彼のお勧めスポットは、バルボアパークにある

ディスクゴルフ場(フリスビーでするゴルフ)と

Laguna Beachでした。どちらも未体験なのでぜひやってみたいです。

わたしが日本の福岡という街の出身だと話すと

飛行機が着陸したらIPhoneを取り出して

Googleサテライトで福岡の街を一緒に見ました。

福岡ドームや海沿いの観覧車、志賀島、海ノ中道海浜公園・・・

百道浜あたりのぎっしりの住宅地を見て

カリフォルニアと一緒だな!と言って笑いました。

席を立つときに彼にお礼を言って握手をしました。

そのあと乗り継ぎカウンターまで歩いていると

彼はメキシカンファストフードのお店で食事していて手を振ってくれました。

そして今、デンバーからサンディエゴのフライトでこれを書いています。

右隣は20代後半くらいの黒人女性、左は50代ぐらいの白人男性です。

アナウンスで「飛行時間は1時間58分です」と言うと

黒人女性が「じゃあ2時間って言えばいいじゃんねー!」と言ってきて

思わず「だよねー」と言って一緒に笑いました。

わたしは人生で何度飛行機に乗ったのか

もう数えられないけれど間違いなく二百回近く乗っていると思います。

子どもにとってはウキウキわくわくの飛行機。

大人にとっても空を飛ぶってやっぱり不思議な体験だと思うんです。

そういった気持ちを忘れずに

旅の目的は何であれ、ウキウキ・笑顔で

飛行機に乗り込んで、機内での時間を楽しみたいものです。

飛行機だけじゃなくて、毎日の生活もそう。

やり慣れたことを楽しくウキウキできたらいいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

デンバーです

インディアナポリスからサンディエゴへの帰路。
デンバーにてトランジット中です。

客先訪問は無事終わりました。
インディアナポリスからInterstate70号線を西に1時間半ほど
州境を越えたイリノイ州パリスへ。

やっかいだったのが州で時差が1時間あること。
うっかりしていたらミーティング時間、飛行機の時間を
確実に間違っている構図!危なかった。


アメリカの飛行機のこと。
日本と違うところは・・緑茶は出てきません笑

アメリカでの生活自体、麦茶などない。
もちろん日系スーパーで買って作ったり、ペットボトルを買えばあるけれど
基本的に水を飲むことが多いです。

わたしは機内でオレンジジュースか水を飲むことが多いですが
今日はクランベリージュースにしました。

クランベリージュースはけっこうメジャーなジュースです。
オレンジジュース、りんごジュース、マンゴージュースに並ぶと思います。

ちなみに膀胱炎にクランベリージュースが効くというのは
アメリカでは常識的に知られています。

機内ではホテルでもらってきた
インディアナポリスの観光雑誌を読んでいました。

オートレースのインディ500は今年で100周年だそうです。
それからインディアナはスポーツが強いことでも有名。
アメフトのIndianapolis Joltsとか、野球のIndiansとか。

空港・ホテル・客先の循環で
市内を見ることなく戻ってきてしまいましたが
この雑誌のおかげでインディアナはじめミッドウェストのこと
少し詳しくなった気がします。

で今いるのは、コロラド州デンバー。
デンバー空港は何もないところと聞いていたけれど
サイズも大きめだし、他の空港同様お店もありました。

8月ももう終わり。時間が過ぎるのは早い。
とはいえ、人生2倍の長さ生きたって世界のすべてを見ることはできない。
やりたいことが次々に浮かんでくる。
何度も繰り返しやりたいこともある。きりがない。

かといって猛スピードであれこれ詰め込むのを嫌だ。
わたしはいろいろを、ゆっくり味わいたい。


生活のリズムに変化を感じてるこの頃。
朝ちょっと早く起きてあったかいお茶を淹れて飲むと心地よい。
呼吸の方法についても意識を向けている。

夜眠くなるのが早くなった。サルサから遠ざかる。
クラブに踊りに行く代わりに、仕事帰りにレッスンに行くことを計画中。
チケット制のところにいけば行きたいときに行けるから。

最後に最近気に入っているメモ術の話。
日経ビジネスで読んで学んで実践してるんだけど、なかなかいい。

やり方はいたってシンプル。
仕事とプライベートのメモ帳を分けずに
いつも持ち歩き、ひたすら書く、という作業。

覚えておかなければいけない状況から解放されると楽。
わたしみたいに真剣に次から次に忘れる人にはぴったり。

さらによいのは聞いたことに加えてそのときの自分の感想も
別のしるし(★とか)をつけて記録しておくこと。
そうすることで事実だけでなく所感も蘇ってくる。

わたしは日々の小さな笑いとかも書いてる。
誰かが言った冗談とか、見て笑えた状況とか。

人って1日に6000もの考え事をしているそう。
で、絶対その中には興味深いことってたくさんあるから
それを書いておけばいつでもそのことに思いをはせることができる。

これ、すごく気に入っているんですがどうでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

インディアナにいます

ご無沙汰ブログです。
いろいろ書きたいことがありつつも日々は過ぎ。。
今日はちょこっとだけでも記録すべく!

Img2011082900205_3
インディアナポリスの空港に着いたよ。

シカゴ経由でインディアナポリスに来ています。
空港近くのホテルに泊まっているのですが
ホテルまでの道は真っ暗、周りには何もありません。

朝までゆっくり眠れそうです。

サンディエゴは今夜9時半ですが
こちらは12時半を回ったのでそろそろ寝ようと思います。

明日は州境を越えたイリノイのパリ(そう、Paris!)でミーティング。
終わったらデンバー経由でサンディエゴに戻ります。

Decatur2011082900206
空港に展示してあったスポーツカー。

Decatur2011082900211
ホテルの観光ガイドによるとIndy500というものらしい。
Indianapolis 500. Indianapolis Motor Speedwayという
レース場があるみたいね。


Decatur2011082900210
空港から程近いハンプトンインに泊まっています。
接客もよく、合格



Img_2913
翌朝の窓からの風景。グリーンたっぷり。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

福岡はおしゃれな街って知ってた?

最近藤巻さんブーム!?なのか
彼のブログをチェックしていたら

福岡はおしゃれだって。イェイ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リーダー最終日

日本から遊びに来ている友人、リーダーこと竹中氏の
2週間に渡るサンディエゴ滞在も今日が最終日。

彼との出会いは大学生だった11年前。
福岡県が主催する国際交流事業の一環である
「福岡県韓国教育交流」に参加したのがきっかけ。

県下の教員を目指す(?)大学生12名が団員に選ばれ
韓国教員大学校の学生と交流するプログラムだったのですが
団員はその後全国各地で活躍していて、今でも定期的に会う仲間です。

ちなみにこの事業、未だにあるのか不明ですが
福岡県国際交流センター報告書によると
少なくとも平成19年(2007年)までは続いていた事業のようです。

交流団で彼がリーダーだったため
今だにリーダーと呼ばせてもらっています。

竹中氏は日本では数学と情報処理(コンピュータ)の教師。
生徒とは家族ぐるみで一生の付き合いと思い接している、信頼の厚い先生。

と同時に、心理学や教師が職場で抱えるストレスにも興味を持ち
大学院に通い専門家と意見交換したり、よりよい教育環境づくりを目指していて・・。
いわゆる「普通の先生」とは明らかに違う!

とにかく人が好きで、どんどん人と繋がっていくリーダー。
リーダーが積極的に人と関わって楽しんでいる姿を目の当たりにして
わたしもその喜びや楽しみを知り、実践できるようになりました。

これはわたしの人生をより楽しく豊かにするのに
すごく助けになることだったので、とても感謝しています。

サンディエゴ滞在時も同様、日本での連絡先の書かれた
手作りの名刺を作成、こちらで出会った人に配っていました。
おすし屋さんで一人カウンターで飲んでいるお客さんにも声をかけて
一緒に飲んで、その後大将も一緒に2時までビリヤードしたり。

リーダーと出会った人たちも、彼の滞在中
いろんなことをしてあげようと計画を練って、熱心に誘ってくれていました。

リーダーは去年に引き続き2回目になるサンディエゴ訪問について
「去年見たり感じたりしたことが、夢じゃなかったことを確認しに来た」とのこと。

わたしが10年来片思いしてきた
ポジティブで明るいオーラに包まれたサンディエゴという場所
そしてそこで根を張って、自分の可能性を確かめようとしているわたしという存在。

去年、リーダーにはわたしのありのままの生活を見て体感してもらって
日本に戻ってぜひ知り合いに話して欲しいとお願いしていました。

今回も彼は言います。
「自分だけがこれを見るのがもったいない。みんなにも見てほしい。」

「ちゃんちゃん(友だち)だったらどう感じて、これをどう日本で活かすんだろう。」

「自分はケチな人間だけど、ここにはお金を払って来てでも見たいものがある。」

年齢や性別や住んでいる場所に関わらず
お互いを刺激し合える友だちがいること、本当に幸せです。


リーダーは明日の早朝、サンディエゴを発ちます。
今日が実質最終日。仕事の後に会って、気ままに時間を過ごそうと話しています。
残りの滞在が楽しいものになるよう、わたしもできること全部します。


そして来月はなんと、小学校時代の友だちMisuzuが遊びに来る予定。
彼女のサンディエゴ滞在も、楽しいものになりますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

元気の出る活字を読む

日本で働いていたころ、お給料の10~15%を
本や講演会に行く費用に使っていました。
いわゆる未来への投資、ですね。

その頃読んでいた連載や本は
どこにいてもやっぱり心に響くものがありますね。

というわけで藤巻幸夫(ふじまき・ゆきお)さんの連載を呼んで
元気をもらってください。

日経BP
藤巻幸夫流「ニッポンの見方・面白がり方」

連載読んで彼の考え方気に入った人には
本もおすすめです。



自分ブランドの教科書 自分ブランドの教科書

ではみなさんよい週末&お盆を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

Giveすること

何かもの足りない、自分にはもっと何かできるんじゃないか・・・。
人生の中でそんな風に思うときは誰にでもあると思います。

ついついインプットに力を注いでしまうそんな時
昔習っていた水泳を思い出します。

泳いでいるとき、息継ぎしても苦しくて
もっともっと空気を吸い込もうとして、でも苦しくて・・・。

そんなとき受けた指導は
息を吐き出せば自然に空気が体に入ってくる、ということでした。
ものすごく矛盾してると思ったけど、確かにその通りでした。

実際のところ、人が持てるものには限度があって
何かを捨ててこそ初めて、新たな何かを得ることができるのでしょう。


これまでの人生でわたしは幸運にも
数多くの出会いに恵まれました。

素晴らしい先輩たちからは
たくさんのものを与えてもらいました。感謝。

まだまだ先輩のようには人にGiveできないけれど
いつかはそれができるようになりたいです。

で、このGiveは自分が苦労せずにできちゃうことで
周囲に還元するのが一番いいのだと思います。

わたしには残念ながら人命を救ったり、生活を楽にする発明はできない。
わたしが情熱をもって楽しくできることは何だろう?と考えてみました。

それは、大好きなサンディエゴで
自分の感性にそったライフスタイルを送り
そこから得たこと感じたことを日本に、世界に発信して
元気を与えることではないかと思います。


ひとまず身近なところから、ということで
昨日は友だちを家に招待して小龍包パーティ。
今朝はパンを焼き、同僚におすそわけ。

自分がいいと信じる生活をアクティブに過ごして
それを見た周囲もいい気持ちになれちゃうような
自分も周囲もハッピーになれる
わたしの求める生き方はそんな感じなのだと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

日帰りLA観光

日本から遊びに来ている友だちを連れて
日帰りLA観光に行ってきましたよ。

Img_2782_2
土曜日のお昼はファーマーズマーケットがあっていました。

まず向かったのはSanta Monicaの3rd Avenue Promenade.
夏休み中の人も多いのか、ものすごい人。

サンディエゴに来てからというもの人ごみにはさっぱり慣れない。

といいつつもマーケットではち蜜やなつめをしっかり購入。

Img_2784
リーダーとわたし

Img_2785
3rd avenueのFamima!!

サンディエゴの田舎者のわたし.。
興奮して思わず店内へ。

Img_2786
店内はこんな感じ。

Img_2787
あ~おにぎり超おいしそうだった!


お昼すぎになってお腹も空いてきたので
前回も寄ったタイタウンへ移動。


Img_2793
前回から目をつけていたRuen Pairというお店へ。
これが大当たりだった!

Img_2788
牛肉サラダと卵焼き
おいしすぎてびっくりした!

Img_2789
定番のパッタイも味が濃すぎず美味。

Img_2792
魚のスープ。トムヤンクンの魚バージョンです。
これもおいしかった。


Img_2791
白米も大量に出てきて、ご飯食べた感120%

今回5人で旅したのですが
全員が文句なくおいしいと言っていました。

LAでタイ料理行くなら絶対Ruen Pair
タイタウンは東ハリウッドにあります。

それからハリウッドに寄りました。

Img_2796
コダックシアター

Img_2795
チャイニーズシアターでポーズとるリーダー

ハリウッドも観光客であふれかえっていました。


それから向かった新スポットがグリフィス天文台。

Img_2798
キレイなところでしょう。高台にある天文台です。


Img_2813
LAが一望できます。

Img_2802
プラネタリウムなんて久しぶりでワクワクした。


わたしは天文学とか星とか詳しくないですが
宇宙に思いをはせるっていいですよね。

「もし全ての人間が望遠鏡を覗くことができたら
世界が変わるだろう。人間の価値のセンスが変わるだろう。」

この天文台を作ったグリフィスはそんな思いをもっていました。

宇宙の中の自分、地球の存在とその神秘。
そんなことを考えるだけで、日頃の憂いなどなんてことないことに
気付かされます。情操豊かな人生を積極的に送りたいものです。


天文台を去り、本日のディナー会場へ。

Img_2815
New York Timesの世界で一番おいしいレストラン
ベスト10に選ばれた鼎泰豊(ディンタイフォン)。


LAのArcadiaに2店舗あるDin Tai Fung.
待つこと小一時間、ようやくテーブルにつけました。

Img_2818_2
前菜からいちいちおいしいね。

Img_2824
最近疲れ気味だったわたしは牛肉スープ。
これ飲んだら一気に元気出た!


Img_2822
みんなは定番のチキンスープ。これも美味。

Img_2823
タンタン麺。うなった!

Img_2826
豚の小龍包。

Img_2825
豚と蟹肉の小龍包。

Img_2827
名前忘れちゃったけど、ワンタンのタレ付けのようなもの。

Img_2828
えびしゅうまい。おいしい。

Img_2829
デザートにあんまん。皮もどっしり、すごくおいしかった。

Img_2830
タロ芋の小龍包スタイルのデザート。
これかなりおいしかった!



帰りに20分くらい離れたこのお店に寄って手作り冷凍小龍包ゲット。

Img_2834
閉店ぎりぎりセーフ!というか店に電話して待ってもらった。

Img_2833
ジップロックに入ったきれいな冷凍小龍包たち。

冷凍小龍包を買うならKuan's Restaurantへ。
1袋50個入りで10ドル!安いよね。

キッチンペーパーを敷いた蒸し器に小龍包を並べて13分。
おうちで肉汁たっぷりのおいしい小龍包が楽しめます。


翌日。。。

Img_2835
鼎泰豊のとなりのお店で買った草(?)のゼリー。

おみやげに買ってきた真っ黒ゼリーを食べたけど
これけっこう苦かった!良薬は口に苦し、ですかね?


以上、楽しい&おいしいLA日帰り観光でした!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

友人来訪中

8月2日から地元の友だちが遊びに来ています。
2週間の滞在。去年に引き続き2度目のリピーターです。

サンディエゴは人に元気や質のある生活のヒントをくれる場所。
リーダーの訪問を歓迎します!

今回リーダーにホームベーカリーの配達をお願いしました!
初代を母に譲り、グレードアップした機種を購入。

Img_2780

もちや蒸しパンもできる機種。

さっそく黒糖を使ったパンを焼いてみました。

250299_1938610341319_1124214626_317
見た目よし、食感よし、味よしのパンができあがりました!

ベイビー第1号は適当な大きさに切って
LA日帰り旅行に持参。みんなの朝ごはんになりました。
周囲にも好評でした。

ルームメイトにもおすそ分け。
今後も楽しみにしているよとのメッセージ。

リーダー、おいしいおもちゃを本当にありがとう!!
これから朝の目覚めが楽しみになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

フーバーダム

ラスベガスの帰り、フーバーダムに寄りました。

1929年の世界大恐慌後のアメリカ。
雇用を促し経済を立て直すべくルーズベルト大統領が
ニューディール政策を推進、フーバーダムが完成した・・・。

というのは教科書で習った話。
そんなフーバーダムは1935年に完成、去年で75周年だったそうです。
ラスベガスから1時間ぐらいでしょうか。大きな、大きなダムでした。

Img_2716
遠くに見えるは堰きとめられたコロラドリバー。

Img_2718
去年完成したばかりの橋。ダムの両端をつなぐ。

Img_2719
(あ、このjegginsはHollisterで買ったの!)

Img_2727
黒部ダムも大きかったけど、フーバーもでかいね!

Img_2728
蒸し暑くはないけど、42度。息が苦しかった。

Img_2746
堰きとめられたコロラドリバーに4本の柱が立つ

Img_2745_2
柱の下部から水が大きなトンネルに引き込まれ
その落下する力で電力が生まれる仕組み。

Img_2739_2
ダムの下の水力発電所。
トンネルを通って降りてきた水がうごめいている。

Img_2743


フーバーダムで生まれた電力はアリゾナ、ネバダ
南カリフォルニアで使われます。
ラスベガスの夜の輝きはフーバーダムのおかげ。

電力だけではなく、コロラド川の水も
カリフォルニアを含む広い地域を潤している。


最近電力不足という日本のことも思い出した。
節電もいいけれど、もっと抜本的な案が必要かもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セリーヌディオンのショー

7月のお話。

週末を利用してラスベガスに行ってきました。
今回の目的はセリーヌディオンのコンサート。

Img_2701

もちろんセリーヌディオンの存在は知っていたし
実力派の歌手というのも理解してたけれど
正直ファンというわけでもなかったし、あまりピンと来ていなかったのだけど。

だけど結果、彼女のショーはすごかった。
歌も、演出も、そして彼女が発するメッセージも
神の域に達しているレベルでした。

ショーの様子がお見せできず本当に残念だけど
セリーヌはものすごくゴージャスだったし
見るもの、聴くものすべてが本物で、美しかったです。

あまりによかったので終わって即実家に電話しました。
次回両親がアメリカに来ることがあれば必ず連れて行くことを約束して。。。

次回のセリーヌディオンのラスベガスショーは今年の年末。

セリーヌがショー会場であるCeasers Palaceと契約してるのは5年間だけらしい。

ショーが終わっちゃう前に、ぜひ!

Img_2698 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

8月の目標

7月は夏風邪を引いてしまったりして
雑に過ごしてしまいました。ブログもほとんど書けず、残念。

8月も楽しい予定で忙しくなりそうですが
以下のことを進めていきたいです。

□プロジェクトMについて紙に書き出してみる。

□自分をInspireする環境に意識的に身をおく。

□Gratitude Monday実行。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »