« 勝負のとき | トップページ | Oscar D'Leonコンサート »

2011年4月22日 (金)

イースターです

今日はGood Fridayでお休みです。
キリストが亡くなった日です。

今週末の予定は

  • バルボアパークをお散歩、そしてお祈り
  • 友だちKとカフェランチ
  • 仕事友だちと日本食の晩御飯
  • 流れ星を観に行く
  • ハイキング?
  • イースターディナー
  • サルサ

ってところかな。

ところで、今自宅でコーヒーを飲んでます。
わたしコーヒーは飲まない人だったんですが。
たまたまスタバのインスタントコーヒースティック1本もらったから。
VIAってやつね。

わたしって、実は成長が遅い。
自分のスタイルで、服選びを楽しんでいいとわかったのは
20代半ばぐらいだったと思うし
まともにお化粧ができるようになったのはさらに後で20代後半。

毎日髪の毛をお手入れするようになったのも最近。

コーヒーが飲めるようになったのも最近。
まともに料理をするようになったのも最近。

なんか、いろいろが10年ぐらい遅れてるんです。

10~20代、なんとなく青春を味わえなかった。
所属したいと思うグループに恵まれなかったというのもあるかもしれない。
一人狼してた。

でもでも、話して面白いまじめな友だちに恵まれていた。
結果きわめてまじめな学生生活を送った。
大学の授業をさぼったことも、確かなかったと思う。
さぼる理由もなかったから・・・。

で、今その穴埋めをすべく、青春してる。
間違った国に生まれてしまって、今ようやく馴染める場所にいるから
今青春してるという説もあるけど・・・

やっぱり10年ぐらい遅れているのです、わたし。

その代わり、あとで気付いて後悔するようなことはない。
もっと学生時代に勉強しとけばよかった、なんて言う人がいるけど
わたしにはその思いが正直わからない。
興味ある世界にどっぷり浸かっていたから。

大学の図書館にあるアジア文化関連の本は読破したし
興味ある講演会やイベントごとには一人であしげく通ってた。


ところで、話は変わりますが
親っていうのはこういう子どもに育ってほしいという理想を持ってるもの。
だけど現実は親の理想通りに育ってはくれない。

うちの親は自分で道を切り開いて行く人になってほしいと思いで
わたしの名前をつけたらしい。(画数でね)
で、わたしは自分の道を切り開いて生きている(と思う)。
そういう意味では幸い、親の希望にマッチできていると思う。

うちの親は海外に出るのを反対したり
結婚をプッシュしたりしない人たち。少なくとも今まではそうだった。
逆に周りに反対されませんでしたか?と聞かれるほど。
すごく有難いことだと思う。

ポイントは、ありのままの自分でいることを許されていて
ありのままの自分の状態で愛されているということ。


今年の初めに3歳下の妹が結婚。
うちの母は孫なんてまだまだ先でいいなんて口では言ってたけれど
今では心の準備は万端よ!って感じらしい。

これですべてのアテンションが妹&その子どもに向かって
わたしは今まで通り自由な生活が送れたら最高だと思います(笑)

だってわたし、成長が10年遅いわけだし
さらに言うと、今まで一般的だった形とは違う
ユニークな方法で人生楽しみたいと常々思ってきたから。

ただし、わたしが言ってるのはたとえば、いい年して目的もなく海外渡って
親のすねかじりながら生活してる人のことじゃない。

わたしは自分が住みたい場所で、楽しく働いて生活して
海外から来たお客さんの意識ではなく、サンディエゴ人として
ローカルのコミュニティの一員として生きたいという思いがあった。

そのために20代は日本でできるすべてをやった、と言い切れる。
そのための投資も惜しまなかったし、貯蓄もした。
アメリカに来ても、これだったら自分でやっていけるという自信があった。

自分の道を、信念に従い進むことが、自分らしい人生を生きるということ。
他人は自分のために生きてはくれないから。

とすると、わたしが10年遅れている理由のひとつは
自分で納得したうえで実践するから、かもしれない。
みんながしてることでも、自分がそうだと思わないとできないらしい。
だから納得するのに時間がかかってしまう、ということにしておこう。


多くの人に必要なものは、自己に対するゆるぎない自信。
これがないせいで、他人と自分を比べて一喜一憂したり
勇気ある一歩を踏み出せなかったり、他人に自分の幸せを委ねたり
自分を大切にできず、結果他人をも大切にできなかったり。。。

自信は魅力なのよ、とコーチも言ってた。
男性だって、自信たっぷり(傲慢という意味ではない)の女性に
惹かれるものよ、と。確かにそうだと思う。

面接だってそう。自信持ってる人だったら
チャンス与えてみるか、と思うもの。

わたしのルームメイトは人間としてかなり完璧に近い人格者だけど
自分に足りないものはself confidenceだって繰り返し言ってる。

Self confidenceってどうやって作るものなんだろう。
わたしはいつから自信を持っているんだろう。

うちの父は自信のある人だと思うんだけど、これは遺伝かな?(笑)

|

« 勝負のとき | トップページ | Oscar D'Leonコンサート »

May日々の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/39717469

この記事へのトラックバック一覧です: イースターです:

« 勝負のとき | トップページ | Oscar D'Leonコンサート »