« 明日も休み | トップページ | 太鼓ワークショップ »

2011年3月21日 (月)

つらい思いしてよかった

数週間前、わたしは仕事疲れで、元気半減。
日本にいたときの仕事の先輩Tさんに、ひさびさに電話をかけてみた。

わたしが大学卒業したてで何もわからず
事務所の切り盛りをしなくてはいけなかった頃
わけがわからず事務所でシクシク泣いていた時に
静かに甘い紅茶を淹れてくれて、なだめてくれた人。

ピンチの時に手を差し伸べてくれた人。


彼女は去年、わたしが一時帰国したあと
ご縁あってステキな方と出会って、結婚も近いとか。

いつもお坊さんのような?ありがたいお話が聞けるので
近況を聞くついでに、元気をいただこうと電話をした次第。

わたしが電話すると
「5分だけ待ってね。今スカイプ立ち上げるから。」

ちょうどそのステキな彼と電話中だった様子。にもかかわらず
「わたしたちを結びつけた人がアメリカから電話をかけてきてくれたから」と
電話を中断してくれたみたいだった。

ひとしきり彼女の順調な恋愛話を
参考になる部分はないか、などとやたら真剣に聞いてから
自分の仕事疲れの状況を話してみた。


その結果、Tさんから聞けたこと

  • 心にはぜったいに波があるもの
  • 今はつらくても、つらい思いをしてよかったね、と思える時が来る
  • つらいときは、向上する時、成長する時。
  • どんなに苦労しても、60年したらどうせ人生終わる。誰もいなくなる。
  • 人は、身の丈にあった悩みしか抱えない
  • 今必要だから、今の苦労はある
  • 今いる場所での役割を果たすこと
  • 器用・不器用あるけど、でも精一杯やれば、それでいい。
  • 結局のところ、周りの人というのは
    Tさんやわたしのような人をうらやましがって生きていたりする。
    本人の苦労も知らないで・・・

ま、要するにまだまだあんたは頑張れるから
まー頑張んなさい、というメッセージ。


日本で働いていた時にお世話になっていた
広告会社のお姉さんKさんが、お仕事を辞められたと伺った。

数字を求められる広告営業の仕事。
不景気に伴い、会社からの要求も大きくなって
会社に行けない時期もあったと、他の人から、後になって聞いた。

今は全く違う、教育機関の受付をするようになったとのこと。

そう考えてみると
わたしは営業が好きで営業をやっているけれど
数字をひどく要求されることはない。
もちろん、大きな目標数字はあるし、達成しないといけないけれど。


Tさんの話を聞くと、わかってることを思いださせてくれる。
こういった尊敬できる人との出会いに感謝。

未来志向のわたしなので、過去のつらいことは結構忘れてしまう。
割と幸せだと思って、これまで生きてきたので
苦労があると、とてもつらく感じてしまう。

でも、心が波立つのは普通のことだし
むしろ成長の時であるというのは
10代の頃、膝にあった成長痛のようなものだな、などと妙に納得。

|

« 明日も休み | トップページ | 太鼓ワークショップ »

重要メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/39318946

この記事へのトラックバック一覧です: つらい思いしてよかった:

« 明日も休み | トップページ | 太鼓ワークショップ »