« コロンビア・ペルーフェスティバル | トップページ | 時間の使い方 »

2010年7月17日 (土)

1か月

仕事を始めてちょうど1カ月が経ちました。

この期間、幅広い学びをいただきました。

日本のモノづくり産業を支える業界のこと
プリント基板の製造のこと
某大手向けの細かい原料や副材料、モノづくりの見積り
北米の新規顧客の開拓の仕方・・・

そんな折、同僚が一人退職することになり、既存業務に加え
部品の通関・物流業務を受け持つことになりました。
今年いっぱい(といってもあと6カ月!)はこの仕事も担当します。

これで日本を支えるものづくり業界の
ほぼ一連の流れに触れることになります。
入社半年で、このレベル。こんなにおいしい仕事はない!
この機会を与えてくれている上司や周りの人に、感謝。

アメリカで必要とされているけれども
なかなかいない人材に、自分がなっていっている、という感覚があります。

仕事には一生困らないであろう、と思います。
そんな具合に新たな学びの機会をいただいています。ありがたいことです。

前職でのマーケティング・PRの経験、ネットワーク、そして語学力。
大学時代にとった教員免許2つ、プラス持ち前の社交性とやる気。

経営者レベルの方や50・60代の方と一緒にお仕事したり
人前でお話する機会や、マスコミに出る機会
会合で自分と異なる方とお会いして、また可愛がっていただいた結果
どこにいってもブレない自分を手に入れることができました。

今は成長の機会と理解し、自分の幅を広げる時期だと思っています。
でも、ただ学ぶだけではなくて、これから自分が何ができるだろう
何がしたいだろうと、遠い未来(でもすぐ来るだろうけどね)を
ちょっとだけ想像したりしています。

将来自分のなりたい姿を意識しながら、筋肉をつけていきたいと思っています。

今日もブログ読んでくれて、ありがとう。
わたしは嬉しいことも、悲しいこともすべて、楽しんで、かみしめて生活しています。
人生は悲しむだけ、批判するだけ、仕事するだけには、あまりにも短いです。

自分の人生は自分の両手のなかにあるという意識をもって
とらわれずに、おもいっきり独創的で自由な発想をもとに
汗を流して、周りの人に応援してもらいながら
自分も人様のためになりながら、自分らしく生きていけたら
幸せだと思います。

わたしは幸せになるために生まれてきました。
そして、多くの人に愛され、わたしも愛情を広めるために生まれてきました。

アメリカで、家族や友だちと離れて生活していると
ときに不安定になりそうなこともあるけれど
今、一生懸命打ちこめる仕事があって本当によかった
日本から温かいメールくれる人がいてよかった
パーティや食事に誘ってくれる友だちがいて本当によかったと
幸せをかみしめながら生活しています。

ということで、新生活後1カ月のご報告でした。

Have a great weekend, all!

|

« コロンビア・ペルーフェスティバル | トップページ | 時間の使い方 »

May日々の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/35790824

この記事へのトラックバック一覧です: 1か月:

« コロンビア・ペルーフェスティバル | トップページ | 時間の使い方 »