« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

5月のスペイン語

Thank you for adding me to your facebook.
Gracias por agregarme a su facebook.

leave= salir   arrive= llegar

pavo = turkey

la zapateria = shoe store

Que color te gusta?
Que colores te gustan?  -  El verde.

Comer antes de dormir no es muy saludable.

A causa de mal tiempo, no podemos ir a la playa.

Encima de la montaña,  hay la nieve blanca.

¿Puede decirme.....?

No hemos hecho reservacion.

¿Y eso?  really?

I got it. lo tengo.

Advina que?  guess what?

disfruto leyendo tus blog. enjoy reading your blog.

callos = scallops

almejas = clams

What's new?
Que nueve?

What do you do for living?
Que haces?

○○についてどう思いますか?
Que piensa sobre......?

Come on!
Vamos!

How long have you worked with....?

Cuanto tiempo ha trabajado con ...?


○○さんとはどうやって知り合ったんですか?
¿Cómo se lo encontró?


How do you like your job?
¿Cómo te que gusta tu trabajo?

How did you learn....?
¿Cómo aprendió ...?

Why do you like....?
Por que te gusta....?

Hope you get well soon.
Espero que te alivies (mejores) pronto.

What do you think of Japan?
¿Qué piensa en Japón?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英単語帳5月

acute(急性) bronchitis(気管支炎)<- この前の診断から

laxatives 下剤
antiacid  制酸剤(胃薬)

As you sow, so shall you reap.
《諺》人は種をまいたからには刈り取らなければならない。
⇒自業自得

ramification
成り行き、悪影響
hidden ramification of Employee Free Choice Act

in a snap
ただちに

diuretic
利尿作用がある Coffee is diuretic.

The street names around Balboa Park has got tree names.
(From North to South)

Upas ウパスの木
Thorn とげのある木
Spruce トウヒ
Redwood アメリカスギ、セコイア
Quince マルメロ(バラ科の落葉高木)
最近まで綴りが似ているため、Qince=スペイン語で15だと思い込んでいた)
Palm やし
Olive オリーブ
Nutmeg ナツメグ
Maple 楓
Laurel 月桂樹



I leave this note so as not to forget those expressions. Provided leave them, I can come back anytime. Having had this page, I feel more comfortable being forgetful,.. and this sentence is to remember some gramatical stuff... :p

I would post English blog more often at this point. Sorry for Japanese readers..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

アメリカ料理教室

みなさんこんにちは!
今日もサンディエゴからこのブログを書いています。

今日は3連休のなか日。
国中がのんびりした雰囲気に包まれています。

久しぶりに家でゆっくりパソコンに向かっています。
お出かけしなくても、窓の外にはため息の出る風景がある・・・
あぁ、なんて贅沢なんだろう、my SD life!!


さて、以前からアメリカらしいことを習いたいと思っており
ご縁あってアメリカ料理教室に行ってきました。

習ったメニューは

Shepard's Pie(シェパードパイ)
Classic Roll Bread(ロールパン)
Lacy Oatmeal Cookies(オートミールクッキー)

です。

Img_0793
Shepard's Pie
牛ひき肉、ニンジンのピューレ、マッシュポテトの層になっている。
パイといっても、いわゆるパイ生地は使われていない。


Img_0786
Classic Roll Bread
焼く前の状態


Img_0796
できあがりの状態
Krista先生のおばあちゃんが、日曜日の夕食に焼いていたというパン。
焼き立てのパンのおいしさを、久々に実感しました。


Img_0797
オートミールクッキー
もさもさするかと思いきや、ちょうどいい塩梅で、おいしかったです。


普段は出会いないタイプの方とお会いできたのもよかったです。

そしてどういうわけか、料理教室に一人韓国人のマダムがいらして
話し相手となりました。先生からも後日お礼のメールが・・・(笑)
どこにいっても韓国人と縁のあるわたし・・。


習ったら、即実践!というわけで
クラスメイトの就職祝いも兼ねて
ポットラック(持ち寄り)パーティにShepard's Pieを持参しました。

Img_0801
おいしそうでしょう?大好評でした。

アメリカ伝統料理なのに、食べたことのないアメリカ人がいたのには
さすがに驚いた。パーティにもってこいだね、この料理。また作ります。

今度、友人のホストマザーBeckyがミートローフの作り方を
教えてくれるらしいので、楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

アメリカデパートのサービス

誕生日パーティのための、ドレスとサンダルのお買い物に行ってきました。

お友達のメイクアップアーティストBerryが同行してくれることに。
彼は台湾三越のEstee Lauderでメイクアップを経験したのち
NY目指して先日渡米してきた27歳。

友達がメイクしてもらってるの見たけど、プロ!(当たり前かもしれないけど)

調理師免許も持っていて、時々ご飯を作ってもてなしてくれたりして。
野菜中心のシンプルなお料理が多くて、体にやさしい。

実は歌も上手で、会社のパーティでは数百人を前に歌っていたそう。
(なんか、うちの妹みたいだなぁ・・)

もうすぐ公開の映画Sex and the City 2が待ちきれない様子。
わたしが「Sex and the Cityいいね。でもねぇ、あれは現実じゃないよ、虚構だよ。
だってあんな素敵な男性はそう現れないよ~」というと
「そうよねぇー」と同感してくれる(笑)

そう、彼はゲイなのです。
わたしなんかよりもずっと女性らしくて
ゲイは女性の最大の友だなぁと改めて思う次第です。

わたしも彼の家探しや銀行口座、英語を助けてあげてる。
そんな彼は、弟(というか妹)のような存在(笑)


というわけでまず向かったのは、アメリカのデパートNordstrom。
personal shopperというサービスがあります。

これは、自分に似合うものをあれこれ出してくれて
担当の販売員が買い物に付き合ってくれる、というものです。

で、行ってみたのですが、結果はイマイチ。
納得する品ぞろえもないし、販売員もセンスなし。
ただただ、店にあるものをすべて試着させて、買ってもらおうという
魂胆が見え見え。

Berryもあきれ顔だったので、理由をつけて去ることに。


次に向かったのは、アウトレットモールBCBG MAXAZRIA
ここでBerryが選んだ数着を試着して、お店の人とBerryの意見を聞いて
一着を決めました。大満足!後日写真載せるので、お楽しみに!!

サンダルはNine Westで素敵なデザインのを見つけたので、決まり。
滑り止めのために、ただいま修理屋さん行き。
(当日はたくさん踊るからね)


デパートのサービスにはがっかりしたけれど
何事も、すべて経験。

やっぱり持つべきものは、お友達ね!!


1日ひとつずつ、新しいことに挑戦していけば
自分が心地いいと思える範囲が少しずつ広がっていって
自分ができることが少しずつ増えていく。

そんな経験がたくさんできるのも、サンディエゴ生活の醍醐味。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

誕生日パーティ予告

来月誕生日を迎えます。
節目の年だし、サンディエゴにいるので
最高に気合をいれたお祝いをしようと思います。

というわけで、パーティ2つします!!

May's B-day party @Stingaree
My favorite Stingaree- SD's best!
Friday, June 4th
Dinner 7:30pm-
Club 10pm-

May's B-day luncheon @China Max
My favorite China Max -Best Chinese in town!
Saturday, June 5th
1pm-


メイクアップアーティストのお友達ができたので
メイクと衣装選びをお手伝いしてもらいます^^
かなり大がかりになってきております!

ものすごく楽しみ~

それぞれ20人前後参加してくれる予定。感謝。

招待状もらってない、という方
わたしと面識がある方で参加したい方、歓迎します!
いろんな人に会える機会です。ご連絡ください!招待状送ります。

日本では自分で誕生日パーティを主催するなんてまずないけど
こちらではフツーみたいです。
やっぱり人から祝ってもらうのを待っていてはダメということかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

サルサ部、活動中

大学を卒業した3月頃からでしょうか。
周りの友人がサルサに興味を示しだして、一緒に通っております。

名付けて、「サルサ部」。
最初から踊っていると理由で、わたしが部長。
でも特になにも仕事はないのだけれど。

友人Hisaoさんも最近サルサ始めた部員なのですが
たまたまBBQパーティで知り合ったフィリピン人Brianを連れて来てました。

Brianは学校でサルサと日本語を習っているそうで
サルサは上手、日本語はおもしろいかんじです。
踊れる男性と知り合えることは非常に貴重なので、ありがたい!

というわけで、月曜日の部活、無事終了です。
Hisaoさんは、部活という響きのストイックな感じが好きだそうです。
わたしは、連帯感が好きです。

いつかみんなで一つの作品を踊ったり
なんらかの会で披露したりできたらいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

国連ハビタットの講演会in福岡

福岡の友人から届いた情報です。
無料だし、おもしろそうな講演会なので、行ってみてください。
(そして、わたしに感想を聞かせてほしい・・・!)

いろんな人のたどった道のりの話を聞くの、大好きです。
疑似体験ができて、いいエッセンスを見つけた場合
それを自分の生き方に加えることができるから。


あすばる講演会 

講師:国連ハビタット福岡支部 バンコク事務所 
所長 佐藤 摩利子さん  
http://www.unforum.org/unstaff/22.html

テーマ 女性たちが貧困から脱出するとき 
     ~国連ハビタットの現場から~

日時:5月29日(土) 13:30~15:30

会場:クローバープラザ東棟5階 506研修室

定員:60名

入場:無料

お申し込み・詳細は、こちらまで→ http://www.asubaru.or.jp/habitat.html

★女性たちが自発的に活動に参加し、自らの手で改革を遂げていく手法を
現場の事例を持って紹介します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シカゴはねー

シカゴより戻りました。

アメリカ中西部(ミッドウェスト)最大の都市
五大湖のひとつミシガン湖(海みたいにデカい)に接する街。
日本の大阪と姉妹都市。

行ってよかったです。いい経験でした。
正直に申し上げると、けっこうなカルチャーショックを受けました。

アメリカは本当に多様ですね。
改めて、カリフォルニアは(アメリカ最大の州ではあるけれど)
アメリカのほんの一部分でしかないのだと思いました。

ある意味、シカゴはステレオタイプのアメリカだと思います。
白人がいて、黒人がいて、ヒスパニックがいて、アジアンがいる。

高層ビルが立ち並んでいて、その中に
歴史を感じさせるヨーロッパ調の建物がちらほら見られて・・・
きれいな街でした。

食べ物も、ピザにバーベキューリブ、ハンバーガーと、かなり「アメリカン」。

あと、驚いたのがカスタマーサービスのよさ。
日本に近い接客サービス。あと、話し方がフォーマル。
カリフォルニアは改めてのんびりしているなぁと思いました。

わたしのような新来者はカリフォルニアに比べると
比較的、いや、かなり少ない街ではないかと思います。

郊外をドライブしてみたのですが
あちこちに大きな湖があって、芝生や木のグリーンが
幻想的にきれいで、みずみずしかったです。


で、どうしてシカゴに行ったか。

Dsc02891_2
Tさんと

2週間前に結婚して、シカゴに移り住んできたTさんとの再会。

福岡時代、ご飯を食べながら恋愛話をしていたTさん。
結婚おめでとうございます!

それにしても、結婚して家を出るだけでも大きな変化なのに
初めてのアメリカでの生活。
女の人は強いなぁと感心してしまう。

Dsc02970
だんなさまと3人で

まぁ、完全なる邪魔者だったわけ。だけれども
まぁ、たまには邪魔者がいたほうがいいんじゃないかってことで。

シカゴ市内観光、ありがとうございました。


Imgp0147
シカゴの大学院で勉強中のS

それからもう一人、シカゴに知り合いがいたことを思い出して
急きょ会うことになった。サウジアラビアのリヤド出身のS。

サウジアラビアっていうと、みんな油田持ってる金持ち
というイメージありますが、そんなことないらしいです。

かといって、ラクダに乗ってるわけでもないそうです。

彼から聞いた一番意外だった事実は、サウジアラビアでは
女性が職業を得たら、同じ仕事内容だった場合
男性と同じ給料がもらえるそうです。

アメリカや日本ではそうはいかないのが現実。


最後に、シカゴってこんな感じです、という写真。

続きを読む "シカゴはねー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

Mayのウェブサイト、完成

わたしのウェブサイト、完成しました。

Nakamuramayukojimdo
なかむらまゆこ(May)のサイト

このサイトの主な目的は

  • これまでの経歴や、仕事での実績を整理
  • 経歴・実績を、必要な人に知ってもらうための「ポートフォリオ」的役割
  • 自分のことを知ってもらい、未知の可能性を広げるため

自分ひとりで作ったので、主観的になっていると思うので
こころ優しい人、お願いです。
このサイトを見て、客観的な意見をくれたら非常に助かります。

英語のサイトも近々完成!?

明日からシカゴに行ってきます。
先日結婚して、シカゴに越してきたお友達T嬢に会ってきます。

シカゴといえば、ピザ、バーベキューリブ、ホットドッグ
セカンドシティ、オールドタウンにシアーズタワー
シカゴカブスにミシガン湖。車で1時間のところにミルウォーキー。
こういったのがキーワードらしいです。

アメリカ中西部、初進出です。

今日は大学でアメリカのビジネスの歴史を教えてくれたDana先生とランチ。
シカゴのこと、その他のアメリカのことなどいろいろ教えてもらいました。

今日は月曜日。Gratitude Mondayの日(感謝する日)。
「会いましょう」と誘ったら、笑顔で応じてくれる人たちに、感謝。
周りの人たちの、親切な心に、感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

現在進行中のProject M

Mayが取り組んでいる活動リスト:

○高校生の進路支援
  私立高の先生と協力して、高校生の進路についての意識調査
  それを基にした、実社会の経験をもとにしたアドバイス・進路指導・相談

○日本語・英語ホームページ作成
  これまでの活動・マスコミ報道・講演会などをまとめる。

○誕生日ディナー/パーティ(6/4 金)
  サンディエゴで一番かっこいいクラブstingareeにて。

○誕生日ランチ(6/5 土)
  サンディエゴで一番おいしい中華料理やさんChina Maxにて。

○就職活動

○「情熱の観光誘致(仮)」執筆
  前職の観光誘致の業務で得た知識の集大成。フレームワーク化。
  製本を意識したブログの作成。

○シカゴ旅行(5/18-21)
  米国中西部初訪問。サルサ遠征も検討中。

○人と会う
  大学の先生や職員さん、元同僚、友達などにとにかく会う

○サルサ
  30日チャレンジチケット購入(1か月の間に10回通える=$100)
  スタイリングのレッスンに行ったら、とてもよかった。

○May Book作成
  癒されたり、元気が出るようなことばや絵を集めた
  自分だけのノートで本を作る


こんなにたくさん一度にはできない。
でも大丈夫。わたし、95歳まで生きるって占いで言われたから(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

チーターと新感覚の女性

尊敬する先輩、Fさんのブログで知った、「チーター世代」のこと。

NHKクローズアップ現代で
『アフリカを外国から取り戻せ!欧米帰り「チーター世代」の挑戦』
という番組があっていたそうです。

チーター世代とは、アメリカやイギリスなどの先進国に留学後
身に付けた知識や技術をアフリカの自国に持ち帰り就職、
援助に頼らない祖国づくりを目指して尽力する20~30代のエリートたち。

Fさんのコメントとしては、

自分の儲けだけ考える人、環境が変わるまでただひたすら待つ人もいれば
こうやって行動を起こす人もいる。

祖国を愛する心、について考えさせられました。

とのこと。

祖国日本への、わたしの思い。
日本は、一度外に出た人間を受け入れられるだろうか。
外で学んできた人間の主張を受け入れる器があるだろうか。
純粋に、どうなんだろうと思う。

開国後、和魂洋才で突き進んだ日本。
今、和の魂はどうなっているのだろう?
和の魂って、人によって理解が違うのかもしれない。

わたしの理解では、和の魂って
おもてなしの心だったり、相手の立場に立って考えることだったり
自分を律することだったり、相手を敬うことだったり。

決して、男だからどっしり構えて、女だから自分を卑下することじゃない。

わたしはアメリカの地で、わたしが信じる和の魂と
それによって培った能力を武器に、自分の可能性に挑戦している。

勝ち目のない勝負はしない。
和の魂は、わたしの挑戦を支えてくれている。


日本の外にいて、見える事実。
洋の魂が、誤解された形で持ち込まれ、根を張りだしている。

例えば、自己主張が、利己主義と勘違いされている。
正社員として働く大人が、自分が関心のある社会問題やボランティアに
積極的に取り組み、それが評価される社会がここにはある。

会社で使っている知識やネットワークを
社会向上に役立てているなんて、かっこいいし合理的だと思う。

例えば、プライベートやプライバシーが、排他的と勘違いされている。
アメリカにいたほうが、人とのつながりを温かいと感じられるのは、なぜ?
挨拶をしなくなっている日本、孤独を抱えつつ静かに動かない人々。

一方、仲間と一緒にいる時間を大切にするこちらの人たちを見ると
本当に豊かな国だなと思わずにはいられない。


独自の発想をもって、人と人、人とアイデアをつなげる。
人生を120%フルに生きて、自分の生きざまをもって人の心を動かす。
それがわたしの使命なのかな、と最近思っています。


先日、「Mayは今までにいなかったタイプの日本人女性だよね」
と言われました。

これまで聞いたどんな言葉よりもうれしい褒め言葉です。
自分のキャッチフレーズとして使っていきたい(笑)

その言葉にマッチするように、新感覚で生きていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

中間報告

いつもブログを見てくださっている皆さんへご報告。
…といっても、たいしてご報告できる内容もないのですが。

とにかく、毎日頭がフル回転でスピンしています。
いろんないいアイデアが浮かんで、紙に書いて、早速行動に移して・・・

来月あたり、いいご報告ができるのではないかと思っています。
しかも、毎度のごとく、誰もが思いつかないような方向転換!?

覚えてますか?
オーストラリアに行きますと言っていて
退職の直前になって、サンディエゴに渡航先を変更したっけ。。。

別にみんなを驚かせようと思って動いてるわけじゃないけど
日本人にしては、「変化」にしなやかに対応できるんです。

ガラパゴス諸島のうんぬんによると
生き残れるのは、強いものではなく、変化に対応できるものだ、と。

日本、大丈夫かなぁ。
アメリカにいると、日本の今後が、本当に本当に心配です。
きっと日本にいるみんなも不安に思っている、よね?

友人の話によると、若い世代のほうが経済の影響を受けてるので
日本の危機について認識ができているんだそうです。

これまでのやり方でよかった部分は残して
時代に追いついていない部分は、手を打って方向修正していかないと、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

勝間さんと西村博之さんの対談で思う

友人から聞いて知った話ですが
勝間和代さんと、2ちゃんねるの西村博之さんが対談をして
その中で二人が言い合いになっていたそうです。

その友人は、その動画について
勝間さんが感情的になっていたので、嫌いになったと言っていました。

その後、その動画について多くの反響があったようで
勝間さんがご自身のブログで2度にわたり謝罪しています。

ひろゆきさん側もご自身のブログで謝罪しています。

わたしは他人が争っている姿や、他人が失敗した姿を
見たり聞いたりするのが好きではないので
あえて今後も見るつもりはありません。

ですが、この一連のことで思ったこと。

1、いい評判を勝ち得るためには、継続的な苦労が必要なのに
  評判を失うことは、いとも容易い

勝間さんって、他の人が言えないことを発言したり
できないことを実現してる、すごい人。それをあらゆる形で示してきた。

だけど、一度の対談でやり方を失敗しただけで、こんなに叩かれるし
わたしの友人のように、評価を大幅に下げられたりしてしまう。


2、40代になって、しかも有名人になると、一度の失敗が大きな痛手になり得る

一度の失敗だけで、叩かれたり、支持していた人が離れていってしまう。

ああ、有名人じゃなくてよかった。まだ20代でよかった。
若いうちにたくさん失敗をして恥ずかしい思いをしておかないと
先々で失敗したくても、できにくくなる。

何歳になっても、変なプライドや自尊心は捨てて
素直に表現していくのが、いいんじゃないかな。

いずれにせよ、勝間さんのブログに記事と関係ない書き込みが
増えているのは、残念なこと。

もっと他人に対して寛容に、オープンでいたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

cell phone lot

サンディエゴ空港は他の空港同様
人待ち駐車はできない。

だから駐車したかったら駐車場に入れることになる。もちろん有料。
ピックアップする人が携帯に連絡をくれる場合に便利なのが
1時間無料の駐車場が「Cell phone lot」。

地図はこちらから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欲しい本、欲しい文具(メモ)

2010年5月現在、アメリカにいながらも手に入れたい和書・日本の文具

【和書】
林真理子「林真理子の文章読本」
山田ズーニー「伝わる・揺さぶる!文章を書く」
イネス・リグロン「世界一の美女の創りかた」

神田昌典「非常識な成功法則」
柴沼俊一「「コンサル頭」で仕事は定時に片づけなさい」


【文具】
KOKUYO 名刺ホルダー500(ヨコ入れ)A4/30穴(メイ-F355B
無印良品 家計簿(今使ってるのは表紙が茶色?で、中がシンプル)

また思いついたら、追加メモしていきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

自由人May

「自由人ですね~」とときどき言われるのですが。
わたしのどういう部分が、そう思われるのか、考えてみた。

わたしの自由人的な行動・発言リスト

  • 一人行動が嫌いじゃない
    (例えば、海外とか地方でもサルサバー見つけて一人で踊りに行くとか)
  • サンディエゴと福岡に半年ずつ仕事しながら住みたいと思ってる
  • お風呂で本読んだりお菓子食べたりする
  • 用事のついでに、ふらりと海に寄ったりする
  • 3029になっても、買い食いして歩きながら食べちゃう
  • 仕事が忙しくとも、旅行に出かける
  • ブランドや大手企業などに必ずしも惹かれない

こんな感じ?でしょうか。
どなたか、よかったら教えてください。


******************
毎度ご訪問ありがとうございます!
ぜひ、RSSへの登録、定期購読をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木を育てるかのように

世の中には、即効性を求めるべきものと
ゆっくりコツコツを求めるべきものがあるよね、という話。

Barbie人形などで知られる大手玩具企業Mattelで7年勤務した友人Nathan。
MBAをもっている彼が、レイオフされたのは去年のこと。

そんな彼が最近シャンプーの会社に採用が決まって
マーケティング職についている。

彼がマーケティングの現場から離れていた半年そこらで
ソーシャルメディアマーケティングが流行して
現場のスピードについていっていないと相談を受けた。

彼はわたしの英語ブログをチェックしてくれているみたいで
ソーシャルメディアマーケティングやSEOの知識があることを知って
相談をしてくれたみたい。

彼は、わたしからSEOについてのエッセンスをひととおり聞いたのち
独立起業したいとつぶやいていた。

そしてわたしはどういう方向性で現在進んでいるのか
どんな業界を視野にいれているのか
どういうクライアントを相手にすべきかと尋ねてきた。

わたしは、観光マーケティングや集客ビジネス、学校に興味があって
その他にも、執筆業や研究にも興味があること

加えて、クライアントは一般的に、自分の過去の雇用主や
家族ビジネスからスタートするんじゃないか、と伝えた。

そして付け加えた。
「今は過程の段階。焦っていない。ゆっくり実現していけばいいと思ってる。」

Nathanからの返事。
「そうだよね!ありがとう、May。
どういうわけか自分は一気に大きなことをしようと思ってたよ。」


考えてみれば、現代生活のスピードはどんどん速くなっている。

昔は地方から東京への移動に、列車で10時間以上かかっていたのに
今は飛行機で1~2時間、新幹線でも3~5時間程度。

昔は海外からの郵便が届くのに数カ月かかっていたのに
今ではインターネットを使って、メールしたり会話したりできる。

日本では電車や地下鉄が時間どおりに来て
自分が行きたい場所へ少しの時間で連れてってくれる。

その感覚が身についているせいか
自分の夢や、ビジネスの成功や、スキルや能力の習得も
即効でできてしまうという錯覚に陥ってしまうのかもしれない。


友人Kに言われたこと。
「Mayは2002年からサンディエゴに戻りたいと言っていた。
時間がかかっても、その夢を実現したMayはすごい。」

そう言われるまで、時間がかかったと思っていなかったので
逆に驚いてしまった。

アメリカで働いてみたかった。
しかも、どんな仕事でもいいわけではなくて
自分が情熱をもって打ち込める仕事…。

そう考えたときに、わたしに必要だったのは
アメリカでも通用する仕事の経験と実績
面接もこなせる英語力と度胸
アメリカでのビジネスルールや人々の考え方、などなど。

確かに26才のときに、サンディエゴの観光局と電話面接して
採用されなかったときは、がっかりした。

だけど、その面接やその準備期間で得たことは
将来どう利用できるかは分からずともよい学びだということは知っていたし
結果的にその時のご縁や経験が、去年のインターンの経験を導いてくれた。

スピードの早い日本にいると、ずれてしまいそうな感覚。
時間がかからないことは、良いこと。
時間がかかることは、良くないことという、誤解。

20代で(あるいは10代で)自分は若くないと思い込んでしまう人たち。
30代で40代で、小さくまとまろうとしてしまう人たち。

何かを成し遂げるときに、ある程度の期限をつけることは大切なこと。
その期限を大まかに理解したうえで

なりたい自分になるために必要な能力やスキルを
あせらずに、長期的なビジョンをもってゆっくりコツコツと取り組むことは
同じぐらい大事なんじゃないだろうか。


まるで筋肉をつけていくように。

筋肉を鍛えるのに便利な機械が普及しているけれど
時間や手間暇をかけて筋肉を鍛えることは
今も昔も変わらないのかもしれない。

まるで木を育てるかのように。
愛情を注ぎつつ、その時期に必要な肥料をやり、水をやる。
時には周りの草を抜いてやって、植え替えもしてあげる。

Easy come, easy go.
簡単に手に入れたものは、簡単に失ってしまう。

それは、タダでもらったチケットだってそうだ。

逆に言うと、時間をかけてゆっくりとコツコツ育てたものは
そう簡単には失わない。失えない。

Nathanには、お勧めのソーシャルメディアマーケティングの本や
大学に戻って聴講することをお勧めした。

Nathanが言ってくれた。
「いつか、Mayと一緒に仕事ができる日が来るといいな。」

そんな日が来たら、本当に面白いだろうと思う。


********

いつもブログを読んでくれてありがとうございます。
RSSへの登録、定期購読をよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

留学生の病院受診

風邪を引いているのはわたしだけかと思っていたら
日本の友だちも2人ぐらい熱が出ていたりするみたいで!

お大事に・・・!

さて、なかなか治らないしつこい風邪を退治すべく
病院に行ってまいりました。

ちなみに留学生の病院受診方法ですが
まず自分の持っている保険会社に連絡をして
受診したい旨を伝えて、どの病院で保険が適応されるか尋ねます。

(保険会社ありきのアメリカ医療制度が垣間見れます)

そこで教えてもらった病院にアポイントをとって出向きます。


ところがわたしは保険会社の適応病院を無視して
いい病院(Scripps La Jolla)の緊急外来を今回まで使いました。

理由は、前回行ったときに対応がよかったのと
本当のアメリカの病院を体験するのが好きだから。

保険会社からは「ご希望の病院がありますか?」と尋ねられたので
その病院を指定して、保険が効くかどうか、調べてもらいました。

ちなみに、Scrippsのような大きな病院よりも
保険会社が契約しているようなクリニックのほうが安いそうです。

でもすでに保険料を掛け捨てしてるので、そんなのは関係ない。

受付で名前や住所、症状の確認があった後
熱と血圧、心拍数を測ってもらって、症状を詳しく説明した後
個室でお医者さんを待ちます。

Img_0655
こんな部屋です。

Img_0656
ERの世界?そう、ここはER(緊急外来)です。

Img_0657

Img_0654
お医者さんと看護師さんの名前も書いてあります。


抗生物質とシロップの処方箋をもらって
お医者さん用、保険用、お薬用(?)にサインして、終了。

処方箋はちかくの薬局(Rite AidとかWalgreenとか)の
窓口にもっていって、処方してもらいます。

病院治療費は、病院から保険会社に請求が行くので、支払い無用。
一方、薬代は建て替えになるので、お金を払ったのち
薬局でもらった薬の説明が書かれた紙を保険会社に送付して
換金してもらいます。


これをあらかじめ知っておけば、不安も多少減るかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

May wayを驀進

今日までの4日間、東京から友だちmiyayaちゃんが
GWを利用して遊びに来ていました。

Img_0639
miyayaちゃんと。Balboa Parkにて。

彼女は2年前まで、わたしと同じプログラムで勉強していて
今はアメリカで得た語学力や経験、専攻だったHR(人事)の知識を活かして
東京のGoogleに勤めています。

Googleは今、人をたくさん採用しているらしく、忙しいみたい。
それで実に2年ぶりのサンディエゴ訪問だったよう。

miyayaちゃんとのご縁は、実にユニークなもの。
1年半前、仕事を辞めてシドニーに行くと決意
渡豪前にサンディエゴとメキシコを旅しようと決めたときに
メキシコについてググったところ、miyayaちゃんのブログ"¡Buen Viaje!"がヒット。

もちろん、メキシコ情報もあったのですが
そこでUCSD Extensionのビジネスプログラムのことが書かれていました。

そこにあった写真や文章で見たプログラムがよさそうだったのと
2002年の帰国以来、「片思い」だったサンディエゴへの思いが噴火
年の暮の忙しい時期にブログを通して連絡をして・・・。

連絡の返事を待ち切れず、UCSDには入学願書を送付。
渡行先は一気に、南半球から、北米に軌道修正。
その後miyayaちゃんと連絡がとれて、実際に東京で会えることに。

サンディエゴの滞在経験があること、メキシコが好きなこと
さらには同じ年であることも判明して、意気投合!

結局、わたしの渡米前に2度も会って、ご飯を食べたのでした。

1年ぶりの再会。
あれこれと話したいことがたくさんあったのに
のどが痛くて、40%ぐらいしかしゃべれなかった・・・けど
彼女の友だちとも会う機会があって、楽しい時間が過ごせました。

そして、今朝空港に見送りに行ったときお手紙をもらいました。
なんてできた人なんだろう!
一体この忙しいスケジュールのどこにこんな余裕があるのか?

家に戻って手紙を読んで、その内容にまたまた衝撃が走って・・・。

わたしにとって大切な内容なので、ここで紹介させてもらいます。
(miyayaちゃん、勝手にごめん!)


Mayちゃん

サンディエゴでのホスト、本当に本当にどうもありがとう!!
何から書いたらいいのか、言葉がみつからないけど・・・とにかく
Mayちゃんの”これから”を、心から応援して、楽しみにしているよ :-)

私のまわりにもいつも、まっすぐで感化しあえる友人が多いけれど
Mayちゃんほど自分をみつめて、目標に向かって驀進しているという人は
なかなかいません:-) その行動力とオープンな心は、本当にとっても
魅力的だと思う。だから、これからも"May way"をつらぬいてね。

きっとMayちゃんはSDに戻ってくる運命だったんだよ。(←注:ここでうるっとくる)
そのことにも、ぜひぜひ、自信と使命感を持ち続けてね。

会うたびに刺激を与えてくれるMayちゃんと、ひょんなことから
出会えた私の人生もまた、素晴らしい。
この出会いに、感謝。Thanks & Good luck! 


メッセージ、本当にうれしかった。
そして、驀進という言葉、昔の師匠がよく使っていた言葉だ。

May wayか・・・。死ぬ前に自伝を書くことがあったらこの名前にしよう(笑)

ありがとう、miyayaちゃん。
今後のお互いの行く末が楽しみです。

Keep in touch & come back to SD soon!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレベータートーク

アメリカで暮らしていて感じること。
つくづく日本人ってまじめで勤勉だな、と思います。
高い能力をもった人も非常に多い。
にもかかわらず、残念なことにそれに見合った評価がされていない
もったいない人もけっこういたりします。

日本でも、そう。
まじめで高い能力を持っているな、と思う人が意外に評価されていなかったり
本来の力を発揮できていなかったり。

就職活動なんかでも、能力に大差はなくても
一部の人は企業から複数の内定をもらっていて
一方である人は苦戦していたりする。

本当にもったいない。一体何が問題なんだろう?

実は就職するにあたって、能力やスキルがあることも大事だけど
それと同じくらい(もしくはそれ以上に?)自分を周りに発信して
理解してもらうことも大切なことなんです。

(特に、セールスやマーケティングのポジションを狙っている人はなおさらですね。
自分を売れないのに、どうして自社商品やサービスが売れようか。)

自分を効果的に売りこむこと(自分マーケティング)に慣れていないがゆえに
チャンスを逃すケースが多くあるみたい。

じゃあ、どうしたらいいのか。

続きを読む "エレベータートーク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿司ネタEnglish

昨日は、友だちが誘ってくれて、お寿司屋さんに行ってきました。
(Kちゃん、ありがとう!)

月曜日は5時半から7時半まで
特定のお寿司(ロール)が70%オフになるとかで・・・。

あまり期待していなかったせいか、おいしかったです。
また行こうと思います。

で、店内にお寿司のネタが英語で書かれていたのが気になって
寿司ネタ英語を、メモしておこうと思う。

トロ   fatty tuna
まぐろ   tuna
さば      mackerel
あじ      horse mackerel
いわし  sardine
ひらめ   turbot
ぶり      yellowtail
はまち  young yellowtail
たい      sea bream
うに       sea urchin
いくら     salmon roe
数の子  herring roe
あわび   abalone
赤貝   ark shell
ほたて  scallop
えび   shrimp
甘えび   sweet shrimp
うなぎ  eel
玉子      omelette
かっぱ   cucumber
おしんこ picked radish

Img_0650
食べ終わったころに・・・こんな写真でゴメンナサイ!

今度、いつの日か、アメリカのお寿司の種類についても書きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もしも声を失ったら

Img_0653_2
柚子茶大量消費


風邪をひいて1週間。一向に治る気配がない。
いつも風邪を引くときは、のどの痛みから始まる。

毎日何かしらの予定が入っていて、しゃべることが要求される環境。
一日中黙っていれば、もう少し早く良くなるのかもしれない。

そこで考えてみた。
もしも声を失ったら、どんな生活になるんだろうって。

まず、友だちとおしゃべりができなくなる。
カフェに行ってお茶しよう、とかご飯食べに行こうとか
言ってくれる友だちもかなり減るだろうと思う。

そして、自分の言いたいことが言えなくなる。
思いつきでバンバンいいたいこと言ったりもできなくなる。

さらには、わたしのキャリアの核にある「伝える」という作業が
限られてくる。講演会をしたり、コンサルティングをしたり
教壇に立つようなことも、なかなか難しくなるかもしれない。

プラス、今まで築き上げてきた語学力も弱まってしまう。
第一、スピーキングという能力自体を失ってしまうのだから。

歌うこともできなくなってしまうなんて
いったいどうやってストレス発散すればいいの?


そう思うと、声ってとっても大事。
のどを大切にしてあげないと。今、声が出ることに感謝。

いつも調子に乗ってくだらないことを言うから、のどを痛めたのか。
いずれにせよ、今週こそはのどを大切にします。

福岡にいたころ、のどが痛いときどうしていただろう?と思い返す。
首にタオルを巻いたり、薬を飲んだり、そして柚子茶を飲んだりしてた。

というわけで、柚子茶を買ってきました。
大きい瓶なのに、$2.99。韓国のものが安いのは、サンディエゴの隠れた魅力。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本語に聞こえるサッカー中継

友だちのMarieが教えてくれた面白い動画。
彼女の日記の「アラビア語を勉強してみる」というタイトルもよかった。

かなり笑いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »