« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

4月も終わり、5月

今日で4月も終わり。
今月の目標は、①休息と②1日に予定をつめこまない。

一時期守ってなかったために、風邪ひいちゃった。
でもルームメイトがくれたのどのお薬のおかげで、だいぶよくなってきた。

というわけで、5月の週間スケジュール表を作成。
(気が向いたら、ここにも載せていきます)

5月の目標は・・・

  • ConVisと話をして、状況をうかがう
    (今日、Susanあてにランチのお誘いメール送信済み)
  • 日本から持ち込んだ本を読む
    (スケジュールでは、平日1日2時間読書の時間)
  • いろんな人とランチに行ったり、お茶したりする
    (風邪のせいで延期になっている)
  • 6月の誕生日パーティの計画・準備
    (昼バージョンと夜バージョンに分ける予定)
  • 英語ウェブサイトの完成

こんなところ、かな。
どうせこれ以外でもあちこち手を突っ込んで
あわただしくなる予感。

今日は金曜日。お食事のお誘いが入ったので、出かけてきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

ティファナに(また)行ってきた

本題に入る前に・・・

この記事が600本目なんです!
おかげさまで3年5か月目に突入のこのブログでございます。

いつも読んでくれて、ありがとう。感謝!!
わたし、自分で言うのもなんですが、このブログ大好きなんです。

もしアメリカのことで、もしくはそれ以外でも
こんなこと書いて!というのがあったら、リクエストください。

ちなみに、アメリカ滞在は1年2ヶ月目に突入~


さて、日本はみどりの日。
こちらは普通の日ですが、メキシコ未体験の友人2人を
ティファナに案内してきました。

今回はちょっと気合をいれて、地元の人だけが行く
タコススタンドにお連れしたところ、気に入ってもらえました。

途中出会った、ちょっと頼りなさそうなバックパッカーの日本人と
ムスリムのパキスタン系カナダ人もまとめて面倒みました。
彼らもタコスに感動していたから、連れてった甲斐があったわ。
ムスリムの彼は、牛(カルネ・アサダ)とケサディーヤだけ食べてたけどね。

それにしても、毎回どうしてこうも真剣に
友人を新しい場所に連れて行こうとするのか。

メキシコじゃなくても、例えばおいしいレストランとかでも、そう。

やっぱり、自分が知り得たことを「伝えたい」という情熱があるみたい。
自分の感じた「楽しい」を、感じてほしいと思うみたい。

プラス、メキシコに関していうと、
異文化に対してバイアスなく理解してほしい
文化の違いを楽しんでほしい、という気持ちが強いらしく
喜んでガイド役を買ってでて、一生懸命案内しちゃうみたい。

今日は本当に喜んでもらえて、頑張った甲斐がありました。
自分でメキシコに行くよさは、メキシコ人の友だちに頼れないから
スペイン語を話す機会が多いということ。

今回はタコス注文したり、タクシーの運転手と行く道について交渉したり
けっこうスペイン語使えてたみたい。

ちなみに、タコス注文ってけっこう複雑なんですよ。
例えば、肉はどれがいいか、玉ねぎやコリアンダーは入れるか
トルティーヤ(皮)は小麦粉がいいかトウモロコシがいいか、など。


わたしももう何度となく行っているティファナだけど
新鮮な気持ちで楽しめました。

「ガイドを仕事にしたら?」と言われたりもするけど
お金払われても、そう簡単にはやりませんよ。
わたしの友だちだからガイドしてるわけで、特別です!


とまぁ、またくだらないことを書いてしまった。

今日習ったスペイン語の単語:betabel= beet (野菜の)てんさい


話は変わり・・・
今日妹とメールしてわかったこと。
彼と両親同士であいさつする日が近いみたい。
結婚秒読みかな。

さらには弟までもが、GWに彼女をうちに連れてくるとかで
こちらも順調みたい。


また話変わって、今ホームページ作成中です。
英語版と、日本語版。
早くお見せしたいですが、まだ途中なので、頑張って作ります。

それでは、いいGWを過ごしてくださいね。

続きを読む "ティファナに(また)行ってきた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

英単語帳4月

you can shed some light?

pinky shake=promise
I did pinky shake with the doctor.

pressure cooker
slow cooker

osteria

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペイン語でお礼状

週末、メキシコビーチでお世話になった
ロベルトとプリシラにお礼のカードを書きました。

スペイン語の勉強に、ということで
翻訳機を使いながらですが、書きました。

Hola Priscila y Roberto,

Gracias por su bondad durante mi estancia en Puerto Peñasco.

Disfruté el recurso y la playa, pero la mayoría de todos me gustó de estar con ustedes.

Espero verlos pronto. Déjeme saber cuando viene a San Diego. Vamos comer la comida japonesa.

May

直訳:

プリシラとロベルトへ

プエルトペニャスコでの滞在中、親切にしてくれてありがとう。

リゾートもビーチも楽しめましたが、一番楽しかったのは
あなたたちと一緒にいたことです。

またすぐに会えたらいいなと思います。サンディエゴに来るときは教えてください。
日本料理を食べましょう。

メイ

どなたか、スペイン語、間違ってたら教えてください。


ところで、日本らしいこんなカードにしました。

Img_0585
切り絵タイプのもの。福岡のJuliet's Letters(とうじ)で購入。

Img_0584
筆ペンで書くことで、和を演出。
最後には、「まゆこ」のスタンプ。


Img_0586
シールも和のものを・・・ 

喜んでくれたらいいなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

メキシコで就職

Cimg3410

タコス屋の看板娘として働いています!











というのは冗談で・・・
3月に、母と妹が遊びに来た時の、メキシコ・ティファナでの写真。

地元のタコススタンドさんのお兄さんが
カウンターの中に入れてくれて、エプロンかけてくれて
包丁を持たせてくれました。

妹がすかさず「お姉ちゃん、仕事みつかったね!」と言って
一同大爆笑。

Cimg3412
うちのいもうと


ついにMayはメキシコで働くことにしたか~と思った皆さん
期待を裏切ってごめんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アメリカで散髪(男性編)

アメリカの美容室に行ったらこうなるよ、という図。

Img_0571
モデル:Hさん

襟足は、一直線がポイント。

Hさんいわく「襟足に時間かけすぎ」だったそう。

Img_0572
After

同じく、もみあげも、一直線。

Cimg3094
Before

当初、典型的な日本人ルックスだったHさん。
散髪後は、とても日本人には見えない状態。

友人たちからは
「戦争が終わったことを知らなかった旧日本兵」
などと呼ばれていた。


日本人の美容師さんのところに行くと高くつくから
近所の$10でやってくれる美容室に行ったら、こうなったらしい。

Hさん、捨て身のモデルありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

Art Walk @Little Italy

どんだけあわただしいの?と
自分で突っ込みたくなるわたしの週末。

毎年4月の最終週の土日は、Little Italyでアートイベント
Artwalk」があるとのことで、Nadiaと二人で行ってきました。

結果:行ってよかった!!

Img_0549

アーティストは主にサンディエガンでした。

Img_0551
想像以上の規模に、びっくり!


Img_0563
見るだけで幸せになれるアートが
街中にあふれていました

続きを読む "Art Walk @Little Italy"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Cause Marketing

Cause Marketing(別名cause-related marketing)は
福祉に関連したマーケティングのこと。

また、非営利団体(non-profit organization)と営利団体(for profit org)が
コラボすることで成し得るマーケティングのこと。

わたしの先生Brianの専門も、このCause Marketing。
夏に集中講義があるから、受けてみてもいいな。


というわけで、週末に体験した、Cause Marketing関連の
2つのイベントについて報告します。

1、「ホームレスに家を!」サンディエゴ初のフラッシュモブ

Flash Mob United Way's "Home Again"

先日の記事で書いた、日曜日に行われた
サンディエゴ初のフラッシュモブのイベントを見てきました。
*フラッシュモブについては、先日の記事参照。





2、がんの子どものためのキャンペーンディナー

金曜日の夜。
ティファナの資金集めディナーに行ってきました。

続きを読む "Cause Marketing"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の移民政策について考える

メキシコビーチで過ごした週末は最高だった。
だけど、それ以上の収穫を、親友と深い話から得ることができた。

わたし、アレハンドロ、ナディアといういつもの3人組の車中での会話。
オリンピックに国家代表として出る選手のバックグラウンドが
多様化してきているというような話になった。

つまり、例えば、フィギュアスケート選手の長洲未来のように
日本人の名前をもったアメリカ勢がいたり
もともと外国人だったけど、今は日本代表として活躍する選手がいたりする。

アメリカの大学で学んだ3人の意見は
アメリカがスポーツに限らず、あらゆる分野で成功しているのは
各種移民を受け入れて、それぞれのいいところが活かされているからだろう
ということで一致した。

続けてアレハンドロが言ったのが
これからはどの国も移民を受け入れて
アメリカのような他民族国家として成長していくだろう、という内容のこと。

わたしは、現時点で移民を受け入れていない日本のことを考えて
次のようなことを説明。

  • 日本は移民を受け入れる準備ができていない
  • これまでは観光客誘致にも消極的だった
  • 理由は、移民による治安の悪化を恐れるため
  • 日本名を持っていないと帰化できないシステム

それを聞いた二人に言われて、ハッとした。

移民はより豊かな生活を求めて、必死で働こうとして移民してくる。
そもそも彼らは悪いことをしようとして移民になるわけではない。

一方、受け入れる国は、自国民がしたがらない
3K的な仕事をしてもらうために受け入れる。

移民が犯罪に走る場合というのは
受入国が移民に教育や仕事の機会を与えない
より豊かになるためのフェアな競争が許されない状況に陥った場合だ。

確かに、移民を希望するもののバックグラウンドを調べれば
善良な市民かどうかは明らかで、現在ビザ取得という形で採用されている。

現在起きている外国人による犯罪のほとんども
日本社会から隔離されたことが原因となる
ストレスなどによるものだろう。


メキシコの移民の受入状況を教えてもらった。

メキシコはハイチの地震難民も受け入れている。
スペイン語ができるラテンアメリカの国からの移民は
2年合法的に滞在すれば帰化する権利が与えられる。

それ以外の国であっても5年経てば帰化ができる。

名前がなんだろうが、スペイン語ができれば
メキシコでやっていけるらしい。

法律もしっかりしたものを設けず、わりとゆるいらしい。


次に興味深いスペインの移民受入状況を教えてもらった。

スペインは、以前植民地であったラテンアメリカからの移民を
多く受け入れたいと思っている。
国内の調和を守るため、スペイン語や文化、歴史をよく理解できる
移民を受け入れたほうが、うまくいきやすいという考え。

一方、EUのメンバーであるスペインは
東ヨーロッパからの移民を受け入れるようにEUからの圧力がある。

その板ばさみになっているのが、現在の状況。


こういった内容から考えてみると
日本の工場では日系ブラジル人やペルー人が働いているという
話を聞くのは、何となく納得がいく。

逆に、日本語ができないフィリピンの看護師を受け入れる理由が
いまいちよく分からないという気分になってくる。


日本の秩序を守りながら進める移民政策:

  • 世界に散らばっている日本の文化や言葉に理解のある
    日系人を受け入れる
  • 日本語や日本文化・習慣を尊重できる人を受け入れる
  • 日本政府は、海外で日本語や日本文化学習を奨励する。
  • また日本政府は国内の外国人の疎外を防ぐ対策を講じる。
  • 日本人は、移民を受け入れないことでぬるま湯に浸かるのではなくて
    移民に負けないように各自が向上心をもってよりよい人材となる。

日本でも今後労働力が不足してくるという予測が出ている。
労働力の確保という視点だけではなく
他国家が他民族国家として発展していく中で、日本の国益を考えた場合
移民受入は避けられない状況になる。

そうした中で、日本人として自分の地位を守るためには

  • 専門スキルを習得する
  • 語学スキルを習得する
  • 自分が移民として、海外で活躍する選択肢も視野に入れる

ことを考えておく必要がある。

以上。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メキシコのビーチをあなどるな

メキシコから戻りました!

海、むちゃくちゃキレイでした。

日本人の友だち写真を見せたところ
「思ったイメージと違う」とか「思ったより全然キレイ」とかいう反応。

いったいメキシコはどういう風に思われていたのだろう。

メキシコといえば、カンクンとかアカプルコとかあるように
リゾート地がたくさんあるところですゾ。

ここで写真を披露することで
メキシコのリゾートはすごい、と理解していただければ幸い。


Img_0450
道中撮った看板。

今回行った場所:プエルト・ペニャスコ(Puerto Penasco)
英語名:ロッキーポイント(Rocky Point)

Img_0476
ビーチ!!

Img_0486


Img_0477

Img_0475

Img_0480   

Mayan Groupというリゾート開発会社の運営する
Mayan Palace Puerto Penascoというリゾートで一日過ごしました。

ここはアリゾナとメキシコの国境から車で2時間半。
海のないアリゾナの人たちが、バカンスを求めてやってくる。

Img_0502
リゾートの模型。驚くべきは、リゾートの規模。
この部分は、リゾート全体の1%くらいにしか満たない。


土地のあるメキシコ。
リゾートの規模が想像をはるかに超える。

一つの町か市ぐらいの大きさの土地がリゾートで
ホテル、プール、ゴルフ場、レジデンスが
ひろーい土地にゆうゆうと作られる予定。

空港もこの敷地内に入ってしまっているほど。

もちろん、英語はどこでも通じるし
食事もものすごくおいしかった。

Img_0490
AlexとNadia
プールに浸かって、飲んだり、食べたりした。


Img_0503
同じくリゾートの敷地内

Img_0507

Img_0509

Img_0510

「2010年、絶対いい年にするぞ~!」と叫んだ(笑)

メキシコのリゾートはこれで終わらない↓
   

続きを読む "メキシコのビーチをあなどるな"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アメリカのクラブ

アメリカには、少なくともカリフォルニアには
いろんな人種や民族の人がいて、本当におもしろい。

わたしが先週会ったり、連絡しあった友人だけでも

アメリカ人、メキシコ人、ブラジル人、イギリス人、フランス人、台湾人
スロバキア人、韓国人、トルコ人、そして日本人・・・

で、アメリカ人やヨーロッパ人とつきあって思うのは
彼らは概してクラブが好きだ、ということ。

お酒が好きな人にはいい場所なんだろう。
わたしも音楽に合わせて踊るのが好きだからいいけれど
毎日通うには、あまりに短絡的すぎる、というのが正直な感想。

でもたまには行きたくなる場所。

Img_0341
何と呼ばれてる職業か知らないけど、踊るお姉さん。

アメリカのクラブといえば、この踊るお姉さん。
高いところにいて、上手でセクシーな踊りを披露している。

(映画見てないけど)コヨーテアグリーみたいな世界!?

Img_0344
今回ご一緒したのは、フランス人のCharles
イギリス人のTonyとNio、そしてクラスメイトのKonomiちゃん


Img_0353
フランス人Charlesは、シャンパンがmade in Franceかどうか
確認してからオーダー。「フランスのじゃないとおいしくないから。」
脱帽。

Img_0354
いただきまーす

Img_0355
シャンパンにいちごを入れるのはフランスでも普通なのだろうか
フルーティな味に変身。見た目も一気におしゃれに。 


Img_0358
イギリスから休暇で来ていたTonyは金融関係の人。
日本の露天風呂が大好きで、二人でいたく懐かしがった。


Img_0365
Nioは、日本で4年Geosで教えていたことがある。
この日、Geosが倒産のニュースにがっかり。

Img_0350
こんな感じ。みんな踊ったり、飲んだりしてる。
というか、これが水曜の夜なんだからすごい。


Img_0378
ボトルを入れたら、お席が確保できます。

Img_0383
席の周りでも、ひたすら踊ったり、飲んだり
音楽に負けじと大声でしゃべったり。


Img_0392
もうすぐ閉店の2時。照明が明るくなる。

Sidebar
536 Market Street
San Diego, CA 92101
(Marketと6thの角)

(619) 696-0946


アメリカのクラブは2時には閉まります。が、
これで終わりとならないのが、彼らのすごいところ。
ダウンタウンのど真ん中にあるCharlesのアパートへ。

Img_0407
相変わらず元気に踊る彼ら。元気だなぁ、と感心しながら眺める。


翌日。イギリスから来ているTonyとNioにもう一度会いたくて
彼らがいるCigar Barへ。

Tonyと2時間近く、深く話ができました。
アメリカのこと、イギリスのこと、日本のこと
イタリア移民としてイギリスに渡ってきたTonyの家族のことなど。

イギリスにはインドやパキスタン以外にも
イタリア移民が多いのだそうです。
70年代に仕事を求めて渡ってきた人たちが多いとのこと。

そして最近は東ヨーロッパの移民が多いとのこと。

イギリス人と話していて嬉しいことは
歴史や文化の香りのするものに対する理解があること。
日本人とイギリス人、島国同士だし、共通点も多いのかな。

Tonyに、イギリスにおけるビートルズについても
尋ねてみたところ、やはり国民的スターで
好きな人は今でも好きだ、とのこと。なんか、うれしかった。

Img_0425
たばこは好きではないので、葉巻を吸うマネをして写真撮影。


Cigar Barにはわたしの先生Brianも来ていて
チョコレート味の葉巻もあるけど、どう?と勧められましたが
やっぱり写真を撮るだけ。

Img_0423
キューバでも葉巻は買わなかった私。初めて葉巻に触れた。
もっと硬いのかと思ってた。上手に持たないと、崩しちゃいそう。


Cuban Cigar Factory
551 5th ave
San Diego, CA 92101
(5thとMarketの近く)


TonyとNioとは、またいつか会える気がしている。
「イギリスに行くならCambridgeには必ず行くべき」という二人。

二人からイギリスの話を聞いて、いや2人も知り合いができて
イギリスという国に興味がわいた。
行きたい国リストの上位に、イギリスを加えることにしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日経ビジネスオンライン

ひとまず社会人として購読しておきたいニュースレター。

日経ビジネスオンライン
このサイトから会員登録してニュースレターを購読。
毎日届きます。

日経ビジネスオンラインの記事の質はかなりいい。
これでタダでいいのか?というほど。

これに合わせて、20代の人は
日経ビジネスアソシエのニュースレターを購読するのもアリ。



旅行業界の人にはこれ。
トラベルビジョン
旅行業界のニュースのほか、求人情報もある。
1日2回届きます。


いずれのニュースレターも、購読のコツは
ニュースの題目を見て興味のあるものや
読んでおいたほうがよさそうなものに目を通すこと。

以上!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

歌xダンスx人xマーケティング=

フラッシュモブ(flash mob)。
むちゃくちゃ面白い、という話。

<前置き>
アメリカに来て、尊敬できる人たちに会ってきましたが
そのうちの一人が、ブライアン(Brian)。

わたしの英語ブログのこの記事にも出てきている人です。

彼は起業家であり、ビジネスの先生でもあり
アメリカ人だけど、英語、フランス語、イタリア語を話すし
新しいものに敏感で、いろんな文化や人に対してオープン。

授業のあとにお勧めのレストランを紹介してくれたり
地元のかなりイケてる歌手のコンサートに連れてってくれたり
本当に面倒見のいい人でもあります。

ある意味、わたしのお手本となっている存在。


<本題>
そんな彼の授業で習ったのが、フラッシュモブ(flash mob)。

フラッシュモブって、聞いたことありますか?

かなり面白いです。すごいです。
動画見てもらうのが早いです、説明するよりも。
騙されたと思って、まずは最初の動画を見てください!!

イギリスはリバプール駅でのフラッシュモブ。
T-Mobileという携帯会社のもの。


ね?すごくいいでしょう?
もっと楽しいのが見たい人は以下の動画も、ぜひ!!

同じくT-Mobileという携帯会社のフラッシュモブ。
場所はロンドンのTrafalgar Square。

歌手や芸能人も、積極的にこの手法を使っています。

アメリカのBlack Eyed Peasという超有名グループの
I Gotta Feelingという歌



日本で行われたフラッシュモブを、You Tudeで探してみました。

東京でのマドンナのフラッシュモブ。


これは日本で呼ばれているところの
ゲリラライブ?みたいな雰囲気がありますが。

見ていて面白いですね。
実際に参加している人たちも、運営している人たちも楽しんでると思うんです!

いつか日本で、福岡で、わたしもこれをやってみた~い。
参加もしてみたいし、企画・運営もしてみたい!


なんと今週日曜日、サンディエゴでフラッシュモブがあるんです。
Brianが、彼の生徒と一緒にホームレスを救う非営利団体のために主催・運営!
しかも、場所はわたしの大好きなBalboa Park!!

これは、サンディエゴ留学中のわたしとしては見逃せない!!
実際に参加して、体験して、その手法を学んでこようと思います。
というか、楽しんできます!!

今週末はのんびりメキシコのビーチで・・・という予定でしたが
サンディエゴにとんぼ返りになりました。

またもやフレキシブルなわたしの予定。


Brianの運営するスタイリッシュなものの情報が集まったサイト
StyleXplorers
http://www.stylexplorers.com/site/stylemagazine/61

世界中の「市民記者」、つまりわたしみたいな人が
その街のかっこいいオススメを紹介するというサイト。

英語ができる人は是非のぞいてみてください。
そして、会員登録(無料)して日本のかっこいいをシェアしてあげてください。

日本はかっこいいものがたくさんあるのに
こちらまで伝わってこないのが、かなり悔しい!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

週3回サルサ

今週は週5回サルサを宣言していましたが
結局週3回に変更しました。

「週5回サルサ」とか、一度自分が決めた計画を宣言すると
やらざるを得なくなるところがいいところ。

だけど同時に、ただの怠惰ではなくて
例えば自分のこころやからだの声に正直でいたいときとか
その時間を他人に必要とされているときは、宣言を変更するのがいいと思ってます。

そういうことを恥ずかしいと思わずに
抵抗なくできる柔軟性がわたしのよさ、かな。
(自分で自分を褒めないと、誰も褒めてくれないからね)


というわけで、火曜日はクラスメイトのR(スロバキア人)が元気がなかったので
他のクラスメイトも誘って、ご飯を食べてきました。

話を聞いてもらったRは、次は自分が自国の料理でおもてなしすると約束して
元気に帰って行きました。

よかった!体調もよくないのに頑張って働いているR。
応援していきたい。そして、スロバキア&ハンガリー料理、楽しみ!!


さて、サルサのご報告。

月曜日:La JollaのProspect Bar

Img_0323
実は初めて行ったバーだったんだけど
月曜日なのに人も多いし、リードが上手な男性が多かった。
いつもと違う顔ぶれと踊ったせいか、一番楽しめた。

Img_0320
福岡でお会いしたみなさま~
こちらに戻ってきて、少しやせました^^ 
福岡はご飯がおいしすぎて、つい食べすぎたのかも。。。



水曜日:DowntownのCafe Sevilla

Img_0338
サンディエゴのサルサといえばココ、という場所。
インストラクターのValerieのレッスンはかなりおもしろい。

Img_0337
サルサ、やせますよ~
いい汗かきますよ~
腰くびれますよ~

木曜日:UTCのMiami Grille

Img_0419
最近お店がリニューアル?してた。
$5のカバーチャージ。
上手なリードがいなかったけど、生バンドだし、まあ満足した。

自分の写真、撮り忘れた。


さて、4月はゆっくり過ごすと宣言したのに、あわただしい。

フランス人とイギリス人の友だちと遊んだり
友だちから回ってきた求人情報を、該当しそうな知り合いに流してあげたり
それがきっかけで、ご飯の約束が数件できて・・・。

日本に戻った3週間があったから
最近会ってないから会おう!ということにもなるし。

あちこちからお誘いの声をかけてもらえるのは、ありがたいこと。
欲張り(ambitious)なわたしは、楽しいチャンスを逃したくないから
結局ホイホイとあちこちに出かけては、顔突っ込んでる。

ひとつ言えるのは、こんな生活、決して嫌いじゃない、ってこと。
Again, I love my life...!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

桜のない桜祭り

と書くといじわるですが。

Img_0247

イーストLAのCherry Blosssom Festivalに行ってきました。

ルームメイトのLauraとその友人Duggが
本当の?日本人と一緒に日本の祭りに行って
率直な感想を聞きたいというので。

結果からいうと、とてもいいお祭りでした。
ステージでは、和太鼓、日舞、剣道などのステージ。
食べ物の出店では寿司、てりやきチキン、カレー、手焼きの今川焼きまで。

展示室では生け花のほか
第2次大戦時の日本人収容キャンプの写真
だんごや寿司の作り方のデモンストレーションなど。

「桜祭り」をきくと、つい桜の木があるものと思ってしまいますが
「日本文化祭り」としてみると、かなりレベル高かったです。


ところで、アメリカで日本を語るときに必ずとりあげられるのが、ハワイ。
ハワイは、日系人が多く住む地域。

そういうわけで、アメリカにおける日本文化の多くは、ハワイで継承されてきたため
フラダンスや、ハワイグッズの販売なども行われていました。

アメリカ本土の日系人と、ハワイの日系人は違うらしいです。

Img_0267
桜の木が一本もないMonterey Parkという地域にある公園にて。
この地域は以前は日系が多かったらしいけど、今は中華系ばかりらしい。


わたしは沖縄のエイサーが大好きで
東京のあるイベントで見て以来、心が揺り動かされるのですが
異国の地でエイサーを見た瞬間
サングラスをかけていた目から、涙が出てきました。

祖国を思う気持ち。祖国を誇りに思う気持ち。



アメリカでみた日本の写真はこちらから↓

続きを読む "桜のない桜祭り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学女子同窓会の会報

私が通った日本の大学の女子同窓会の会報に
わたしのことが少し触れられていたそうなので、載せます。

昨年12月に会長がLAに住む娘さんのMちゃんと
サンディエゴを訪れたときのことや
わたしたちがLAで行われた同窓会に参加したときのことです。

Sirayuri_104

N会長、ありがとうございました。
引き続きがんばります。


備考:
文中に「大学院」という表現がありますが
実際は「エクステンション」(社会人クラスのようなもの)です。

「ボランティア」は、「インターンシップ」のことです。

本人に原稿確認しないあたり、N先輩らしい!
すごく豪快な方なのです。
そんな細かいことを気にしていたら、大仕事はこなせません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

華原朋美『LOVE BRACE』

華原朋美『LOVE BRACE』 それは残酷な物語を読んで。
この著者、よくわかってる。

そして、思うこと。
自分の夢が完璧な形でかなってしまうのは、ある意味怖い。
ましてや、その夢を自分が愛する人(あしながおじさん)によって
かなえられてしまうのは、さらに怖い。

Just a real love night



他のどんなことがうまくいかなくても
自分で歩いてきた道のりがあるってこと
実は大切なことなんだろう。

一見苦しいことが、実は自分を支えてくれる、という話。

だから思う。
どんな形であれ、自分を幸せにできるのは、自分自身なんだろうって。

だけど同時に
わたしは「ある程度」人を幸せにすることもできるだろう、とも思う。


それでも彼女の楽曲に惹かれてしまうのは
彼女の完璧なシンデレラストーリーを、どこかで夢みているからかもしれない。

でもやっぱりあしながおじさんは違うかな。
対等な関係が、いいね。

最近昔聞いてた曲を聞き返してる。
自分の歩いてきた道のりを、振り返る方法。

あ、そういえば先日焼いたT-BOLANのCDをメキシコでも配布(笑)

幸い興味深そうに聞いていてくれたし
兄弟に日本語を勉強している人がいるので
捨てられずには済みそうだ・・・。


PS
さらに続きが読みたい人はこちら↓
華原朋美『nine cubes』 アルジャーノンは慈母だったのかもしれない

本当に、痛々しい。
そしてこの人、本当によくわかってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

学生向けキャリア講座

前回のブログ記事で、本を書きたいと言いました。
ブログも書いて、本も書いたら大変なので
少しずつにここにエッセンスを書きためていこうと思います。

で、まずは「キャリア講座」と名付けたカテゴリを追加
ここに記事を書きためていきます。

わたしの30年の人生を振り返ってみて
キャリアを考えたときに一番たいせつなのは
最初の就職先を決める時期。

最初勤めた会社で、自分がやりたいことと違うとか
あまり学びがなかった、ということになってしまったら
軌道修正に時間も労力もかかります。

もちろん、軌道修正はできるので、まわり道するのも十分アリです。


で、最初の就職をスムースにするためには
学生時代にどう考え、どう行動するかということが大切なんです。

この学生時代というのがいつになるかと考えてみると
大学生はもちろん、それ以前ということになるかと思います。

日本の場合、大学生になる時点で
学校や専攻が決まってしまっているし
やはり高校生のときにどう考えて、どう動くか
というのがポイントになると思います。

だからこの「キャリア講座」は、社会人や大学生はもちろん
高校生以下の学生さんも意識して書いていきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人はいるけど、人はいない

世界中どこでも不景気で
仕事を見つけるのが難しいと言われている。

そんな中でも、仕事がある人にはいくつもあるし
ない人にはないらしい。

わたしの状況は、非常にありがたい。
日本滞在中、一緒に働かないかと言っていただけたり
前職を辞めてから、うちで働いてほしいという連絡が3件あったらしい。

また先日も書いたとおり、LAでは
試しに登録に行った人材派遣会社からスカウトされたり。

今日はまたその会社から連絡があって
サンディエゴのお仕事があるけど、と相談がきた。

その情報をわたしに持ちかけてくれたこと、とてもうれしかった。
サンディエゴは求人が少ないから、競争率は決して低くない。
Yさん、こころから感謝。

だけど結局、わたしのキャリアとはマッチしないので
代わりに知り合いを紹介したいと、今周りをあたっているところ。

(どんな仕事か興味ある人は連絡ください)


仕事が寄ってくる人と、仕事に恵まれない人。
その違いというのは

仕事がある人は、「大切なこと」が分かっている人で
仕事に恵まれない人は、それがまだピンときていない人なのだと思う。

その「大切なこと」って?

わたしのやりたいことの一つに
本を書きたいというのがあるのだけれど

○ずっと働き続けたい女性のためのキャリアづくり
○海外で働きたい人のためのキャリアづくり

についても書いてみたい。
ブログでも少しずつ、こういうことについて触れていきたい。


わたしの知り合いで
このことについて語り合いたい人は、skypeかなにかで
話しかけてください。


ああ、時間がほしい。いや、自分が二人いればいいのに。
いやいや、ゆっくりでいいんだ。わたしのプランは、逃げていかない。


昨夜も、頭の中でいろんな構想が浮かんで
布団にもぐったまま、メモをとりつづけた。
気づいたら、午前2時。

いろいろ浮かぶアイディアをひとまず書きだしたあと
その膨大なことを、どの順番でとりかかっていくか
もしこうなったら、こうする、というケースもいくつか用意して
どう転がってもハッピーな自分でいれるように、アレンジする。


いずれにせよ、2010年は思い出に残る1年になりそう。

自分のキャリアの可能性をさらに広げる1年
できることをもっと上手にできるようにする1年
人のために動く1年
料理や掃除をちゃんとする花嫁修業?の1年
大好きなサンディエゴにたくさん友だちつくる1年

Ohh, I love my life....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

スイス政観の求人

旅行関係に興味ある方で英語ができる方におすすめではないでしょうか。
とくにスイス好きな人とか。

スイス政府観光局 求人
http://www.travelvision.jp/modules/myAds/index.php?pa=viewannonces&lid=429

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

週5回サルサに挑戦

サンディエゴだからできることをしよう!ということで
明日から5日間(月~金)、毎晩サルサに通うことにしました!!

こちらの人は踊りもうまいんでしょう?と言われるけど
うまい人はうまいし、そうじゃない人はそうじゃない、というのが実際のところ。

ただ、福岡に比べると、踊れる場所も、人も多い。

そしてきっちり、正しく踊るというよりは
とにかく魂で踊りたいわたしのような人には、こちらのサルサがいいみたい。

体も動かしたいし!!

実質的に週末しか踊れない福岡のみなさんに自慢すべく
月~金、毎日踊ってきます。

週7回もできるんだけど、今週末はメキシカンビーチで過ごすので
とりあえず週5日です。

さっそく動きまわってるって?そうかもね。。

もちろん、結果はここでレポートするので、お楽しみに!!
できるだけ、写真撮ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理から学ぶ、実行中

自称「料理できます!韓国料理とメキシコ料理だけ・・・」というわたし。
今年の目標に掲げたとおり、料理を、そして料理から学びます。

料理から学べることは、料理の仕方だけじゃない。
たとえば、効率のよい動きだったり、盛り付けというアートの部分だったり
2つ以上のことを一緒にこなすことだったり・・・。

何事もそうだと思うんです。
例えばわたしはアメリカに留学しているけれども
留学だって、言葉やビジネスを勉強するというのは表面的なことであって
その背景には、数えられないほどのいろいろを学んでる。

昨日LAのCherry Blossom Festivalというのに行ったんですが
そこで剣道を見ても思いました。
人と竹刀をもって戦うことを学んでる、というよりも
魂の磨き方を学んでるんだって。


話は戻って、料理。
食べること好きだし、味のセンスはあるほうだと思う。だから
料理もやってたら、手際よくおいしいものが作れるはず。

日本から戻って以来、我が家は日本食ブーム。
ローラの日本食ブームは、去年の12月からだけど。
(12月に2週間、東京と京都に旅行したから)


というわけで、わたしの和食の腕は小学生。
得意な和食は、小学校で習ったさばの味噌煮。
ローラに教えたら、かなり喜んでた。へへへ。
義務教育をムダにしていないわたし。偉くないですか??


昨日行ってきたLAのCherry Blossom Festivalで買ってきた
安い日本野菜たちも動員して、料理してみたよ。

Img_0313
お昼のチャーハン

Img_0315
夕飯:五穀米、わかめのお味噌汁、
にんじんとじゃがいものきんぴら、サラダ(ごまドレ)。


健康だし、お腹いっぱいになるなぁ、という感想。
肉を使わなくても満足感がある和食、やっぱりいいね。

きんぴらの残りは、ローラにおすそわけ。
お返しにローラからは、さばの味噌煮をもらった。やったね!

引越しの際に調味料を提供してくれた
Yul OppaとMちゃんにも、感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年度の目標と計画

快晴の日曜日。サンディエゴらしい1日です。

いつも電池が切れるまで動きまわってるイメージを持たれがちですが
実はインドア派、部屋にこもるのも好きなんです。

今日は、念願のIKEAの低反発ベッドマットレスが到着。
シーツも枕カバーも洗濯して、ベッドメイキング。
ランチはチャーハンを丁寧に作って。
冷たい緑茶をいれて、今パソコンに向かっています。


こういう時間があるから、また外に出て元気に活動できる。

要するに何事も、ほんとうに何事もバランスが大切で
自分がいつ無理できるのか、いつ無理しないほうがいいのか
そのバランスがつかめるようになってからは
本当に楽しく生活できるようになりました。

自分のことを、どれだけよく、深くわかっているか
自分の状況を、いかに冷静にかつ客観的に見れるか
そして、わかったら、それをどう行動に移していくか
大切なのは、そういうこと。


さて、2010年度は、アメリカで生活する最後の年?ということで
今だから、ここだからできること・やりたいことを
悔いのないようにやりたいと思います。

■2010年4月(今月)の目標・計画

○休息期間。

多動症(笑)なので、あえて「休息期間」と名付けてスローに過ごす。
実際、内容は遊びにせよ、3月から今日まで、本当に寝てる時間以外は
ずっと頭も体も心も動きっぱなしだった。

頭は勝手に動いてしまうので、気づいたことはひとまずメモ。
すぐに動きたい気持ちは抑える。

今年1年間、また派手に動けるように体力・精神力温存のとき。

○1日に予定をつめ込まない。

思い返してみると、日本での社会人生活7年間は
残業の量なんかでいうと、他の人に劣るだろうけど
仕事内容や出会った人の質からいうと2倍くらい動いた気がする。

日本で働いてるみんなの暮らしを考えると、ありえない話だけど
過去の活動を認めて、アメリカのペースに合わせる。

■2010年度の目標・計画

○6月の30才の誕生日を、思い出に残る形で、友人と祝う。

○アメリカ人・外国人の視点、考え方をさらに理解する

○日本の知り合いとskypeで会話できる環境をつくる

○丁寧に料理する。料理から、学ぶ。

○サンディエゴ・南カリフォルニアを中心に知り合いを増やす

○ボランティア活動に参加する

○本を読む

○ビデオの作り方を学ぶ

○自分のホームページを立ち上げる

○サルサの継続

○できれば和太鼓を習いたい

○その他、2010年に手に入れたいものリストをかなえていく
注:リストは今日は公表しませんが、部屋の壁に貼ってあって
現在23項目もある。


ほらね、考えるだけでたくさんあるから
つい今すぐにでも動きだしたくなる。

でも、我慢。

壁に 

"You are on VACATION!! Relax & Have Fun!!"

と書いた紙を貼っている。
そうじゃないと、どうも動いてしまうみたい。。。ははは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

買い忘れリスト

くだらない内容ですが、今回日本で買い忘れたもの
あるいはアメリカに戻ってから買っておけばよかったと思うものを
リストアップします。

どれもアメリカでも買えるものですが
いずれも、日本のほうがデザインの選択肢が多くて安い、というのが理由です。

  • スリッパ
  • 便せん
  • ぬいぐるみ
  • ビニール手袋
  • 椅子用のクッション

必要なものは今週買出しに行きます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

mayについてのブログ記事特集

今回の福岡滞在でお会いした方々が
わたしについて書いてくださっています。

ブログ記事を紹介します!


IRな日々 ~ダイバーシティ社会への道~
「やりたいこといっぱい」Mayさん一時帰国
元IR代表、某国政府観光庁勤務の先輩のブログです。

モモコとラブミのわんダフルDAY
4月6日 火曜日
大学の大先輩のブログです。

ぱんだる(半月)
あの空の彼方へ
お仕事で出会った詩人のお姉さんのブログです。


それ以前にも、わたしのことを書いてくれたブログがあります。

Like A Wild Flower
Gratitude Monday
東京で頑張ってる大学の後輩のブログです。

西短校長のブログ
1月15日
西日本短期大学附属高校の校長先生のブログです。


他にも思い出したら、記録を残していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

アエロメヒコ、成田-メキシコシティ増便

キャリア系の話題を続けます。

トラベルビジョン
アエロメヒコ航空、成田-メキシコシティ 週4便に増便

ますますメキシコが近くなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国系航空会社の機内食

LA→仁川 大韓航空

Cimg3446
ビビンバとわかめスープ

混ぜ混ぜした後の写真でごめんなさい。

「さとうのごはん」みたいなパウチに入ったご飯を
ナムルの入ったお椀に入れます。

チューブ状のコチュジャンと、パックに入ったごま油を落として
まぜまぜして、いただきます。

わかめスープは乾燥したものにお湯を注いでくれます。

大韓航空に乗ったら、韓国料理を食べるべし!!

福岡→仁川 アシアナ航空

Img_0164
見た目がとってもきれいな、和のお弁当
日本のりんご、おいしかったです。


仁川→LA アシアナ航空

Img_0165
ステーキ。おしゃれな色の器に注目。

韓国料理のサンパプとのチョイスでしたが
何となく洋が食べたくて・・・。お肉、柔らかくておいしかったですよ。

Img_0167
朝ごはんのオムレツ

海老のパスタとオムレツのチョイスで、オムレツにしました。
朝はやっぱり、たまごでしょう!?


チケットを快く手配してくださったOZのYさんに感謝。

アシアナ航空、よかったです。
機内は韓国人と同じかそれ以上にベトナム人が多かったです。

なので、客室乗務員さんたちも英語と韓国語を交互に話していて
わたしとはちゃんぽんで話していました。


ある客室乗務員さんが、好奇心旺盛だったようで
わたしに「韓国人ですか?」と尋ねてこられました。

「日本人ですけど、以前韓国の○○の仕事をしていて・・」というと
「かっこいいですね」と言ってくれました。

こんなオープンな客室乗務員さんもめずらしい!
LA泊だったら一緒に遊びたい、と思うも
みな美人さんなので、どの方だったか思い出せず。。。笑

今回のフライト、行きも戻りも
頭が活性化されて、新しいアイディアが湧きました。

たくさんのメモとともに、サンディエゴに戻りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ソウルメイト

先日の日記で宣言したとおり、「こんな人がいい」リストを載せます。

リストを載せる前に、このリストを作るにいたったいきさつ。

以前通っていた日本人教会で出会った女性から聞いた話。

その方は、結婚したいと思っていたところ
教会で、理想の人の条件をリストアップして
毎日お祈りをしなさいと言われたそうで

12の条件をリストアップして、毎晩寝る前にお祈りしていたそうです。

そして半年後、1つの条件以外のすべての条件を満たした男性が現れて
付き合いだして、そのまま結婚。今は二人で幸せに暮らしています。

で、リストの12個の条件のうち、当てはまらなかったただ1つの条件は

「背が高い人」

だったそうです。

その人の解釈では、身長の高さは問題ではないよ、という意味で
神様が敢えてそれを叶えなかった。
そんなことを神様にお願いしたのは間違いだと思い反省した
とおっしゃっていました。

個人的に、背の高い人に惹かれないこともあり、「確かに」と思った。


とにかく、リストを作ってみるのがおもしろいと思ったわたし。

自分がどういう人を求めているかを
客観的に理解するためにもいいと思って作ってみたこのリスト。

ところがなんと、項目が30にものぼる・・・ 嗚呼!
神様、どう思ってるんだろう。

このリスト作ってもうすぐ半年経つけれど・・・。

すぐ結婚したいというわけではないからいいけど
このリストを作って、いい人現れるのだろうか?

長いリストはこちら笑↓ here you go!

続きを読む "ソウルメイト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無事戻りました!

到着日、ロサンゼルスからサンディエゴへの道中に。

Img_0169
ああ、この景色。戻ってきた~~!!

日本→アメリカの移動の場合の
時差ぼけ予防として、夜までしっかり起きておく必要があります。

そこで、サンディエゴについてまず向かったのは・・・

Img_0193
ビーチ!

Img_0194
サンディエゴも春です

Img_0195
誰もいない、穴場ビーチです

Img_0199
時差ぼけ防止を手伝ってくれた
KonomiちゃんとHideakiさん、ありがとう!!

Img_0204
La Jolla 

以上、サンディエゴよりご報告でした!
航空ファンのみなさま、機内食については近々報告します。
少々お待ちを・・・!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

みんなありがとう!Bye For Now


音楽聞きながら読んでね♪

日本での3週間は、想像以上でした。
120%、いや200%満足です。本当に帰ってきてよかった!
3週間前は思いもつかなかった、新たな夢も発見しました。

福岡には、わたしの居場所があるんだ、と
強く感じさせてくれたみんなに、感謝。

私にはホームがあるから
アウェイでもくじけずに、力を発揮することができます。

サンディエゴでの生活は刺激的ですが
故郷の家族や友人と離れて暮らすことは、簡単なことではありません。

みんなの温かいエールのおかげで
ビザが続く来年の4月まで、アメリカで働くという夢を実現できそうです。

今回、たくさんの方にお会いしてお話を伺うことで
自分では思いつかなかったヒントをいただきました。

2010年は、キャリアの新たな可能性を見出だす一年です。

サンディエゴ観光局での観光誘致はもちろん、同時進行で
観光誘致、ソーシャルメディアマーケティング、留学、キャリア
アメリカンライフ、アメリカの中の日本・韓国をキーワードに
わたしが見て、学んで、感じたことを、アメリカの旬な情報として発信
たくさんの人とわくわくをシェアする活動をしていきます。

プラス、新たなスキルもつけていけたらいいなぁ、と思っています。
サンディエゴに戻ったら、さっそくやることがたくさんあります。
本当に、ありがたいことです。

挑戦することの喜びとワクワク感を楽しみながら
納得のいく結果を出せたら、最高です。


いろんな方々の優しさに触れた3週間でした。

たくさんのサルサのCDを抱えて、それを渡すためだけに
休日に天神まで出てきてくれた先輩

「またね!」と、またすぐに会えるかのように別れてくれた友だち

年度末の忙しい時期にもかかわらず
以前同様に迎え入れてくださった業界の先輩たち

「安心して頑張って来なさい」と声をかけてくれた先輩

「戻ってきたら、うちで働いてほしい」と言ってくれた先輩

夜勤明けにかかわらず、「子守」をしてくれた友だち

東京から駆けつけてくれた友だち

「お金に困ったらメールしなさい。振り込んであげる」と言ってくれた先輩

実際にわたしに投資してくれた先輩

「元気でね」と別れ際に言ってくれた友だち

アメリカでの再会を約束した友だち

お互いの夢を語りあったり、励ましあったりした友だち

そして、説明不十分だったにもかかわらず
わたしの情熱を、静かに見守っていてくれた家族。

家族だから、なんとなく分かってくれているものと思っていたけど
実は具体的なことを話していなくて、それでも応援してくれていた。

その穴を埋めることができただけでも
大きい福岡滞在でした。


こんなにもたくさんのものを与えてもらって
こんなにもたくさんの愛情を注いでもらって

わたしは、本当に幸せ者です。
うれしくてうれしくて、今夜は涙が止まりません。


「サンディエゴでもらった元気を、みんなにあげる旅」と題して
みんなと会っていたけれど、元気をあげることで本当に元気をもらったのは
このわたしです。


こんなにみんなが応援してくれるから
こんなにみんながチャンスをくれるから
頑張るしかないんだと、思います。いや、頑張ります!!!

みんなとつながっていれて、本当に、幸せです。
いつも、ありがとう。そして、これからもよろしく!!


♪誰もがほほ笑んだ 君の笑顔 忘れやしない

すてきな別れさ 出会いの未来があるから
夢かなう日まで 今はここでそう Bye For Now

すべての明日は いつだって君の味方さ
夢かなう日まで いまはここでそう Bye For Now

- Bye For Now/ T-BOLAN


3週間でお会いした方 120人。
メールや電話でお話をした方 uncountable.

I will miss you all so bad!


次お会いする時まで、みんな、お元気でね。

実際に会えないけれど、このブログで
メールで、skypeでコミュニケーションとりあいましょう。

そして、わたしのお友だち同士の人たち
わたしがいない間も連絡をとりあって
時には交流して、助け合って、関係を温めてね。

I love you all!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

カードが使えない金融機関

今日は日本滞在最終日。
生活物資を入れた箱を
海外発送すべく、郵便局へ。

合計金額16000円。
お財布に入っていた額が15000円だったので
クレジットカードを出したら

男性職員「カードですか…」
    (隣の女性職員に)「カードは…」
女性職員「カード?…」
男性職員「カードはちょっと…」

私(独り言)「what the hell!?今何年?」

カードでの支払いができませんでした。

幸い一緒に来ていた母から手出ししてもらい
事無きを得たけど。


郵便局って、金融機関。
しかもセゾンカード(クレジットカード)の加入手続もやってる。

今回最大のカルチャーショックでした。

なんでだろう?
お客さんがカードを使うごとに発生する
手数料が嫌なんだろうか。

元?国営企業の、独占的な立場ゆえの
お役所的体質が見え隠れする。

とはいえ、元国営企業でもJR九州なんかは
他の公共交通機関に負けじと頑張っている印象を受ける。

お客さんの利便より、自分の都合を優先する
変化に対応しない企業の例を見たように思う。


そして日本はカード社会からは程遠い、ということでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

日本はみなの協力でまわっている

日本の公共交通機関を使って思うのは
運行が円滑に行われているのは、乗客の協力の賜物だということ。

例えば、バスに乗っているときは、信号停車中に両替を済ませておく。
電車の乗降は、速やかに。

会社側も、乗客に協力を促すアナウンスを流す。

今日は電車が遅れていて、博多駅で立ち往生しています。

最初、駅員さんにのりばを尋ねたところ
3番のりばからの発車とのことでした。

それが、2番のりばに変わって
正しいホームに走って移動する人々。

今、1番のりばと2番のりばの両方に
上りの普通列車が止まっています

どちらが先に発車するかのアナウンス。
違った情報が複数回流れて、二つの電車を走って行き来する人々。

日本語が達者でよかった、と思った。
身体が健康でよかった、と思った。

電車の遅れの原因は、人身事故だったらしい。
人身事故を英語で何と言うか、知らない。

線路に飛び込んだんだろうか。
一年間に3万人が自殺する社会。

話変わって。
乗り物に乗って、移りゆく風景を眺めながら
物思いにふけるのは、なかなかいいものですね。

電車の中で本を読んだり、携帯でカキコミしたり
ガラス窓に映る自分を見るのもいいですね。

居眠りするのもいいけど、今回の滞在ですでに2回
乗りすごしているので気をつけないと・・・
(一度は起きていたのに、乗り過ごした)

今日もいい一日でした。ありがとう。
日本での滞在、あと2日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

ステキ女子委員会

知り合いのみかさんから、メールいただきました。

彼女は「ステキ女子委員会」という組織を運営しています。
先日のアヴァンティでも、活動が紹介されていました。

  • 春だし、何か新しいことをはじめたい
  • 会社と家の往復で、知り合いが少ない
  • 福岡の同年代のお友だちを作りたい
  • 何かイベントに参加して、新しい自分に出会いたい

という方におすすめだと思います。
コンセプトに共感したら、ぜひ一度参加してみては??

以下、みかさんからのメールです。

mayさん、こんにちは!みかです。

ブログへのコメント、ありがとうございます。
mayさんらしい前向きかつ的を射たメッセージが
とっても嬉しかったです。

お言葉に甘えて、ステキ女子委員会の件で
ご連絡させて頂きました。

もし興味のありそうな方がいらっしゃいましたら、
ぜひご紹介ください!!

【コンセプト】
☆ステキ女子とは☆
「自分をしあわせにできるのは、他の誰でもない自分自身だ!」と
腹をくくった、もしくはくくりたい20代~30代女性。

☆福岡ステキ女子委員会とは☆
個々人が「ステキ女子スパイラル」を廻していく場、
そして互いのスパイラルの加速に貢献しあう場。

☆ステキ女子スパイラルとは☆
1.動いてみる→2.知らない人やモノゴトに逢う
→3.新しい自分発見!→4.自分を好きになる
→1.に戻る
※どんな小さな1歩でも、「まず行動すること」を
最も重視しています。

【参加者】
参加条件は、
・福岡(九州)在住の20代~30代の女性。
・会のコンセプトに共感していること。
です。

現在参加していただいている方の職種はバラバラで、
一般企業、医療関係、社労士、新聞社勤務、美容師
建築士、プロモーター等々です。

参加条件に加えて共通点は、
・朝活に関心があること
・新しい出会いで自分の視野をひろげ、
私生活や仕事に活かしたいと考えていること
です。


ひとまずはこのブログで活動をチェックしてみては?↓

ステキ女子委員会 ブログ
http://fukuokasutekijoshi.blog29.fc2.com/

参加に興味のある方は
ブログのコメント欄にメッセージ残したらいいのでは、と思います。

主催しているみかさんは、とても感じのいい方なので
気を張らずに、リラックスして接することができると思いますよ~

ちょっとでも気になった方は、はじめの一歩を・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

自分をデフレ化しない方法

自分をデフレ化しない方法 (文春新書)  自分をデフレ化しない方法 #文春新書#

宣言していたとおり、今週は家でゆっくりしています。
(性格上、さっそく外に出たくてうずうずしておりますが)

荷造りも3分の1くらい終わったので、本を読みました。

勝間さんの「自分をデフレ化しない方法」では

  • 日本人が一般的に抱えている問題の8割はデフレ
  • デフレこそ、今政府と日銀が取り組むべき問題
  • デフレのせいで、不幸せ感が増す
  • デフレに耐えるための16のサバイバル術

などについて書かれています。

デフレに関しては、本当に深刻な問題なのだと理解しました。
かつ、とっても身近な問題。

だって
(若者を含めた)雇用不安定の問題
経済的に不安で、結婚・出産を踏みとどまってしまう問題
長時間労働が強いられ、体調不良などで休むと解雇される不安
他国に比べてGDPの伸びが小さい問題

これらすべて、原因はデフレなんですよ!こりゃすごい。
そしてデフレは、社会的弱者につらく当たるから
貧富の差がさらに開いていく・・・という仕組み。

と同時に、政府と日銀にしか解決できない、というところがもどかしい!
だからこそ、政治家に声を届けていかなくちゃ!と思います。

今回日本に戻ってきて、人々の表情が暗いと感じました。
仕事関係の人からも、業界の暗い現状の話をたくさん聞きました。

当初は、ただの景気が悪いというのが理由だと思っていましたが
広い視野で考えてみると、それらすべて、デフレのせいだと痛く納得しました。

日本よ、プライドがあるなら、この問題を認識せよ。
日本の政府よ、プライドがあるなら
解決策を透明化して実行せよ、有識者を活用せよ。


この人の本は、どれを読んでも
何が言いたいのかが非常にわかりやすい!

常々思うことですが、何をするにしても
情熱が感じられると、メッセージがうまく伝わるなぁ、ということ。


ところで、わたしはカツマーではないし、
著者の書くすべての内容に同意するわけではありません。
(自分で考えながら読んでいます)

でも、これだけは言いたい!
amazonのレビューを見てびっくり。
著者を非難するコメントがたくさんあります。

著者の論点を批評するのであればわかるのですが
本人や著書の外見やタイトルにいちゃもんをつけているありさま。

そんなに批評したいなら
自分なりの具体的な意見やアイデアを述べて、行動に移して反論するとか
自分の論点をまとめて本を書くぐらいの姿勢をとればいいのに。

日本は人口が多いせいで競争が激しいからなのか
ねたみが多いからなのか、平和ボケなのか
どうも理解に苦しむことがあります。

どうしてこうも、目立つ人の批判ばかりして
具体的な解決の行動がとれない人たちがいるのか。謎。

本が売れて、お金もうかってるのがねたましいなら
自分も本を売って、お金もうければいいのに・・・。


とはいっても、出る杭は打たれる、と言われていた日本ですが
そのうち出る杭は打つけど、大したことしてないグループは
弱体化していくそうです。

ですから、とくにいつも聞き役に徹している人は
打たれることを恐れず、むしろかいくぐって愛されキャラを目指しつつ
自分の意見やアイデアを、胸の中にしまわずに
社会や会社や家庭でシェアしていってほしいです。

あ、情熱も忘れずに♪


この本「自分をデフレ化しない方法」だったので
mayなりに、自分の価値を落とさない(高める)方法を書いてみます。

  • 自分ブランド
    他人に見られたい、かつ嘘のない自分像を明確にする。
    そのためには自分の強み、弱み、幸せについて理解すること。
  • ネットワーク
    敵が少ないよりも、友だち(ファン)たくさんのほうがいい。
    結局人生、どれだけ人と関わって幸せ感じたか(楽しい思い出)、だ。
    お金の額なんて、死んだら終わり。
  • 自分マーケティング
    世の中では、どんな人が必要とされているのか理解すること。
    自分の、他人との違い、どう人のため世のために役立つのか考えて
    必要とされるところへ出向いて、自分をアピールする
    ときに自分のメッセージが伝わるような工夫をする。be creative.
  • スキル
    自分ブランドにあった能力を身につける。
    ただ資格をとるのではなく、経験をつけること。
    資格は一つの指標だが、経験や実績に比べたら大切ではない。

細かいことを書きだすときりがないので、このへんで・・・。


わたしは、2010年は海外で働こうとする身ですが
日本が元気であってもらわないと、わたしの商品価値も減りますので
日本にはぜひ頑張ってほしいです。

将来的には、日本に頼らずに自立した自分でいたいですが。
(とはいっても、アメリカと韓国の専門知識で生きていくのも微妙だなぁ)
なので、これからもっと能力開発していきます。

日本と、日本の人たちを元気にできるように
海外生活でいただいた元気や幸せをみんなにシェアできるように
引きつづきがむしゃらに動いていきます。←T-BOLAN風。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡の3週間と、人々

楽しかった日本滞在。

みんなと話した内容や、感動したことなど
事細かに書きたいところですが・・・

もっとたくさんの人と写真撮るべきだったなぁ。

というわけで、写真にてお楽しみください!!

Cimg3547

Cimg3549

Cimg3559

Cimg3552

Cimg3558

Cimg3569

Cimg3587

Cimg3576

Cimg3612

Cimg3613

Cimg3611

Cimg3627

Cimg3690

Cimg3694

Cimg3700

Cimg3720

Dh000001

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

T-BOLANのCDと、歌詞

またこのネタ・・・エヘ。

T-BOLANのヴォーカルのソロ復活を記念して
新曲とT-BOLANの曲をCDに焼いて、周囲に配ることにしました。

妹には、迷惑だなぁ(笑)!と言われたけど。へへへ。

80分のCDにどの曲を入れるか、どの順番で入れるか
なんてことを真剣に悩むのが、かなり楽しかった。

有名な曲ばかり入れるか、自分が好きな曲ばかり入れるか。
結果、有名な曲をベースにして、自分の好きな曲も選んで入れました。



夢と勇気があればそれでいい
あきらめやしない

感じるまま生きていくよ 
胸に輝き抱きしめて

- Heart of Gold


傷だらけを抱きしめて 涙は強さを知る
すり抜けてく悲しみに ピリオド打てるさ

傷だらけを抱きしめて 優しさは胸に響く
すり抜けてく悲しみに ピリオド打てるさ

-傷だらけを抱きしめて

続きを読む "T-BOLANのCDと、歌詞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

I wanna love you



90年代、スパイスガールズが人気だった頃のグループの歌。

正直、プロモーションビデオも、踊りもダサいけど
なんか嫌いになれない。

この歌が好きな理由は
わたしはありがたいことに、常に愛にあふれていると感じていて
その愛をみんなに分けてあげたいと思っているから。

I wanna love you, people! I do love you, friends!!

見た目は黄色いけど、中身は茶色い
つまり、見た目は日本人だけど、中身がラテン系なわたしは
情熱にあふれていて、その炎を燃やし続けていたいのでした。

日本というのは、文化的にも言語的にも
この気持ちが表現しづらいと実感している、今日この頃。


ところで、見た目は○色だけど、中身は○色という表現には
次のようなのがあります。

twinkie 見た目は黄色だけど、中身は白(bananaと同じ意味)
     白人文化にかぶれたアジア人のこと

ちなみに、トゥインキーというのは、アメリカのお菓子で
外はふわふわした黄色い生地、中に白いクリームが入ってる。

coconut 見た目は茶色だけど、中身は白
      白人文化にかぶれたラテン系のこと

で、わたしの場合にあてはまる言葉を作ってみました。

empanada 見た目は黄色だけど、中身は茶色

ちなみに、エンパナーダというのは
ラテンアメリカの料理・お菓子の名前で
外側は黄色いパイ生地で、中身はひき肉だったり
キャラメルだったりします。

empanadaは造語なので、誰にも通じません。
(わたしの友人には通じるけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

恐縮して眠れない

今日で101人の方とお会いしたわけですが
毎日恐縮しっぱなし。今日は、極度に恐縮してしまいました。

本当に不思議。
1年ぶりに福岡に戻ってきた29歳の、何の肩書もないわたしに
本当に偉い方々や、ものすごくお忙しい方々が
時間を作って会ってくださる、集まって激励してくださること
ありがたいを通り越して、恐縮です。

この恐縮の気持ちを、感謝の気持ちを
バネとして使って、がんばることで
恩返しをしていかないといけないのだろうと思います。


それにしても今日は本当に恐縮してしまって
わたしって何様のつもりだよ!?なんてつっこみ入れてしまって、眠れません!

とりあえず、お礼のメールを出して
気持ちを発散しよう、と思う午前1時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰国日延期

7日(水)に帰国予定でしたが、諸事情のため
13日(火)に延期することにしました。

今日までバタバタのスケジュールでしたが
明日からは家族との時間をもったり
本格的に荷造りを始めたりしようと思います。

今日までにお会いした方、101人。(のべ数でなくて)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本の話

行きつけだった本屋さんに寄り道。
最近の本を眺めてみました。

アメリカに行ってから、ビジネスやマーケティング関連の
英語の本を読むことが多く、英語を読むスピードは速くなりましたが
その分、日本語を読む機会がずいぶん減っていました。

アメリカでは、日本から持ち込んだ未読の本や
渡航前にプレゼントでいただいた本に
時々目を通していました。

アメリカにいると、日本では手に入らない情報に出合えるのが
魅力です。日本でも応用できそうな情報を耳にするとわくわくします。
一方、日本の本には、アメリカでは手に入らない情報があります。

今回帰国した理由のひとつに
日本に置いてきた本を持ち帰る、というのがあります。
いいメッセージが書いてある本を、手に届く環境に置いておくことは
大切なことですし、本を買って読むことは自己投資です。

というわけで、昨日はamazonの中古本を3000円分注文しました。
日本で働いていたとき同様、自分への投資は続けていきたいものです。

アメリカで働いている、同じ年の日本人の友だちYちゃんも
勝間さんの本に興味があるそうなので
わたしが買った本を、読み終わったら貸してあげようと思っています。


ところで、勝間さんといえばチェンジメーカーという本がありますが
その本の中で、婚活について触れられていて
自分がどういう人を求めているのか、周囲に発信すべき、とありました。

実はわたし、こういう人がいい!というリストを昨年作って
アメリカの自分の部屋の壁に貼っているのですが
今度それをここにリストアップします。

そのリストに似た方をご存知の方、自分はまさにそんなタイプだ
という場合は、連絡してください笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

わたしの夢

日本での滞在12日目。だいぶ余裕が出てきました。
今日までで会った人、86人。(のべ数ではなくて!)

明日はまた11名の方とお会いする会合があるので
100人超えも目前です。

いろんな方にお会いして、近況報告をする中で
尋ねられるのが、これからのこと。

「今はサンディエゴ観光局で働く仕事のことを
考えているんだろうけど、今後はどうするの??」

わたし、やりたいことがたくさん、たくさんあります。

最終的には、わたしの愛する街福岡や
愛する国日本を、世界に知らせていきたい、と思っています。

海外で、どこ出身ですか?と聞かれて
福岡といっても、それどこですか?という反応が返ってくるのは
非常に残念なことです。

福岡はTimesやNews Week誌などでも
アジアのいい街1位に輝いたことがある街なんです!

それから、「冬ソナ」を経てサンディエゴに行くまでのことや
観光誘致のことを、本に書きたい!という気持ちもあるし

もう少し観光誘致の経験を積んだら
サンディエゴの母校の観光学科や、日本の母校などで
講師として教えてみたい!とも思います。

(ちなみに、小学校のときの夢は、歌って踊れる学校の先生!
中高の英語の教員免許も持っています。)

学生のキャリア相談にのったりするのも
いいかもしれない。

というわけで、こういった夢を実現するためにも
今年はサンディエゴ観光局でのお仕事をして
経験と実績がほしいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

好きな邦楽歌手が復活、の話

わたしにとって、意味のある歌。

あまり多くの人に話してなかったけど
話すときはつい熱く語ってしまう、あの歌手のこと。


復活の感動ビデオクリップ。観てくれるとうれしいです。
感想聞かせてください!!

新曲「抱きしめていたい」は9:05から鑑賞できます。




ワイドショーでのニュース

中学生のときからT-BOLANのファン。
彼らの楽曲は、勢いがあって、メッセージ性があって、勇気づけられる。
情感豊かなヴォーカル。声もいいし、安定感も表現力もある。

彼らの曲ならたいてい全部歌えるし
いまだにCDも持っているし、時々聞いています。

解散した後も、ラジオ出演している森友さんの声を
ネットで聞いたりして、静かに動向を見守っていました。


そして先日、HMVで、偶然に発見した森友さんの新曲シングル。

Cimg3655


Cimg3654

彼が活躍してくれていること、とってもうれしいです。

みなさんはT-BOLAN知っていますか?
好きな曲、思い出の曲など、ありますか??


森友嵐士オフィシャルサイト
http://www.moritomo-arashi.jp

森友嵐士MySpaceサイト
http://www.myspace.com/moritomoarashi

ギタリスト五味孝氏MySpaceサイト
http://www.myspace.com/gomitakashi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

日本での食日記

日本で食べたおいしいもの一覧(更新中)

3月25日(木)
朝 自然薯・たまごごはん
夜 お寿司

3月26日(金)
朝 自然薯・納豆・うこっけいのたまごごはん
昼 博多ラーメン
夜 和風ハンバーグ

3月27日(土)
昼 自然野菜のランチプレート
夜 手羽先、お刺身、なすの揚げだし

3月28日(日)
朝 コンビニのおにぎり
昼 デパ地下のオードブル・お惣菜
夜 スリランカカレー

3月29日(月)
朝 屋台で買ったたこやき
昼 ぼんじょるののトライアングル(パスタ)
夜 水炊き

3月30日(火)
昼 和定食
夜 野菜ソムリエの野菜料理

3月31日(水)

朝 白ごはん、ししゃも、めんたいこ
昼 黒糖蒸しパン
夜 御膳屋にて。お刺身、春巻き、明太卵焼き、エビチリ

続きを読む "日本での食日記"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »