« さいきんの食 | トップページ | 異性の見分け方 »

2010年1月28日 (木)

日本の中小企業に怒り

中小企業に限らずだけど、中小企業に多い傾向なので
そう書きました。

ケーススタディ1:友だちのMちゃん(25)
毎日11時近くまで働いていたMちゃんは今月で会社を退職。
1年前に業界トップの企業を辞めて、渡米。
日本企業(決して小さな会社ではない)の海外支社での勤務。
「自分で決めた道だから責めて3年は」、と最後まで頑張っていたけれど
忙しすぎる仕事と、社内のコミュニケーションの悪さ、いじわるな上司・・・
会社は休職者もめずらしくないし、体調をくずして休んでいる人もざら。
Mちゃんも体調不良を感じ始めて
「体調を崩してまでする仕事なんて、おかしい」と感じて退職を決意。


ケーススタディ2:友だちのSちゃん(25)
Sちゃんは現在休職中。
自分のキャリアを伸ばそうと、大手企業からベンチャーへの転職、上京。
会社のワンマンなやり方や心ない言葉の暴力で、心身ともに疲れてしまい・・・
休職後は会社には戻らず、転職を考えているらしい。


わたしが知っている友人で、仕事でボロボロになって疲弊してしまったのは
この2人のほかにも、業界多種多様で数人います。

そして、彼女たちの共通点は
能力があって、向上心があって、まじめである、ということ。
そんな人材を、機械のように使い捨てる会社を、わたしは許せない。


今アメリカの会社で働いていて、すごく感じること。
日本の企業風土は、人を大切にしていない。
企業なんていうのは、実は形がないもので
本来は人が集まってできているもの。
わたしが働いている会社は、アメリカでも特殊だけど
それでも、日本の会社に(ついでに、韓国の会社にも)疑問を感じる。

ということは、会社の上にいる人
つまり、多くの場合、上のほうの世代の人が
景気が悪いから、代わりは他にたくさんいるからといって
若者世代をぞうきんのように使っているのが現状。

(そんでもって、そんな会社はたいてい
社内のコミュニケーションも最悪で、誰も楽しく仕事をしていない。
楽しんでいるのはトップの数名。リーダーシップの欠如が要因。)

近頃の若い者は、とか言うけれど、私たちは一生懸命生きている。
実際私たちはバブルも経験していないし
めまぐるしく変化する社会と、雲行きの怪しい日本社会を
肌で敏感に感じながら成長してきた。

1つの会社にずっと勤めても、会社が面倒みてくれない時代。
年金もあるかどうかわからない。

そう、自分を守るのは、自分しかいない。
そんな冷たい社会でいいのか?と疑問を投げかけたい。
そりゃ若者は失敗もする。でも、そうやって成長していくものじゃない?
大人世代にも、そんな時代があったんじゃない?

若者世代にも言いたい。
痛みや苦しみに、ただ耐えていてはいけない。
痛いときは痛いと、苦しいときは苦しいと、声をあげていいんだと思う。
わたしたちだって、人間なんだ。


幸い、わたしの友人たちは、その会社にしがみつかずに
次の道を模索しているところ。
ただ、世の中には、事情があって会社にすがって生きるしかない人もいる。

そうならないためにも、1)早いうちに自分の身を守る術を考えて
少しずつ武器や防具を増やしていくしかないのかもしれない。
人によっては、人に使われないで済む道を模索する人もいる。

2)そして、会社の本当の姿を見逃してはいけない。
最初に大手企業の手厚い、恵まれた待遇になれていると
痛手を被ることがあるので注意。

自分を守ってくれるのは、自分しかいないのだから・・・。

でも、自分の武器や防具がどうであれ
一部未熟なわたしたちも、誇りある人間。正当に対応してほしいと思う。
そして、わたしたちには、年齢や経験に関係なく
一人の大人として扱われる権利がある。

|

« さいきんの食 | トップページ | 異性の見分け方 »

May日々の記録」カテゴリの記事

コメント

わしその友人達に含んでもらえるかなぁ?

ただ転職するつもりが、実家に戻るトコまでいってしまった!

投稿: DANIEL | 2010年1月29日 (金) 16時47分

Things happen for a reason.
何事も起きることには理由がある。

つらい時こそ、学びの時。
現在の状況、これまでの出来事が
自分にとって何を語りかけているのか。

神様は、乗り越えられない難題は決して与えない。

そこから何か学びとれば
同じことが起きても
次は今回ほど苦しまなくて済むはず。

投稿: may | 2010年2月 1日 (月) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/33169866

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の中小企業に怒り:

« さいきんの食 | トップページ | 異性の見分け方 »