« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

うちの近所

特徴① やたらエグゼクティブ

Img_0728_2
通りの名前 Executive Drive


だから、会社が何軒か。

Img_0723


Img_0725


Img_0727


Img_0726


Img_0729



Img_0724
ちなみに、街路樹の基本はヤシの木ね。


特徴② ショッピングモール

UTC(University Towne Centerの略)が近くにあります。
中型サイズのモールですね。

Img_0730


特徴③ 銀行が多い

Img_0733


Img_0734

Img_0736   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月29日 (水)

楽しい週末~日曜日

午前中、ダウンタウンにある日系人教会へ。
サンディエゴのお母さん的存在であるLisaが連れてってくれた。

ここのところ、今後の自分の進路についてあれこれ思いをめぐらせていたけれど
自分が何がしたいのか、そのためにはどうすればいいのか
Lisaと話すことで確認できた。

日本と比べると深い話のできる友だちの数が少ないので、本当にありがたい。

夕方、友だちがソフトボールをするのを見学に。
その後、友だちとその友だちのFarzanと3人でダウンタウンへ。

Img_1014
ルーフオープン、基本ね。

Img_1016

まずは、Seaport Villageへ。

Img_1017
海はいつ見てもいいね。


ダウンタウンを散策して、Broadway(メインストリート)のSushi Deliへ。
サンディエゴ内に3軒あるうちの1軒目。

Farzanいわく、午前3時でも人が並んでるとか、並んでないとか。
この日もひとしきり待ちました。

Img_1024_2
定番、カリフォルニアロール。

Img_1025
キャタピラーロール 

Img_1026_2
スペシャル・キャタピラーロール

Img_1027
名前忘れたけど、クリームチーズにアボガドという
素敵な組み合わせ。美味!

Img_1021_2
Korean BBQ beef. Farzanは豚は食べないからね。 

Img_1023
Farzan、Korean BBQのなかの
マッシュルームが気に入ったみたい(笑)


この店が人気なのは、納得できる。
だって、安くておいしいんだもん。
これにビールとあつかんを頼んで、30ドルぐらいだった。

Authenticなお寿司もあります。たことかいくらとか。

全部食べきれず、テイクアウト。
また学生クンたちにおごってもらった。ごちそうさま!

Img_1029
Marriottの40Fのバーからの眺め

Sushi Deli One
619-231-9597
828 Broadway
San Diego, CA 92101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

韓国ファンの皆様、お待たせしました!

楽しい週末~土曜日。

Img_1003
Dalryong and Yul


ヨルオッパが韓国料理を作ってくれましたよ。

Img_0999_2
本日のメインは、チェイルポックム!
サムギョプサルの辛いやつね。


Img_1000_3
チャプチェはコリアンマーケットで買ってきたよ。

サンディエゴの韓国マーケット:Zion Market(시온마켓)

Img_1008
我が家のダイニングにて。

Img_1009_2
Sapporo Beer!最高においしかった!!
 

Img_1011
kurokiri&sapporo beer

Img_1012
最後はトロットとか歌って盛り上がった。

韓国忘れていませんのでご安心を。
この日はフルに韓国語使いまくりました!

やっぱり韓国人と話すときは韓国語が適してますよね。
楽しかった+おいしかった!

韓国マーケットに行ったついでに、ポッサム用のお肉とキムチ買いました。
次はポッサム作ろうと思います!


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村治佳織ギター・コンサート

村治佳織

2007年4月27日、アクロス福岡シンフォニーホールで観た、聴いた
村治佳織の、暖かくてやわらかい、だけどしっかりしたギターの音色。
一生忘れないと思う。

それからの彼女の美しい姿と、落ち着いた口調も。


タレガ(編曲):ヴェニスの謝肉祭の主題による変奏曲


タレガ:アルハンブラの想い出


トロバ:ソナチネ
アルベニス:アストゥリアス
ロドリーゴ:ヘネラリーフェのほとり
       *
ドビュッシー/デ・ラ・マーサ(編曲):月の光
ラヴェル/ディアンス(編曲):亡き王女のためのパヴァーヌ
ディアンス:サウダージ第3番
ポンセ:エストレリータ
ヴィラ=ロボス:カデンツァ
ヴィラ=ロボス:5つの前奏曲より 第3番/第5番/第1番


メキシコ人の会計士のおじいさんはクラシックギターが趣味。
村治佳織のことをひたすら誉めていた。
いつも彼女のCDを聞いていると話していたのが印象的。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近流行ってる曲

お気に入りのラジオ局: channel 933
http://www.channel933.com/main.html

最近ヘビーローテーションでかかってる曲をいくつか紹介します。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい週末~金曜日

激しく遊んだ週末。

金曜日は日が暮れる前に課題を終わらせて、おしゃれして外出。

Img_0981
ディナーはクラムチャウダーと

Img_0982
calamari


Img_0979_2
Anthony's


Img_0985_2
San Diego Downtown seen from Coronado

Img_0986_3
Las Vegasから来ていた兄弟と、my friend Chino

Img_0983
こどもの遊び


Hopscotchというらしいですよ。
Chinoがwikipediaのページを見つけてくれましたよ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Hopscotch


それからサンディエゴに戻って、デザート。

Img_0993
Ghirardelli Chocolate shop

Img_0994_2
店内の様子

Img_0996
甘党のChinoが頼んだパフェみたいなもの

Dscn0880_2
me and Chino

Img_0997
この日はSD PadresとLA Dodgersの試合があったからか
お客さんが結構立ち寄ってました。


Img_0998
これがGhirardelliの歴史。

かくして素敵な週末は始まったのでした。


Anthony's
619-291-7254
5232 Lovelock Street, San Diego, CA 
(Embarcadero地区 Star of Indiaの隣)
http://www.gofishanthonys.com/index2.html

Chocolate Shop
619-234-2449
643 5th Ave, San Diego, CA 92101
http://www.ghirardelli.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

swine flu 豚インフルエンザ

日本から数件メールいただいたので、こちらで報告します。

最初、日本の友だちから豚インフルエンザって聞いた時に
鳥じゃないのか?ぐらいの理解度でした。

それでネットとかテレビのニュース見てみたら、トップニュース。

豚インフルエンザで数人の患者が出ているカリフォルニア。
とはいえ、こちらの人はのんびりしているもので、誰もほとんど気にしてない。
あぁ、あってるねー、くらいのもので。


「日本の家族から友だちから安否?のメールが来てて。。」、と話すと
笑われましたよ。UCSDでは何も起こってないじゃん、と。

さすがlaid backしてるサンディエゴ?
アメリカでは死者がでていないからでしょう。

NYやNJのほうではみんな心配してるだろう、とは言ってましたけど。
集団感染して学校が閉鎖したりしてますもんね。

とはいえ、サンディエゴーティファナ(メキシコ)間の国境は
世界で一番1日に移動する人が多い国境。
いつインフルエンザが入ってきてもぜんぜんおかしくない環境なのです。

実家から、メキシコ渡航禁止令のお触れが出ました。
騒ぎがおさまるまで、当分控えます。


インフルエンザではないですが、最近咳をしています。
こちらは空気が乾燥しているので、のどがやられやすいみたいです。

というわけで、こちらは元気にしておりますので、ご安心を。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

長い名前

日本人の名前は、姓名。

西洋の人になると、ミドルネームが入って、姓名が逆転。
(名)(ミドル)(姓)

華僑の人は、西洋と東洋の姓名の順序を守って
(英語名)(姓)(中国語名)

ラテンアメリカの人はお母さんの旧姓が加わって
(名)(ミドル)(性)(母の旧姓)

で、ものすごい発見をした。

Img_0745_2
HAMED MOHAMED EISA RASHED EISA AL MEHAIRI.
HAMEDが名前、Al Mehairが名字。


ドバイから来た友だちHamadの名前。

(名)(ミドル1)(ミドル2)(ミドル3)(ミドル4)(姓)
ミドル1=父親の名前
ミドル2=祖父の名前
ミドル3=曾祖父の名前
ミドル4=そのまたおじいさんの名前

という内訳だそうです。

パスポートどおりの名前を!と学校から言われたから
その通りにしたら、書類にずらりと文字が並んだそうです。

ちなみにパスポートも全部の名前を登録しないといけないかどうかは
不明ですし、学校側もこんなに長いとわかっていたら
たぶん要求しなかったのではないかと思います。


以上。

May Nakamura Mayuko
May Marisol Nakamura Gomi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ある日の放課後

放課後、大学のあるイベントで知り合ったCalと会うことに。

まずはわたしがキャンパスをよく把握してないので、案内してもらう。

Img_0935_2
Warren Collageの
stone bear

UCSDは6collage制をとっています。

Eleanor Roosevelt Collage: Writing, English
Warren Collage: Engineer
Thurgood Marshall Collage: Bio
Muir Collage: Phychology
Rovelle Collage: Humanities, Sociology
Sixth Collage: Art, Music

Img_0937
Libraryへ続くSnake Path

Img_0939
Geisel Library. 学生はGeiselと呼ぶ。


Img_0943
Sun God.


Sun Godの下を、目をつぶって、願い事をしながらくぐると叶うとか。
やってみた。本当に叶うといいなぁ。

Img_0941
RIMACのバレーコート

UCSDには西海岸最大(本当かなぁ)のジムがあります。
従来の器具からスカッシュ場まであるし、各種レッスンもあっています。

Calは運動が得意で、スポーツ大好き。
学内ではスケボーで移動。少し乗せてもらったりして、楽しかった。

Img_0945
何という名前なんだろう


こちらには日本では見たこともないような植物や花が結構あります。
写真を撮っていると・・・

Img_0946
Cal on the tree

Cal少年、急に木に登りだした!
木の上から花の写真を撮ってくれるらしい・・ wild!

Img_0949
名前を知らない花 Calが撮った写真

Img_0950
とっても好きな色

で、さらに驚きなのが

Img_0952
どんぐり!

見たことないどんぐり!びっくり~

Img_0953
Acorn  撮影:Cal

Img_0955
キャンパスを抜けて、La Jolla Beachへ

Img_0961
sunset すごく、すごくきれいだった!感動。

Img_0965
me listening to music

Img_0972
太陽が、日本のほうに向かってる

Img_0973 
故郷に、そして未来に思いを馳せる



サンセットを見た後、キャンパスに戻って夕ごはん。
何と貧乏学生の私、キャンパスのレストランでご飯食べるの初めて。
しかも、おごりでw

Img_0974_3
タイ料理の麺ね。手前がパッタイ。

Hi Thaiというレストラン。
「ここはまぁまぁなんだよね。学外に行けばいいところあるんだけど」
同感。


この後家に帰って、大量の宿題と遅くまで格闘したのでした。
でも、たまにはこんなschool nightがあってもいいよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

快晴ドライブの土曜日 Mt. Palomar

快晴の土曜日。友だちとnature activitiesと題して、山のほうにドライブ。

Img_0873
I-15 north, 78 eastとたどっていく。

Img_0875
だんだん山の方に入ってきた

Img_0879_2

で、道に迷ってるときにみつけたオレンジ畑

Img_0883_2
オレンジのすごーーくいい香り!!

Img_0884
San Pasqual Academy。いったい何のアカデミー?
オレンジづくりか?

Img_0887
気を取り直して、Mt. Palomarを上がっていくと・・

Img_0895
ハイ到着!Palomar Observatory(天文台)

Img_0894
こちらです!

Img_0890
土星が見えるとか・・

Img_0892
とる人がいるんでしょうな。山菜ご飯が恋しかったかな。

Img_0896_2
山の中のレストラン

Img_0897
純アメリカンってかんじ。

Img_0898
Mother's lasagna
きゅうりの細切りが入ってるラザニア。おいしかった!

Img_0903
見晴らしのいいスポットで車を停めて

Img_0907
とってもいい天気


Img_0908
Lake Henshaw

Img_0909
静かなところ

Img_0920
またね!

純アメリカの田舎風景へ。

Img_0924
Saloon カウボーイタウンの酒場、踊り場でしょうか。

Img_0925
Pepsi Cola なんでも鑑定団に出したら高いかも?

Img_0926
どんぐり。すごく長い!

Img_0922
たくさんのポスト。すごーく田舎だから
離れた家の人たちはここに郵便をとりにくる。

Img_0930
サンセット

Img_0932
生きてるを実感!

それから勢いで?Mt. Julianへ。

Img_0933
夕食は

Img_0934
French Onion Soup 



毎度遊びのことばかり書いてますが
日本にいたときより明らかに地味にストイックに生きてます。


MOTHER'S KITCHEN
760-742-4233
Junction of S6 and S7
Palomar Mountain, CA

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

Mexicaliに行ってきた

Img_0861
夕飯はタコス。我流で作ってみたよ

ところで。タコスといえばメヒコ!
滞在時間24時間以下のショートトリップ。

目的地はサンディエゴから東に車で2時間の国境の町、メヒカリ(英語でMexicaliね)。
SDSU時代の親友、アレハンドロに会ってきました。

彼とは1月に会っているので久々ではないですが
彼の家を訪れるのは実に4年ぶり。

メヒカリにはこれまで4回(もっとかな?)訪れているけれど
彼が唯一の知り合いなので、いつも彼の家に泊めてもらっている。

だから彼の両親も、背が高くて日本のアニメ好きの妹のデニセやタニア
今はサンディエゴに住んでる弟のジョナサンもよく知っている。

ドラマ"24"のジャックバウアー並み?でしたが、寝る間を惜しんで遊びました。

まず、サンディエゴからアメリカ側の国境の町カレシコ(Calexico)までバス。
CalexicoI(米)とMexicali(墨)が国境をはさんで隣り合わせなんです。
いいネーミングだなぁといつも思っています。

Img_0763
サンディエゴからI-8をひたすら東へ。写真はEl Cajon。



Img_0768
岩山を超えて~


Img_0769
砂漠を走ること2時間でしょうか


Img_0775
牧草地帯を越えて

Img_0779

Imperial Countyの中心地 El Centroへ。
注)まだアメリカです。


で、友だちが迎えに来てくれて、とりあえずごはん。

Img_0781
メキシコのチキンだよ~ おいしい!!
味は、El Borrachoのパリジャータみたい。



①ロードランナー
写真取り損ねたけど、ロードランナーという鳥を見ましたよ。
飛ばない鳥で、地面を猛スピードで走ってました。

Img_0784
用水路と広い大地。この辺をサササーと走ってました。


Img_0787
空気が乾燥した、乾いた砂漠では、水がひときわきれいに見えます。

Img_0783
My friend Alejandro driving



②山に登った

ごくフツーの、観光地でもない山に登りました。
ちなみにこの山は火山で、つちは火山灰で真っ黒でした。

Img_0793
鉄塔とか立ってる、フツーの地元の山


Img_0792
自称「アフガンのタリバン」 爆笑!


Img_0791
わたしも入ってみた。タリバンには見えないだろうけど。

Img_0804_2
サンセットと、Mexicaliの夜景。星もきれいに見えた。




③世界第2位の地熱発電所
Img_0797
山の上から。

Mexicaliには世界で2番目に大きな地熱発電所があります。
写真の、海みたいなのが発電所なんだそうですよ。
仕組みはよくわかりませんが、湯気が出てたような、出てなかったような。


④アイリッシュパブでロックナイト

Img_0816
Alejandro y Marisol (May)

Img_0814_2
ビールはdos equis (2X)ね。

Img_0818
Irish Pub。ロックが爆音でかかってました。みんなノリノリ。

Img_0833
と、隣のお客様が話しかけてくる。

Img_0826
一緒に写真撮影。

Img_0827 
Alex, 時々どういうわけか太って映る。謎。



Img_0838
で、飲んだ後はお決まりのタコス。

不思議なんだけど、飲んだ後に食べるタコスは
信じられないほど、おいしい。


⑤新発見

Img_0839
国境の交通情報!

この日はEasterの週末。メキシコは木~日でお休み。
テレビで国境の込み具合がわかるなんて、さすが。

Img_0840
検問所ごとの予想所要時間が記されてました。

車での越境は時間がかかりそうだったので、徒歩で。
1~2分で国境越えました。
Calexicoのバスターミナルは国境のほぼ目の前なので、徒歩で十分!

24時間以内の短い滞在だったけど、別世界を体感しました。
受け入れてくれた友だちに感謝。

週末が充実すればするほど、平日の集中度が高まる気がします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

Easter

もうとっくに過ぎたけど、授業でegg huntしました。

Img_0761
茂みで見つけたタマゴ

Img_0762
中にはチョコレートと、英単語。
意味を言いなさい!だって(笑)


Great weekend, everyone!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

Case Study

Week 2です。Quarter制なので、1学期がたったの10週間。
必然的に内容ぎっしりになります。

一番ハードだけど、一番好きな授業が、American Business Studies.

特徴は:
①ケーススタディ
ハーバードMBAなんかで取り入れられてる方法で、実際の企業の実例を学ぶもの。
まさか最初からこんな深い内容を学べると思ってなかったので、うれしい。

ちなみに今週は全米チェーンスーパーRalphsを経営するKroger(業界第一位)と
オーガニックを主流に扱う高級スーパーWhole Foodsについて。
これまでのBusiness WeekやTVニュースや記事から読み解いていきます。

②プレゼン(Article summary presentation)
Business WeekやFortuneなどのビジネス雑誌から記事を選んで
クラスの仲間に5~7分程度で内容を紹介。

今日プレゼンしてきました。
頑張って準備した甲斐があって、自分でも納得のいくプレゼンができました。
先生や弁護士のクラスメートからもgood job!と言われて、気分最高です。

③ネゴシエーション(交渉)
Union(労働組合)について習ったあと、KrogerやWhole Foodsを例に
経営者側と労働者側に分かれて、Opening offer, final offer, consessionを
設定した上、交渉に臨む。

ちなみにunionについては最近注目されているCard checkという法案
いわゆる労働組合結成の投票者の明確化についてなど
まず日本じゃ習えないようなことばかり。刺激的です。

宿題もリーディング、市場調査、クイズ・プレゼンの準備など、たくさん。
もうちょっと、laid backした生活が待っているのかと思っていた。

とはいえ、興味のある内容だし、退屈しなくていい。
何よりも、到達したい地点までのある程度の距離を感じつつも
自分の実になってるという実感があるので、投資した甲斐があります。


Week 2でようやくいろいろに慣れてきました。
7年間のブランクは、想像以上に大きいです。
英語に関しても、文化適応に関しても。


週末、メキシコに行ってきました!楽しかった~
詳しくは今度書きます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

Apartment Dinner

アメリカにクレジット(信用)のないわたし。
8月までのレント(家賃)を前倒しですべて払いました。

それで安心したのか?
ルームメイトがApartment Dinnerなるものを開いてくれました。

時々、みんなで外食したりするのかと聞いてみたら、今回が初めてとのこと。
私のために開いてくれてるのかな?と思うと、少しうれしい。

Cynthiaのベンツに乗って出発!目指すはOld Town。

Img_0849
Freg's Mexican Food Cantinaという店。

Img_0852
火曜日はタコスが$2ドル~。予約してなかったからか、45分待った。

Img_0854
calnitas, chicken flitters (spicy), and cheezeburger


メキシカンレストランでタコスを食べました。
アメリカナイズされたタコスだったけど、おいしかった~!

TiffanyおすすめのCheeseburger Tacos、意外においしかった。
中にフライドポテトも入ってる。

遊び盛りの3人のお嬢さんたちとは一緒に住んでいるけれど
部屋は別々だし、それぞれ忙しく
ゆっくり顔を合わせることもなかったので、いい機会になりました。


「またたびたびやろうね」と言っていたから、そのうちまたあるでしょう。
お姉さんは頑張ってつきあいます。


PS このブログ、わたしの家族が私の生存を確認するツールにまで発展しています。
なので、できるだけ短くても頻繁に書かなくては・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

UCSD bookstore

大学の本屋さん。
以前通っていたSan Diego State Univ.もそうでしたが
本以外にも、けっこうかわいい雑貨とか便せんとかあって、購買欲をそそる。

そんな中注目したいのは、学校グッズ。
まずは衣類。

Img_0758

Img_0753_3

Img_0756

中にはほしくなるものもあるけど、SDSUほどはかわいいのがないという印象。

次は、ステーショナリー。

Img_0754

Img_0755

こちらもそんな感じ。

わたしが買ったのは
Img_0847
ファイル

Img_0718
マグカップ

でも中身は
Img_0719
緑茶。mamigoさんからもらった緑茶、おいしい!!

アメリカは物価が安いように思われるかもしれませんが
文具は結構高く感じます。ノートやレポート用紙が1冊3ドルが普通です。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

大学で映画が3ドル

大学に映画館があって、学生は映画が3ドルで見れます。一般は5ドル。
1日2回。18時からと21時から。

Img_0675

4月の映画
Doubt
The Curious Case of Benjamin Button
Revolutionary Road
Paul Blart: Mall Cop
Confession of a Shopahollic
Underworld: Rise of the Lycans
Gran Torino
Valkyrie
Last Chance Harvey

日本で観たのもあるから、こちらでいう少し古い映画かもしれないけど
もしかしたら日本より早く見れるものもあるかも。
日本に入ってこないものも、あるかも。

今週末時間があったら、どんな感じが観てみようかなと思ってます。

続きを読む "大学で映画が3ドル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

UCSD rueda ~芸は身を助く

なかなか更新できませんでした。

今週から本格的にクラスが始まったのですが
いや~、アメリカの大学。容赦なく宿題出してくる!

このままじゃ学校と宿題だけの人生になってしまう。ヤバイ・・
お友だちが日本みたいにいっぱいいなくてさみしい!

そんな生活に終止符を打つべく、今週は2回踊りました!!!


①Salsa Night @La Jolla Marriott

Img_0760

カバーとレッスンが無料になる情報をネットで入手、
未経験の友達を引っ張って、参加。

こちらは福岡と違って男性もたっぷりいて、いいね。
ホテルのバーだけに、来てる人の年齢層もちょっとお高め。

サルサ・バチャータのレッスンの後
サルサとメレンゲを数人と踊ってから帰りました。

②UCSD rueda

Img_0749

なんか楽しいことないかなぁ、とキャンパスを歩いていたら
SALSAの文字!しかも、CUBAN!! RUEDA DE CASINOとある!!

2月にキューバに行って以来、Cuban salsaにチャレンジしたかったわたし。
しかも福岡でも何度かレッスンを受けていたruedaが
学内のクラブとして存在していることに感動!!

結果:超楽しかった~~!!

最初の2回はお試しで無料。
3回目から続けたい人は3か月15ドル。
ちなみにこの15ドルはパーティのために使われるらしい。いいじゃん。

クラブの委員長などの役員と一緒に
キューバにいたという、プロのインストラクターが教えてくれます。

ステップから入って、最後は踊りました。

今日やった技:
basic step (スペイン語の名前忘れた!)
dame una
cucaracha (cockroach) =5でステップを強く踏む
あと名前忘れたけど、dame unaの時に手をたたくもの。

参加してた人と、共通の話題で話せたのがよかったです。
日本のと同じかとか、サルサはどのスタイルを踊るかとか
キューバでルエダ踊ったかどうか、とか。

「踊っててすぐに経験者だとわかったよ~
人募集してるから、また来週も来てよ」と言われてうれしかった。

もちろん、来週も、その次も行きますよ!
そのためにも、細切れ時間などを使って、課題を終わらせていかないと・・・。
ちなみに来週はすでにプレゼンが2本も待っている。

茂木さんの1秒集中法を、たびたび思い出しています。
勉強にも遊びにも一生懸命がいちばんですね!


ucsdrueda.com

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

クラススタート!

私の時間割は以下の通り

Mon, Wed and Fri

8:30am-10:20am    American Business Studies (Advanced)
10:40am-12:20pm  Core 109
1:05pm-2:20pm     Business Writing (High Intermed. /Advanced)
                         (M, W only)

Tue and Thu

10:30am-11:20am   Vocabulary for Business and Finance
12:30pm-2:20pm     Grammar Seminar (Advanced)
2:30pm-4:40pm      Oral Presentation (Advanced)

いやはや!
ビジネスばかりだからか、難しかった~!

まー、ある意味よかったです。
簡単すぎたらプログラムに投資したお金が生きないものね。
そんな心配は杞憂なのでした。

宿題もたっぷり出て、さっそく取りかかっております。
問題解いて、リーディングして、なんと市場調査まで!

自分の英語の弱点もくっきりはっきりしてきたので
今日からの10週間、ある意味退屈しないかもしれません。


勉強はそれでいいとして、これからたくさん友だち作らないとねー。

日本ではいろんな人に囲まれた生活を過ごしていただけに
ちょっと人恋しいような、空虚な気持ちな今日この頃。

そんな折、ティファナに住んでるNadiaからいいタイミングで電話(walkie-talkie)。
たくさん、たくさん愛情を注いでもらいました!
やっぱ、声を聞きながらコミュニケーションするって素敵!って思いました。

持つべきものは、いつだって友だち。Viva amistad!!


そうそう、動き回れるように、レンタカーしてみた。
こちらもなんだかイマイチだわ。仕方ない。私は学生の身分だもの。
車があるだけ贅沢よね。

Wish me luck!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

Ecological Park, UCSD

という名前だったと思うんだけど。

Black's beachから戻った後、Stephanieが教えてくれた森の散歩道。

Img_0663
大学の敷地内に、森がある。

Img_0664
この木の色が好き。

Img_0666

とにかく広くて、ジョギングしてる人も時々いたり。

Img_0667

見晴らしのいいところに出た。

ここは歩くにはいいところ。
天気のいい時に、また来てみよう。

この日、2時間半も歩き続けていた。
でも、目にも体にも優しい風景に触れたし
あれこれ話しながらだったから、楽しかった!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Black's Beach

お待たせしました~ (?)
平日の午後。キャンパスからwalking distanceにある
nude beachに行ってきましたよ。

最近お友達になったStephanieは運動大好き。
歩くのも好き、ということでビーチまで歩きました。

Img_0642
海を目指して下る、下る。

Img_0645
me and Stephanie


この日サンディエゴのお天気はくもり。
どうする~、とか言いつつも、歩いてたら暖まるから行こう!ってことで。

Img_0647
豪邸。Ralphsのオーナーのものとか。
(Ralphsはこっちのスーパーね)


UCSDもある私の住んでいるエリアはLa Jolla(ラホヤ/スペイン語で宝石)
といって、いわゆる高級住宅地です。

Img_0652
ハイ、ここがBlack's beachであります。

あいにくの空模様。本来なら真っ青なお空なんだけど・・・。

Img_0651
palm treeもさみしそうだ。


サーフィンしてる人、パラグライディングしてる人もちらほら。
(わたしも05年に一度パラグライティングやった)

でも、さすがに全裸の人はいなかった。

Img_0655
ライフセーバー用のイスか?

Img_0657_2

リスをたくさん見た。全然逃げない。
撮ってくれと言っているようにも見える。

Img_0649
あ、こっちにも。

Img_0659_2
崖を登って、学校に戻ります。


空が青い日に出直してきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

urban dictionary

このPB(Pacific Beach)に飲みに行ったMichaelが教えてくれたサイト。

http://www.urbandictionary.com/

Michaelが「Mayの英語上手だけど、スラングが難しんじゃない?DLって知ってる?」
って聞かれたのがきっかけ。もちろん知らない。

DLって、もともとはdown low(秘密)のこと。
Keep it on the DLなどで使う。

Wikipedia同様、ネット利用者によって加えられているようなので
日々新語が増えているようです。

常用辞書の一つに加えてみては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニッポン人の忘れもの

ニッポン人の忘れもの ハワイで学んだ人間関係   [本]









ニッポン人の忘れもの ハワイで学んだ人間関係 [本]

大学のM教授の本。
以前、本の出版パーティに行った時にもらった(というか、買った)。

ALOHAって、

Akahai 寛容
Lokahi 調和
Olu'olu 満足
Ha'aha'a 謙譲
Ahanui 忍耐

ハワイの人たちの精神を代表しているらしい。

この本は、先生がハワイでの研究中に体験したことを
西日本新聞に連載していた記事を集めたもの。

実際の先生を知っている人には多少違和感を覚える内容もある(失礼?)一方、
ハッとさせられるくだりも、(もちろん)あるのです。

見開き2ページで1つのトピックが終わるつくりになっています。

「ガイジン」と補い合う、譲り方と譲られ方、履修不足とルールの内在化、など
特に興味を持って読みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Noche de culturaとGreek-letter fraternities

ラテン系学生のソロリティ(sorority)が催したイベント
Noche de Culturaに行ってきました。

Img_0715
イベントのフライヤー

Img_0685
Latin dance

Img_0686
上手だった~

Img_0691
ブラジルのサンバ音楽

Img_0698
サンバダンサーズ、入場!

Img_0711
バンド演奏。学生の男女は踊りだす。



Img_0682_2
イベント主催ソロリティ Phi Lambda Rho

アメリカの大学のクラブ活動団体は、フラタニティ(主に男性のみ、時々co-ed)
ソロリティ(主に女性のみ)と呼ばれています。

それぞれFraternity(fraterはギリシャ語でbrother)、
Sorority(sororはギリシャ語でsister)です。

どういうわけか、名前にもギリシャ文字を使っています。
ギリシャ文字の読み方はwikipediaのGreek alphabetを見ればわかります。


テーマは、人種や民族、政治、思想、大学の専攻など様々。
(今回のイベント主催ソロリティはラテン系アメリカ人学生のものですね)

本来の活動目的よりも、パーティに明けくれる学生が多いとも聞いたことがあるますし
一つの人種や民族など、偏りがちというような意見もあるようです。


今は新学期なので"rush week"といって、recruit seasonです。

入会のときは、新入りの研修期間があって
その会やメンバーについて知るオリエンテーション?みたいなものがあるようです。

その後、本会員になるための儀式やテストがあったりして
パスすれば、ようやくメンバーになれるとか。

この儀式やテストが変だったりする、という指摘もあります。
わたしも、ある大学のフラタニティの入会話を聞いたことがあります。

メンバーとして認められるためには
バットでお尻を何度も叩かれて、それに絶えないといけないらしいです。
どこの国にもこういうのってあるんだなぁ、と感慨深く思ったのを覚えています。


まぁ、あまり協調性のないわたし個人としては
入ってみたいと思ったことは、ほとんどありませんが。

ちなみに私の3人の他のルームメイトはみな
同じビジネス系のco-ed fraternityに所属していて、いつも忙しく動き回ってます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Battle for science and religion

渡米後初となる、講演会への参加。
ちなみに学内のイベントはこちらのサイトでチェックしています。

Img_0677

今回のお話のテーマは
「科学と宗教の戦い:なぜダーウィンが重要なのか?」

Img_0681
ダーウィンが訪れたガラパゴス諸島。


驚くことに、アメリカ人の50%がダーウィンの進化論を信じていません。
ダーウィンの進化論は、人類の歴史の中でも
最も発見のひとつとも言われているにもかかわらず。

なぜ?その理由はご存じのとおり、宗教的理由(キリスト教)、つまり
人類は神の創造によりもたらされてたものであり、サルが進化したはずはない
というようなことですね。

また、政治的理由も関わっているそうです。


講師のMichael Shermerは、科学者で、著書もあり
SKEPTICという科学雑誌の創始者でもあり
大議論になりかねないようなネタを取り上げています。

この日も会場はいっぱい。600人の観衆を集めていました。

Img_0678
科学雑誌「SKEPTIC」と、講師。
雑誌では9/11は陰謀だったとか、地球温暖化は本当か、という
議論がされています。

科学者の話というと、概して難しくて面白くないというイメージがありますが
大爆笑のジョークあり、面白いパワーポイントや動画ありでした。
(もちろん、難しい専門用語はちんぷんかんぷんでしたが)

Intelligent design(ID)、つまり、自然界に存在する
あらゆるものの形があまりに美しく、またよくできている。
偶然に出てくるはずがない。だからこれは、超自然の力によって
形作られたものに違いない、という考えもあります。

彼が話したことをすべて書けませんが、印象に残ったポイントだけ。

科学は、実験によって検証できるものを取り扱う。

進化論を信じたくない?まぁ、チンパンジーの親戚と思うよりかは
神から創られたものと思いたい気持ちはわかる(笑)

IDは、”トップダウン”ではなく、”ボトムアップ”。
進化の過程で必要だったから、変化が生まれた。

世の中の言語も、誰かがデザインしてできた(トップダウン)ではなくて
下から組みあがってきたもの(ボトムアップ)。

「神の見えざる手」ということばで唱えたアダムスミスの経済論も、ボトムアップだ。

もし仮に、誰かがデザインしたのであれば、そのデザイナーは
誰がデザインしたのか?

宇宙には、何十億もの生命体があり、おびただしい数の星が、そして惑星が存在し
それぞれは何万光年も離れている。
この宇宙システムのすべてが、たったひとつの惑星の
ったひとつの生命体(人類)のためにデザインされていると考えるなんて
ばかげている。(←講師がそう言った)

ダーウィンは重要である、なぜなら進化論が重要だからである。
進化論は重要である、なぜなら科学が重要だからである。
科学は重要である、なぜなら、それはわれわれが何者で、
どこから来て、どこへ向かっていくのかという現代のストーリーを物語るからである。


ところで、日本で買ってきたSONYステレオICレコーダー2GBの
デビュー日でもありました。

ICD-SX800 SONYステレオICレコーダー(2GB)  
ICD-SX800 SONYステレオICレコーダー(2GB)

これが高音質!ノイズがまったくない。
聞いていて心地いい、というのは大切なことですね。


後日、Science専攻の4年生Amandaに知り合ったので、聞いてみました。

Amandaも、進化論を信じない人がたくさんいることに驚いているそうです。
人類が月に到着したというのを信じない人もいるとか。
(これについてはまだ議論の余地もあるかもしれませんが)

Amandaによると、UCSDのScience専攻の学生の中にも
クリスチャンが普通にいるそうです。
そしてScienceを職業にしている人の中にも、クリスチャンがいる。

彼らはどうしているかというと、自分のプライベートライフ(宗教)と
研究や仕事(サイエンス)に線を引いて、別個に考えているのだそう。

ちなみにAmandaは、特に信じている宗教はなく
人(友達や家族)を信じているそうです。

一つ思うことは、自由の国アメリカとはいえども
この手の講演会が開かれるほど自由な場所は、ある程度限られてくるかも。
ここカリフォルニアだから、UCSDだから成り立つんじゃないかと思いました。

講演会の後の質問タイムも、積極的に質問をする人がたくさんいて
とてもいい時間でした。

Img_0680_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月 3日 (金)

福翁自伝

日本で読み切れなかった本を、持ってきています。

新訂 福翁自伝 (岩波文庫)


新訂 福翁自伝 (岩波文庫)

福沢諭吉が自分の生涯を振り返って
口述し、自ら修正を加えた本です。

1万円札にもなっている彼がどんな人物で
何が好きで、何が嫌いで、何が得意で、何が苦手だったか
正直に書かれていて、好感が持てました。

当初蘭学(オランダ語)を学んでいたにもかかわらず
実際には世の中は洋学(英語)が中心になっていることを知り
ショックを受けつつも、すぐに方向転換、独学で英語を学んだこと。

日本からの使節団としてアメリカを訪問し、
科学技術は蘭書で読んでいて、特に新しくもなかった一方
初めて見た馬車に驚き、何をするためのものかも検討がつかなかったという一節。

言い伝えや信仰に懐疑的、世の中の人は平等を唱える一方
身分の低いものに対するものの見方は現在に比べると
まだまだ見劣りのする状況であったことがうかがえること。

江戸時代から開国を迎え、明治の時代に突入し安定するまでを生き、
自らの西洋翻訳の研究の成果が、開国とともに大きく評価されるようになったこと。


現世に渡米している自分と、およそ100年前に渡米した彼と重ねながら読みました。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

99 Ranch戦利品

先日roomie(ルームメイト)が食料品の買い出しに連れてってくれたときの報告。

Img_0621_2
99 Ranch 外観

行った店は、99 Ranch。
アジア系マーケットではこの辺では一番デカい。

メインは中国系食材ですが、日系、韓国系、ベトナム、タイなどなど
アジア系ならなんでもそろっていて、しかもけっこう安い。

Img_0620
35品目 合計で約80ドルなり。

特に注目したい戦利品はこちら★

Img_0622_2
TAMAKI GOLD KOSHIHIKARI 10LB  $18.29
今回一番ほしかった、お米

Img_0626
調味料は、テンジャン(韓国みそ)と味ぽん
これでスープとか野菜とか食べられるわ。

Img_0632
これはいい!BABY BOKCHOY 2.37LB $1.40
ベビーチンゲン菜。

Img_0625
グリーンカレーペーストとココナツミルク。


他にも、こくまろカレーとか辛ラーメンとか
ネギとかエリンギとか買った。


ちなみに我が家、他のメンバーはアメリカ人ですが
みなアジア系なので

Img_0631
しょうゆ、ゴマ、コメ酢、つゆの素、一味、豆板醤など
調味料は豊富。ちなみに、調味料はシェアして使います。

Img_0630
炊飯器もあるから、鍋で炊く必要もなし!



おかげさまで自炊生活がスタート。
バラエティある食べなれたごはんにありつけています。

Img_0634
水餃子のスープ。
ベビーちんげんさい、まめもやし、ネギが大活躍。


Img_0636
辛ラーメン。わたしには辛すぎるので、調味料控えめ。
ネギ、キャベツ、まめもやし、卵を加えて食べています

どんぶりもあるから、この家は本当、助かる。


Img_0640_2
炒めもの。
えりんぎ、チンゲン菜、まめもやし、豆腐。


アジア系に限らず、いろいろ食べられるのも
ここの大きな魅力の一つであります。

Img_0638_2
メキシコのトマトスープ。
刻んだトマトと玉ねぎ、fideoというメキシコの小さなパスタ入り。



Img_0628
冷蔵庫のメモ。
The crackers in the red boxes next to the microwave
are for whoever wants them : )
Please take them... or give them to your friends!

Img_0629
これですね。ちょっとおすそわけしてもらいました。



ひとまず、食には困らない生活をしています!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

April- prioritized activities

4月の目標書きます!

□友だちをバンバン作る
 (最終的にはパーティを開くのが、わたしの夢!)

□DMVに行って、California Driver's Licenseの取得
  (DMVは正直好きじゃないけど、行かないとだよね。まずはアポとりから・・)

□ブログを続ける

□テレビのチャンネルチェック(どこでどの番組やってるとか・・)

□メールアカウント内にメーリングリスト作成

□ダンスクラスの見学、入会
 (大学のジムのHip-hopレッスンに行く予定。詳細は後日~)


毎度のことながら、目標というより、やりたいことを忘れないメモみたいなもんだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Orientation Week

報告がどんどん遅れております。
今週から学校スタート。オリエンテーションがありました。

1日目はplacement test.クラス分けテストです。
今回ビジネスを勉強するために渡米していますが
今学期はビジネス英語だけ勉強しますので、英語のレベルを問われるんですね。

結果、12段階のうちの上から2番目のクラス。

上の2つのクラスは同じように扱われるので決して悪い結果ではないけれど
英語専攻して、1年間留学経験もあるだけに、まぁ少し残念。

なので、選択科目ではちょっと真面目なものを選んでみました。
第1希望が通るはずなんだけど、正式には来週結果が出ます。

とはいえ、正直学校には期待していません。
そもそも学校側から何かを与えてもらおうという心構えでは
この留学は成功しないことを、自分が一番わかってるから。

むしろ、学外にバンバン出て行ってやろうと思ってます。
もちろんクラスには行きますが。

2日目・3日目はオリエンテーションとキャンパスツアー。
やっと学校の中身が分かるようになってきた。
とにかく、学校がでかい。九大の各キャンパスと病院を足しても
UCSDのほうがデカいんじゃないだろうか。

というのも、キャンパス内に大学病院がたしか3つもあるし
シャトルバスが9本くらい通ってるし
普通のバスも数本通ってる。

うちから大学の敷地まで3ブロックくらいなのに
わたしのキャンパスまでは歩けない。
というか、歩いたら1時間半はかかると思う。
一度歩いて行こうとしたけど、ぜんぜん到着しなくて1時間たったところで断念した。

今週の後半は希望者だけ参加する市内ツアーなど。
わたしはほとんど行ったことあるので、パス。

ちなみに英語コースはとにかく日本人と韓国人が多い。
だけどクラス分けをしてもらってからは、それ以外の人の割合のほうが
ちょっぴり上がる。サウジアラビアとドバイから来た男の子と知り合った。

同じアラビア圏でも、やはりドバイの子の方がオープンな感じがする。
まぁ、それはそうかも。
サウジアラビアといえば、アラビア圏でも特に厳格なことで知られてるから。

大学の広いキャンパス、新しい建物、素敵なお散歩コース
またまた学校から徒歩で行けるヌードビーチなど
後日ご紹介します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

秘密の質問 Security Questions

オンラインで設定する秘密の質問(security questions)。
なかなか答えやすいものがない。

というのも日本にはないようなものが結構あったりして。

例えば

What was your high school mascot?
(あなたの高校のマスコットは?)

What is the name of the first street you lived on as a child?
(子どものとき最初に住んだ通りの名前は?)

What is the first name of the first roommate in collage?
(大学時代の最初のルームメイトの名前は?)

What is your father's middle name?
(お父さんのミドルネームは?)


こんな質問ばっかりだったら困るだろうなぁ。
でも幸い、答えやすいものもあったので、それを選びました。

こんなところにも文化の違いが出ますよね。

続きを読む "秘密の質問 Security Questions"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »