« 福翁自伝 | トップページ | Noche de culturaとGreek-letter fraternities »

2009年4月 4日 (土)

Battle for science and religion

渡米後初となる、講演会への参加。
ちなみに学内のイベントはこちらのサイトでチェックしています。

Img_0677

今回のお話のテーマは
「科学と宗教の戦い:なぜダーウィンが重要なのか?」

Img_0681
ダーウィンが訪れたガラパゴス諸島。


驚くことに、アメリカ人の50%がダーウィンの進化論を信じていません。
ダーウィンの進化論は、人類の歴史の中でも
最も発見のひとつとも言われているにもかかわらず。

なぜ?その理由はご存じのとおり、宗教的理由(キリスト教)、つまり
人類は神の創造によりもたらされてたものであり、サルが進化したはずはない
というようなことですね。

また、政治的理由も関わっているそうです。


講師のMichael Shermerは、科学者で、著書もあり
SKEPTICという科学雑誌の創始者でもあり
大議論になりかねないようなネタを取り上げています。

この日も会場はいっぱい。600人の観衆を集めていました。

Img_0678
科学雑誌「SKEPTIC」と、講師。
雑誌では9/11は陰謀だったとか、地球温暖化は本当か、という
議論がされています。

科学者の話というと、概して難しくて面白くないというイメージがありますが
大爆笑のジョークあり、面白いパワーポイントや動画ありでした。
(もちろん、難しい専門用語はちんぷんかんぷんでしたが)

Intelligent design(ID)、つまり、自然界に存在する
あらゆるものの形があまりに美しく、またよくできている。
偶然に出てくるはずがない。だからこれは、超自然の力によって
形作られたものに違いない、という考えもあります。

彼が話したことをすべて書けませんが、印象に残ったポイントだけ。

科学は、実験によって検証できるものを取り扱う。

進化論を信じたくない?まぁ、チンパンジーの親戚と思うよりかは
神から創られたものと思いたい気持ちはわかる(笑)

IDは、”トップダウン”ではなく、”ボトムアップ”。
進化の過程で必要だったから、変化が生まれた。

世の中の言語も、誰かがデザインしてできた(トップダウン)ではなくて
下から組みあがってきたもの(ボトムアップ)。

「神の見えざる手」ということばで唱えたアダムスミスの経済論も、ボトムアップだ。

もし仮に、誰かがデザインしたのであれば、そのデザイナーは
誰がデザインしたのか?

宇宙には、何十億もの生命体があり、おびただしい数の星が、そして惑星が存在し
それぞれは何万光年も離れている。
この宇宙システムのすべてが、たったひとつの惑星の
ったひとつの生命体(人類)のためにデザインされていると考えるなんて
ばかげている。(←講師がそう言った)

ダーウィンは重要である、なぜなら進化論が重要だからである。
進化論は重要である、なぜなら科学が重要だからである。
科学は重要である、なぜなら、それはわれわれが何者で、
どこから来て、どこへ向かっていくのかという現代のストーリーを物語るからである。


ところで、日本で買ってきたSONYステレオICレコーダー2GBの
デビュー日でもありました。

ICD-SX800 SONYステレオICレコーダー(2GB)  
ICD-SX800 SONYステレオICレコーダー(2GB)

これが高音質!ノイズがまったくない。
聞いていて心地いい、というのは大切なことですね。


後日、Science専攻の4年生Amandaに知り合ったので、聞いてみました。

Amandaも、進化論を信じない人がたくさんいることに驚いているそうです。
人類が月に到着したというのを信じない人もいるとか。
(これについてはまだ議論の余地もあるかもしれませんが)

Amandaによると、UCSDのScience専攻の学生の中にも
クリスチャンが普通にいるそうです。
そしてScienceを職業にしている人の中にも、クリスチャンがいる。

彼らはどうしているかというと、自分のプライベートライフ(宗教)と
研究や仕事(サイエンス)に線を引いて、別個に考えているのだそう。

ちなみにAmandaは、特に信じている宗教はなく
人(友達や家族)を信じているそうです。

一つ思うことは、自由の国アメリカとはいえども
この手の講演会が開かれるほど自由な場所は、ある程度限られてくるかも。
ここカリフォルニアだから、UCSDだから成り立つんじゃないかと思いました。

講演会の後の質問タイムも、積極的に質問をする人がたくさんいて
とてもいい時間でした。

Img_0680_3

|

« 福翁自伝 | トップページ | Noche de culturaとGreek-letter fraternities »

セミナー・講演会」カテゴリの記事

コメント

Interesting article about Darwin :)

http://www.icr.org/article/4579/

投稿: Chino | 2009年4月 4日 (土) 12時07分

すごいね~、おもしろい!!
私はこの手の公演に全然行かなかったけど、もったいなかったな。。
せっかく大学で高い授業料払って英語コースとってたんだから、
大学のイベントや講演にはじゃんじゃん参加しないと損だよね!!
これからも色々お知らせしてね♪

投稿: miyaya | 2009年4月 4日 (土) 18時38分

>Chino

Thanks for the good example. You are the representative of the half of Americans, huh?

投稿: may | 2009年4月 9日 (木) 17時42分

>miyayaちゃん

興味深かった。
ただ、旅行と同じで、感想をシェアしあえる人が必要。

福岡にいた時は同じ興味関心を持つ人と
あちこち行けてよかったな。
こちらではまだそういう人を見つけてないの。


投稿: may | 2009年4月 9日 (木) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/28952625

この記事へのトラックバック一覧です: Battle for science and religion:

« 福翁自伝 | トップページ | Noche de culturaとGreek-letter fraternities »