« ティオティワカン(世界遺産) | トップページ | 日本で過ごす日々 »

2009年2月23日 (月)

毎日何かが起こったメキシコ

ピラミッド以外のメキシコ。あれこれ、起こりました!

Img_1380_2
初日の夜は、16歳のボクの屋台にて夕食

Img_1374_2
Cardo de pollo(鶏スープ)

Img_1375_2
鶏の部位が選べます



そして、翌朝。

Img_1388
パン屋さんで朝食を調達


Img_1396_2
独立記念塔を横目に、いざ出発!


Img_1403
地下鉄に乗り込みます!



チャプルテペク公園に行きました。
お城、博物館、湖まである広大な公園です。


Img_1418_2
チャプルテペク城


ここで、事件は起きました。

Img_1408
ストリートパフォ中

公園の一角に人ごみが。
寄ってみると、ピエロがギャグを披露中。

不思議なことに、スペイン語なのにものすごく可笑しかったので
観客に混じっていて、しばし観察。

P1000354_2
アメリカ人観光客と、わたし。

といきなり、観客の前に引っ張りだされた!
スペイン語やら日本語やらで、あれこれ話せと、言われるがまま。

P1000352_2
わたしのために戦う男性2人(笑)

と今度は風船の剣で、戦いが始まった。

ピエロ「さぁ、メキシコ対アメリカの戦いだ」
注)メキシコとアメリカは過去に戦争をした経緯あり。

ピエロ「勝ったほうが、日本人女性をゲットする」

気がついたら、戦利品になってしまっていた・・・笑

P1000353_2
ヒマだからちびっこたちと写真撮影

P1000350_2
ピエロが寄ってきて、写真撮ったら、「ハイ、20ペソ!!」(笑)

P1000361_2
それから、ピエロと踊り・・・

P1000362_2
駆り出された一般人とも踊り・・・

P1000383_2
さらには「Que paso Juanito~♥♥♥♥」と言って

P1000384
Juanitoに向かってジャンプ!?

P1000412
最後までしっかり踊り、踊り、踊り・・・


とまぁ、半分遊び、半分仕事みたいな役回りで
なんと2時間も引き留められちゃいました!

Img_1416_2
ごほうびをもらって、無事解放されました



暑くて脱水症状ぎみになりつつ、解放。
これで午後2時をまわる。何も観光してない・・・
だけど、それを上回るいい思い出ができました!!

Img_1422_2
Torta!! おいしかった~

Img_1424_2
放心状態気味のmay

Img_1426_2
おいしそうに頬張るyukoさん

それから、パパントラを見ました。

ベラクルスという地域の伝統行事、だったと思います。
たしかコロナビールのCMにもモチーフとして登場していたのですが。
(you tubeで探すけれど見あたらず)

ここで知り合ったのが、Mauricio(マウリシオくん)。
Tlalocという、アステカの水の神様の像の場所がわからなくて
たまたま隣に座っていた彼に尋ねたところ、その場所まで案内してくれました。

Img_1437
なぜかこの水の神様が好きなわたし 撮影:Mauricioくん


さらに彼は、疲れた私たちにスタバでジュースをおごってくれて
iPodに入っているメキシコのいろんな写真を見せてくれたり
乗ってはいけないタクシーの見分け方を教えてくれたり
夜通ったら危ない通りなんかを教えてくれました。

その後、Bellas Artesまで地下鉄で一緒に行って
(地下鉄の切符も買ってくれた!)案内してくれました。

P1000417
Bellas Artesは劇場。
わたしのサルサの先生が、かつてここで踊っていました。

Img_1445
そして夕食。Chilaquiles(チラキレス) と

Img_1444
サボテンジュース。



お礼に夕飯をごちそうしたら、後日また会いましょう、ということで
後日、再会しました。


そして、後日。
Casa Luis Barragan(ルイスバラガン邸)に行きました。
ここ、2004年に世界遺産に登録されています。

とはいえ、地元の人にも知られていない場所で、なんと1時間迷い歩きました。

そんなときもMauricioに電話したら、何とかしようと動いてくれました。

Img_0072
バラガン邸のテラス

室内写真撮影禁止だったのが、非常に残念。
見た目も美しく、実用的にも優れた、住んだ建築家のこだわりを感じる家でした。
10月に東京・青山で展覧会があるそうなので、ぜひ!(情報は後日紹介します)

ここではChakというマヤ人の男性と知り合いました。
彼は日本に留学経験があって、日本語も話せました。
京都で着物の柄の研究や、長野で縄文人の研究をしていたそうです。

彼曰く、マヤ人と日本人は共通点が多いそうです。
マヤ人は「間」を大切にすることを知っている。
メキシコ人は関西人のようにワーワー話すけど(笑)、自分たちはそうじゃない、と。

また、マヤ人は女系家族だそうで、母親の苗字を引き継いでいくのだそうです。
Chakのお父さんはメキシコ人らしいのですが、ちょっと不満らしい(笑)

初めてマヤの人からマヤ文化について聞くことができて、よかったです!


その後、Mauricioに再会。
Zocalo(ソカロ)=広場に連れて行ってもらったり
UNAM(ウナム・メキシコ国立自治大学)という世界一大きな壁画のある
大学にも連れて行ってくれました。


Img_0084
建築家のMau(25)とわたし。Zocaloにて



Img_0094
Zocaloで見た、アステカの踊り

Img_0103
UNAMの、世界一大きな壁画。


この壁画を眺めながら芝生に腰をおろして
メキシコのことや、日本のことをあれこれ話しました。

スペインのことをどう思うか、メキシコの政治家に不満がある、
日本は長期休暇が短い、などなど、そんな話。

夕食までご一緒してくれて
Nos vemos!(また会いましょう!)と言って別れました。

またメキシコシティに行く時は、必ず連絡したい人です。
Gracias, Mauricio!!

|

« ティオティワカン(世界遺産) | トップページ | 日本で過ごす日々 »

メキシコ」カテゴリの記事

コメント

あの鶏のスープ、私も食べたよ~!
おいしいよね、やさしい薄味だけど、サルサをたらすと引き締まってさ~!!
私が食べたところは、鶏とご飯とヒヨコマメに、たまねぎとスープをかけて出してくれたよ。同じかな??

投稿: miyaya | 2009年2月23日 (月) 05時39分

もちろん!同じデス~

たまねぎとシラントロ(コリアンダー)
それからライムは、お好みでかけたよ!

メキシコはご飯がおいしいからいいね!!

投稿: may | 2009年2月23日 (月) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/28324691

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日何かが起こったメキシコ:

« ティオティワカン(世界遺産) | トップページ | 日本で過ごす日々 »