« 鵜戸神宮と青島神社 | トップページ | 今週のサルサ服は地味 »

2008年11月27日 (木)

古墳と畑のコントラスト

宮崎県西都市に、西都原(さいとばる)古墳があります。

Img_0136
だだっぴろい駐車場に見えるこちらは西都原古墳群。

Img_0146_2
古墳の素晴らしい保存状態に感動しました!

Img_0140
無数にある古墳。まわりは畑になっていました


Img_0143
本当に広くて、こころ落ち着く場所でした。

Img_0141_2 
見事なコントラストだと思います。


宮崎の土壌は色が濃くて、関東ローム層のようでした。
だけど、土地は肥沃で何でもよく育つのだそうです。
日本のチェルノーゼム、でしょうか?


福岡にも言えることですが
宮崎では「原」を「ばる」を呼ぶ傾向にあるようです。

西都原(さいとばる)
東国原(ひがしこくばる)知事・・・ 他にもあったような気が。

ちなみに、宮崎県民には、黒木さんとか長友さんが多いとも聞きました。
聞いた話なので、本当かどうかわかりませんが。

|

« 鵜戸神宮と青島神社 | トップページ | 今週のサルサ服は地味 »

九州」カテゴリの記事

コメント

宮崎に住む私ですが、黒木さん、長友さんをはじめ、日高さん、甲斐さん(これは北部)あたり多いです。
私の苗字はある意味珍しいので、電話帳には我が家一軒しかないです。
http://chievo.seesaa.net/

投稿: キエーボ | 2008年11月27日 (木) 05時21分

>キエーボさん

黒木さん、長友さんが多いのは事実ですか。
プラス、日高さん、甲斐さんまで!!

宮崎のことは、今後キエーボさんに
お尋ねすることにします!

投稿: may | 2008年11月27日 (木) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/25695797

この記事へのトラックバック一覧です: 古墳と畑のコントラスト:

« 鵜戸神宮と青島神社 | トップページ | 今週のサルサ服は地味 »