« 知らない人とかかわること | トップページ | SIFA同窓会で、勇気もらった »

2008年11月18日 (火)

英語プレゼンテーション

To make a successful presentation by following a set of rules

CD BOOK 外資系の英語プレゼンテーション (アスカカルチャー)  
CD BOOK 外資系の英語プレゼンテーション (アスカカルチャー)

ビジネスシーンで使われる英語に興味を持っていたので読みました。

San Diego State Universityのパブリックスピーキングのクラスで学んだプレゼンのコツは、日本に戻った今でも大活躍しています。
概して、英語プレゼンは親切で分かりやすいのが特徴だと思います。

正直おもしろい話をするのは得意ではないですが
フレームにあてはめることで、比較的スマートな印象のプレゼンができるようです。

プレゼンや講演の準備の際はこちらに書いたフォームを埋めて、準備します。


それから、プレゼンの所要時間、プレゼンを聞くメリットなどを話します。相手をだまさない、誠意ある内容が含まれるところに好感がもてます。

Justificataion scenarioというのもあります。自分が提案するものがいいということを証明するために、比較対象を準備して、明示します。

この本は、日米のプレゼン比較、実際の目的別プレゼンのサンプルと決まり文句が紹介されています。その他にも、プレゼンの準備のしかたやルール、stage hog(プレゼンの邪魔をする人)の対処法、プレゼン相手の国別の対処法(これは多少言いすぎ感あり)が載っているので、単純に英語プレゼンで使う英語を知るだけではなくて、効果的でconvincing(説得力のある)プレゼンの方法を知りたい人にもおすすめできます。

個人的には、デスティネーション・マーケティングにおけるプレゼンのサンプルがまるごと載っていたので、非常に興味深く読みました。

実際にはこのようにインプットした技術を、実際に体を使って体験することで自分のものになるかと思います。人前で話をする機会には恵まれましたが、今後は英語でその機会があれば、ハードルは高いですが、もっと満足感があるだろうと思います。

そういうわけで、今日はava labo「私を語る」でミニ講演会です。(日本語)

|

« 知らない人とかかわること | トップページ | SIFA同窓会で、勇気もらった »

本・audio books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/25470362

この記事へのトラックバック一覧です: 英語プレゼンテーション:

« 知らない人とかかわること | トップページ | SIFA同窓会で、勇気もらった »