« 伊勢えび | トップページ | 鵜戸神宮と青島神社 »

2008年11月26日 (水)

霧島で考えた、遺産と神道

今回の旅で一番楽しみにしていたところ、霧島。
宮崎と鹿児島の県境にあります。

霊峰というにふさわしい霧島。
想像を絶するような遠い昔からそこにある社
そこにある大きくて深い緑色をした木々に畏敬の念を抱きます。

Img_0199
深い緑。空気が濃くて、モイスチャー。


Img_0206
お社の
立地がいいな、と感じました。

Img_0208
このあたりは紅葉していました

Img_0203
ご神木。


霧島神宮は、あまてらすのおおみかみ(天照皇大神)のお孫さん
「ににぎのみこと(瓊瓊杵尊)」が祭られています。

本来は山岳信仰から生まれた神社ではないかと言われているようです。


南九州最大の神社です。
当初、霧島連峰の第2峰である高千穂峰に位置していたそうですが
噴火による火災が度重なったため、現在の場所に移築されたそうです。

ちなみに霧島連峰の第1峰は、韓国岳(からくにだけ)です。


現在のお社は1715年に建てられたものです。


ところで先週、社会学的観光論のセミナーに行きました。

そこで知ったのですが
世界遺産の首里城(沖縄)は、1992年に建てられたものだそうです。
日本の城はたくさんありますが、戦前からあったものは姫路城と松本城くらいのもの。

木造建築ゆえに、長期保存は非常に難しかっただろうと思います。
だからこそ、霧島神宮の社の300年の歴史に感動し
樹齢800年の大杉のご神木が素晴らしく思えるのでしょう。

そう考えると、世界最古の木造建築である法隆寺って、すごいですね。
7世紀末~8世紀に建立されたものだそうです。
いつまでも大切に残しておきたい遺産です。


それから、先日韓国訪問時、お兄さんから
「日本の神社は何の宗教か?どの町にも神社があるけれども?」と聞かれました。

神道です。とまでは言えるけど、そのあとが難しかったのです。
もっと日本のことについて、端的に説明する能力が必要だなと思った次第。

|

« 伊勢えび | トップページ | 鵜戸神宮と青島神社 »

九州」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントさせていただきます。
霧島神宮は、我が家からかなり近いこともあり、ドライブ時によく立ち寄ります。あの静まり返った雰囲気が好きなんです。さすがに、初詣は人だらけゆえ、行かないですが。

投稿: キエーボ | 2008年11月27日 (木) 03時42分

神道は天照の神様がいっちゃんえらいものですね。
あとは基本祖先を祀るもんだけど奥が深いので私
も勉強しようφ(.. )と思うちょります。

しかし宮崎、鹿児島っていいですね。
mayさんのブログで行きたくなりました!

投稿: ひろし | 2008年11月27日 (木) 07時08分

>キエーボさん

霧島神宮に行きたいときに行ける、
素晴らしい環境ですね!

あのしっとりとした境内が
初詣の参拝客であふれるなんて
想像できないです・・・

投稿: may | 2008年11月27日 (木) 16時26分

>ひろし兄さん

ひろしさんは歴史・地理に造詣が深いので
いつも感心させられます。


南九州、いいですよ~
遠いですが、機会を作って、是非!!

投稿: may | 2008年11月27日 (木) 16時28分

霧島神宮、また行きたくなったよー。
以前、初春の霧島神宮で、霧雨の幻想的な雰囲気の中、白無垢の花嫁さんを見かけたよ。
とっても美しい情景だったな〜。

投稿: Gina | 2008年11月28日 (金) 00時47分

>Ginaちゃん

そう、あの潤った感じがいいのよね〜

白無垢のお嫁さん、青島神社で見かけたよ。
不思議な雰囲気だったな〜

投稿: may | 2008年11月28日 (金) 04時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/25689207

この記事へのトラックバック一覧です: 霧島で考えた、遺産と神道:

» アメリカ史 1715年 [ニュースのプレッツェルタワー]
18 数字は正直、中間決算で見えてきた「民放」が直面する問題の数々 マイコミジャーナル売上高は1715億3200万円で前年比マイナス7.7%、営業損益が5億円余りの赤字(前年同期は74億円の黒字)、最終(当期)損益も、103億円の赤字(同47億円の黒字)だった。 同社が中間決算公表を始めて以来、初の赤字転落である。その原因は、広告収入の落ち込み、販売部数の減少も ...(続きを読む) 上海大杜月笙也彩票 京王康安介 ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 2日 (火) 00時08分

« 伊勢えび | トップページ | 鵜戸神宮と青島神社 »