« 地下鉄の変化に思う | トップページ | 乗馬は貴族の楽しみか? »

2008年10月 7日 (火)

脳の働きと宝地図

コーチングでお世話になっているFさんの紹介本。

幸せな宝地図であなたの夢がかなう―きっと! 今日から人生が変わる

幸せな宝地図であなたの夢がかなう


最近気になっている「脳」とか「潜在意識」について
話していたときに、薦めていただきました。

人が物事を実現できるかどうかは、
それをリアルに想像できるか、というのが要になります。

つまりは、左脳ではなくて右脳を使う、ということです。

考えてみればわたしも、プレゼンの前には、
会場の大きさや雰囲気、プレゼンしてる自分と聞き手の反応を
あらかじめシミュレーションすることで、成功に持っていきます。

これは若き企業家ヤッパの社長伊藤さんが実践している方法です。


で、この本。
左脳派でイメージするのが苦手な人も
潜在意識に働きかけることで、夢や目標を達成しやすくします。

で、宝地図の作り方(手順は8つ)。

①模造紙orA1サイズの白紙orコルクボードなどを準備。
 *コルクボードが貼りかえが楽なのでおすすめだそうです。
 一番上に自分の名前かニックネームを入れて
 「○○○の宝地図」とカラフルに、視覚に訴えるように書きます。

②紙の中央か目立つところに、自分がニッコリ幸せそうに笑っている
 写真を飾ります。あるいは家族など、喜びや楽しみを共有したい人たちが
 写っている写真でもOK.

③手に入れたいものや目標を具体的に示す写真やイラストなどを数点
 雑誌、カタログなどから抜き出し、自分の写真の周りに配置します。

④明確な目標を設定するため、写真やイラストで補えない部分は
 文字で記入します。(期限・条件など)

⑤この目標が、自分や他の人々のより高い利益に貢献する理由を書きます。

⑥目標達成することが、自分の人生の目標や価値観に沿ったものか、考えます。

⑦具体的な一歩として、行動リスト「今週(今月・今日)の実践」を書きます。

*④~⑦は、大き目のポストイットを使うと、書き直し・貼り直しがスムーズ)

⑧完成したら、頻繁に目にするところに飾り、眺めます。

*宝地図全体をカメラで撮って手帳や定期いれに貼ったり
 携帯の待ちうけ画面にして、見れば見るだけ、効果が上がりやすくなります。

で、実際の宝地図の例。(ネットから探してきた)

刺しゅう作家SHUKOさん
 

むかしのまあちゃんさん



ハナホーゆうこさん


ちなみに、人が夢をあきらめてしまう10の理由。

1、最初から夢の実現をあきらめている
2、イメージがうまく描けない
3、やる気や情熱が長続きしない
4、具体的な行動・実践に結びつかない
5、目標を日々の忙しさの中で忘れてしまう。
  忘れていなくても思い出す回数が少ない。
6、能力やセルフ・イメージが夢に程遠いと思ってしまう。
7、努力や苦痛を伴う。効果が上がらない方法をただ繰り返してしまう。
8、忙しいなかで夢実現に取り組む時間がとれない。習慣化できない。
9、成果がはっきりと感じられない。成果が出るまで信頼して待つことができない。
10、積極思考だけでは、金なし、知恵なし、人脈なしの壁を突破できない。



で、宝地図の効果(8つ)は、

①夢の実現、目標達成のイメージが明確になる。
 情熱がわく。感情を伴ったイメージが、潜在意識に強く、継続的に働きかける。

②毎日、宝地図が目にはいることで、自然に情報が集まり、チャンスが拡大。

③つねに夢や目標を意識するので、行動が合理的に進みやすくなる。

④繰り返し夢や目標について考えるようになり、
 心から実現したい目標に変化していく。

⑤自分のセルフ・イメージが高まり、目標や理想的な状況を
 引き付けやすくなる。

⑥自然と幸福実現型、感謝実践型、成功追求型人間になり、ツキを呼ぶ。

⑦努力している、頑張っているという苦痛が少なく習慣化できる。

⑧魅力的な目標に挑戦し続けるなかで、多くのものが手に入る。
 挑戦するうちに能力が磨かれ、経験が蓄積され、支援者や人脈に恵まれる。

で、この本で紹介されていた脳と潜在意識の話。

・短期記憶を「(顕在)意識」、長期記憶を「潜在意識」と呼ぶ。
・海馬にとって重要なのは、「生きていくために不可欠かどうか」。
 たびたび出てくると、必要な情報に違いない、と記憶する。

潜在意識の特性
①言葉よりイメージに強く反応
②感情(肯定的であれ、否定的であれ)がこもったものに強く反応
③頻繁に繰り返されたものに反応

④現実と想像の区別ができない
  「梅干をイメージしてください。」
⑤否定形を理解できない
  「ビールのことは想像しないでください」
⑥リラックスしているときに働きやすい
  朝・晩。
⑦主語はすべて一人称として理解
  「あいつなんか失敗すればいいんだ」
⑧深いレベルで潜在意識はつながっている。
  強く思えば、周りに影響を与えることもできる
  シンクロニシティ。

幸せは何かを手に入れたら叶うのではない。
幸せを感じることができる心を手に入れることがもっと重要。

目標は、それを追い求めるうちに人間を作り上げていくためにある。


興味のある「フォトリーディング」「宝地図」「マインドマップ」
こういったものはすべて右脳、イメージ、視覚、潜在意識が
キーワードになっているんですね~。興味深い。

人の頭の良さなんて大きな差はないのでしょうが
脳の特徴を活かした使いかたをすれば、うまく活用できると思います。

わたしも宝地図を作りはじめました。

今与えられていることに感謝しつつ、幸せを感じながら
夢の実現への道を楽しみながら、一歩一歩進む。
その通りだなーと実感です。

見るだけで幸せになる地図を作ろうと思います。ふふふ。

宝地図公式サイト

|

« 地下鉄の変化に思う | トップページ | 乗馬は貴族の楽しみか? »

本・audio books」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/24332155

この記事へのトラックバック一覧です: 脳の働きと宝地図:

« 地下鉄の変化に思う | トップページ | 乗馬は貴族の楽しみか? »