« 才能と技術と知識のちがい | トップページ | Google Street View »

2008年8月20日 (水)

原稿用紙10枚を書く力

買い物でストレス発散ってありますよね~。

先日週末の日課でウォーキングをかねて、近所の書店へ。
本を立ち読みする、など目的がないとなかなか歩けない。そんなもんさ。

なんかスッキリしない気分だったので、
齋藤孝さんの本、買いました。
以前から読んでみたかったから、いいや。
と思ったら、今月も家計が逼迫している・・・一体何にお金をつぎ込んだ?

原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)  原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)

前書いた英単語マトリックス然り、彼の提案はどれも
これまでの体験で体感したことが多く、どれも納得がいく。

そして、なんといっても、読みやすい。
書く力の本を書いてる先生、さすがだよね。

先生の教えどおり、感想文は3つのポイントを挙げて
それについて述べるのがいいそうなので、やってみます。
小学生のころから感想文は苦手だったので、笑わないように!!


まずわたしが注目したポイントは、書く文章が
自分向けなのか、他人向けなのかを明確に意識するの重要性。

自分に向けて書く文章というのは、自分の中で探っていく行為。
他人に向けた文章はすなわち、構築すること。

服と同様、他人に見せる場合は装いが重要だと。
それをはっきりさせないと、うっぷんや不満の排泄行為になってしまう。

書くことは本来、吐き出すよりは、エネルギーをためる、
自分の中の内圧を高める行為である、と。


他人向けに書く場合は、書く立ち位置が重要となる。
誰に向かって、どういう立場で書くのかが明確になっているべき。
これについては、自分が書きやすい立ち位置を見つければよい。

そして、何かについて語る部分と、自分について語る部分の
バランスも重要とのこと。


次に注目したポイントは、意味の含有率。
文章にどれだけの意味が込められているか、が大切。
内容のある話ができるようにするためにも、意味の含有率を
はっきり感じとる感性をトレーニングして磨いていく必要がある。


最後のポイントは、書くことは料理同様
あらかじめ材料を準備・下ごしらえをしておくこと。

3つのキーコンセプトを明確にし、補足する内容で肉づけし
その3つのキーコンセプトを共通するものでつないて、1つの文章が仕上がる。

この構成力があれば、話しながら余談になっても、また
もとの話に戻ってくることができる。


となると、この文章・・

ひとまず私用の読書メモでありつつも
人さまの目にとまる。立ち位置が非常にぐらぐらしている。

そして、意味の含有率としては・・・どうかな。

3つのポイントをつなぐものや補足するものは見あたらず。


ぱっとしないなぁ。うぐぐ

|

« 才能と技術と知識のちがい | トップページ | Google Street View »

本・audio books」カテゴリの記事

コメント

私もこの本読んだよー。
あ…!これを活かして、例の原稿を書けばいいんだわ!!

投稿: Gina | 2008年8月20日 (水) 02時17分

初めまして♪
いつも見てるだけなんですけど、僕もこの本読んだことあるので、思わずコメントです(笑

齊藤孝さんの本って読みやすいですよね。
読みやすいのに、いたるところにキーワードやキーフレーズが散りばめられてて、ほっほー!と思ってしまう。

同じ本を読んだ方を見かけるとつい嬉しくなってしまうもので・・・(^-^;)
また遊びにきます♪

投稿: シノ | 2008年8月20日 (水) 04時34分

Ginaちゃん

確か、Ginaちゃんは齋藤孝さんの本
たくさん読んでたよね?

本って一度読んで、そのポイントが永久的に
頭の中に残って活用されればいいんだけど。
意識して読むことも大切よね。

原稿、進みそう?
お手伝いできそうなことがあれば、是非!

投稿: may | 2008年8月20日 (水) 16時55分

シノさん

こんにちは!
フォトリーディングとマインドマップを駆使して
読書ですか~

フォトリーディングの講座、行かれたんですか?
ぜひ感想をお聞かせください。
(ブログにあるのかしら・・後でのぞいてみますね!)


投稿: may | 2008年8月20日 (水) 16時58分

フォトリーディングに興味を持っていただいたようで(^-^)

ブログの方には時たまチラッと書いてたりしますが、本格的には書いたことないですねぇ・・・
何せ、集中講座に参加したのが3年前の話で、違うブログを書いてましたからね。

フォトリは、一言で言うと無意識に情報を詰め込むってことをしてるんですけど、詰め込む場所が場所だけに実感を感じるのに時間がかかります。
実感を感じ始めたら「人生変わった!!」とすら思えるようになるのですが。個人差はあると思いますが、体験談でよく耳にする話ですし、僕自身も最近になってですが、そう思ってます。

・・・と、簡単に感想を書いてみましたが、正直伝えられた感が3くらいしかありません(笑
これから意識的に書いていくようにするんで、これからチラチラと僕のブログを覗いていただければ参考になるかもしれません。


それでは、長々と失礼しましたぁ。。。┏(;・_・)┛

投稿: シノ | 2008年8月24日 (日) 10時21分

そうですか。
試験勉強にも大いに役立ったことでしょう。

福岡はセミナーが頻繁にないのですが
いつか受けてみようと思っています。

フォトリーディングは
情報を入れるための読書時に有効ですよね。
物語や文体を楽しむときは
利用しないスキルでしょう。

投稿: may | 2008年8月24日 (日) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/23112430

この記事へのトラックバック一覧です: 原稿用紙10枚を書く力:

« 才能と技術と知識のちがい | トップページ | Google Street View »