« プラハ放送交響楽団 | トップページ | DREAMTIMEという名のティー »

2008年7月 9日 (水)

何かを捨てて、何かを得るという発想

今日からproject Mに本格的に取り組もうと思う。

ただひたすら、現実と向き合う日々。
そう、やっと現実と向き合えるようになりました。

そして、たまにはそういうのもいいかなと思います。

SCの攻略 VERSION3.0(09/04/2004)
エラーパターン1~3 終了

挑戦は、これからです。
燃えてます、ワタシ。(キラリ)



実は昨日、韓国語教室を辞める旨、先生に伝えました。

あと2年は頑張ろうと思っていたのだけど
本当にやりたいことをする時間を増やそうと思います。

何かを捨てる選択をすることで、何か別のものを得るという発想です。

いい先生に恵まれて、前向きに取り組んでいただけに残念。

通ったのは、3か月。
入学金1万円がもったいなかった気もするけれど

本当にいいお教室で、先生も教え方も上手だし
また機会があれば通いたいと思います。

チン・ダ・レ
http://www.e-jindale.com/

|

« プラハ放送交響楽団 | トップページ | DREAMTIMEという名のティー »

May日々の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/22178627

この記事へのトラックバック一覧です: 何かを捨てて、何かを得るという発想:

« プラハ放送交響楽団 | トップページ | DREAMTIMEという名のティー »