« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

8月の目標

8月になりましたね~。WOW!!

○夏らしい遊び、夏らしい食べものを楽しむ

○サルサ踊りにいく!!

ジョン・エヴァレット・ミレイ展に行く

ディズニー・オン・アイスを見に行く

○福岡に海外経験者の会、を検討する


7月の目標も達成!
事務所はひそかに、SD&MX化しました。
これにAUSをプラスしたら完璧だわね。


昨日は妹が横浜から戻ってきたのでお寿司を食べました。
それから妹とファミレスでお茶して。
いろんな話ができて、姉妹っていいな~なんて。

さっそく今日は大濠花火大会です。
花火の見える豪華マンションにて観賞します!たのしみ~
ゆかたの準備もOK!!

Estoy contenta viviendo y trabajando en donde deseo.  No soy perfecta, pero estoy contenta mucho, tengo la suerte.  Gracias.  Le agradezco para todos.  Tengo la suerte.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

セミナーにご一緒しませんか?

Photo_2

藤井佐和子さんのお話、聞いてみませんか?
一般公開では福岡で初です。

藤井さんのお話を、福岡の人といっしょに聞きたいと思い
私と友だちGちゃんが、藤井さんとあすばるに企画書を送って、実現しました。


あすばる天神サテライト講座

講演会「私たちのキャリアスタイル」
キャリアカウンセラー 藤井 佐和子さん

9月30日(火) 19時~21時
アクロス福岡 1F 円形ホール
参加無料 (100名限定)

申込はこちらから!
(「天神サテライト講座」の項目です)

わたしが藤井さんのセミナーをおすすめしたいワケは、

・表面的なキャリア形成ではなく、ライフプランまで含めた
本質的な働き方としてのキャリアを提唱していること。

自分らしいキャリア、人と比べないキャリアを
 提唱していること。

人それぞれの価値観やライフプランに合ったキャリアを
 考えるよう提唱している

やみくもに転職を勧めていないこと。

本当に転職が必要なのか、現職の何が問題なのかを
明らかにするように指導している

・個人向けのキャリアクリニックもなさっており
 現代女性の抱える課題をご存知であること。

・ご自身が、会社勤めの経験、転職の経験、
 起業の経験をなさっている
こと。

・マスコミで取り上げがちな「資格取得」や「キャリアプラン」といった
現代の社会人がハマりがちなキャリアの見方に
注意を喚起している
こと。

最後に藤井さんのプロフィール関連、のせておきます。

藤井佐和子さん プロフィール

19683月生まれ。

大学卒業後、カメラメーカーに入社、海外営業部にて3年半従事した後、
人材総合ビジネスを展開する株式会社インテリジェンスに入社。
人材派遣、人材バンクのキャリアアドバイザーとして
女性メインの転職サポートを実現する。

今までにカウンセリングした女性の人数は延べ1万人。

現在は、フリーのコンサルタントとして幅広く活動。
表面的なキャリア形成ではなく、ライフプランまで含めた
より本質的な働き方を提唱する。

朝、会社に行ける 自分 養成講座  朝、会社に行ける 自分 養成講座



著書:「朝、会社に行ける自分 養成講座」

   「転職 思ったときに読む本」など4冊のキャリア本を執筆・監修

   (いずれもamazonカスタマーレビュー5つ星)

雑誌:ジャパンタイムズ、日経新聞、ウーマンタイプ、日経ウーマン、SPA

アエラ、MORE、アンアン、日経キャリアマガジン、OGGI、ノンノ、

トランタン、カラフル、ビーイング、企業と人材、ほか

資格

・全国産業人能力開発団体連合会認定キャリアデベロップメントアドバイザー

EQ JAPAN公認 EQプロファイラー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツイてる!!

女性限定の名刺交換会に行ってきました。

働く&働きたい女性50名がorto careに集まりました。
名刺交換会では、やはりひとみしり。

でも、いったん会話が始まれば大丈夫。
会に参加したきっかけや具体的な仕事内容を話しました。


次回、名刺交換会で話題にしたいこと:
○おけいこ事をしているか
○休日の過ごしかた
○最近印象に残った本・映画
○最近で印象に残っている仕事
○外国語が話せるか
○いちばん好きな観光地

個人的には、参加者が限定されていない
オープンな場がここちよいと感じるようです。

このカフェのティラミス、人生でいちばんおいしかった!
お店の人に尋ねたら、実は豆乳を使っているそう。
しあわせ~

しかも!景品抽選で
ニューオータニのお食事券当たっちゃった!
ツイてる~!感謝感謝。
ディナー、誰と行こうかなー。

特別ゲストに、RKBの納富さん。
20分のパワフルなスピーチで元気もらった~!!
心に響くお話ばかり。

今、以前に増して働きたい人と専業主婦になりたい人の
二極化が進んでる。

働くのはキツイからと、専業主婦になった人は今、
自己実現のため、迷走している。
資格を取ろうと頑張る人、旅行に行きまくる人、
英語をひたすら勉強する人、など。

一方働く人は、仕事は何であれ10年続ければ
まとまった経歴になる。

働くということは、お金が動いた動かなかったがありつつも
たくさんの出会いのなかで
あの人とはいい仕事したなー。あの人との出会いはよかったなー
といえる醍醐味がある。

ネットワークなんていうカタいものじゃなくて
一緒にがんばる仲間が見つかる出会いは大切。

あれこれ話せる友人が数人いて、プラス
一緒に頑張ってる人がいるんだと感じられる出会いの場があるのは
大きな助けになる。

納富さんの自信みなぎるスピーチ、かっこよかったー!
体からみなぎる「気」で悪いものをパンパンはねかえしてるようだ。
まねしよう。


帰り、友だちGちゃんと歩きながら話す。
羽田空港でラーメン食べてたら、隣がハマコーさん!で
隣のカップルに話かけてた話。
可笑しかった。

今日もいい一日でした。
ありがとうございます。

この本のおかげ。Aさんにも感謝。

ツキを呼ぶ「魔法の言葉」―幸せになる!お金が舞い込む!病気も治ると大評判 (マキノ出版ムック)

ツキを呼ぶ「魔法の言葉」―幸せになる!お金が舞い込む!病気も治ると大評判 (マキノ出版ムック)

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

ハリウッド・セレブのすごいワザ

日経アソシエの連載が本になっています。

仕事は演出力 あなたの「魅力」を引き出す38のヒント  仕事は演出力 あなたの「魅力」を引き出す38のヒント


いちばん好きな連載です。さっそくアマゾンで取り寄せました。

著者のマックス桐島さんはハリウッド映画プロデューサー。
10代で単身でアメリカに渡り、俳優、監督、プロデューサーをこなした経歴をもつ。
ちなみに今は奥様の実家である宮崎にお住いだとか。
お会いしてみたいわ。

この本では、桐島さんがハリウッドで生活をともにした
スターから学んだワザがエピソードごとに紹介されています。

ちょっとした英語表現もちりばめられていて
久しぶりにこころが踊る、何度でも読み返したい1冊でした。


世界の注目をあびて活躍するハリウッドスターたち。
彼らには、内面からにじみでる魅力が備わっているのだなと、実感しました。
Beauty is only skin-deep (外見の美は、実はうすっぺらいもの)


読んでいてここちよい本でした。
それは、スターたちのエピソードが、「努力」という言葉とは無関係だったから。
むしろ、「楽しむ」「おおらか」「情熱」「人柄」などがキーワードになっている。


世の中には2種類のタイプの人がいると思います。
①主体的に動いている人と、②追従している人。

不思議なことに、マスコミや学校では、①番の人たちはきまって
「努力」しているように取り上げられて、持ち上げられます。

例えば、トーマス・エジソン。
彼の有名な言葉も、1%のひらめきと99%の「努力」とあるけれど
実は99%の「汗」、つまり、手足を動かすということ。

Genius is one percent inspiration, ninety-nine percent perspiration.
*perspiration=汗。


私が考えるに「手足を動かす」ことと「努力する」ことは
イコールではないです。エジソンはきっと、楽しみながら手足を動かしたと思うのです。


ちなみに日経新聞で紹介された渡辺千賀さんもブログ
「苦労人のように書かれていてビックリ」したと書いています。
彼女は日本の会社に勤めてから、シリコンバレーに渡り起業しています。


何かを成し遂げるときに、楽しみながら実現するよりも
努力や苦労をして実現するほうがエライわけではないように思います。

たとえば、建物の柱を力いっぱい押すとします。動きません。
つぎに柱を「努力して」押すとします。
努力すれば柱は動くのでしょうか?

ただ、事実として、日本人をはじめとするアジア人は
結果よりもプロセス(過程)を重視する傾向にあるとも言えます。

これは、苦しい状況にも耐えることが美としてとらえられる文化的一面。
でも、文化は文化としてあるとしても、
ホンネを言っちゃえば、苦労を感じずに楽しくコトを運べたもっといいよね!と
私なんかは感じているのですが、どうでしょう?

いっぽう、②番の追従者たちは
「努力しなければいけない」人たちなのかもしれません。
自分が望まないものを苦労して追い続けなければならないから。
そこには体の奥底からあふれる「わくわく感」とか「楽しむ」という
動きはないでしょう。


「和魂洋才」に語られる「日本人の魂」、
日本人の姿勢が海外において注目される理由は
「努力」ではなく、むしろ「プロとしての誇り」にあるようです。

30年ほど前に日本の時計工場を訪れたアメリカ人が
ある工員が仕事の合間に時計の修理に関する本を読んでいるのを知り
おどろいたという話がありましたが、まさにそういう部分ではないかと思います。


もう一つ、この本がここちいいワケ。

英語を話す人たちのなかには、きたない言葉ばかり吐いてる人もいますが
前向きな表現を積極的に使える人にもよく遭遇します。
きっとポジティブ・シンキングの威力、「言葉の力」をよく知っているのだと思います。

私が留学中に感じたここちよさはこのあたりにあるのかな。
つまり、日本にいてはなかなか出会えない多様なる人と出会い
そのなかで気づきが得られるからではないかと推測しています。

本を通じて貴重な体験をシェアしてくださったマックス桐島さんに感謝。
いい本に出会えて、ラッキーです。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

コーチング vol.0

8月からコーチングを受けます。

期間はひとまず3か月、2週間に1度会って話します。
テーマもすんなり決まりました。
ズバリ、わたしの今後の進路についてです!

コーチのFさんは女性。
本業は某住宅メーカーの課長さんで、ただいま一人前のコーチ目指して訓練中。ということで、わたしはダミーです。


わたしがコーチングを知ったのは2005年。
AERA ENGLISHの「コーチングで英語力を磨く!」という4ページの記事でした。
「正しい答えはすでにある。コーチは引き出すだけ」、「コーチがいると目標達成が早くなる」とあり、興味を持ったのを覚えています。

実は大学のゼミのI先生がコーチだったけど、当時は何なのかピンと来ず。Fさんいわく、「”出会い”にもタイミングがあるのでしょう。」

今回、実際にコーチングを受けるチャンスに恵まれて、ラッキーです。
コーチFさん、ありがとうございます。
コーチングを薦めてくれたGちゃん、ありがとう!

今後の達成度もここに記録していく予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

COSTA ALLEGRA

クルーズ観光客の観光案内ボランティアに行ってきました。
規模800人のCOSTA ALLEGRA。

博多港には今年4月から、中国・上海からクルーズ船が来ています。
4~5月の大型船の場合、観光客は2500人。

いうまでもなく富裕層なのでデパートでの買い物がメイン。
福岡市内のデパートでは中国国内で約12億枚流通する決済カード「銀聯(ぎんれん)カード」が使えるようにするなど、対応が進んでいます。

観光客の内訳は9割以上が中国系。
一部フランスなど他の国の方も。大部分がツアー客だが、一部FIT(個人観光客)が含まれています。

ボランティアは3人。
わたしと、フランス・ボルドーから来ている九大の交換留学生の男女2人でした。女の子は中国系なので中国語はネイティブ、男の子はoriginがわかりませんでしたが、英語もできるのでボランティアに参加したようです。

朝8時、国際ターミナルのCOSTA ALLEGRAの特設案内ブースで、赤いどんたく法被に身をつつみ、準備万端!

最初の30分は釜山からの定期フェリーかめりあの到着で、韓国人観光客への対応、それからCOSTA ALLEGRAの観光客がぞくぞくと入国。

久しぶりに中国語を話しました。
複雑なことは説明できないけれど、簡単なことは意外にもすんなり、四声もズレなく出てきました。フランス語で対応していた留学生ボランティアが、答えのわからない質問を受けたときは英語で対応。ときどき日本人や韓国人観光客がブースに来て、あれこれ質問していったので、それにも対応して・・・。

ボルドーの2人も「いろんな言語を話すんですね!」とびっくりしていました。フランス語はぜんぜんわからないけれど。

語学脳が大活躍のボランティア。
語学脳のシナプスは、必要なシチュエーションに立たされたときに初めて、枝をぐんぐん伸ばすようです。やはりこの人たちと話したい!という気持ちが支えてくれますね。

2002年以来、中国語にはほとんど触れておらず、中国語との縁が立たれたようで淋しく思っていました。でも、またいつでも、必要に直面したときに鍛えれば、モノにできるという自信がわきました。

いろんな人とお話できて、言葉の練習にもなって、しかも微力ながら人のお役に立てるなら、こんなボランティアならまたしてもいいな。職業柄か、ホスピタリティ精神に満ちたわたし、博多を訪れた人が誰であれ、スマイルで滞在していい思い出を持ち帰ってくれたらと思うのです。

それにしても、自分の故郷をPRできる仕事、いいですね。夢に見ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

BI販売員との立ち話

Big Issueの販売員に個人的なことを聞いてみました。


Pic_cover97s_2  Pic_cover86s 

BIは月に2度発行の雑誌で、読みごたえのある内容が魅力。
1991年にロンドンで始まったそうです。

数か月まえから博多駅前でも売られるようになったので
買って読んでは、宇都宮在住の友人に送っていました。
(宇都宮では売っていないらしい)

で、販売しているのはホームレスの方々。
雑誌は300円。うち160円が販売員の収益になります。

販売員は赤いキャップをかぶっていますので
街でみかけたら試しにぜひ買ってみてください。


で、博多の販売員の男性(仮にAさんとしましょう)は
30代、R&B歌手のようなおしゃれな髪型、赤いポロシャツを着ている。
(余談だが、宇都宮の友人Rちゃんは、私がこの人を気に入ってるから
雑誌を買ってると思ってる。100%ウソとも言えないけど。)

愛想がよくて、フツーに居酒屋とかバーとかで働いてそう。
いわゆる世間離れしていない感じ。人慣れしているというか。

今日は新刊を買うときにAさんと会話を試みました。
で、わかったことは、

彼は神奈川県出身。育ちは広島など、
その後東京や神奈川で飲食系の職人として勤務。
なんと、ニューヨークでも6年半すし職人をしていたんですって!

わたしもサンディエゴに住んでた話をしました。
サンディエゴといえば・・・といって、メキシコ人の話をしました。ふふふ。

Aさんは今年の春まで神奈川でBIを売っていたそうです。
雨風しのげる公園、午後8時という抜群のタイミングに食べる炊き出し
BIも博多で売るよりもバンバン売れてたし
毎日電車に(ひと駅分)乗って通勤していたらしい。

周りにはBIも売らずにその恵まれた?環境に慣れて
安住してる人も結構いたらしい。


その環境と「生ぬるい」と感じたAさん、なんと、歩いて福岡まで!!
移動距離は約1200キロ、2か月かかったそうです。
途中、BIの販売所に寄りながら。

実は沖縄に行きたかったそうですが、届かなかったそうです。
それでBI本部に電話して、また販売員を始めたそうです。


彼の希望は、もう一度海外に行くこと。
パスポートは切れてしまったけれど、運転免許証はあるので
それで住所を取得して、パスポートを取得したいのだとか。

海外ではすし職人の募集は常にありそうなので
これはあちらでの生活もかなり期待できますな。

Aさんは明るい。
現実に目が向いている人は病まないですね。
今日も話していて元気をもらいました。

福岡でBIを買いたいときは、
○福ビル前
○西鉄GHの角
○ミーナ天神の角
○博多郵便局前(月~水)、博多口前の西銀の角(木~金)
  ↑Aさんが立っています。

*常時買えるとは限りません。

この他にも売っている場所をご存じのかたは教えてください。

Aさんについては今後も動向を追っていきます。


Big Issueをもっと知りたい方はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

7つのフレームワーク力

私が求めていた能力は「フレームワーク力」!

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力  勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力

ついに出ました!読みました!!

勝間さんは著書でも「GIVE5乗」を実践されています。
情報と知恵が凝縮された一冊となっています。

本来ならば、この本で得たフレームワーク力を活かして
本の内容を整理したいのですが、実力が及ばず・・・

ひとまず机の前に貼っているメモを写します。

・仏教の三毒・・・妬まない、怒らない、愚痴らない

・拙速は避けるべきですが、鈍足はもっと避けるべきです

・間違った仮説・結論であっても、仮説がないよりはずっとまし
 (ただし、そのあとに修正可能なものに限る)

・知的生産=汗。
 手足を口をまめに動かすクセをつけ、適切なフィードバックを
 得ることが
、ビジネス思考力をつける大きな要素

・本の知識をフレームワークで整理するクセをつける

・情報の統合:デザイン+数字+言葉

・よい失敗:未知の状況、限られた情報で見込める
       最大リスクの範囲内でベストの判断をしたが、結果失敗
 (「よい失敗」の回数が多いほど、成功へのスピードが速まる)

・悪い失敗:
 ① 一度行ったことがある失敗を、単純にくりかえす
 ② 無謀なチャレンジで取り返しのつかない結果
 ③ 失敗を恐れて何もしないこと

・相手の無意識の中に、あるいは、相手がこれまで経験値として
 備えてきているものに、いかにきっかけを与えて働きかけ、
 それを呼び覚ますことができるか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

マトリックス英単語x発見の喜び

勝間さんの「なぜ5回」で解消した、語学学習の問題点

単語力の弱さと、学習モチベーションの低さを
以前から気にしていたのですが、週末でみごと解消できました。

1、「英単語マトリックス」を実践

美容室に行くときは、古い雑誌を持ちこみます。
今回は2005年のAERA English3冊ほど(古いから汚れてもOK)。

そこで(再)発見したのが、齊藤(学)式のマトリックス英単語。
本も出ています↓↓

 斎藤式マトリックス英単語塾 中学1500語










齊藤式マトリックス英単語塾 中学1500語

中学レベルの単語だったらこの本で実践できそうです。


マトリックス英語」というのは、例えば、こんな感じ。

Scan01981_3   

3x5の関連性のある英単語。
これを「神経衰弱」のように、右脳で画像として処理する方法です。


2、発見の喜び

私の友人で、新単語を知った喜びを
エピソードとともに楽しそうに話す人がいます。

週末もその人が海外ドラマを見て知った用語を
楽しそうに話していて、ハッとしました。

あぁ、なるほど!

「○○って、●●って言うんだ~」
と感動すればいいんだ!


さっそくお気に入りのドラマ"friends"で
新単語や新鮮な言い回しを発見して、喜んでみました。


更には、その単語から派生させて
マトリックス英語を組み立て、レパートリーをふやして悦に浸りました。

あぁ、語学ってやっぱりおもしろい。


ちなみに、昨日はめん棒(Q-tip)」という単語から
マトリックスを組み立てました。ふふふ。

(ちなみにQ-tipは商標です。cotton swabのことです)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Sundays at Tiffany's

Sundays at Tiffany's Sundays at Tiffany's

audibleの会員になっています。

毎月1作品、好きなものをダウンロードできます。
おススメの洋書があれば、情報乞う!

で、今回カートに入れたのは、"Sunday at Tiffany's".
「ティファニーで朝食を」とタイトルは似てるけど
まったく別のお話のようす。

だって、主人公の女の子が、Michaelという空想の友人と話してる・・・

こんな話なのか~!?と想像とかけ離れていてビックリ。
もう少しじっくり聴いてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

日本の友情観、知らない人と会話を楽しむこと

NHKのCOOL JAPANという番組で、「日本の友達」について放送していました。

日本の友情感について調査し、外国人にどう映るのか
検証するという番組で、在日の各国外国人がゲストで出ています。


友達を作る場所
①学校
②職場
③趣味のクラブ

だそうです。

またVTRで、
・同じファッションのテイストを好む友だち
・(東京の居酒屋で盛り上がる)宮崎県民の集い
・インターネットを通じて友だちを作る人もいる

というのも紹介されていました。


外国人ゲストは

ブラジル:「銀行で並んでる間でも友だちはできる」

アメリカ:「レジに並んでる間でも友だちができる」

アメリカ:「近所の人が集うblock partyで友だちができた」

インド:「子どもの親同士が友だちになる」

スペイン:「バーや街で友だちになることもある」


どういうわけか、日本では
何かよっぽどの共通点がないと
友だちができにくいものだなーと思います。

アメリカにいるときは
見知らぬ人と言葉を交わすチャンスが多かった。

例えば、雨の日のバス停でネイティブ・アメリカンの男性と
日本とインディアンの文化の共通点について話したり、

週末の夜に、ソロリティのパーティに誘われたり。
(わたしはソロリティのメンバーではない、もちろん。)

友だちが友だちを紹介するのはマナーのようになっているから
友だちの友だちが友だちになることも、よくあること。

実際友だちにそんなに大した共通点もない。
ただただ、会話を楽しみたいって、それだけのように思う。

不思議なのは、
日本は安全な国なのに、どういうわけか人々は警戒しあってる。

一方、アメリカとかスペインとか、一見キケンそうな国では
日常的に見知らぬ人に話しかけているってこと。

生まれつき激しく人見知りするわたしでも
アメリカの1年間のおかげで、好奇心が湧けば人に話しかける。

でもだから、さみしい思いをしたことも一度や二度ではなく・・・。

この前は会社のビルで、クールな服装をしている女性に
「ステキなお洋服ですね!」と言ったら、無言で返された。

かつてわたしは "I like your boots”とか言われたら
すっごく嬉しかったけどなー。

時にはいい反応を返してくれる人も、もちろんいます。

そういった会話を楽しむのも
人生を深く楽しむ方法の一つだと思います。

そういう経験ないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

銀行の座談会

銀行がターゲット(顧客ではない)の意見を聞く時代、のようです。

某地銀の、座談会に行ってきました。

働く女性の雑誌の、わたし世代の読者6人が
某地銀の会議室に集められました。

内容は、使っている銀行、その用途と理由、投資経験、
コンビニ手数料やポイントプログラムといった諸銀行のサービスについて
お金を借りるときにどこに行くか、銀行は敷居が高いと感じるか、
などなど。

この世代の女性のポテンシャルを見据えて
取り込もうとしている模様。

実際、参加者たちは知識も経験も豊富で
その活発ぶりに刺激を受けました。

ちなみに参加者メンバー、雑誌つながりというのもあり
座談会の後は、名刺交換会+立ち話になった!

感触としては、
銀行のサービスがわたし世代に浸透していない。

それどころか、
銀行に足を運んでいない(だって平日の昼間は働いてる)、
行く理由がない、資産がないと相談しづらい、ということが判明。

こうやってお客さまの声を聞くこと、大事ですね。
それが反映されることを祈ります。

それはそうと、座談会の待遇。
謝礼(商品券)、ボルーフォンセのケーキ、アイスコーヒー、ヴォルビック。
カネ持ってますね、銀行!!

座談会の最後に一言ずつどうぞ、と言われ
「どうして日本の銀行は時間外手数料をとるんですか?」
ズバリ聞いてあげました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Land land land 旅するAtoZ

「可愛さだけを999999倍に煮詰めた」一冊
 


 Land land land 旅するAtoZ Land land land 旅するAtoZ







ノウハウ本に
飽きてきたころ、

ビジネス本が
読めなくなったころ。

Gちゃんがプレゼントしてくれました。
どうもありがとう!


このエッセイ。
世界中を旅する著者が
各地で見つけた可愛いものだけを集めている。

要するに、頭を使わずに読める。
というか、写真がほとんど。

と同時に、「旅」というものを
改めて楽しいものだと教えてくれるもの。

ハッとされられました。

思い出に残る「旅本」ありますか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ベトナム再燃

ベトナム旅行にご一緒したYさんと
南十字星へ

Image235_2
鶏の焼きもの

Image236
バインセオ(ベトナムのお好み焼き)

Image237
牛肉のフォー

Image239
おこげ入りスープ

ベトナム料理を口に運びながら
旅行の記憶やこの頃のことを話す。

またベトナムに行きたくなってきた。

次回ベトナムで
やりたいことリスト:

○バインセオの専門店
○フォー2000(フォー食べくらべ)
○パン屋さんでバインミー(食べくらべ)
○鍋料理にトライ
○蓮の炊き込みご飯も
○路上の店で麺をすする
○別のアイスクリーム屋さん
○モスクのカレー(違う味)
○ホーチミンの川の反対側を散策
○ハノイも行ってみたい
○インスタント麺買う
○買いもの:お洋服メイン、雑貨少し。
○次は博物館も行きたい
○市場に再チャレンジ
○「ありがとう」はベトナム語で。

追加
○ベトナム料理教室に参加する

ベトナム話で盛り上がった勢いもあり
アルバム完成!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

ドレミの歌

最近気に入っているブログに
サンフランシスコに住む渡辺千賀さんのがある。

ブログの中で渡辺さんは
日本語と英語の単位時間あたり情報量について書いている。

語学ヲタクの私にはとてもおもしろい内容。
思わず(そうそう!)などと頷きながら読んでいた。

同じことを言うのに
日本語ってすごくたくさん話さないといけない。
丁寧語・尊敬語を使えば使うほど、話す量も増えてくる。


これを読んでふと、ドレミの歌を英語で歌えないことに気づく。

ドレミの歌(英語歌詞と日本語役)
http://www3.point.ne.jp/~nachi-23/doremi.htm

日本語訳もとても興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

母国語が操れない恐怖

事務所に一人でいると
口を開かないことが多くなってしまって
必要なときに、必要なことばが出てこなかったりする。

これってすごくマズいよね。
しかも、この生活を6年も続けている・・・。

頭がソフトに(柔らかい、ではなくて)なってきてしまっている
気がして、本当に恐ろしい。

かといって、もしも、ひとり言ばかり言ってたら
誰も寄ってこなくなるのは明らかだろうし・・・。


というわけで、電話するときなんかは、もっと意識して
どうでもいい話も含めて、積極的に話せたらいいなーと
想像しています。


さて今日、一般人から金剛山のお問い合わせが2件もありました。

しかも内容が
「行ってみたいから申請方法が知りたい」とか
「落ち着いたら行ってみたいからパンフレット送ってほしい」とか。

マーケティング的視点から見ると
今回の事件は、明らかにデスティネーションにダメージを与えるパターン。
だけど、そのデスティネーションにある程度理解があれば
この事件がリマインダーとなって、旅行につながるのかもしれない。

ま、問い合わせが来たから旅に出るとは限らないけれど。

あ、こういうお客さまとどうでもいい話をして
母国語に磨きをかければよかったんだわ・・・!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

すてきな女性 熊本マリさん

快感、個性、情熱、孤独、そしてリズム

人生を幸福にしてくれるピアノの話
 人生を幸福にしてくれるピアノの話  











表紙の笑顔に おもわず微笑みかけたくなる!


以前、彼女の演奏会で、そのすばらしい人柄と
思想に触れて以来、好感を持っていました。

ピアニストでありながら、エッセイを書いたりテレビに出たり
多方面での活躍は、マリさん自身に魅力があるからに違いないのです。

寝る前にリラックスした気分で、元気をもらいながら読んでいました。

以前は、ピアニストというと100% ピアノ人生、
わたしとは全く違った暮らしをしている人、というイメージ。

だけど、熊本マリさんの演奏会でお話を聞いて
また本を読んで、彼女の生き方に共感するところが多々ありました。

たとえば、

①自分が「発見」したアーティストや曲を、多くの人に
知らせたいというパワーを持っている。


彼女の場合、モンポウという作曲家の曲を広く知ってもらうことが
ライフワークの一つ。

わたしが演奏会で息を飲んだのも
奥村一さんの「おどり」のような、日本のお囃子のような雰囲気が
プンプン伝わってくるすばらしいピアノ曲。
(you tubeや視聴サイトで見つからないのが非常に残念!)

マリさんは、名曲を弾いて欲しいとのリクエストも多いのだとか。
名曲を弾きつつも、一部はこうやって
自分が見つけたいい曲を知ってもらおうと動いていらっしゃる。

私の仕事の原動力も、海外のことをもっと知ってもらいたい!
すてきな場所、おいしいものをシェアしたい!と
思う気持ちなんだよなーと、共通点を発見。


②自分のコアスキル(彼女の場合はピアノ)に加え

見たこと・感じたことをカタチ(言葉や音楽)に落としこむ力
人間関係構築力、出来事や思い出をたいせつにする心をもっている。

こういうことって、どんなお仕事をする人にも求められるし
これができる人は周りから支持されるのだろうなー。

私が熊本マリさんが好きなのは
とても前向きで、美しく、研究熱心で、まっすぐで、
音楽も思想もラテン的で、人に伝えたいという熱意をもっているから。

お、もしかしたら、彼女も私のメンターになるかもしれない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

プチ・リユニオン

project M
SCの攻略 VERSION3.0(09/04/2004)
エラーパターン7~8 終了
CRの攻略 VERSION1.0 001~003 終了
難単語トレーニング 30問

昨日は楽しかった。
大学のゼミの4人が集まった。
アメリカとオーストラリアから、それぞれ帰国した友人たちを囲んだ。
一人なんかは卒業以来ぶりの再会。

異文化コミュ専攻とあって、バラエティに富んだ面々。

しかし、日本企業の職務経験者が1人しかいないのには笑ったな。

やっぱり大学時代の友達って、いいな。
時間が経つのも、むちゃくちゃ早かった。

先生がご一緒できず、本当に残念。
トラブル発生で東京へ。

タクシーからの電話は、平常心を装ってる声だったけど
いつになく余裕のなさが伝わってきた。

すべてうまくいくことを、祈ってます。

Things that ever happened in my life should have exact meanings.  Yesterday after work I headed for my favorite Latin restaurant in Tenjin.  There four of old friends from university gathered. 

A few weeks ago I heard the news that a classmate of our seminar is now back in Fukuoka on her summer break.  She is a doctoral candidate and is in New Mexico.  Although she was not my close friend, somewhat I felt like seeing her and talking with her. I believed it would be fun to share what we have done since graduation.  To get her contact I emailed a friend of mine and my professor.  My professor proposed a gathering: petit reunion.  By coincidence another classmate who works in Sydney came back to hometown.  Though it was my teacher who at first suggested this fantastic reunion, he couldn't show up because of his visa matter.  Later I also heard he has been very very busy and has not slept much.  Thanks to his initiative we four got together, talked and talked.  Also the gathering blessed me with courage as well as beneficial information on the project M.  I thank him for this opportunity.  It was fun and meaningful to me. 

Take initiative.  That is the words he told us in the class.  Now I know why that is important. 

Well, I know how awful my English writing is... but who cares?  Perspiration makes you better, right?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

DREAMTIMEという名のティー

本日のproject M:
SCの攻略 VERSION3.0(09/04/2004)
エラーパターン4~6 終了

福岡のことはたいてい知ってると思ってましたが
初めて知った、いいモノ!

それは・・・
Image234
ウフ!ワタシよ、ワタシ!

ウィタード オブ チェルシーフレーバーティー!
(Tくん、ご紹介アリガトウ)

Whittered of Chelseaはイギリスの紅茶やさん、
だそうです。(イギリスのことに疎い)

本国ではリプトンと並ぶぐらいにメジャーなんだって。

Image220
イムズB1Fの中庭らしきスペースの奥に・・

Image219
ブルーがキレイなお店。気に入った!

しかもこのお店、実は、日本では福岡にしかないって!!
おみやげにもピッタリね。

他地域ではデパートで、期間限定販売をしていらっしゃるそう。

コーヒーよりもお茶派のワタクシ
一気にテンションが上がりました↑↑

それで選んだのが、このDREAM TIMEという名の
フレーバーティー。

店内POPによると

「アプリコットとバニラとハチミツのフレーバー。
カモミールオイルもプラスされ、寝る前のリラックスティーとして
オススメです。」

寝る前はもちろん、会社に行く前にも重宝しております!

インスタントティーなのでホットでもアイスでも
混ぜるだけで簡単に作れるのも点数高いゾ~!
(名糖レモンティー的感覚ね。)

インスタントティーはこのほかに
ENGLISH FRUITS
TURKISH APPLE
MANGO & PASSION FRUITS
LEMON & LIME

がございました。

どれもパッケージがかわいくて目うつり・・・

茶葉、ココア、コーヒーもそろっていました。
店員さんもとっても感じよかったです。

次は、ミルクティーにあうお茶をセレクトしようと思います。

Whittered of Chelsea
http://www.whittardjapan.com/

天神イムズ店(B1F)
092-736-8220
10:00~20:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

何かを捨てて、何かを得るという発想

今日からproject Mに本格的に取り組もうと思う。

ただひたすら、現実と向き合う日々。
そう、やっと現実と向き合えるようになりました。

そして、たまにはそういうのもいいかなと思います。

SCの攻略 VERSION3.0(09/04/2004)
エラーパターン1~3 終了

挑戦は、これからです。
燃えてます、ワタシ。(キラリ)



実は昨日、韓国語教室を辞める旨、先生に伝えました。

あと2年は頑張ろうと思っていたのだけど
本当にやりたいことをする時間を増やそうと思います。

何かを捨てる選択をすることで、何か別のものを得るという発想です。

いい先生に恵まれて、前向きに取り組んでいただけに残念。

通ったのは、3か月。
入学金1万円がもったいなかった気もするけれど

本当にいいお教室で、先生も教え方も上手だし
また機会があれば通いたいと思います。

チン・ダ・レ
http://www.e-jindale.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

プラハ放送交響楽団

チェコ万歳!美しい街プラハと祖国チェコの繁栄を讃える壮大なる調べ

プラハ放送交響楽団

埼玉の小学校に通ってたころ、音楽の授業で
スメタナのモルダウを習いました。

うねりながら流れるモルダウ(チェコ語でブルタヴァ)。
その流れが美しい都プラハを流れる。

どういうわけか、その時の先生の説明が印象的で
直に聴いてみたいと思っていました。

Yさん、毎度チケットありがとうございます!


「わが祖国」を作曲したのは
チェコ国民音楽の祖と呼ばれるスメタナ(1824-1884)

驚くべきことに、
彼は50歳で完全に聴覚を失い
さらには脳梅毒による精神錯乱のなかで一生を閉じて
しまうんです。

そんな彼なのに50歳から5年間でわが祖国の全6曲を完成させたんです。
そしてその曲は今、チェコの国民的音楽として愛されている・・・

なんてすごい人なんだろう。そして、なんて美しい曲なんだろう。
スメタナに大きな勇気をもらいました。

そしてシンフォニーホールの抜群の音響の下
チェコを代表するプラハ放送交響楽団がこの曲を演奏する・・・
チェコ国民の魂が入った本物の演奏が聴けるチャンスなんです。


連作交響詩「わが祖国」
第1曲 「ヴィシェフラド(高い城)」
第2曲 「ヴルタヴァ(モルダウ)」
第3曲 「シャールカ」
第4曲 「ボヘミアの森と草原から」
第5曲 「ターボル」
第6曲 「ブラニーク」

モルダウの解説・視聴はこちらから

アンコール
ドボルザーク「スラブ舞曲」 第15番

スラブ舞曲の視聴はこちらから


音楽バンザイ! viva musica!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

デビットラーメン!

6月の江原道研修ツアーのメンバーで
「デビットラーメンの会」が発足し、七夕の日に行ってきました。

幹事さんはいないのだけど
中心メンバー(?)の方があらかじめ「下見」も行ってこられて
結果「集客」もバッチリだったわけです。
さすが、プロ。

遊び心のある方がたくさんいらっしゃるのが
この業界の最大の魅力ではないでしょうか。

さて、デビットラーメン。
デビット伊東が経営してるラーメン屋さん。

福岡は博多にあるのですわ。
http://www.david.kyushu.walkerplus.com/

できて2年ぐらい経つらしいのだけど。

Image231
外観。本気でわかりにくいトコロに所在。

なんとこの日、デビット伊東氏ご本人が!
厨房で麺をゆでていらっしゃいました。

なんて運がいいんだ!おそるべし、デビットラーメンの会。


Image228
冷やしラーメンを注文。おいしかったですよ。

ラーメンを頼むと希望者はご飯がついてきます(サービス)。

メニューは他に、みそ・しお・とんこつラーメンがあるそうで。
ギョウザもあるようです。

Image229
デビット伊東氏

食べ終えてお店を出ると、「ありがとうございました!」と
あいさつに出てくださいました。おぉ、とっても感じがいいです。

Image230
ごちそうさまでした!


でびっと 博多店
092-473-9941
福岡市博多区博多駅前4-5-5
不定休
平日 11:30~24:00
金・土曜日、祝前日 11:30~翌1:00

日曜日・祝日 11:30~21:00

系列店は東京、神奈川、静岡にもあるそうです。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

ジェシカ・アルバ

エルボラーチョ行って騒いで、CMフェスティバルも楽しんだ。

だけど、日曜日にまたどん底まで落ちちゃった。

今、10年に一度来る変化のとき。

この変化は、自然と訪れる変化ではなくて

自分の感情よりも論理から生まれた結果を優先したもの。

節目ではたいていこうやって判断して進んできた。

そしてそれでよかったと心から思ってるから

数年後も、今の決断に満足できたらいいなと思う。

いや、満足できるように、なんとか頑張っていくしかない。

そうじゃないと、申し訳ないでしょう。


こんな時に支えてくれるのは

Tさんがくださった、行きたかったコンサートの予定

N先輩が誕生日にくれたロクシタンのハンドクリームの馨り、

たまたま帰国してくれている2人の友人との再会の予定、

いつもと同じように接してくれる会社の人たち、海の向こうの友達、

みんなに支えられて生きているんだなーと当たり前のことが

強く感じられます。感謝。

たまたま電車に乗り合わせた人たちにさえ感謝したくなるくらい。

かなりヤバいですかね?

あ、でも私、大丈夫。ただ痛がりなだけです。

そして、不思議なのは、ジェシカ・アルバの顔を思い出すと

雑念がすっと消えること。

よし、今日は一日中ジェシカ・アルバを考えて過ごそう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

インカ・マヤ・アステカ展

創造力のマヤ、特異性を誇るアステカ、雄大なインカ

Dsc00970_r

雨の日、「失われた文明 マヤ・インカ・アステカ展」に行ってきました。

中南米に栄えた3つの文明について知るべく、比較してみました。

マヤ
時期: 紀元前4世紀~
2000年続いた
地域: 現在のメキシコ、グアテマラ、ベリーズ、ホンジュラス、
     エルサルバドルの5か国にまたがる地域
言語: マヤ語。複雑な絵文字。
家畜: 牛や馬などは育てなかった
宗教: 多神教
特徴: 神への生贄、川のないところに発達した文明

アステカ
時期: 14~16世紀
地域: メキシコ中部からグアテマラの海岸部
首都: 
テノチティトラン(現在のメキシコシティ)で、湖に浮かぶ島。
     
現在も地域によっては湖に浮かぶ街が残っている。  
言語: ナワトル語(Nāhuatl)。隠喩を多用する詩や散文が作られた。
     ナワトル語は現在もメキシコの先住民によって話されている。
宗教: 自らの部族伝統の神々と中央高原で信仰されてきた神々
    (雨の神トラロック神など)
特徴: 人間の心臓を神に捧げる生贄
備考: アステカは軍国主義国家だった。
    
ジャガーの戦士や鷲の戦士の称号があった
     (鷲の戦士はSDSUのマスコット)

英語ではマヤとアステカが栄えた地域
つまりメキシコからニカラグアまでを
mesoamericaと呼びます。
この地域は他にもたくさんの文明が栄えたそうです。

インカ

地域: 現在のペルー。
    15世紀には現在のコロンビアからチリまでの広範囲。
     首都クスコを起点に、海抜0の砂漠から6000mのアンデス山脈までを
    「インカ道」が各都市を結んでいた。
言葉: 文字は持っていなかった。
備考: マチュピチュはインカの9代王が築いた天空の都市。
    1911年にアメリカ人の歴史家によって発見される。
     ミイラ信仰。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エルボラで激励!

金曜日の夜。

Img_6128
7:00pm 会場入り。

Img_6129
本日の主役。
※どれもあまりにいい写真なのでそのまま掲載。


東京に旅立つ彼のために
ナイショで準備した応援グッズ(アルバム)と、
彼にぴったりのボールペンをプレゼント。

Img_6132
F1っぽいペンです。喜んでくれてよかった!

Img_6134
記念撮影。

Img_6135
ソンブレロをかぶったマリアッチ
la mariachi con sombrero

Img_6136
皆さん帽子がよくお似合いです。


Img_6138 
中でも特に似合ってるのがGinaちゃん。

Img_6139_2
可愛すぎるぞ!

Img_6137
ペリー来航。歌舞伎俳優。全くメキシコを感じさせない。


Kii、東京砂漠でも頑張ってね!!
鍋の会(仮)では今後のKiiの動向を見守っていきます。

…そしてこの会のあと、CMフェスティバルへ直行したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

CMフェスティバル

会場に入る前にチケットをなくすボケぶり。
そんな自分がなさけない・・・

結局、タクシーで発見され、無事会場内に・・・

Img_6150
4年ぶりの参加、4年ぶりの挑戦!

Img_6156
眠気覚ましのロック演奏!

Img_6159
午前4時半ごろ。眠気はピークに達する。

5時半ごろ終了。

朝マックしてから、解散。

視点を一点集中させたら寝てしまいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »