« 自分ブランドの教科書 | トップページ | 6月に大野城市 某所にて »

2008年5月 8日 (木)

フランス国立ボルドー・アキテーヌ管弦楽団

福岡とボルドーの友好よ、永遠に!

Scan01711_3

久しぶりに母とクラシックを聴きに行きました!
ほんとうに、ほんとうに、感動の渦でした。
チケットをくださったYさん、いつもありがとうございます!

フランス国立ボルドー・アキテーヌ管弦楽団の演奏会。
アキテーヌ地域圏は、フランス南西部に位置していて、州都がボルドー。
ボルドーは言わずと知れたワインの都ですが
実は福岡市と姉妹都市なのです!スバラシイ!!

そんな姉妹都市の友好をさらに深める意味合いもある演奏会でした。

Img_5545
この至近距離から演奏が見れました!

S席2列目。前列は誰も座っておらず。
皆さん、お好きな楽器は何ですか?ついつい注目しちゃう音とか?
私は、指揮者です。楽器ではないけれど。

Img_5546
シンフォニーホールのシャンデリアが好きです。

久しぶりの演奏会。
始まった瞬間、そして終盤、魂がふるえて、揺さぶられて
感情がじわじわと、強くあふれてきました。
あ~~、たまらなくいい!!
やっぱりフランスはすごいのね。

M.ラヴェル: 組曲「クープランの墓」(一部視聴OK)
W.A.モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
F.シューベルト:交響曲 第8番 ハ長調「グレイト」 D.944(視聴OK)



最初の曲も最後の曲もとってもよかった!
でも、意外や意外、アンコールでまさかのノックアウトでした。

フォーレ パヴァーヌ(視聴OK)

静かに、ゆっくりと、そして熱く
心の奥底の感情をじわりと動かす曲です。
もう、放心状態でした。

スペイン起源の舞曲だそうです。
やっぱり私の魂はラテンにつながっているみたい。ふふふ。

観客は多いとは言えなかったからとっても演奏しづらかったと思います。
でも終わったあと、私と目の合った演奏家たちは
にっこり笑ってくれました。あ~フランス語もできたらいいのにね、私。


演奏会のおかげで浮かんだアイデア:

①近い将来、ヨーロッパで演奏会に行ってみたい。
その時は、現地の人のようにドレスを着ていきます!!
あ~、想像するだけで楽しみ~~~!!!

②ピアノはピアノでも、ラテンピアノが習えるところはあるのだろうか?
あるのなら、チャレンジしてみたい。

③結婚して夫婦で演奏会とかお芝居の公演に行けたらいいな。

|

« 自分ブランドの教科書 | トップページ | 6月に大野城市 某所にて »

音楽・演奏会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/20853979

この記事へのトラックバック一覧です: フランス国立ボルドー・アキテーヌ管弦楽団:

« 自分ブランドの教科書 | トップページ | 6月に大野城市 某所にて »