« アビスパ福岡、勝ちました!! | トップページ | 高校新聞部のインタビュー »

2008年4月20日 (日)

働く女の転機予報

村上龍さんのひとことで誕生した、良書です。

Gちゃんがいい本があるよ!と勧めてくれたのが

働く女の転機予報  働く女の転機予報


最近読んだ本の中では、読みやすさナンバー1です。

なんで読みやすいんでしょう。
例えばわかりやすいからかもしれません。

著者は小嶋貴子さんとおっしゃるキャリアカウンセラー。
銀行で窓口業務などを経て、退行。
結婚、子育てをして、埼玉県庁へ職業訓練指導員として入庁。
またまた素敵な女性を発見してしまいました。

この本、村上龍さんが、「小島さん。日本の女性は素敵なんだから
もっと活躍できるようなエール本を書きなよ」の一言で生まれたそうです。
これもまた、素敵。


本の中で共感できた箇所のなかでも
特にメモしておきたいところのみ、以下にまとめます。

○今は未来の過去になります。

「未来の私はこんなふうに、過ごしていたい」
その願いをかなえるために、今の自分はその種をまいている

○興味というのは、これからの可能性の素になります。

能力は、ある日突然降って湧いてくるものではない。
興味を広げて、いろいろなことに首を突っ込んで、
そこで出会ったことを継続すると能力になる。

○結果や結論を急がない

今、自分がしていることは
人生という大きなジグゾーパズルのピースの一つのようなもの。
そのピースが将来どう役に立つのかわからないと
興味を失ってしまいがち。

だけど、どれひとつとして欠けていては、パズルは完成しません。
過去に自分がやっていたことが、今の自分を助けてくれる、
そんな経験をすることがあります。

今日作った小さなパズルがやがてひとつに繋がります。
未来の自分をイメージし、日々自分の姿を刻んでいきましょう。

○”面倒くさい”は不安な証拠

「面倒くさい」「何でもいいよ」の連呼は
心に不安を抱えていることへの注意報。

「面倒くさい」の裏には、実は自信のない不安な気持ちが
ひそんでいるのでは?

過去の出来事と似ていてもためらわず行動、
それでも、「疲れているな」と感じたら、いつもと視点を変えて
別のことをして、少し外から新しい風を取り入れて、回復を待つ。

○力を出し惜しみしない

やる気がでない、やりたい仕事ではない、など
いろいろな理由を作って、仕事をそこそこのラインでやめてしまう。

与えられた時間のなかで、精一杯仕事をしていれば
それは形になって報われます。
環境が激変してもその仕事に対処できる
基礎体力を身につけることができます。

○我慢するのはやめて甘えてみる

助けてもらうときは、自分に余裕がないとき。
そのときはとことん甘えさせてもらって
大変な状況を脱出してからお礼をしても遅くない。
それをいつか、誰かに返そう。

サポートするときは、「ついでだから」といって
相手に負い目を感じさせないようにする


最後に、人生時間というのが載っていました。
午前0時が人生のスタート=0歳
朝6時は世の中が動きはじめる=20歳
仕事や学校へ行く朝9時=30歳 職業人生の始まり
正午=まだ40歳
おやつの時間=50歳
退勤時間の18時=60歳

ひえ~、なんだか怖い、だけど意外に余裕のある人生時計です。

ワークもついていました。
これから、じっくりゆっくりやってみようと思います。

Gちゃん、貸してくれてありがとう!

|

« アビスパ福岡、勝ちました!! | トップページ | 高校新聞部のインタビュー »

本・audio books」カテゴリの記事

コメント

オススメしてよかった〜!
読みやすくて、わかりやすい本だよね。
ワークもたくさんあって、おもしろい♪

またオススメの本を見つけたら、お知らせしまーす!

投稿: Gina | 2008年4月21日 (月) 03時10分

Ginaちゃん

たとえ話が本当にわかりやすくて
よかったです。

どうもありがとう!

投稿: may | 2008年4月21日 (月) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/20443257

この記事へのトラックバック一覧です: 働く女の転機予報:

« アビスパ福岡、勝ちました!! | トップページ | 高校新聞部のインタビュー »