« 立場ごとに要求されるスキル | トップページ | ミリオネーゼになりませんか? »

2008年2月25日 (月)

パブスキ Public Speaking

来月にプレゼンの準備をしていて、ふと、アメリカ留学中に学んだ
「パブリックスピーキング」を思いだしたのでシェアします。

Dsc04044
懐かしいあの日の太陽。大きかった。

スピーチ(日本語でいう「発表」にも近いでしょうか)の目的は、主に
①情報を与えるスピーチ(Informative Speech)
②説得のためのスピーチ(Persuasive SPeech)に分けられます。
(他にも冠婚葬祭でのスピーチ、というのもありますね)


スピーチの組み立ては、以下のようにするとスムースです。

スピーチの組み立て

Ⅰ、イントロ(Introduction)

 A. 注意を引く(Attention Getter)  *小物を使って、視覚的に注意を引くのも◎
 B.  この話を聞くメリット(Reason to Listen)
 C. スピーチの信ぴょう性(Speaker Credibility)
 D. スピーチのテーマ(Thesis Statement)
 E.  今から話す内容(Preview)

Ⅱ、論点(Body)
 ・論点① MP1
  <①のまとめと、②の導入 Transition>
 ・論点② MP2
  <②のまとめと、③の導入 Transition>
  ・論点③ MP3

Ⅲ、結論(Conclusion)
  A. 結論(Summary Statement)
  B. 主題のまとめ (Review of Thesis & Main Points)
 C. イントロに戻る(Tie Back to Intro)


実際のスピーチの例を載せようと思いましたが、また今度。

|

« 立場ごとに要求されるスキル | トップページ | ミリオネーゼになりませんか? »

仕事のコツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/10766834

この記事へのトラックバック一覧です: パブスキ Public Speaking:

« 立場ごとに要求されるスキル | トップページ | ミリオネーゼになりませんか? »