« ニューヨークの魔法は続く | トップページ | misión en Corea »

2008年2月 7日 (木)

分析力を鍛える必要性アリ

いつも大変お世話になっているお姉さんのTさんとお食事に行ってきました。

いつも忙しそうにしているTさんのすごいところは
ビジネス書にありそうな「徳」を、本からではなくて
ヨガや生活から身につけているところ。

日頃は仕事の合間に少ししかお話できないのに、
今日は運よく一緒にお食事ができました。
こんなことは初めて。

次から次に話をされる方で
あんなに流暢に自分の考えてることが話せてうらやましい。
私も今年の終わり頃には自分の言葉で長い時間話したい。

昨日学んだコーチングのコツに気をつけながら話を聞きました。
いい聴き手になったと思います。

聞いて聞いて聞きまくりました。
聞く姿勢は整えても、自分からアウトプットできなかったら
さすがに疲れちゃいますね。

やはり、コミュニケーションは双方向(interactive)なんですね。
↑大学の授業で何度も何度も習ったコミュの基本。

自分はどこかで自分を過小評価してるのかも。
自分の話なんて、と思って話したいことを話さないこともよくあるし。
そんな発見ができたのも、収穫のひとつ。

Tさんは相手の話を聴くときは、ちゃんとその姿勢を整える人。
だから私もつたない言葉ではあったけど、自分のモヤモヤを
伝えることができました。

話を聞いてもらって、仕事の実務におけるモヤモヤが
整理できて、何をどうしたらいいのかね糸口が見えました

今日はっきりしたのは、私の分析力や評価力には
「のびしろ」がかなりありそうだ、ということ。

私がごちそうするはずでご案内したのに、
結局ごちそうになってしまい…。

んーなんだかなー。
素直にごちそうになりましたが、申し訳ないな…。。


|

« ニューヨークの魔法は続く | トップページ | misión en Corea »

May日々の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/10317927

この記事へのトラックバック一覧です: 分析力を鍛える必要性アリ:

« ニューヨークの魔法は続く | トップページ | misión en Corea »