« いい社長の共通点 | トップページ | 幸せな人生 »

2008年1月25日 (金)

フレームワーク

フレームワーク、という言葉が最近のキーワード。

フレームワークは、さまざまな出来事や流れを分析して、
そこに枠組みを設定して、その枠に沿って分析して、
文章や言葉にして伝える能力のこと。

学問も、フレームワークで現実から事柄を切り取っているらしい。
確かに論文も、世の中に広がる事柄から
一部分だけを貫いてきて、それについて組み立てて書いているもんねー。

そう考えると、フレームワークもある意味、
美的センスはもちろん、学術センスが問われている気がする…。

フレームワーク力をつけるには、どうしたらいいのだろう。
やっぱり訓練かな。



|

« いい社長の共通点 | トップページ | 幸せな人生 »

May日々の記録」カテゴリの記事

コメント

ご久しぶりです!

そのおっしゃるフレームワークは
まず情報をわけていって、
それからまた細分化していって、
枠をつくっていくっていう作業をすると
わかりやすいのではないでしょうか。


たとえば日本の年金問題について把握したいとします。

まずは国内ニュースと海外ニュースに分けましょう。
いま知りたいのは前者ですね。

そして前者を以下のように細分化してみましょう。
国会内閣・地方議会・対外政策・福祉政策
といった感じに今回はわけてみました。
いまの知りたいことは年金問題なんで、
これは福祉政策のニュースにあてはまりますね。

こういった作業をして、
「福祉政策のニュース」っていう枠をつくりました。
そうすると、いま自分が知りたいこととそうでないことが
くっきり分かれたのではないでしょうか。

あとはその枠にそって
新聞や雑誌のバックナンバーの情報を選別していって、
整理していけばよいのではないでしょうか。

こういう作業をすることによって、
よけいな情報を気にせずに
いま自分が知りたいことに集中することができます。


自分はこういった作業をエッセイやプレゼンの時に
しているのかもしれません。
ご参考にされれば、ありがたいです!

masao

投稿: masao | 2008年1月25日 (金) 12時40分

>masao

サンディエゴ生活はどう?
って聞くまでもないくらい、野暮な質問。

フレームワーク、例をそえてのご回答、をありがとう!

>あとはその枠にそって
>新聞や雑誌のバックナンバーの情報を選別していって、
>整理していけばよいのではないでしょうか。

その「整理」つまり、見栄えのある形に
整形して、言葉や文章にする作業(フレームワーク)のところが
気になってるんだ。

そのあたりについてはどう?
何かいい知恵があればいいのだけどね。


masaoは左脳派?右脳派?
近々脳について書くので、どっちだったか教えてね。


投稿: may | 2008年1月25日 (金) 22時19分

いえいえっ☆

自分はようやく
福岡との環境のちがいを楽しめるように
なってきた感じですね~。
それといい友人や先生に出会えて
ほんとよかったです☆

> その「整理」つまり、見栄えのある形に
> 整形して、言葉や文章にする作業(フレームワーク)のところが
> 気になってるんだ。

言葉のえらび方や、文章の構成のしかたを鍛えるには、
いろいろな文献にふれてみるのがよいのではないでしょうか。
同じものごとをちがった視点から、眺めていたり、
述べていたりしますから。

たとえば新聞社によっておなじ出来事のとらえ方や
述べ方はかなり変わってきます。
急進的であるか、保守的であるかという姿勢のちがいがあるからです。
そういった姿勢のちがいを念頭において、
表現のしかたや主張のちがいをつかんでみるといいのではないでしょうか。
「あぁ、この新聞社は急進的だからこの出来事をこんな
ふうに述べるんだ」みたいな感じですね。

そうすると、こういうケースではこう文章を組みたてる、
あういうケースではああやって組みたてる、みたいな感じで
それぞれのケースごとの”言葉や文章にする作業”が
わかってくると思います☆

そうすると、
やはりできるだけいろいろな文献や記事にふれること
がキーになってきますね☆
この情報源をベースとして、
自分の文章を組みたてることになりますから。
あとは、じっさいに自分で文章を作成してみるとよい
のではないでしょうか☆

Mayさんはこのフレームワークをどんな話題に活用しよう
と思ってるんですか?
それによってどんな文献にあたるべきかわかってきます☆

自分は脳についてあまり考えたことがないですけど、
たぶん左・右どっちかにかたよらないようにしてます。
文献にふれて社会のことを把握したり小説を読んだりするのは好きですが、
音楽を聴いたり絵画を観たりするのもほんと好きなんで☆

投稿: masao | 2008年1月26日 (土) 01時30分

masao

Serendipityが起こったよ!

別件で、コミュニケーションとかアサーティブとかの
本を読み漁ってたら、ありました~~!!

自分の中の気持ちを引き出すワーク、
自分の思い込みを取り除くワーク、
文章の論理的構造を把握・分析するワーク。
でるでるでる・・・!!


新聞社の記事は、同じ出来事でも各社、
記事の表現が違うよね。

うちの会社は新聞4社ぶんとってるから
1面記事なんかでは、それが特に目立つのを何度か見たよ。
さらに、ネットで韓国の新聞をチェックしたら、
またまた新たな視点でとらえてあったり!

一つの情報を複数のメディアで比較することは
情報の収集方法とか、客観視するスキルを鍛えることに
つながるだろうね。


私にとって、フレームワーク力は、
仕事の中でのアウトプットのとき、
講演をするとき、
ブログを書くとき、
更には自分の中での整理(intrapersonal comm.ね)とか、
多くの状況で力を発揮すると思うんだ。


親愛なるSDの空に、よろしくお伝えになって!

投稿: may | 2008年1月27日 (日) 16時16分

ほぉ~ それはよかったですね☆

フレームワークは多様な情報を整理するのに、
その力をいかんなく発揮すると思いますよ☆

そうするとこういった疑問が生まれると思います。
「どうしてこの出来事は起きたんだろう?」
たとえばある国で市民が暴動を起こしたとします。
なにがあったからこんなことになったんでしょうかね。

日々あふれる情報のほとんどは「世の中でこんなことが起きた」
ということを伝えるだけにとどまっています。
「なぜこのようなことが起きた」という説明はあまりなされません。
だからこういったcause and effectの関係は自分で発見しなきゃいけないんですね。
ですけどこの関係をみつけることができたら、
それまで整理していた情報の中に一本の糸をたどることができるんです☆
そしてこの因果関係をはっきりさせて、
人に語りかけるとびっくりするほどの説得力を発揮します☆

『創造の方法学』(高根正昭; 講談社現代新書 0553) という本には、
そういった因果関係がどういったものか筆者の体験をまじえて書いてあるんで、
お時間がありましたら読んでみてください☆

フレームワークは、
自分の興味あることとすごいつながってたんで、
思うことを長々と書いてしまいました > <

san diegoは天気がいいとほんと気持ちいいですね!
あと4ヶ月になってしまったので、最後まで楽しみたいです☆
それでは!

投稿: masao | 2008年1月27日 (日) 22時26分

>フレームワークは、
>自分の興味あることとすごいつながってたんで、
>思うことを長々と書いてしまいました > <

興味あったんだね!シェアできてよかった。
勝間和代さんは、これをすごく得意としてて
著書を読んでもさすがだな、と思うよ。

そして、その長所を、自分でよくわかってらっしゃる。


投稿: may | 2008年1月28日 (月) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/519380/10069030

この記事へのトラックバック一覧です: フレームワーク:

« いい社長の共通点 | トップページ | 幸せな人生 »